雨後の月 さん プロフィール

  •  
雨後の月さん: 一日一毒
ハンドル名雨後の月 さん
ブログタイトル一日一毒
ブログURLhttps://asuwahare.muragon.com/
サイト紹介文一日一言。晴れあり、雨あり、嵐あり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 27日(平均7.3回/週) - 参加 2018/05/28 23:01

雨後の月 さんのブログ記事

  • 欲望
  • 人は、欲望の塊のような生き物です 私も、例外ではありません 人の欲望には、食欲、物欲、性欲があり、 性欲に関してですが、性欲が満たされた男は、闘争心がなくなるので、プロの方々の中には、大事な試合や勝負事の前には、セックスをしない人もいます。 私の知り合いで、トップアマのゴルファーは、日本アマにも出てる人ですが、彼は、大事な試合の前には、セックスはしないと言います。満たされた状態だと、闘争心が萎える [続きを読む]
  • 基本軸
  • 今日の毒? 私の基本軸 求めず、拒まず(性的な意味ではない) 既婚者と付き合うなら、家庭円満の人を選ぶこと(知り合った時に、男性が、妻と離婚意思がない場合) 家庭の話をあれこれ聞かないこと、聞き出さないこと 金と時間にルーズな男は、女にもルーズだから、そんな男をつかんではいけない 自分には、「余白」を 相手には、「逃げ道」を作ってあげること 足元にすがらず、自立し、対等であること 男に、体と金を貢 [続きを読む]
  • 心配は、そこ?
  • 今日の毒 千葉の地震、群馬 そして、昨日の大阪の地震 西日本に住んでるけど、朝から、携帯が鳴り響く、嫌な音に、びっくり! さすがに、M6は、びびりました。 阪神淡路地震を思い出して… 台所にいた私は、思わず、食器棚を押さえていましたが、心拍数が上がり、「今、何をしたらいいんだろう?」とパニくりましたよ 人間は、イレギュラーなことがおきると、冷静な判断ができないんですね 幸い、こちらは、微震でしたが [続きを読む]
  • 事実は小説より奇なり
  • 毒の毒 不倫ブログを毎回、拝見して思うこと 情事の内容を毎回、赤裸々に書いてる人の多いこと。 読む側には、興味をそそられる話よね(笑) 特別、人並み外れた内容でもなく、普通なんだけど、官能小説よりは、素人さんの官能ブログのほうが、リアルだわ 「彼に逢いたい、逢いたい」が「したい、したい」に見えてくる 「普通の主婦」て、こんなに、エロかった? 30させごろ(さんじゅう、させごろ) 40しごろ(しじゅ [続きを読む]
  • 保身
  • 今日の毒 離婚の勧めをするわけではないことを前提に 「離婚はしたい。でも、今はダメ。子供が大きくなるまで」と言うが、本音は、まだ、未練があったり、今の、生活水準を落としたくない、離婚して、一人で育てていく、不安があるからであり、子供を盾に、「子供の為に別れられない」と、のたまうことに、違和感を感じる 確かに、普通の人なら、子供は可愛いから、子供に、苦労はさせたくないだろう。 しかし、人生は、一度き [続きを読む]
  • スペシャルエディション
  • 今日の解毒 パートナーの誕生日に、モンブランのスペシャルエディションを何度か、贈ったことがある。立場上、重要書類にサインすることも多い、役取りだから、派手過ぎず、洒落た物を 付き合い始めて、三年間くらいの誕生日は、当時、珍しかったブルガリのネクタイをプレゼントしていた。セブンホールドのネクタイは、厚みがあり、洒落ているから。しかし、「その為に、ワイシャツをオーダーするはめになった。厚みがあるから、 [続きを読む]
  • 領域
  • 毒の毒 婚外恋愛中と言う人達を分析してみた。(私、よほど、ヒマなんでしょうねぇ) 男性は、ある程度、お金を自由に使える経済力のある人だろうね。 女性も、経済的に、困っているような人は、見当たらない。 困っていたら、不倫なんかしてる場合じゃないと思うし。 お互いに、配偶者とは別れる気持ちはない 美意識が高いらしい。 優雅な恋愛だ でもね、両手一杯に、握りしめて、まだ、欲を出すと、その指の隙間から、墜 [続きを読む]
  • こんなはずじゃなかった?
