プランター さん プロフィール

  •  
プランターさん: 植物男子プランター
ハンドル名プランター さん
ブログタイトル植物男子プランター
ブログURLhttps://s-danshi.com/
サイト紹介文ベランダ家庭菜園・花と植物・多肉植物などについてのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 22日(平均6.7回/週) - 参加 2018/05/27 14:48

プランター さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ユーフォルビア・ラクテア 無口で無骨で不気味なやつ
  • これは「ユーフォルビア・ラクテア」です。我が家の多肉植物の中でも最も奇怪な姿をしています。ぱっと見はサボテンの仲間のように思ってしまいますが、ユーフォルビア(トウダイグサ科)なのでサボテンとは違うんですよ。これも何か怪しい。フリルのような形状をしたものは「マハラジャ」の別名があり、学名ではEuphorbia lactea f. cristataと呼ばれます。意外なことにインドが原産だそうです。”lactea”は「乳」という意味です [続きを読む]
  • 緑亀の卵:インパクト大なキモカワ系セダム
  • 「緑亀の卵」と呼ばれているセダムの仲間です。ご先祖様は中米のメキシコあたり。学名はSedum hernandezii(セダム・ヘルナンデジイ)。プニプニとした葉がキモカワイイです。昨年の冬にお迎えしてから半年ほど経ちます。春と秋が成長期で、夏と冬が休眠期。梅雨に入ったので、これから夏の終わりまでは水少なめで管理します。まじカワイイです。地球外からやってきた植物という感じです。セダムなのに成長はものすごく遅く、ちょ [続きを読む]
  • 謎の球体 ユーフォルビア・オベサ
  • これはユーフォルビア・オベサ(Euphorbia obesa)という多肉植物です。南アフリカのケープ州原産らしく、英語では「ベースボール・プラント」と呼ばれることもあるそうです。確かに野球のボールのようです。全長は6〜15cmで成長するにつれて球体から円錐状になっていくそうです。我が家のオベサ君は、まだ直径4.5cmなので子供です。我が家にお迎えしたのは12月下旬。その頃はこんな様子でした。今よりも小さく、カボチャのようにも [続きを読む]
  • プランターで育てるひまわり 成長日記 Part 3
  • ベランダの500型プランターで育てている4本のひまわりがついに本格的に開花をはじめました! (前回Part2の記事はこちら)。種を蒔いたのが4月12日ですから、今日6月12日でちょうど2ヶ月目です。大体2ヶ月で咲くんですね。自宅のベランダでこんな大きな花が開くのは感動ものです。茎の根元のほうの葉は、役目を終えたのかしおれて枯れてしまいました。ただ触ってみてもしっかり茎にくっついているので、無理に取らずにいます。特に [続きを読む]
  • ハオルチア・オブツーサ(雫石)の植え替え
  • 多肉植物の中でも人気の高いハオルチア・オブツーサ(Haworthia obtusa)。南アフリカ原産。葉が半分透明に透き通っていて雫のように光を通すのが可愛いです。我が家のハオルチア・オブツーサは、100均ショップのようなところで小さいコーヒーカップに入っているものを購入しました。お迎え時はこんな姿でした。秋頃にお迎えし、春すぎから肥料を与えたりして少し大きくしようと思ったのですが、どうも小さくなる一方で、瑞々しさも [続きを読む]
  • プランターで育てるひまわり 成長日記 Part 2
  • プランターで育てるひまわりの成長日記・Part 2です(Part 1はこちら)。4月12日に種を蒔いてからちょうど2ヶ月近くになります。ひまわりの茎は太くて立派なので、倒れる心配は全くありません。ただフランス語で”tournesol”(太陽を向く)と呼ばれるくらいなので、茎が光を求めて不自然に曲がってしまう傾向がありました。そこで支柱を立て紐で縛ってやり、育つ方向を少し矯正しました。ベランダのプランター用テーブルでは高す [続きを読む]
  • シンゴニウムは丈夫で育てやすい観葉植物
  • 東京駅地下の100均ショップでシンゴニウム(Syngonium)という観葉植物を見かけました。地下街なので日光もなく、誰にも買われなければ廃棄されるのではないかと思い、見た感じ好みだったので買ってきました。それから3ヶ月ほどでしょうか、元気に育っています。あまり手間のいらない観葉植物です。シンゴニウムはサトイモ科に属する植物らしく、南メキシコや西インド、中央および南アメリカの熱帯雨林が原産だそうです。つまりそう [続きを読む]
  • パクチーを鉢植えにして最後まで育ててみることにした
  • 種まきから50日目で収穫し、おいしくいただいたパクチー。その後、プランターの半分は収穫して食べました。自分の手で育てて食べる野菜の味は、素晴らしいものがあります。しかし何しろはじめての家庭菜園なので、パクチーが最終的にどこまで成長するものなのか、その過程を見てみたいという気持ちになりました。そこでプランターの残りの株を大切に掘り起こし、鉢に植え替えました。根を傷つけないように注意しました。数日経って [続きを読む]
  • とうがらしの花が咲いて、実がなったよ!
