しきすみ さん プロフィール

  •  
しきすみさん: 碧い流星
ハンドル名しきすみ さん
ブログタイトル碧い流星
ブログURLhttp://blueshootingstar2nd.blog.fc2.com/
サイト紹介文執筆活動をしたり、日常生活について書いたりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 147日(平均1.5回/週) - 参加 2018/05/27 19:04

しきすみ さんのブログ記事

  • 自力と他力
  • 引き寄せの法則で、願いを叶える時、欲しいと思ったものを、自力で買おうとすれば、それは引き寄せでも何でもないんじゃないか。引き寄せの法則のすごさは、自分の力ではなく、どこか思いもしなかった外部からの力によってそれが達成されること、にあるわけで。たとえば欲しい高級腕時計を店頭で見つけたとする。よしっ、無理してでも買えるお金はあるから自分で買おう。これって全然引き寄せじゃないよね。先払いの法則というのは [続きを読む]
  • 三日連続
  • 三日連続で宝くじが当たった。水曜のビンゴ5から600、木曜のロト6から1000円、金曜のロト7から1000円。高額が当たらないのは、やや残念だけど、三日連続は今までにない。ついてるね。やっぱり、エンジェルナンバーを連日見ているからかなぁ。道を走っている車のナンバープレート、7777や8888を連日見ていた。 [続きを読む]
  • ほっとする
  • 宝くじが当たると、やった! って喜びが湧くよりも、ほっとするよね。当たって良かったって。まあ、当たったのは600円だったんだけど(購入金額は200円)。少額だからか、当たらないよりましだからか。それにしても、「今回は当たるかも」とかポジティブな気分でいる時の方がハズレが多い気がする。 [続きを読む]
  • 健診
  • 健診を受けてきた。何年ぶりだろう。四年ぶりくらいかな。久しぶりに受けるからか、受ける前にすごく緊張してしまった。特に採血。あれが一番緊張する。実際は、麻酔とかで注射を打たれることは最近でもちょいちょいあるのに、何故か採血は緊張してしまう。結構な量の血を採られるからかな。刺しているところが見えてしまうからかな。腕が勝手に震えてしまうからかな。でも、いざ、打たれると、まあ長いなぁ、と感じるものの、痛く [続きを読む]
  • カフェで
  • 今日は有楽町のサンマルクカフェで、執筆してきましたよ。タブレットPCでね。昨日、書き終えた童話作品の、推敲作業。結構修正する部分あった。カフェでも結構執筆意欲は湧くもんですね(人に見られながらって、結構緊張して感性・アイデア力が鈍るかな、と思ってたけど、全然そんなことなかった)。ちなみに、サンマルクカフェでコーヒーを飲みながらパフェを食べてみたかったのです。サンマルクカフェと言ったら、やっぱり甘いもの [続きを読む]
  • 執着って
  • 引き寄せの法則を実践する上で、やっぱり一番つまづく・なかなか理解できない部分が、『執着』というもの。執着があると、願いが叶わないってあるけど、執着はあっていいんじゃないかと思ってる。願いをすること自体が執着の始まりだし。引き寄せで最も効果が強いといわれているイメージングも、ある意味執着という感情がないとできないんだよね。毎日繰り返しイメージングすることだってそもそも執着からきている行動だし。執着を [続きを読む]
  • ザ・シークレットDVD
  • ザ・シークレットのDVDをレンタルで観ました。本は持ってるけど、映像があると、より内容が頭に入ってきたというか。説得力が違います。文章ではなかなか理解できなかった部分も、映像が入ると、よりリアリティがあって、実践の仕方も変わってきますね。まあ、本はすごい分厚いし、読むのにも時間かかるし、理解しづらい部分もあったりするのでね。レンタルで観たけど、ずっと手元に置いておきたい、そんなDVDでした。 [続きを読む]
  • 自分の作風
  • 最近になってようやく自分の童話作品の真のジャンルが判明したというか。今までは大人向け童話とか言っていたけど、正しくは、寓話だったのね。宮沢賢治も寓話作家と呼ばれるそうだ。寓話というジャンルでのプロ。今までにほとんどいない。絵本出版社かと思ってたけど、むしろ一般書籍を扱う出版社の方が寓話作品を出している気がする。自分、狭き門のより狭き門の道を行ってるけど、それでも自分、すごいので、すごい作家になりま [続きを読む]
