お葬儀のいばそう さん プロフィール

  •  
お葬儀のいばそうさん: お客様満足度96% 茨城県日立市「お葬儀のいばそう」
ハンドル名お葬儀のいばそう さん
ブログタイトルお客様満足度96% 茨城県日立市「お葬儀のいばそう」
ブログURLhttps://ameblo.jp/osougi-ibasou/
サイト紹介文大切なお別れをより良いものに…日々練習を積み重ねいばそうにしか出来ない最高のお別れ式を提供しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 118日(平均0.7回/週) - 参加 2018/05/28 08:36

お葬儀のいばそう さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • おかげさまで創業30周年を迎えました。
  • 先日、いばそう創業30周年記念パーティーを開催しました。 和気あいあいとした歓談の中、創業〜現在に至るまでを振り返り、未来へ向けた想いを共有しました。 その後、弊社代表より表彰やサプライズまた、ビンゴ大会などが行われ、会場は終始大盛り上がりとなりました。 いばそうは更なるレベルアップを目指し現状に満足することなく、挑戦し続けます。 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 第4回エンディング産業展 登壇報告と次回セミナー
  • 先日こちらの記事東京ビックサイト エンディング産業展で登壇いたしますで告知させて頂きました、第4回エンディング産業展の報告です。 8月22日、茨城県からは初の登壇となりました「中小葬儀社の生き残り戦略」セミナーは大盛況でした。受付には列ができ セミナー会場は満員御礼でした。ありがとうございました。 また、次回11月14日に大阪で開催されるエンディング産業展へも登壇オファーをいただきました。 こちらでも [続きを読む]
  • 豆知識:棺を運ぶ四人組・棺桶・霊柩車と祭壇・お布施
  • 棺を運ぶ四人組棺を運ぶ人を『ロクシャク』と言うが、正式には『陸尺』と書く。戦時中に6を陸と書いていたからであり、6尺の深さまで墓穴を掘るからと言われている。 棺桶江戸時代、円柱系の棺桶(米櫃等の大きな樽状)に入れて地中に埋葬した。現在は寝棺と呼ばれる棺(ひつぎ)に変わった。 霊柩車と祭壇戦後、瓦屋根の霊柩車がありましたが、見ると親指を隠さないと親の死に目に会えないと 言われ、忌み嫌う事がありました。 [続きを読む]
  • 県内唯一!大切なお別れ式に向け、日々練習を重ねています。
  • いばそうのスタッフは、葬家さまにとって大切なお別れの時間を「どうしたらより良いものにできるか?」と常に考え、毎日自主的に練習しています。 定例のお別れ式練習会では、日々の練習の成果を発表します。 実は、茨城県内で練習会をしている葬儀社は弊社だけです。 より良いお別れ式を提供したいという想いと日々の練習の積み重ねがあるからこそできる、最高のお別れ式です。 [続きを読む]
  • 豆知識:献杯・木魚
  • 宗派や習慣・思想で見解は違いますが過去(生命の誕生)から現在まで生存している方がいないので、伝言ゲームに成りつつあります。 だとすれば、故人に対して何が出来るか?が本質になるのかと思います。 本日の豆知識は献杯と木魚についてご紹介しますね。※全て諸説あり 献杯献杯の音頭は間違い、「献杯」の発声です。指名者が献杯と静かに遺影に捧げ、他の方は無言で遺影に杯を捧げる。その後拍手などはせず、会食の始まりに [続きを読む]
  • ブログを開始しました。
  • 茨城県日立市の「お葬儀のいばそう」です。葬儀終了後の無記名アンケートでは、96%のお客様から「お願いしてよかった」とのありがたいお声を頂戴しています。葬家様の気持ちに寄り添い、心を込めて大切な方の旅立ちをお手伝いさせていただきます。【ホームページ】http://www.ibasou.co.jp【Facebook】https://www.facebook.com/osouginoibasou/【Twitter】https://twitter.com/ibasou [続きを読む]
  • 過去の記事 …