ごろねこさん。 さん プロフィール

  •  
ごろねこさん。さん: 小さな先生と仲間たち
ハンドル名ごろねこさん。 さん
ブログタイトル小さな先生と仲間たち
ブログURLhttps://goronekosan.hatenablog.com/
サイト紹介文一人娘が中学生になった。でも僕のイメージは今でも保育園児。その小さな先生達から教わった思い出話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 26日(平均5.9回/週) - 参加 2018/05/29 17:25

ごろねこさん。 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • パパが泣いた日
  • 今から8年前、僕は約20年勤めてた会社を辞めた。辞めた理由は転勤辞令。凄く悩んだ。その当時、お義父さんが病気で大きな手術をしたばっかり。いつ容態が悪化するか分からない。娘も保育園児でまだ、手がかかる。僕の両親も高齢。転勤しても、また、その事業所へ戻れる保証は一切無い。僕が元にいた事業所も子会社も地方の2つの事業所も閉鎖された。会社の業界自体が衰退の一途を辿っている。また、55歳以上は基本、早期退職の対 [続きを読む]
  • 一人っ子って不幸ですか?
  • 僕が以前、勤務していた会社の同僚の女性の話。事業所は異なるけど、多忙の中、僕と同じ仕事をこなし、2人の子供を育てる立派なお母さん。僕の嫁さんと同じ年だ。僕が彼女の事業所へ出張に行った際の昼休み中に出た話題。彼女は一人っ子は可哀想だという。理由は普通、順番に親から死んで行く。その親が死んだ後、子供が頼れるのは、姉妹(兄弟)だけだと言った。分かっているけど、僕の過去記事『お菓子はいらない。』で一人 [続きを読む]
  • 睡・眠・術???
  • 娘が小さい頃は、あまり寝付きが良くなく、深夜を回っても、ウダウダして、なかなか寝てくれない事が多かった。早く寝てくれないと明日、保育園もあるし、嫁さんも仕事がある。娘がなかなか寝ないと嫁さんがイライラして、突然、キレる事も良くあった。ある日、義妹がオルゴールのCDをプレゼントしてくれた。聞くと、音色が柔らかく、すごく心が落ち着き、ほわ〜ん。とした気分になる。娘が寝る時に義妹から貰ったオルゴール [続きを読む]
  • TDL・TDSよりも
  • 3年前の8月に家族で東京ディズニーランド(TDL)とディズニーシー(TDS)に行った。僕はこれで2回目。初めて行ったのが、独身時に嫁さんと行った。当時、TDLとTDSに行くの事は僕は全く、興味がなかった。理由は大金を払って、ちょっと大きな遊園地にネズミの着ぐるみがウロウロしているだけで大混雑の中、乗り物は長蛇の列、バカ高い食事を食べ、お土産を買い漁って、みんな何を有り難っているのか、理解出来ない夢の世界と言うより [続きを読む]
  • 遊び食べ
  • 子育てすると親の悩みの一つである、遊び食べ。僕の娘も遊び食べをした。ネットで遊び食べを検索すると、食べ物を粘土のように手でグチャグチャにしたり、食器やスプーンを投げたりして周りを汚して困っているとかの書き込みが多い。娘は食べ物を手でグチャグチャにしたり、食器やスプーンを投げたりはしなかったが、食べ終えると、茶碗の中におかずや汁物等、すべて混ぜる遊び食べをした。僕は子供の遊び食べは正直、イヤだ [続きを読む]
  • 失敗したってかまわない。
  • 僕の娘は小学校5年迄、ピアノを習っていた。お世辞にも上手とは言えない。ピアノを習わせたきっかけは、同じ保育園に行っていたお友達のお母さんが習わせている話を嫁さんが聞き、娘を同じピアノ教室に通わせた。ピアノを習わせた当初、娘は興味本位で弾いていたようだが、だんだん嫌気がさしてきて、仕方なくやっている感じだった。嫁さんは家で一生懸命、ピアノの指導をしていたが、僕はピアノが弾けないし、何より、ピア [続きを読む]
  • 名作だけど・・・。
