monakasabao改めMASA さん プロフィール

  •  
monakasabao改めMASAさん: 競馬の核心!血統ペース理論!
ハンドル名monakasabao改めMASA さん
ブログタイトル競馬の核心!血統ペース理論!
ブログURLhttp://blood-pace.blog.jp/
サイト紹介文私が編み出した「血統ペース理論」を基にレース考察や時々予想などを展開するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 21日(平均4.3回/週) - 参加 2018/05/30 17:33

monakasabao改めMASA さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ユニコーンSを振り返ります
  • ここでは、ユニコーンSを振り返ってみたいと思います。 ユニコーンS1着・ルヴァンスレーヴ父シンボリクリスエス、形相遺伝として影響が強いのは父の母と診ています。ローテ的体力は料的遺伝5.00であり、激走後は中3週程度は必要。 梅雨入りして降雨や天候不順ということで、この週末の東京ダートは土日とも重馬場での施行となりました。前週の日曜は昼頃から雨となり、やはりこの季節は天候や馬場の考察は欠かせませんね。レー [続きを読む]
  • エプソムCを振り返ります
  • ここでは、エプソムCを振り返ってみたいと思います。 エプソムC1着・サトノアーサー父ディープインパクト、形相遺伝として影響が強いのは母母の父と診ています。ローテ的体力は料的遺伝4.75であり、激走後は中3週程度は必要。 この週末は梅雨入りして早くも台風接近ということで日曜の府中は昼頃から雨となりました。雨は降り続き馬場の巧拙が問われるほどの雨降りとなり、レースは雨中の重馬場で行われました。逃げると思われ [続きを読む]
  • 安田記念を振り返ります
  • ここでは、安田記念を振り返ってみたいと思います。 安田記念1着・モズアスコット父フランケル、形相遺伝として影響が強いのは父の母と診ています。ローテ的体力は料的遺伝6.00であり、激走後は中2週程度は必要。 登録段階では19頭中19番目の出走可能順位となってしまい、前週の安土城Sを勝利して連闘で本番へ臨むというローテを取った陣営。しかし、安土城Sを八分の出来で使ったことで2着敗戦となってしまい、このままで [続きを読む]
  • 日本ダービーを振り返ります
  • ここでは、ダービーを振り返ってみたいと思います。 ダービー1着・ワグネリアン父ディープインパクト、形相遺伝として影響が強いのは母父の母母と診ています。ローテ的体力は料的遺伝5.75であり、激走後は中2〜3週程度は必要。 17番枠という厳しい枠順となりましたが、レースは積極的に道中4〜5番手の好位に付くことができました。5F通過が60.8という馬場を考慮すればスローと言えるペースで流れたこともありましたが、そ [続きを読む]
  • オークスを振り返ります
  • ここでは、オークスを振り返ってみたいと思います。 オークス1着・アーモンドアイ父ロードカナロア、形相遺伝として影響が強いのは母と診ています。ローテ的体力は料的遺伝3.50であり、激走後は中6週程度は必要。 桜花賞を上り3F33.2という豪脚を繰り出して快勝しましたが、オークスでは道中6〜7番手という調教師も驚いたとコメントする好位に付け、そしてまたしても上り3F33.2の豪脚を繰り出して2冠達成。好位からこのよ [続きを読む]
  • ヴィクトリアマイルを振り返ります
  • ここでは、ヴィクトリアマイルを振り返ってみたいと思います。 ヴィクトリアマイル1着・ジュールポレール父ディープインパクト、形相遺伝として影響が強いのは母父の母と診ています。ローテ的体力は料的遺伝2.50であり、激走後は中8週程度は必要。 当日は昼過ぎから雨が降り出し、レース時は馬場状態が稍重となりましたが、勝ったジュールポレールは中段内目から伸びてきて昨年の3着から今年は1着とリピート成功、決着タイムは [続きを読む]
