早織 さん プロフィール

  •  
早織さん: つくばで心と身体を健康にするブログ
ハンドル名早織 さん
ブログタイトルつくばで心と身体を健康にするブログ
ブログURLhttps://saori324.hatenablog.com
サイト紹介文2歳と0歳の子連れスポットや、妊娠・産後、育児のあれこれについて綴っています。ヨガインストラクター。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 21日(平均16.7回/週) - 参加 2018/05/31 10:14

早織 さんのブログ記事

  • 結婚・仕事・子育て、すべてを手にした女性の視点「専業主婦は立派なキャリア」
  • 週末、久しぶりに学生時代からの友人がつくばに訪ねてきてくれました。リクルートを辞めて専業主婦となった弁護士の妻と、外資系コンサルからベンチャー立ち上げに関わるためキャリアを放棄して、年収300万から再スタートを切るも今では年収の桁が増え、世界的な活躍をしている「ゲイ」と、秋葉系の「痛女」と、ハイセンス雑誌で撮影スタジオに使われる家に同居している女性です。女性の活躍に関して、視野が狭くなりそうな危機感 [続きを読む]
  • 文献から紐とくヨガとダイエット《ヨガでは痩せない!?パート2》
  • (メモ:17日のハートオープンヨガ、1名体験のキャセル2名で18名。最近ブームの選択と集中から「肋骨の動き」にフォーカスしました。)ヨガによるダイエットの私自身の感覚に基づく見解は過去記事で紹介していますが、今回は、もう少し文献に基づいてヨガとダイエットの関係を紐解いていきます。saori324.hatenablog.comヨガが体重に及ぼす影響の研究はまだ初期段階以下の研究では、ヨガが有酸素運動よりも肥満(およびうつ [続きを読む]
  • お洒落なバターチキンカレー@二葉じかん(筑西市)
  • 有名・無名に関係なく、国籍:インド、タイ(グリーン・イエロー・レッド)、パキスタン、欧風、札幌(スープ)も特に厭わず、カレーと聞くと食べてみたくなるのですが、筑西市の‘二葉じかん’にもカレーがメニューに入りました。田舎の広い空の下、時折SLがはしる単線列車の真岡鉄道を見ながら、少し小洒落気分で軽食をいただけるこちら。つくば市内から北に30km、二葉じかんのバターチキンカレーです。この日は気持ちの良いお天気 [続きを読む]
  • 赤ちゃんという存在の危うさ123
  • 赤子を産んでみて、ものすごくびっくりしたのは「この子は私に何かがあったら死ぬ」という事実でした。例えば日中、もし私が心筋梗塞なんぞで意識を失ったら。それが夫の出張と重なって発見が遅くなったら、この新生児は、乳をもらえなくなり、泣きつかれて、ウンチまみれになり、衰弱死。こういう状態って無いんだろうかと妄想していました。心配になって、やたら実家の母と密に連絡をとる・・・とか。1. 未成熟で生まれ、守ら [続きを読む]
  • ママ、母親、〇〇さん、産後女性の呼称の違いを考える
  • 出産して大きく変わることの一つが「何と呼ばれるか」呼称です。結婚により「奥さん」誰かに付帯する属性で呼ばれることが始まります。最初はこそばゆい。けれど段々と慣れてしまうもの。そんな名前のない「普通名刺」で呼ばれる回数が圧倒的に増えるのが、「産後」。特に赤ちゃんのお世話をしている時期は、母子は切り離せないくらい常に行動を共にしているので、赤ちゃんを連れている以上、どこへ行っても「母親」という存在 [続きを読む]
  • 赤ちゃんを前に、気をつけたいフレーズ4選!
