自然とデジカメ さん プロフィール

  •  
自然とデジカメさん: 自然とデジカメ
ハンドル名自然とデジカメ さん
ブログタイトル自然とデジカメ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hodakayuuma
サイト紹介文山野草や野鳥そして蝶々などの写真を撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 25日(平均7.3回/週) - 参加 2018/05/28 00:29

自然とデジカメ さんのブログ記事

  • ツバメ科の仲間たち
  • 【ツバメ科の仲間たち】2018年6月20日 編集過去の写真から「ツバメ科の仲間たち」の野鳥をピックアップしてみました背は紺色光沢のある黒色で、眉斑から後頸と腰には橙褐色のコシアカツバメコンクリート建物や崖地の岩棚に巣を作るイワツバメ砂質の崖地などに営巣するショウドウツバメ良く見かけるツバメツバメ科ではありませんがマツバメ目アマツバメ科のアマツバメ [続きを読む]
  • カラスの名の付くの仲間たち
  • 【カラスの名の付くの仲間たち】2018年6月19日 編集過去の写真から「カラスの名の付くの仲間たち」の野鳥をピックアップしてみました高山のカラス・・・ホシガラス山地の森林のカラス・・・カケス本州以北の平野にいるオナガ九州地方に多くいるカササギ冬鳥としてわたってくるコクマルガラス冬鳥のカラスのミヤマガラス平地のカラスのハシボソガラス平地から高山帯にいるハシブトガラスカラスではありませんがカラスの名が [続きを読む]
  • アジサシ属の仲間たち
  • 【アジサシ属の仲間たち】2018年6月16日 編集過去の写真から「アジサシ属」の野鳥をピックアップしてみました稀な旅鳥または冬鳥として、渡来して来ます。日本産アジサシ類最大のオニアジサシ稀な旅鳥として渡来。やや大型のアジサシで夏羽はほぼ全身白いハシブトアジサシ旅鳥として渡来。頭部から体上面、下面が黒いハジロクロハラアジサシ旅鳥として渡来。頭とお腹が黒く、頬は白いクロハラアジサシ夏鳥として河口、河川 [続きを読む]
  • ツル科の仲間たち
  • 【ツル目の仲間たち】2018年6月16日 編集過去の写真から「ツル目」の野鳥をピックアップしてみました迷鳥として数年に一度ほど渡来します。モンゴルで繁殖しヒマラヤ山脈を越えインドで越冬するアネハヅル北海道の釧路湿原で有名なタンチョウ(幼鳥は頭部から頸、背、雨覆が褐色です)冬鳥として毎年鹿児島県出水地方に渡来するマナヅル冬鳥として毎年鹿児島県出水地方や山口県周南市に渡来するナベヅル迷鳥として北海道、 [続きを読む]
  • 交雑種?の野鳥たち
  • 【交雑種?の野鳥たち】2018年6月15日 編集過去の写真から「交雑種?」の野鳥をピックアップしてみました稀にコハクチョウなどに混じって飛来するアメリカコハクチョウ(嘴の大部分が黒くて、目の前に小黄色斑があります)ヒドリガモに似ているが頭頂は白く、目の後方に緑色光沢の部分があるアメリカヒドリコガモの仲間で、肩羽の水平白線がなく胸側に白い縦線があるアメリカコガモツグミの中で胸が一様に赤褐色に見えるハ [続きを読む]
  • 突然変異?の野鳥たち
  • 【突然変異?の野鳥たち】2018年6月14日 編集過去の写真から「突然変異?」の野鳥をピックアップしてみました白いツバメ白いトビ白毛が混じるハシボソカラス白化のムクドリ黒化のスズメ尾羽のないジョウビタキ尾羽のないキレンジャク尾羽の短いサンコウチョウ(♂) [続きを読む]
  • カラフルな野鳥たち
  • 【カラフルな野鳥たち】2018年6月14日 編集過去の写真から「カラフル」な色の野鳥をピックアップしてみました日本の国鳥のキジ日本固有種のヤマドリ雄のイチョウ形の羽が特徴のオシドリ華やかな夏羽を京女に見立てて和名になったキョウジョシギ体が緑色や紫色の光沢のある黒色のホシムクドリ長い冠羽を持つ大形のチドリのタゲリ白い体に緑色光沢の黒や栗色に赤い嘴のツクシガモ嘴が大きくてヘラのような形のハシビロガモ色 [続きを読む]