  • 今日の毒 いやいや、そんな人を選んだのは、誰でもなく、あなたです。 私は、「こんなはずじゃなかった」と言う言葉は嫌いで、結果的に、負とでたら、自分の責任であり、自分に、見る目がなかったと思っています。 失敗は、自分の責任。いつまでも、他人のせいにしてしまうと、いつまでも、同じ失敗を繰り返します。 [続きを読む]
  • 執着とジェラシー
  • 今日の毒 ちょっとした、ヤキモチは、可愛いかもしれないが、度を超せば、うっとうしくなるもの。 実態があるわけでもないのに、自分だけで、あれこれ想像し、悪いことばかり考えていく。 そして、それを相手に、確認しようとする。 ジェラシーが強すぎる分だけ、相手に執着してるということかもしれない。 こういう人は、相手を追い詰めて、がんじがらめにしてしまう恐れがある 相手に、逃げ道をつくってあげる、心の余裕ま [続きを読む]
  • 男の色気と女の生活感
  • 今日の毒 地位と名誉と金があっても、色気のない男はいるよね。 私から見た、安○晋○がそうかもしれない。 例えが大げさだけど、自分の好みの許容範囲から外れているというのも理由の一つではあるが、色気のない、おじさんはいる(笑) ただ、好みではないが、色気があるなぁと感じる人達は、何かしら、魅力のオーラが出てるのかもしれない。 男も男としての色気は必要である。かと言って、イケメンのナルシストは、気持ち悪 [続きを読む]
  • 断捨離の季節
  • いつも、する、する、といいながら、しない断捨離。 ちょうど、蒸し暑くなってきたし、衣替えも、本格的にしないと必要にかられてきたので、今月のお休みは、やります!宣言。 梅春物がお店に出かけた時期、一度、整理して、春物をリサイクルショップに持っていきました。 一度しか使用しなかった、靴とか、タグのついたままの洋服もあり、ちょっと、かたずいたかな?と思っていたけど、売る物じゃなく、捨てるべき物も、沢山あ [続きを読む]
  • 三年ぶり
  • なんてことない話です。 スーパーには、時期物のらっきょうが、お目見え! 久しぶりに漬けるかなぁと思って、買ってみました。 お商売をしていた間は、毎年、5キロは、漬けていて、欲しい方々にも、お裾分けしていました。それを毎年、楽しみにしてくださったお客様もいました。 自営業を始める時、60で辞めようと考えていたのに、少しだけ早くなりましたが、それ以来、らっきょうを漬けることはありませんでした。 去年も [続きを読む]
  • 裏交際費
  • 大人の男性が、女性と付き合う場合の交際費をざっと、計算してみました。 月、3回デートと仮定します。 夕食@5000円くらいはかかるので×2で10000 その後、ホテルを利用する場合10000の予算くらいを想定し、一回20000円×3回=60000 割烹や、それなりの店なら、食事も25000円くらいの予算が必要になり、サラリーマンなら、自分のランチ代も必要なので、ざっと見積もっても、最低、月10万は [続きを読む]
  • 意味不明な結婚
  • 今日の一日一毒 既婚者同士が付き合ってる人達は、私が想像する以上に多かったことに驚いた 今の流行りなの? 個人の自由だということは、さておき、いろいろ、ブログを読んでると、「以前、お付き合いしていた彼」とか、「今の彼は」とか… えっ?1人じゃないの?前にも誰かと付き合ってたの? 結婚してるんだよね?結婚生活を続けながら、付き合ってきた男性は、1人じゃないって、びっくりするんですけど! なら、結婚て [続きを読む]
  • 長崎 別邸紅葉亭
  • ■紅葉亭 こちらでは、茶室のある、お部屋にしました。 部屋に通されると、スタッフさんが、お茶を立ててくれました。 夜は、長崎郷土のしっぽく料理。 味付けは、伝統の甘い料理でした。 食事の途中、女将が見えて、「ぶらぶら節」を披露してくれ、感激しました。 過去に泊まった宿の思い出は、この紅葉亭で、一旦、終わり ホテル宿泊の場合、一般的には、夕食は、基本、外へ出るので、まぁ、別にいいかなと思ったりして。 [続きを読む]
  • 指宿温泉 白水館「離宮」