  • アメリカのベビー用品ブランド・Boba(ボバ)による1分30秒の映像「きみが私を母にしてくれた」長女がお腹にいるとき、ドキドキしながら見ていました。子育て中のお母さん、必見!妊娠の不安と喜び、育児の大変さと幸せが描かれていて、感動しますよ〜。www.youtube.com産んだ私と、生まれたアナタは別の人間。そのはずなのに、自分の一部かのように見て、振る舞ってしまうことがあるのは、自分の体内から出てきたという事 [続きを読む]
  • おしゃれママ必見!イギリスブランド子供服「NEXT」の店舗が土浦に♪
  • 6月8日にゼビオドームつくば学園東大通り店がリニューアルオープンしました。2Fにキッズパーク(子供用のアスレチックコース、レストルーム、キッズランド)ができたそうですが、個人的な1番の楽しみはNEXTの店舗ができたこと。自由が丘の実店舗で何度か購入していたのですが、ギャップ、H&M、ZARA、今はなきOLD NAVYなどと並び、プチプラ可愛いアイテムが沢山で、子供達のコーディネートを考えるのが楽しいお店の一つでした。 [続きを読む]
  • 癌サバイバーにヨガを伝えること
  • (メモ:10日のハートオープンヨガ、体験2名で参加者20名でした。)今年の3月、Tari Prinsterによるヨガフォーキャンサーのトレーニングを受講しました。これまで受けたヨガのトレーニングやワークショップの中で、これほど事実に裏付けされた知識、豊かな精神性に基づく人生の学びを得たものはありませんでした。がんはその病名の重みから、患者を精神的に孤立させてしまう恐れがあると思います。また種類もステージも多様なサ [続きを読む]
  • ずぼらママでも簡単!1歳の誕生日は「一升餅」「選び取り」でお祝い
  • 子どもの1歳のお祝い。ほやほやの新生児から自分の意思で動き、笑ったり、泣いたりと大きな成長の1年でした。これまでの成長を振り返る意味でも、母親になった自分への労いの意味も込めて、しっかりお祝いしたいところですよね。とはいえ、日常生活を滞りなく回すのに精一杯で、準備に時間を割くのはなかなか難しい。写真スタジオに頻繁に行くのも気がひけるし、何より産休も明けてしまって・・・という方もいらっしゃるのではと [続きを読む]
  • 本場のタイ家庭料理@メーマリ
  • 女子の気持ちを高めるリーズナブルなタイ料理アジアン料理というと、デートというより「女子会」が頭に浮かびます。何故でしょうね。もちろん美味しくて、色々なものを沢山食べられて、そんなに高くなくて(むしろ安め)ワリカンのお財布に優しく、彩り良く、目にも楽しいからなのでしょうか。少しエスニックな香りも、女子トークに花を添えるべく、気持ちをわくわくさせるのでしょうか。タイ人シェフのアットホームなタイレスト [続きを読む]
  • 1歳の誕生日ケーキを材料3つで作る方法
  • 初めて食べる自分のケーキ!生クリームはまだ食べられない1歳児、でも1年前の生まれてくれた日(この子の母になった日)のことを思うと、最初の誕生日くらいは何かお祝いをしてあげたい、と思いますよね。使用するのは食べ慣れた子も多い、ベビーダノンです。材料:■ベビーダノン(すりおろしにんじん&りんご) 2個■食パン 2〜3枚 (写真は6つ切り食パンを3枚使用)■果物  飾り用に好きなだけ(★ろうそく、チョ [続きを読む]
  • 『どんなプロテイン使ってるの?』の世界に学ぶ健康法
  • 画像:https://forbesjapan.com身体の美しさ1本で億を稼ぐ女性たち、ヴィクシーモデル(米国下着ブランド、ヴィクトリアズ・シークレット)のエンジェルたち。日本ではミランダ・カーが有名ですね。経済誌・フォーブスの「世界で最も稼ぐモデルランキング」で、2002年から2016年まで頂点に君臨してきたGisele Bundchen(ジゼル・ブンチェン)は2015年には年収44億円($44,000,000)とも言われていました。(※ジゼルは自分 [続きを読む]
  • 前向き思考に変えるリフレーミング(NLP)の手法
  • 物事は中立である6月に入ると梅雨の季節になりますね。この雨の期間、どんなイメージを持つでしょうか。「ジメジメ」「出かけるのが億劫」「傘で荷物が増える」「服が濡れる」どよ〜〜〜んそんな時、私はいつも作家、江國香織さんのことを思い出します。彼女は雨が大好きな人なんですよね。「雨が降ると、雨の音を聞く、雨の匂いを嗅いで 見慣れた景色が濡れていくのを見る」(表現が正確ではないかもしれませんが)とて [続きを読む]
  • 寝かしつけの絵本の代わりに表現力をアップさせる方法
  • やって良かった子育て習慣シリーズ<1歳〜篇>手軽に語彙のアップ、前向き思考が養われる!娘が言葉を理解するようになった1歳頃から、寝かしつけの際に、絵本を読んであげることをやめました。(面倒なので!爆)その代わりに、『今日のお話』をしています。《やり方》娘の目線で起こった今日の出来事を、「今日、朝起きてから寝る前まで」の娘の物語のように1日を、私が言葉で振り返っていきます。そして、その仕上げとし [続きを読む]
  • 胎内記憶2(駄)と息子の指しゃぶり
  • 6月3日のつくばヴィエリー、ハートオープンヨガ、体験1名で参加者20名でした。なんと開始10分前に、皆さんマットの前に揃うというキセキ!(開始15分前ドアオープンです。)せっかくなので、少しフライング気味に始めました。さてタイトル、クラスの中で唯一ブログの存在を知っているTさんが娘の胎内記憶の記事(下記)を見てくださって、こんな話になりました。saori324.hatenablog.comーーーーーーーーーーーーーーーーTさ [続きを読む]
  • 有機野菜プレートランチ@バスティーユ
  • 大角豆にあったkitchen navet「キッチンナヴェ」が(※この場所は現在は「ごきげんレストラン」になっています)、昨年の11月頃、牛久方面のつくば市高見原の住宅地に移転し、名前を『バスティーユ』に変えてオープンしました。以前も素敵なお店だったので、てっきりログハウス風に新築したのかと思っていましたが、こちらも元は「カフェグランロゴス」というお店が入っていた場所だそうです。テラスも充実、ワンちゃん可ナヴ [続きを読む]
  • マインドマップで思考を視覚化する。
  • 思考をデザインする大学時代、意匠・デザイン系学部の友人宅に遊びに行くと、作業台の前に、付箋がたくさん貼られた大きなマインドマップが描かれていました。芸術とデザインの違いは、この思考整理の様式の違いなんだろうと思います。精神分裂病とされたゴッホや、統合失調症とされるムンク、ピカソやダリも精神疾患があったとされています。そういう心の叫びが現れるのが芸術であり、逆に、建築家や美大出のデザイナーのプレゼ [続きを読む]
  • 見逃せない!孤育て「つくば市産後ケア事業」始まっています!
