つくし さん プロフィール

  •  
つくしさん: つくしのモラハラ脱却記
ハンドル名つくし さん
ブログタイトルつくしのモラハラ脱却記
ブログURLhttps://ameblo.jp/tsukushinbounikki/
サイト紹介文夫のモラハラから息子と共に逃げ出しました。自分の身に起きたことを整理するためにブログを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 27日(平均13.2回/週) - 参加 2018/05/29 00:32

つくし さんのブログ記事

  • 暴言が日常化する
  • 「自己中の権化」の続きです。夫の職場の上司が心配して来てくれました。そして近くのレストランで食事をご馳走になり、ここ数日間何があったのか聞いてくれました。夫が上司に電話で「自分はアダルトチルドレンという問題を抱えているから、人間関係を上手く築けない。」と言ったそうです。そして以前診てもらった精神科の病院に行き、「自律神経失調症」の診断書をもらって来ていました。(前回精神科にかかったときのことはこち [続きを読む]
  • 近所のママ友
  • こんにちは。つくしです夫と同居していた頃、近所にうちと同じくらいの子どもを育てている世帯が多かったので、何度か子連れで遊んだことがありました。お互い引っ越してきたばかり。これからよろしくね、仲良くしてねってラインを交換して、子ども同士を遊ばせたりお土産を渡し合ったりし始めた矢先に、私と子どもが出て行く形で別居となりました。別居後にもお誘いのラインが来ていました。夫は前と変わらずそこに住んでいるので [続きを読む]
  • 過去は変えられないけれど未来は変えられる
  • こんにちは。つくしです今日は職場の先輩宅に数人で集まって、女子会していましたササッと数人分の食事を用意できちゃう先輩。尊敬しちゃいます子ども同士で遊んでてくれるかな?と思ったけど、まだお互いちっこくて一緒に遊ぶことはできませんでしたでも保育園の話を聞けたり、身内が最近離婚した先輩もいたので色々と身になる話を聞けました。夫が豹変してからも普通に仕事に行っていたので、家庭内でそんなことがあったなんてと [続きを読む]
  • 三船美佳と高橋ジョージ元夫妻
  • 三船美佳さんと高橋ジョージさんが離婚したのが2016年春。離婚の理由は高橋ジョージさんによるモラハラだと報道されていました。2人はおしどり夫婦だとばかり思っていたので、とても驚いたのを覚えています。そのとき私は既に夫と婚姻中。まだ夫からの暴言は始まっていませんでした。まさか自分もその渦中にいるだなんて思いもせず、他人事でワイドショーを見ていました。モラハラは洗脳→暴力という順序をたどるので、このとき既 [続きを読む]
  • 初めての法律相談
  • こんにちは。つくしです夫から逃げて1ヶ月経ったくらいに、DV被害者用の無料の法律相談に行きました。今まで法律とは無縁の生活をしていたので、弁護士とどんな風に話をしたらよいのか分からず緊張しました。相談したことは主に「離婚が認められるか」「親権」「養育費」「慰謝料」「財産分与」です。離婚については、夫が暴れて穴を開けた壁の写真を撮っておいたのと、私に対する暴言のラインの履歴が残っており、その中で夫自身 [続きを読む]
  • 自己中の権化
  • 「月曜日」の続きの話です。夫の奇行にどうしたらよいか分からず、義母に電話をしました。義母は「息子は本当は優しい子。就職してからおかしくなってしまった。」と夫を擁護しました。馬鹿な私はその言葉を信じてしまった。根っこはいい人で、一時的にこうなっているだけなんだと。そして仕事が終わったら夫のいる家に帰り、カウンセリングを勧めました。その日ずっと死ぬ死ぬ詐欺で騒いでいた夫ですが、体には傷ひとつありません [続きを読む]
  • 夫の目的
  • こんにちは。つくしです家の鉢植えの紫陽花が色づき始めました。光の当たり具合でどんな色にも見えて綺麗別居した頃は桜の時期でした。別居してすぐは毎日が鉛のように重たく、1日1日がとても長く感じていましたが、気がつけばもう6月も後半。月日が経つのは早い。こうやって少しずつ夫のいない日々が当たり前になっていくんだなぁ。モラハラ夫と同居中は、夫は私に全てを肯定してほしいんだと思っていました。そのため、だんだん [続きを読む]
  • 月曜日