  • NHKマイルCを振り返ります
  • ここでは、NHKマイルCを振り返ってみたいと思います。 NHKマイルC1着・ケイアイノーテック父ディープインパクト、形相遺伝として影響が強いのは母と診ています。ローテ的体力は料的遺伝4.25であり、激走後は中4週程度は必要。 レースは大方の予想どおりテトラドラクマ逃げる展開となりましたが、スローの展開となって馬群は一団、道中後方2番手から進んだ本馬が差し切って制しました。決着タイムこそ1分32秒8と好タイム [続きを読む]
  • 天皇賞・春を振り返ります
  • ここでは、天皇賞(春)について振り返ってみたいと思います。 1着・レインボーライン父ステイゴールド、形相遺伝として影響が強いのは母母の父と診ています。ローテ的体力は料的遺伝2.00であり、激走後は中8週程度は必要。 今年の天皇賞・春はフルゲート割れとなり、メンバー構成もG1馬はシュヴァルグランだけという正直低レベルなメンバーとなりました。レースは大方の予想通りヤマカツライデンが逃げましたが、大逃げではな [続きを読む]
  • フローラSを振り返ります
  • ここでは、フローラSの勝ち馬などを考察してみたいと思います。 フローラS1着・サトノワルキューレ父ディープインパクト、形相遺伝として影響が強いのは母の父と診ています。ローテ的体力は料的遺伝4.25であり、激走後は中4週程度は必要。 レースは逃げ馬不在と診られていましたが、戦略家・田辺騎乗のデュッセルドルフがハナに立つ展開となり、直線を向いてからは2番手に付けていたノームコアと早々に進出してきたパイオニア [続きを読む]
  • 皐月賞を振り返ります
  • ここでは、皐月賞を振り返ってみたいと思います。 皐月賞1着・エポカドーロ父オルフェーヴル、形相遺伝として影響が強いのは母と診ています。ローテ的体力は料的遺伝2.50であり、激走後は中8週程度は必要。 大本命ダノンプレミアムが挫石により回避、更には荒天模様が加わり混戦模様となった今年の皐月賞、勝ったのは7番人気のエポカドーロでした。逃げ候補が数頭いる中で本馬も「理想は逃げ」と陣営から発信がありましたが、ゲ [続きを読む]
  • 桜花賞を振り返ります
  • ここでは、桜花賞を振り返ってみたいと思います。 桜花賞1着・アーモンドアイ父ロードカナロア、形相遺伝として影響が強いのは母と診ています。ローテ的体力は料的遺伝3.50であり、激走後は中6週程度は必要。 2番人気に押された本馬ですが、道中は後ろから2番目という後方から進み、ラッキーライラックが経済コースを通ったのとは対照的でしたが、最後の直線では大外からシンザン記念で見せたような末脚をここでも披露し、豪脚 [続きを読む]
  • 大阪杯の勝ち馬などを考察します
  • ここでは、大阪杯の勝ち馬などを考察してみたいと思います。 大阪杯1着・スワーヴリチャード父ハーツクライ、形相遺伝として影響が強いのは母母と診ています。ローテ的体力は料的遺伝3.75であり、激走後は中5週程度は必要。 レースは5F61.1秒というG1にしてはゆっくりした流れとなりましたが、スタート出遅れたスワーヴリチャードがレース中盤から先頭に並んでいくマクリに出て、そのまま押し切ってしまいました。手前の替え [続きを読む]
  • 高松宮記念の勝ち馬と1番人気馬を考察します
  • ここでは、高松宮記念の勝ち馬と1番人気馬を考察してみたいと思います。 高松宮記念1着・ファインニードル父アドマイヤムーン、形相遺伝として影響が強いのは母母の父と診ています。ローテ的体力は料的遺伝3.25であり、激走後は中6週程度は必要。 レースはネロと最内に入ったセイウンコウセイの同一馬主のどちらが逃げるのかと思って見ていましたが、ネロはダッシュがつかず、ダイアナヘイローがハナに並んでいく展開となりまし [続きを読む]
  • 過去の記事 …