  • 「孤育て」ひとりで悩まないで大丈夫つくば市に住んで、意外と多いと思ったのが「転勤族」。国の研究機関が多く、市民の10人に1人が研究職だと言われるここつくばでは、官舎住まいの転勤族の方が多くいらっしゃいます。つまり産後、周囲に親戚などの頼れる人がいない可能性が高いということ。産後の生活を家族だけで乗り切るのは本当に大変なこと子育て雑誌を見ても、出てくるのはキラキラの幸せな家族で「優しそうな旦那様」と [続きを読む]
  • なないろレディースクリニック「計画無痛分娩」:入院時の持ち物
  • 2015年夏、なないろレディースクリニックで計画無痛分娩の出産をしました。その時の体験を連載形式で綴っていきます。計画無痛分娩と言えども、出産日=赤ちゃんの誕生日を「この日」と妊婦が決められるわけではありません。出産は赤ちゃんの都合で、この日この時と突然訪れます。それは、計画無痛も同じです。但し、その猶予がほんの少し(人によっては24時間程度)、与えられるといった印象でしょうか。うちは夫の通勤時間が [続きを読む]
  • 産後女性の座談会<つくば>
  • 出産したのに身体が妊娠中よりラクにならなかった人、58%!*1つくばにおける産後女性の出没スポットについてマドレボニータをつくばで浸透させるために、今現在、産後まっただ中の女性たちはどのように考えているのか伺ってみました。特に身動きがとりにくく、声を上げる余裕もない「産後2ヶ月〜6ヶ月」のお母さんたちにマドレボニータとしてアプローチするヒントを探っていきたいと思います。Q.産後、どこかへ出かけまし [続きを読む]
  • 子どもたちにワクワクする感性を!@ゆかりの森
  • 先日、ゆかりの森で行われた「しぜんっこくらぶ」に子供達(2歳9ヶ月と0歳11ヶ月)と参加してきました。この季節でも、長袖+長ズボン+長靴といった出で立ちで、落ち葉がざくざくしている森の中をNPO法人つくば環境フォーラムの先生の後をついて、未就園児の子ども達が、およそ1時間歩きます!(息子は抱っこ紐で参加)落ち葉の中をカサカサ進む虫を捕まえて観察したり、草の葉に虫がつくった白いスジ(一筆書きとなる)を見 [続きを読む]
  • つくばヴィエリー、キャンペーン中!
  • 昨日のレッスン前にカウンターに新しいチラシ(クータ掲載)を発見。新規の20名様限定、6月キャンペーンで2,833円/月額利用料(3ヶ月間)に値下げ中です。p142.安さは永遠に魅力的で、ずば抜けて常識破りな要素である。繰り返し買うものなら何であれ、他の条件が同じなら安いものがマーケット・シェアを獲得する。(「紫の牛を売れ」より)LAVAオープン以来、体験者数が減っていたそうですが、やっぱりLAVAのチラシ(月額料金キャ [続きを読む]
  • 焼肉ランチ@穏和つくば学園店
  • 本日のハートオープンヨガ、体験1名の参加者23名。テーマは「自分の中の先生の声に従う」前に立っている私はただガイドする役割にすぎません。その自分の中の先生は、健康で素晴らしい、喜びに満ちた生活を送る方法を知っているはず。最終的に自分にとって一番いい先生は自分自身。人生、健康そして身体をつくるために知っておくべきことの全ては、あなたの中にもうすでにある。ということをテーマに動いていきました。さて、 [続きを読む]
  • マーケティングを楽しむ!DA PAMP新曲に見るバズり方
  • DA PUMPの3年ぶりの新曲、6月6日発売の『U.S.A』が、振り切ったマーケティング戦略に打って出ています。マドレボニータ養成コースのマーケティング課題が再提出になっており、何をテーマに据えようかと考えていましたが楽しい材料が見つかりました。下の動画、めっちゃ面白いことになっています!www.youtube.comジャニーズの業界力におされ、また一方でエグザイル系が台頭し、記憶の隅へと消えていたこのグループ。今回MVを見た [続きを読む]