  • 娘は小学校迄、車での移動中はカーナビでDVDを見るのが好きだった。車内に置いているDVDファイルには、アニメを中心に沢山あり、娘は同じDVDを繰り返し見る為、僕も次のセリフが分かるくらいだ。そのDVDの中で娘のお気に入りはジブリシリーズ。僕も嫁さんもジブリは好きなので、ジブリのDVDはほぼ、全て持っている。名作の多いジブリシリーズ。しかし、僕と嫁さんがちょっと、困る作品がある。『火垂るの墓』はい。絶対に [続きを読む]
  • 自分の持ち物は自分で・・・。
  • 僕の性格が単純な為か、過去の記事タイトルの『一人にしないで!』と似た状況が今でも多々ある。これも、恥ずかしかった場面の一コマ。娘が保育園に通っていた頃、共働きだった為、家の掃除が全く出来ず、家は散らかり放題。我慢出来ず、嫁さんが『掃除をするから、娘と出かけて!』と。とりあえず、娘も喜び、僕も嬉しい場所と言えば、僕の実家。さあ、車で行こうとしたら、娘が『車はイヤや。バスで行く。』と、言い出した。 [続きを読む]
  • トトロの世界
  • 娘が小さい時は1週間に1回、お互いの実家に遊びに行った。お互いの実家に行けば、 両親は孫と会える。 娘は大好きなお爺ちゃんとお婆ちゃんに会える。 孫と遊べる。 互いの家族が元気であるか、確認出来る。 一時的に子育てから解放され、のんびり出来る。 時間になれば、確実にご飯が出る。(それも豪華!) お風呂に入って帰宅すれば、後は寝るだけ。 お金を使わない。良い事尽くめ。なので、昼から晩までお互いの実家に入 [続きを読む]
  • 名画
  • 僕の娘は今でも絵や漫画を描くのが好きで小さい頃はプリキュアか、自分、嫁さんの似顔絵を良く書いていたが何故か僕を描いてくれない。でも、僕から娘に『パパの似顔絵描いて!』とは、一切、言わなかった。今でも、基本、絵は自発で描かせるべきものと考えている。で、娘が保育園に通っていた頃、唯一、初めて家族全員の似顔絵を裏紙に描いてくれた。その絵がこれ。↓↓↓ (左から嫁さん、娘、僕・・・らしい。)嬉しくて [続きを読む]
  • 特効薬
  • 今から3年位前、親父が入院した。母親に聞くと急に痛みを訴え、苦しみ出し、暫くすると何事も無かった様に、正常に戻ったらしい。母親は親父に病院に行けと言ったけど、親父はチョットやそっとでは、病院なんて絶対に行かないタイプ。当然、行かなかった。だが、数日後、また同じ症状が発症して、苦しみ出したそうだ。危険を感じて母親は親父を無理矢理、病院へ連れて行った。診断の結果、胆管結石。医者は両親に説明を [続きを読む]
  • 子離れは何時?
  • 明日、娘の休日参観日がある。小学生の時の休日参観日は全て行き、1年、3年、5年の家庭訪問は新担任の先生の為、嫁さんと同席した。(家庭訪問は全学年共、GW中だったので仕事は休まず同席は出来た。)でも、娘も中学1年生。行ってみたいけど、娘も年頃なので、何時までも父親が参観日に行くのもどうかなと。因みに嫁さんは明日、参観日に行く気、満々である。僕なんか、小学生の時から、母親に『参観日は来るな!』って、良く [続きを読む]
  • 今でも。これからも。楽しんでいる。
  • 娘が産まれて数か月後、会社の同僚の女性が『ちゃんと子育て参加しているか?』と。『完璧ではないけど、多分・・・。』『ホンマか〜?』『一応、オムツ交換もするし、粉ミルクも作って、飲ましている。お風呂もいれている。休日は粉ミルクや紙おむつを買いに行き、洗濯、ご飯とかも作っている。』『偉いな〜。ちゃんと子育てやってるやん。』『ある程度は出来るけど、ひとつだけ、僕はどうしても出来ない事がある。』『何 [続きを読む]
  • 娘の保育園のお出掛けで、家から車で3分位の行った場所の神社の写真を嫁さんから数枚、見せてもらった。秋の紅葉がすごく綺麗。保育園の子供達の笑顔に心が和む。本当に良い写真。その中の1枚の写真に綺麗なもみじの下に有る、ベンチに座る僕の娘と同い年の男の子が一緒に写っていた。嫁さんは僕に『娘は隣に座っている男の子がお気に入り』と、言った。僕は『ふ〜ん。』と、言いつつも、実はムカついていた。後日、それを [続きを読む]
  • 大物決定?