  • 「新居購入」の続きです。夫が暴れて、家の契約をしたのが土曜日でした。翌々日の月曜日、夫は仕事に行きませんでした。私は自分の職場にいつもと同じ時間に出勤しました。夫は体調が悪いと言って寝ていました。そしてお昼休憩。自分の携帯を見てみると、十数件の着信が。全て夫からでした。ラインには「旦那がこんな状態なのに仕事に行くとはどんな神経してるんだ」「死んでやる」「一生後悔しろ」「帰ってきたらもうこの世にいな [続きを読む]
  • 新居購入
  • 「家に戻る」の続きです。廊下に出た私に、営業さんが心配して来てくれました。その営業さんに、夫が暴れたことを伝えました。そして私が離婚も視野に入れていることも。そんな状態で家なんて買えないと言いました。するとその営業さんは、家の名義も連帯保証人も私の名前は一切入れないから、購入後に別れても私の方に債務が来るとはないと言われました。また子どもが生まれたら人は変わりますよとも言われました。営業の口車だっ [続きを読む]
  • 家に戻る
  • こんにちは。つくしですあの日から暴力が始まった②の続きの話です。恐る恐る家に戻ると、電子レンジや炊飯器、米びつが床に転がっていました。米びつの中のお米もぶちまけられて。ゴミ箱もなぎ倒されていました。私が家を出てからもしばらく暴れていたんだと思います。私が帰宅したときには夫は寝ていました。そして飼い猫の姿が見当たりません。夫が暴れたことで倒れた家具の下敷きになってしまったのかもしれないと思い、必死で [続きを読む]
  • 自己肯定感を高める②
  • こんにちは〜。つくしです自己肯定感を高めるためのイラスト制作パート2です。パート1はこちら(イラストを載せ始めた経緯もこちらに書いています。)↓自己肯定感を高める子どもを産んで、有難いことにたくさんの人が祝福してくれました。赤ちゃんがあくびひとつ、くしゃみひとつするだけでみんなの笑みが溢れ、話に花が咲きます。人がひとり生まれることで、こんなにもたくさんの愛が生まれるのか、と感動したものです。かつては [続きを読む]
  • 夫の見ている世界
  • こんにちは。つくしです風邪をひいてしまいまして、布団の中から投稿です梅雨寒で急に冷え込んだからだと思います。皆さまもお気を付けくださいさて、今日も夫のモラハラも振り返ってみます。夫がよく言っていた言葉に「もっと俺を守れよ!」というものがありました。言われたときは、いまいち意味が分かりませんでした。一体、何から守るの?みたいな。夫から全く愛情を感じられなかったので、「あなたにとって愛とか夫婦って何だ [続きを読む]
  • 幸せって
  • こんにちは。つくしです子どもを抱えて夫から逃げてきてすぐは、「あんな男に引っかかってしまった自分は、今後も幸せになれない。」「私はこの子を幸せにすることが出来ない。」と思っていました。死にたい、消えたいと何度も思いました。そんな中ボーっと見ていたテレビで、作詞家の松本隆さんが「どん底からどう立ち直るかがその人の人生」と話されていたんですね。きっと、松本隆さんもどん底と思うような経験をされたのでしょ [続きを読む]
  • 子どもへの愛情
  • こんにちは。つくしです私が子どもを連れて家を出るときに、夫は「義母に頼んで高額な弁護士を雇うから、親権はこっちになるからな!覚悟しとけよ!」と息巻いていました。言い方はさておき、それくらい子どもに執着しているのだから、子どもには愛情があるのだと思っていました。しかし別居期間中、夫が子どもに会いに来たのは3ヶ月間で1回きりでした。離婚後の面会交流についても、私は月に2回くらいを考えていました。(法律相談 [続きを読む]
  • 不貞が発覚
  • こんにちは。つくしですブログでは夫のモラハラ行為についてばかり書いていますが、実は不倫もされていました。ちゃんとした証拠を掴んだのは別居後です。私と2人きりだと高を括るので、私の父も同席してもらって問い詰めたところ、結構なペースで風俗に通っていたことが発覚しました。もちろん別居前から。これは他にも叩けば埃が出るような気がして、その場で携帯も見せてもらいました。すると予想通り、ラインの履歴から職場の [続きを読む]
  • オリジナルバナーを作りました
  • こんばんはつくしですもう夜更けですが、せっせとオリジナルバナーを描いていました!過去にDVやモラハラ被害に苦しんだ方や、現在進行形で苦しんでいる方が、このブログを読んで「ひとりじゃないんだ」と思っていただければと思い、傷ついた心を抱きしめるイラストにしましたそしてその先にはきっと明るい未来が待っている!自由な空へ羽ばたこう!という思いで、肩には幸せの青い鳥が乗っています夜に絵を描き始めると、ついつい [続きを読む]
  • 死ぬ死ぬ詐欺
