約束のネバーランドをスマホで無料立ち読み さん プロフィール

  •  
約束のネバーランドをスマホで無料立ち読みさん: マンガの約束のネバーランドをスマホで無料で立ち読み
ハンドル名約束のネバーランドをスマホで無料立ち読み さん
ブログタイトルマンガの約束のネバーランドをスマホで無料で立ち読み
ブログURLhttps://ameblo.jp/acqua310/
サイト紹介文約束のネバーランドに関する記事を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 19日(平均4.8回/週) - 参加 2018/05/30 22:00

約束のネバーランドをスマホで無料立ち読み さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 約束のネバーランド!A08-63到達?そこには何があったのか
  • 鬼と遭遇し、移動を始めて初日いきなり絶体絶命のエマとレイ。 案内人の名も知れぬオッサンは、二人に絶望を味あわせる為に、傍観を決め込む。 二人も機転を効かせて逃げながら攻撃をするが、いくら抵抗をしても鬼と呼ばれる怪物達は傷を自己再生してしまい、オマケにわらわらと数が増える。 これはさすがにどうしようも無いだろ…と言う感想を持ったが、オッサンが呑気してる事を「どうにかできる方法がある」と考えたレイは、ソ [続きを読む]
  • 約束のネバーランド!頭脳戦が一息ついたら次はサバイバル
  • 火事に乗じて逃げだす子供達だが、何と残っている子供がまだいた。 フィルと言う三歳の少年だが、彼も事情を把握している。なのに、残っているのは何故か? 答えは、事情を把握しているからこそだ。子供達は、脳が食べごろになるまで、つまり最低でも六歳になるまでは「出荷」されない。 つまり、ここで全員が逃げ出して全滅のリスクを負うより、比較的幼い子供達を残して、再び救助に向かう事にエマ達は賭けたのだ。 普通なら、 [続きを読む]
  • 年長組の出荷が決まり子供達は脱出なるか!?約束のネバーランド
  • ついにママであるイザベラが、正体を堂々とエマ達に明かしてきた約束のネバーランド。 ここからは、お互いに「敵である」と言う事を知りつつの化かし合いになる。しかし、年長組は、要である三人のうち、ノーマンの出荷が決定してしまっていた。 レイの「胎児の頃からの記憶がある」と言うのも中々凄いが、性格的にも能力的にも、エマ・レイを含めた中で一番安定していて優秀な少年なので、彼が欠けるのかと思うとさすがに緊張感 [続きを読む]
  • 裏切り者は誰なのか!?約束のネバーランド2巻の感想
  • 約束のネバーランド2巻では、家族・兄妹としてくらしていた子供たちのなかに、「ママ」と通じている裏切り者がいることがわかってきます。 一体、このなかの誰が。小さな子供たちは除外できるものの、テストで高得点と取り鬼ごっこでも最後の5人に残る人物は、限りなく怪しい存在といえます。 内通者を特定することと同時に、ハウスから脱出する方法を考えなくてはなりません。 脱獄決行は10日後、ノーマンとエマはその「誰」かを [続きを読む]
  • 約束のネバーランド3巻にして、ママとの騙し合いは佳境へ?
  • 3巻は、いきなり緊張感のあるシーンから始まる。 年下組、ドンとギルダが隠し部屋へ侵入したシーンからだ。二人は里親の所へと貰われていったはずの子供達の遺品を見つけ、エマ達年長三人組の言葉が真実だと理解する。 隠し部屋へママがやって来るが、上手くやり過ごし、年長組と協力する事に――と、そうは問屋がおろさなかった。 いきなりエマ達に「何故隠していた、何故騙していた」と、怒りを露わにし、レイに鉄拳をブチ込む [続きを読む]
  • デッドチューブは動画全盛の現代の風刺となるのか?
  • 謎だらけだった1巻から続き、ようやくデッドチューブの概要が明らかにされた。 最初は1巻で主人公の町谷少年を騙し、罠にかけ、面白い映画を撮ろうとした映画研究部部長のゲスな本性が露わになる。 本当にこの人達はゲスだ。これほど死亡しそうな登場人物も珍しい、いや、珍しくないか。 逆に罠にかけられたのは自分たちだったと言うのに、町谷少年への罵倒が続き、些か食傷気味になってきた所で、ヒロイン真白舞が地獄から蘇って [続きを読む]
  • まだまだ序盤戦!デッドチューブと言うタイトルは一体何を示す?
  • 1巻の物語は、まだ謎が多い展開だ。 1話では、カメラマンらしき映画少年が、真白舞と言う美少女から突然、「自分を2日間カメラに収めてくれ」と言う頼みを受ける。 条件は何が起きても撮影を止めない事。いきなり痛烈な「?」を突きつけられるが、彼らの描写は青春漫画の典型的な一幕に見える。 少女は無邪気に映像を彩って行くが、1話のラストで彼氏と情事に及ぼうとし、カメラマンの少年が罵倒の言葉を思い浮かべた瞬間、凄惨な [続きを読む]
  • 過去の記事 …