  • 今から8年程前、お義父さんが急遽、入院した。今まで、病気でしんどかったのに、周りの者に弱音を吐かず、我慢する性格の人。僕の親父も同じだ。僕の家族とお義母さん、義妹と一緒にお義父さんの見舞いに行った。嫁さんはお義父さんと話す事がいっぱいあるのに、娘は暇で暇で仕方がない。近所に公園があれば良いのだが、ここは街中の大きな病院。近所に公園なんて無い。でも、何故か分からないが、病院の横に小さなグランドが [続きを読む]
  • 一人にしないで!
  • 家の近所を娘と一緒に歩いていた時の話。何故か、娘に元気がない。『どうしたん?保育園で何かあったんか?』って、聞いてみたら、『お遊戯でスキップが上手に出来ない。』と。『何や、そんなんで悩んでたんかいな。別に難しい事ないで!』と、言って、娘と並んで、スキップを教えていた。『うーん。何か、リズムに乗れてへんなー。こうするんや!』僕は自分の両手を腰に当て、軽やかに娘より、先に進んでスキップの見本をみせ [続きを読む]
  • お菓子はいらない。
  • 週末、娘の保育園の迎えの帰りは、何時からか近所のスーパーに寄る事が定例となっていた。スーパーに到着すると、娘は真っ先にお菓子コーナーへ行き、お菓子という名のおもちゃ(殆どおもちゃでお菓子はラムネ1個だけみたいなもの)を買うのが楽しみだった。本当はお菓子じゃないのでダメなんだけど、やはり、一人娘。親は甘い甘い。ある日の週末、いつも通り、保育園の帰りに近所のスーパーへ行ったが、体調が悪い訳でもないの [続きを読む]
  • 全問正解
  • ブログのタイトルと異なるけど、昔の出来事を思い出したので、ちょっぴり、書きます。今から、約25年位前の話。運転免許の更新の為、運転免許試験場に行きました。適正試験が原付免許の受験者と一緒だった為、適正試験会場は大混雑。視力検査を受ける為、視力検査室に並んでいたら、僕の前に並んでいるおばちゃんに落ち着きがない。初めて、運転免許を取りにきた感じ。かなり待たされたけど、やっと、前のおばちゃんの視力検 [続きを読む]
  • 闇を越えて
  • 僕の嫁さんは運転免許を持っていない。週末は保育園に置いている昼寝用の布団を持って帰らなければならない為、自転車では、布団や着替え等、荷物が多い状態で娘も自転車に乗せるとなると自転車のバランスが悪く、非常に危ないので、週末は基本、僕は残業はせず、車で嫁さんと一緒に娘の保育園へ迎えに行った。ある日の週末、いつも通り保育園に娘を迎えに行ったら、うちの娘より、1~2歳上くらいの女の子が『だれ?だれ?』っ [続きを読む]
  • 塩対応
  • 僕の嫁さんは僕と同じ会社に勤めていた為、育児休暇が終わった1年半後に職場へ復帰した。その為、娘は保育園へ入園する事になった。初めて、保育園に娘を預けた時は、娘は悲鳴を上げるかのように泣き、保育園の先生に娘を預けた後、嫁さんも泣きながら、保育園を出たらしい。当日、嫁さんの仕事が終わり、慌てるように保育園へ娘を迎えに行った時、娘は大泣きしながら走って、嫁さんにしがみつき、泣き続けたそうだ。それか [続きを読む]
  • 最高のプレゼントが届いた日
  • 結婚したのは僕が37歳、嫁さんが35歳の時。交際期間は10年!嫁さんはここまで我慢して待ってくれました。平凡な社内結婚。所謂、自家栽培です。(笑)12月末に結婚、新居を構え、近所に大きな公園があり、春には沢山の桜の木が立派に花を咲かせてくれます。天気の良かった4月に近所の公園で花見と写真を沢山撮ったその晩、嫁さんが僕にぽつんと、一言。『できたかもしれない。』って。『え!本当?』とりあえず、即、嫁さん [続きを読む]
  • おっさんがブログを始めました。
  • 一人娘が中学生になりました。でも、僕の心の中では、幾つになっても、保育園に通っていた、幼い5歳迄の子供のイメージです。もう、大人の手前と言え、未だ娘との接し方が幼い子供のままになってしまって、話す度に娘から『キモい!』って、何時も言われています。でも、キモい父親とは言え、娘と嫁と共に生活していると、色々と勉強になる事や感心、感動したりと様々な経験をします。そんなキモい父親と娘と嫁の何気ない [続きを読む]
  • 過去の記事 …