  • 気持ちの安定
  • 今日も書けました。久々に書けました。小説ね(正確には童話だけど)。やっぱり執筆してると、心が安定するね。出来不出来、どうでもよく(まあ、自分の満足いく内容にしっかりなってるから)、書けてることがほんとすごいと思うよ。こういう気持ちを地味に持続させていきたい。 [続きを読む]
  • 恐怖症でも不安症でも
  • 極度の恐怖症や不安症でも、引き寄せの法則は幸せの方向へと上手く働きます。恐怖や不安を感じると、引き寄せの法則は悪い方向へ作用する、みたいに書かれていますが、実はそういうわけではないんですよ。執着があっても、引き寄せは上手くいく、というふうに言われてたりするんです。 こういう本も有名ですよね。ネガティブ思考があっても引き寄せは叶う、と。自分は極度の不安症・恐怖症で、良いことを考えようとしても意思とは [続きを読む]
  • バイブル
  • 引き寄せのバイブルといってもいい、『ザ・シークレット』そして、『こうして、思考は現実になる』を購入し、両方とも読み終えましたよ。日本人著の引き寄せ本関連は何冊か持ってるんですけど、その元とも言える世界的ヒットになった『ザ・シークレット』を買って読めたのはすごく大きなことだなぁ、と。『自分の人生は自分で創造していく』この一言は本当に心をうたれたというか、これからの僕の人生を良いものにしていく・勇気づ [続きを読む]
  • FPやってみた
  • 『こうして、思考は現実になる』のFP(フィールド オブ ポテンシャリティ)を実践してみた。日本での初出版は2014年。今なお読まれ続けている大ベストセラー!そこに書かれてある実験が、FPが存在する明確な証拠を体験するというもの。しかも、注目ポイントは、願ってから48時間以内に起こるというもの。短期間で結果が現れる、と。これは引き寄せの法則系の中でも特にすごいかも。よし、やってみよう、ということで、さっそく、FPへ [続きを読む]
  • 毒親というもの
  • 毒親に苦しめられている。父親からだ。電話やメール、正月やお盆の時期に直接会った時などでも、言葉の圧力・暴力を受ける。『まだ結婚しないのか』『このままだと一族が滅びるぞ』『とっとと子供を作って俺を安心させてくれ』『結婚しなければ遺産はやらない、そう遺書に書いておくからな』どれもこっちのことを思っての言葉ではない。久しぶりにかけてきた電話の第一声が『あー、お父さんだけど、お前、まだ結婚しないのか』だっ [続きを読む]
  • 壊れた
  • PS3が壊れた。CECH-4000B(2012年10くらいに発売開始されたもの)。電源が入らなくなった。コンセントをつないでも、あの赤ランプが点灯しない。確かに予兆というものはあった。赤ランプが点かなくなっていることが、数日前からあった。その時は、コンセントを抜いて、差し直すと何事もなく復活したのだ。何事もなく、動いたのだ。でも、先日、ついに完全に点かなくなった。買ってからおよそ五年。まだ五年。今夏の猛暑で参ってしま [続きを読む]
  • 新作出版!
  • Amazonのkindle本で、新作をセルフ出版しましたよ!『雑草におおわれた大地』童話作品。子供から大人まで幅広く。潜在意識を刺激する内容。キャッチコピー「あなたの才能、埋もれたままでいいんですか?」あらすじ『大地は雑草だらけ。人々はそれを『黒い雑草』と呼ぶ。咲いている花はどこにも見られない。人々は美しい花を求めて雑草を焼き払っていく。雑草の中に埋もれていた小さな芽が、花を咲かせるために外に出ようとするが― [続きを読む]
  • 朗読劇
  • 三越劇場で朗読劇を観てきました。方南ぐみ企画公演『青空』というもの。少年と犬と猫の絆を描いた戦時中を舞台にした物語。終戦・お盆のこの時期には適したテーマ。日本橋の三越は、たまに前を通りかかることはあるけど、中に入ったことはなく(高級デパートだしね)。でも、劇場が建物内にあるということで、初めて中に入りました。やっぱり売られているものは高級なものばかり。ちょっと気後れ(いや、買えない値段でもないんだけ [続きを読む]
  • 送った
  • 久々に執筆作品、持ち込みした。まあ、持ち込みといっても、郵送での投稿だけど。持ち込み原稿歓迎、とちゃんとHPで記載してくれている出版社はほんとありがたい。去年だったか、出版エージェントっていうものを一度利用してみたけど、かなりのお金を取られた結果、ダメだった。まあ、ダメっていう結果はそれはそれで仕方ないと受け入れられるんだけど、評価シートの内容が、高額な料金に見合わない、簡素すぎたものにショックを受 [続きを読む]