  • 白色の野鳥たち
  • 【白色の野鳥たち】2018年6月13日 編集過去の写真から「白色」の色の野鳥をピックアップしてみました大形の水鳥で、日本の鳥の中で最も重たいオオハクチョウオオハクチョウより一回り小さく、嘴の黄色い部分が狭いコハクチョウ嘴は大部分が橙赤色だが、上嘴の基部にこぶのあるコブハクチョウ(幼鳥は嘴のコブがありません)白いサギ類では最大で嘴・くび・足共に長いダイサギ(婚姻色では眼先はより緑青色が濃くなり、足に [続きを読む]
  • 灰色の野鳥たち
  • 【灰色の野鳥たち】2018年6月12日 編集過去の写真から「灰色」の色の野鳥をピックアップしてみました灰色の代表格。雄は頭部と体と尾があかるい灰色で、胸と腹は白いハイイロチュウヒ(雌は淡褐色の地に黒褐色の縦斑)冬鳥として稀に渡来するハイイロガン。嘴と足はピンク色です数少ない冬鳥として渡来するハクガン。幼鳥は全身が灰褐色で、嘴は黒く足は暗赤色です。数少ない冬鳥または旅鳥のオオカラモズ。日本産モズ類で [続きを読む]
  • 白黒色の野鳥たち
  • 【白黒色の野鳥たち】2018年6月11日 編集過去の写真から「白黒色」の色の野鳥をピックアップしてみました世界的な稀少種で、雄は頸側から脇にかけて鱗状斑がならんでいるコウライアイサ嘴はまっすぐで長く、足は非常に長いセイタカシギ雄の頭部は緑黒色で、後頭にはボサボサした冠羽があるウミアイサアイサ類で最も大きいカワアイサ小形のアイサ類で目の周囲、後頭の冠羽の下などが特徴のミコアイサ頭から頸は黒く、両頬と [続きを読む]
  • タマシギ(玉鷸)
  • 【タマシギ(玉鷸)】野鳥  : チドリ目 タマシギ科 タマシギ属生活型 : 留鳥または漂鳥生息地 : 水田、休耕地、河川など時期  : 一年中全長  : 24cm雄よりも雌の方が羽色が美しいシギ。一妻多夫で繁殖し、雌・雄の役割が逆転していて、造巣から育雛は雄が行います。夜間、雌は大きな声で鳴いて雄を呼びます。雌はのどから胸が赤褐色、頭中線は淡黄色で、アイリングは白色で、繁殖期は肩羽外側に白い線が出 [続きを読む]
  • 茶色の野鳥たち
  • 【茶色の野鳥たち】2018年6月10日 編集過去の写真から「茶色」の色の野鳥をピックアップしてみました全身淡いバフ色と黒褐色のまだら模様のサンカノゴイ大きな換羽のある、数少ない旅鳥のヤツガシラ背中から胸に栗色の広い帯のあるツクシガモ数少ない冬鳥または旅鳥として渡来してくるサカツラガン迷い鳥として渡来、虹彩と下尾筒、腮は白く雄は頸・胸は赤褐色のメジロガモ山地の林に住むスズメで、頬に黒斑がないニュウナ [続きを読む]
  • 黒色の野鳥たち
  • 【黒色の野鳥たち】2018年6月6日 編集過去の写真から「クロ」の名の付く野鳥をピックアップしてみました全身がすす色のサギのクロサギ(全身が白い白色型もいるそうです)真っ黒で嘴の黄色いコブのある海ガモのクロガモ(雌は黒褐色で頬は白っぽい)赤い嘴に黒いコブのあるビロードキンクロ(雌は黒褐色です)暗い林に住む黒っぽい鳥のクロジ(雌は上面はオリーブ褐色で黒い縦斑があります)上面が黒色で下面は白く黒斑のク [続きを読む]
  • ダイミョウセセリ(大名挵)
  • 【ダイミョウセセリ(大名挵)】昆虫  : チョウ目 セセリチョウ科 チャマダラセセリ亜科時期  : 4〜10月前翅長 : 15〜21mm分布  : 北海道、本州、四国、九州珍しさ : 普通 ★☆☆☆☆ 珍しい黒地に白帯のあるセセリチョウ。翅を完全に開いてとまることが多い。地方によって翅のもように違いがあり、東京付近には白帯がはっきりしない「関東型」が、大阪付近には白帯が明瞭な「関西型」が多い。雑木 [続きを読む]
  • アマサギ(黄毛鷺)