  • こんにちは。つくしです以前も少し触れましたが、夫は都合が悪くなるとすぐに死ぬ死ぬ詐欺をしてきました。初めて死ぬ死ぬ詐欺をしたのは付き合って3ヶ月くらいのとき。このときは私もまだ本気にしていました。ブログ記事 「出会い②」夫がしてきた死ぬ死ぬ詐欺はもう数えきれないほど。私が仕事中でもおそろしい数の着信が入っていました。ラインも一方的に大量に送られてきていました。その内容は、最初の頃は「もう生きていて [続きを読む]
  • ファミレスで協議
  • こんばんは。つくしです本日、夫と養育費や慰謝料について話し合いをしてきました。夫と2人っきりになると、また脅されたり言葉で惑わされたりしそうだったので、私の両親にも同席してもらって場所はファミレスを指定しました。今まで離婚の話し合いはどちらかの家で行なっていたので、他人の目のつくところで協議をするのは初めてでした。場所をファミレスにしたのはとても良かったです。いつも話し合いにならなかったのに、今回 [続きを読む]
  • 心はお金で買えない
  • こんにちは。つくしです離婚が決まったときに、義母に言われたことがあります。「つくしちゃんはもったいないことしたね。」と。最初は意味が分からなかったのですが、離婚すると義母の遺産を相続できなくなることから発せられた言葉だったそうです。(義母は財産をたくさん持っています。)私は何億積まれようと、あのモラハラ夫と一緒に生活するなんてごめんでした。婚姻中も義母の援助によって贅沢な暮らしができていましたが、い [続きを読む]
  • 自己肯定感を高める
  • こんにちは。つくしですモラハラに引っかかりやすかったり、問題のある異性と共依存関係になりやすい人は「自己肯定感が低い」という特徴があるそうです。↓その他のモラハラ被害者になりやすい人の特徴はこちらの記事でも書いています。↓関連記事 「メランコリー親和型」私は今まで自分のことを自己肯定感が高い人間だと思っていましたが、モラハラ被害に苦しんでからそれを疑問視するようになりました。私の自己肯定感は、結婚 [続きを読む]
  • 平穏なひととき
  • 「精神科への通院」の続きの話です。ブログ記事 「精神科への通院」そうしてうつ病によって仕事を辞めた彼ですが、仕事を辞めたらみるみる体調が良くなっていきました。そして以前のように私にも優しい彼に戻りました。当時の私は、それだけ以前の職場が彼には合っていなかったんだなと解釈しました。無職の間は、彼はパチスロに行ったり、マッサージに行ったりしていました。それでリフレッシュできるならと、私もとやかく言いま [続きを読む]
  • 離婚か別居か
  • こんにちは。つくしですモラハラ夫から逃げてきてすぐは「離婚」一択だったのですが、その後「別居」の選択肢も出てきました。それは何故かというと、法律相談をしたときに弁護士から別居をすすめられたからでした。というのは、どうやら別居中は夫は妻と子ども両方の養育費を支払う義務があるのですが、離婚すると子どもの養育の義務のみになるので、もらえる額が減ってしまう可能性が高いんだそうです。いくらが妥当なのかは、こ [続きを読む]
  • 精神科への通院
  • 時系列では「出会い②」の後になります。ブログ記事 「出会い②」そして彼は不眠や頭痛に悩まされることになりました。自分でも「うつ病だ」と言い、精神科へ行って投薬してもらっていました。このとき私も一緒に病院に行き、話を聞きました。そこで医師から「彼さんはうつ病の手前といった状態です。彼さんは真面目で自罰的な傾向があるようです。そういう人がうつ病になりやすいんです。自分を褒めるように促してあげてください [続きを読む]
  • 出会い②
  • 前回の続きです。前回の記事 「出会い①」そして彼宅に行くと、やはり彼は凹んでいました。そして仕事を辞めたいと…。励ましたり他の話題を振ったりしましたが、落ち込むばかりで。その日は彼宅に泊まりましたが、翌日彼は出社しませんでした。私はいつもの時間に出社しました。彼のことは心配ではありましたが、しばらく休めば復活するだろうと思い、あまり気にしないようにして仕事に集中することにしました。そしてその日は残 [続きを読む]
  • 出会い①
  • こんにちは。つくしです今日はモラハラ夫との出会いについて書こうと思います。出会いは職場でした。私は新入社員でした。そして出会ってすぐに、猛アタックされました。私が映画好きなのを知って、家にDVDがあるから観に来ないか?とか、男の独り暮らしで寂しいから料理を作りに来て欲しいとか。まぁ、それらには一切乗りませんでしたが職場では腰が低くて優しい先輩でした。そしてそのうちに私も彼のことが好きになり、交際をす [続きを読む]