  • ■白水館離宮 鹿児島と言えば、市内なら、城山ホテル、指宿なら、白水館 城山は、高台にあり、市内のホテルでは、人気の観光ホテル。 特に、朝食!びっくりするほどの品数が、バイキングで食べられるので、お得感があります。それに比べて、夕食の黒豚しゃぶしゃぶの肉が、ショボくて、別料金で、追加しました。 所変わって、指宿温泉白水館 敷地内の別棟にある離宮に宿泊 どの宿も、離れは、静かでゆっくりできるので、つい [続きを読む]
  • 天草「五足のくつ」
  • ■五足のくつ とうとう、天草五橋を渡り、行って来ました。天草まで( ^∀^) 天草は、「こはだ」も絶品で、宿に行く前に、寿司屋で、こはだを頂くことに。関東の寿司屋さんに届く、こはだは、こちらの地方のものだとか。 五足のくつは、離れに行くまでに、やはり、熱帯雨林の中を歩いていくような感じでした。全室、露天風呂付き。 泊まった部屋は、ステンドグラスをはめこんだような、浴室の窓など、いたるところに、女性 [続きを読む]
  • 佐賀嬉野温泉「大正屋椎葉山荘」
  • ■椎葉山荘 こちらの宿も、なかなか予約が取れず、やっとの想いで伺えた宿です。 かなり、人気のある宿で、決して高額ではありませんので、お財布にも優しいです。 しいばの湯も、良いし、部屋、料理ともに、満足できる宿です。 嬉野温泉と言えば、一昔前までは、男性が楽しめる温泉地といわれ、賑わった場所と聞いていましたが、街の中を散策した時には、かなり、寂れた感じで、この宿だけの目的なら行けるかなぁという感じで [続きを読む]
  • 鹿児島 妙見温泉「天空の森」他
  • ■天空の森 こちらは、「忘れの里雅叙苑」所有のヴィラタイプの宿 今は、宿泊できますが、我々が訪れた時は、まだ、建設途中?で、「野遊びプラン」というオプションで、伺うことが出来たヴィラでした。しかし、このプラン、半端なく高額で、普通の旅館に泊まれるくらいの金額でした。雅叙苑は、離れの部屋を連泊 そこから、送迎の車で、しばらく走ると、今度は、ゴルフ場のカート?で、移動。山一つ、オーナーが所有する、まる [続きを読む]
  • 奥万願寺温泉「旅館藤もと」
  • ■旅館藤もと こちらの宿は、かなり、お気に入りです 小さな宿で、ひなびた感満載(失礼しました) 部屋も、今までの感じではなく、失敗したかな?と一瞬思ってしまいました。 しかし、その後、とんでもなく、サプライズに感動‼? 大浴場というには、こじんまりしているお風呂ですが、これが、すごい〜!内風呂から続く石だたみの下には、川!清流が、ゴウゴウ流れ、すぐ手の届く場所に、露天風呂。 昼間なら、裸で、露天風 [続きを読む]
  • 黒川温泉「黒川荘」離れ
  • ■黒川荘離れ 湯布院も二度、訪れたけど、街は、観光客でごったがえして、車も渋滞。なんだか、疲れるなぁと思って、取った宿 当時の黒川も、人気ではあったが、湯布院とはまた違った、おもむきがあり、好きになった 通された離れの部屋には、もちろん、露天風呂付きだったが、川のすぐ横で、かなり、水の流れの音がきになった。 でも、ふいんきは良い。夕食は、部屋で。 朝食は、離れ専用者の食事所。 山の中なので、川魚と [続きを読む]
  • 道後温泉「道後館」
  • ■道後館 黒川紀章が設計を手掛けたという宿。 付き合い始めの、かなり昔に、訪れた宿でもある。 確かに有名な人の設計らしく、いたるところに、そのセンスは伺えた しかしだ。(また、一毒ですけど) 部屋の内装など、よく見れば、クロスやら、材料など、なんか、チープに見えてしまったのは、なぜだろう?まったく、感動無し(笑) どうせなら、やはり、大和屋別荘にしたいものだ。 まぁ、道後温泉に一泊二日で行くなら、 [続きを読む]
  • 都合の良い言葉
  • 他人様の不倫ブログのことを言える立場じゃないけれど、いつも、不思議に思うことがある W不倫中の女性の話だけど、自分の旦那が、他の女性と付き合うのは「浮気」で、自分が、家庭のある男性と付き合うのは「婚外恋愛」という。 これって、おかしくないかい? もしかしたら、自分の旦那だって、恋愛ごっこをしてるかもしれない。 自分は、真剣だと言うかもしれないが、旦那だって、その女性と真剣に付き合っているかもしれな [続きを読む]