  • 【アマサギ(猩々鷺)】野鳥  : ペリカン目 サギ科 アマサギ属生活型 : 夏鳥生息地 : 水田、湿地、草地、放牧地など時期  : 5月〜9月全長  : 51cm全身が白くなるサギ類では最小。雌雄同色。夏羽は頭部から頸、胸、背が橙黄色で、他の部分は白色で背には飾り羽があります。嘴は橙黄色、目先は青みのある肉色で、足は黒い。婚姻色では嘴の基部から半分ほどとアイリング、眼先、足が赤くなります。他のシラ [続きを読む]
  • セイタカシギ(背(丈)高鷸)
  • 【セイタカシギ(背(丈)高鷸)】野鳥  : チドリ目 セイタカシギ科 セイタカシギ属 生活型 : 旅鳥 または 留鳥生息地 : 湖沼、河口、水田など時期  : 一年中(繁殖地)、8〜5月(通過・越冬地)全長  : 37cmピンク色の長いあしをもつキジバトほどの大きさのシギです。旅鳥として干潟、河口、水田などに渡来するが、東京湾周辺では留鳥したり、愛知県などでは繁殖例もあります。雌雄ほぼ同色。雄の夏 [続きを読む]
  • コベニヒワ(小紅鶸)
  • 【コベニヒワ(小紅鶸)】野鳥  : スズメ目  アトリ科生活型 : 稀な」冬鳥生息地 : 平地から山地の草原、海岸、河川など時期  : 10月〜4月全長  : 12cm雌雄同色。額は赤く、全身白っぽい。背、脇に黒褐色の縦斑があります。(縦斑は灰褐色の色が薄い)腰ははっきりとした白色。ベニヒワはやや大きく、腰がはっきりと白くない。全体的により褐色みがある。◎2015年1月29日  写真6枚このころこ [続きを読む]
  • 緑色の野鳥たち
  • 【緑色の野鳥たち】2018年6月4日 編集過去の写真から「緑色」の混じった野鳥をピックアップしてみました緑色の代表のアオバト(信号機など緑色をアオとも言っていました)眼のまわりが白い鳥 メジロ日本の国鳥のキジ(雌は褐色です)高原の歌い手のアオジアオジによく似たノジコ日本三鳴鳥の一つウグイス [続きを読む]
  • オレンジ色の野鳥たち
  • 【オレンジ色の野鳥たち】2018年6月3日 編集過去の写真から「オレンジ色」の混じった野鳥をピックアップしてみました雄の鳴き声が馬(駒)のいななきに聞こえるコマドリ(雌は胸に黒い帯がなく全体的に雄に比べ淡い)雄の下面のオレンジ色が美しいジョウビタキ(雌は全体的に灰褐色です)雄のイチョウ形の羽が綺麗なオシドリ(雌は全体的に地味です)雄はお腹の上部がオレンジ色のムギマキ(雌は上面がオリーブ褐色です)わ [続きを読む]
  • 赤色の野鳥たち
  • 【赤色の野鳥たち】2018年6月2日 編集赤色の混じった野鳥をピックアップしてみました赤色の代表のアカショウビン(火の鳥)そしてオオマシコ(雌は淡褐色)尾の長い赤い鳥のベニマシコ(雌は淡褐色)赤い額のベニヒワ(雌の胸は白っぽい)喉元の赤いウソ(アカウソ)嘴の先端が食い違うイスカ(雌は赤みが少ない)イスカに似ているナキイスカ喉元が赤いノゴマ(雌はかすかに赤い)下尾筒の赤いヒレンジャク参考:キレンジャ [続きを読む]
  • 青色の野鳥たち
  • 【青色の野鳥たち】2018年6月1日 編集青色の混じった野鳥をピックアップしてみました光沢のあるコバルトブルーのカワセミ鮮やかな瑠璃色のコルリ(雌はオリーブ褐色です)日本三鳴鳥の一つオオルリ(雌は淡褐色です。若鳥雄はブルーが混じっています。幼鳥はマダラ模様)日本初飛来(2017年)のフーキェンアオヒタキ長い尾羽とコバルトブルーのアイリングのサンコウチョウ(雌は茶褐色)子育て中ブルーとオレンジ色のルリビ [続きを読む]
  • 黄色の野鳥たち
  • 【黄色の野鳥たち】2018年5月31日 編集黄色の混じった野鳥をピックアップしてみました最初はキビタキ(雌は地味です)マミジロキビタキ(雌は尾羽のつけ根に黄斑が)ミヤマホオジロ(雌は茶系統)カワラヒワキセキレイマヒワキクイタダキ(頭頂に黄色が・・・)イカル(おまけ・・・嘴が黄色) [続きを読む]