  • 真夏の六義園
  • 初夏の六義園(駒込駅から徒歩)に行ってきましたよ。連日、猛暑が続いてますが、なんと緑あふれる日本庭園の涼しいこと!東京メトロ駒込駅から近いです。この日は平日でしたが、外国の観光客も、行く度に見かけますね。日本庭園に池は定番なんですが、ちょっとした滝みたいなのもあって、清涼感たっぷりの光景。あと、こうして写真で改めて振り返ると、緑の色がやっぱり違いますね。より和風感が味わえるというか。東京観光に、日本 [続きを読む]
  • 敦賀のお土産といえば
  • 敦賀の名産といえば、お土産屋であったのは、昆布でしたね。越前といえばカニというイメージですが。昆布は昆布でも、おぼろ昆布というものだそうです。サバも名産なのかな。海産物が多いのは、さすが港町といったところですかね。当然、福井といえばソースカツ丼も外せないですね。敦賀で見かけた定食屋さんのメニューには必ずソースカツ丼がありました。\テレビで紹介/職人手すき[極上おぼろ昆布]130g[約16食分](送料無料)生産 [続きを読む]
  • 経営まずい
  • 今年のGWに、そいえば銚子・犬吠埼に行ったけど、その時に銚子鉄道に乗ったんだけど、銚子鉄道の経営が赤字らしい。銚子鉄道が製造している濡れ煎餅も売れ行きが悪いらしく。で、まずい棒というお菓子を出すらしい。あの時、銚子鉄道、いっぱい人が乗ってたけどなぁ。僕は濡れ煎餅も買ったし。『濡れ煎餅・ぬれ煎餅・ぬれせんべい』を買って応援しよう、っていうことも以前このブログに書いた気がする。ローカル線って経営が大変な [続きを読む]
  • 初夏の敦賀旅行 その2
  • 敦賀旅行の2日目です。ホテルでの朝食、食べ過ぎてからのスタート。。。 普段の生活でもそうだけど、あんまり寝られなかったし。ベッドはすごく快適だったんだけどね、緊張してるとやっぱり明け方に起きちゃう。コミュニティバスの『ぐるっと敦賀周遊バス』に乗り、金ケ崎宮へ。金ケ崎宮は『恋の宮』とも呼ばれ、難関突破や縁結びにご利益があるといわれてます。春には『花換まつり』というのも行われるようです。2日目はここと気 [続きを読む]
  • 初夏の敦賀旅行 その1
  • 旅行をしようかなり久しぶりに新幹線に乗って旅行に行った(新幹線で旅行したのは、2011年の山形か、それよりも前の仙台か)。あまり久しぶりだったので、緊張しながら東京駅で新幹線の出発時刻を待ったなぁ。新幹線ひかりに乗りながら、タブレットPCで執筆活動をする。贅沢気分。初めて外出先で(しかも電車内で)タブレットPCで執筆してみたけど、結構スムーズに執筆できた。この時に執筆したおかげで停滞していた作品もつい先日完成 [続きを読む]
  • F91とビギナギナ、ついに
  • 先月、ガンプラの『MG F91 ver2.0』が発売されましたね。家電量販店とかで売られているか見に行ったんですが、売り切れていたり、残り一個だったりしてました。やっぱりF91はガンダムの中でも人気のあるモビルスーツなんですよね(ガンダム人気投票なんかでもかなり上位にくるみたいですし)。">ちなみに、僕はver1.0とHGはちゃんと買いました。いつかは買いたい(部屋に置きスペースをとれるようになれば)。そして、もう一つ、待望の [続きを読む]
  • お世話になりました
  • 三月から働いていた会社、今月半ばで終了しました(ジャスト三ヵ月)。季節としてはまだ寒い時期から梅雨までだったので結構長かった印象。池袋だったんですが、とにかく会社が駅から遠くて、毎日通勤かなり歩きました。自宅から駅までも結構歩くので、一日の歩数が一万歩を超えてしまうんですね。業務自体はそれほど大変ではなかったんですが、とにかく通勤が大変でした。朝、夕とあのラブホテルが多い歓楽街を突き抜けて。朝の池袋 [続きを読む]
  • 流れに乗ると
  • 今日は調子がいい。すでに+22pips収益も2000円以上。前は逆張りをよくやって、利少損大のパターンになってたけど、ここ最近は、しっかりチャートの流れ・順張りをして、大きく利益をとることができてます。まあ、大きな利益といっても、5pips〜10pips程度なんですが。でも、自分の目標とする大きな利益が取れるようになると、損切りも怖くないというか。すぐ取り返せるからいいか、ってなりますね。にほんブログ村 [続きを読む]