  • ホームセンターでとうがらしの苗を買いました。たしか「鷹の爪」だったと思います。本当は「ハバネロ」などのもっと激辛品種を買いたかったのですが、在庫がなく、ベランダ家庭菜園がはじめてだったこともあり、苗から育てようと思ったのでした。下は、4月20日の写真です。小さめの鉢に入れました。とうがらしはナス科の植物で、ミニトマトもそうなのですが、成長はゆっくりで時間がかかります。とうがらしは、虫に好かれる印象が [続きを読む]
  • ネット入りの鉢底石が使いやすくて便利
  • プランターや鉢にはすぐ土を入れるのでなく、水はけと通気性を良くするために「鉢底石」を入れる必要があると聞き、使いやすいものはないかと探したところ「ネット入り 鉢底に入れる石」が人気のようでした。写真のように、ネットの中に入っていて使いやすくなっています。大きめの鉢やプランターなら、このネットのまま底に入れられるので大変便利です。再利用もしやすいです。ただ小さい鉢や深さがあまりないプランターの場合、 [続きを読む]
  • パクチー、50日目で初収穫。スープでおいしくいただきました
  • 4月12日に種まきしたパクチーを、6月3日に初収穫しました。約50日間の栽培でした(前回のパクチー記事はこちら)。一週間ほど前から、見た感じ、もう食べられそうな感じがあり、どのくらい伸びたら収穫できるのだろうと悩みました。茎が固くなってしまう前に、15〜20cmの長さで収穫するのが良いと聞き、その長さのものをとりあえずハサミでカットして収穫しました。まだ短い茎や、プランターに余裕があったので追い蒔きしたパクチ [続きを読む]
  • 癒やしのコロコロ グリーンネックレス
  • ホームセンターで見かけて衝動買いしたグリーンネックレス(別名ミドリノスズ、Senecio rowleyanus)。4〜6月頃までは生育期とのことで、我が家にお迎えしてから二ヶ月ほどでぐんぐん成長しました。ベランダの植物たちの中でも異彩を放っていて、空間のアクセントになっています。南西アフリカ・ナミビアの砂漠地帯出身なので乾燥には強いらしいのですが、鉢が小さく、すぐ土が乾くので毎朝水を与えています。これから真夏に入ると [続きを読む]
  • はつか大根、待望の収穫。間引きを怠るとこんな結果に!
  • 初チャレンジしたはつか大根(前回の記事はこちら)。4月12日に種まきしたものを、今日6月2日に収穫しました。大体50日間の栽培でした。土の上に赤い大根が出てきているので、もう食べられそうです。1本抜いてみます。おお、実がなっている! これだけでも感動ものです。ちょっと小さいのですが、大したことではありません。自分で育ててみたというのが大事。根っ子は細いもののビッシリと張り巡らされている感じでした。かじって [続きを読む]
  • プランターで育てるひまわり 成長日記 Part 1
  • 夏のあいだにベランダでひまわりを眺められたらいいな、と思い、プランターで育ててみることにしました。選んだ種は「サカタのタネ」の「ひまわり ビンセント クリアオレンジ」。まきどきは暖かい地域で4〜6月、開花は7月中旬〜9月末頃。種は「キャプタン」という農薬で処理されていて、人工的な青色。4月12日、深さ1cmの穴に3粒づつ入れました。種を撒いてから8日後の4月20日の様子。殻を頭につけたままムクムクと芽が出てきまし [続きを読む]
  • ぐんぐん伸びる!えだまめ成長日記 Part 1
  • ベランダ家庭菜園でえだまめの栽培に挑戦しています。ホームセンターで苗から買った株もひとつあって、そちらは鉢植えにしているのですが、同時に種からも育ててみることにしました。こちらはプランター栽培です。種は、「サカタのタネ」の「中早生超多収枝豆 とびきり」。発芽までの日数5〜7日、発芽適温25〜30℃とあります。やはり種からのほうが、育て甲斐があります。えだまめは発育が早く、生命力に溢れています。下は4月25 [続きを読む]
  • はつか大根、収穫間近。
  • 今年からベランダで家庭菜園をはじめました。今日5月21日のはつか大根の様子。種を植えてから一月半、40日くらいでしょうか。見た感じ、もう収穫しても良さそうです。種を植えたのは4月12日でした。はじめてで土のこともよくわからなかったので、「サカタのタネ」が出している「水でふくらむタネまき土ポット」というものを使いました。これは平たいクッキーのようなかたちをした培養土のかたまりで、水を吸わせるとグングン膨らみ [続きを読む]
  • 過去の記事 …