私 さん プロフィール

  •  
私さん: 私の婚活物語
ハンドル名私 さん
ブログタイトル私の婚活物語
ブログURLhttp://wwatashiww.jp/
サイト紹介文このブログは「私」の婚活物語を綴ったものです。実際に婚活をした経験から書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 21日(平均8.7回/週) - 参加 2018/05/31 12:52

私 さんのブログ記事

  • 羽下さん6 横顔は
  • でも、ハゲてる以外はさ、やっぱりイケメンな訳。高学歴一流企業のイケメンがネットで出会いなんか求める訳ないのよ。一か所くらい、欠点があってしかるべき。そもそも私なんて完璧どころか......30手前の振られ女。誰と結婚したって、将来ハゲる可能性もあるし、多少ハゲてるからって、私は目の前のこの好条件のハゲ...じゃなくて羽下さんを切ることはできなかった。 [続きを読む]
  • 羽下さん3 お店の予約も
  • 私 “お誘いありがとうございます?私もぜひ、お会いしたいです。マサキさん、グルメそうだし美味しいお店連れてって頂けたら嬉しいです〜”羽 “任せて!私ちゃん、敬語に戻ってる!笑”私 “あ、ほんとだ…(/ω\)” [続きを読む]
  • 水早さん7 名刺をもらいました
  • 「改めて自己紹介させて。」と言って水早さんは名刺を差し出した。ネットの出会いはいくらFacebookなどのSNSで保証されているとはいえ、本当かどうか不安があるので、名刺をくれるのはとても安心できた。会社名も、名前も本物だ。 [続きを読む]
  • 水早さん6 少しがっかりした理由
  • とは、ならない。選んでくれたのは嬉しい。だがしかし、水槽のあるレストランなんて学生の合コンみたいで嫌だし、こういう所に女子を連れてきておけば喜ぶだろう、というのが透けて見える気がして嫌だ。女が皆、夜景の見えるレストランや水槽のあるレストランが好きだなんて思っているとしたらなんかダサい。 [続きを読む]
  • 水早さん5 行きつけのお店
  • 駅の改札で初めて会ったその男性は思っていたよりも素敵で、ますます緊張してしまった。水早さん「はじめまして〜。こので話すのもなんなので行きましょうか。少しからタクシー乗ろうか」ス、スマート!ますます素敵だなぁ? [続きを読む]
  • 水早さん4 実際に会った彼は
  • 会うことが決まってからの数日間はそわそわドキドキしていて落ち着かなかった。最初にあった、ネットでの出会いへの警戒心よりも思っていた以上に素敵な人に出会えたことへの喜びやすでに感じる好意への期待の方が大きかった。 [続きを読む]
  • 水早さん3 連れていきたいお店
  • 水早さん“ほんとですか?!ありがとうございます!とても嬉しいです。私さんを連れていきたいお店があるのでお店僕が決めちゃってもいいですか?”私“嬉しいです? どんなお店なんですか〜?気になります(*^-^*)”水早さん“当日のお楽しみです!場所時間また連絡しますね〜” [続きを読む]
  • 水早さん2 ごはんに行きませんか?
  • こんな感じで1日1〜2通欠かさずやりとりを続けること2週間。お互いに知りたいことがたくさんあるからか、話題が途切れることもない。身元がわからないネットの出会いだけど会社名や住んでいる最寄りの駅なんかもきちんと教えてくれて安心できる人だなという印象を受けた。水早さん“もし良かったら今度ごはん行きませんか?” [続きを読む]
  • 水早さん1 素敵かもしれない
  • 私“いいね&メッセージありがとうございます?「私」と申します。水早さんもお酒と海外旅行がお好きなんですね!色々お話して仲良くなれたら嬉しいです。実は、今日から登録したばかりなので緊張しています…((*ノωノ))水早さんはどんなお仕事されてらっしゃるんですか?” [続きを読む]
  • アプリを始めてみた
  • 早速私は自己紹介とプロフィール写真を登録した。“はじめまして。(私)と申します。東京の港区に住むOLです。仕事は某メーカーで広報をやっています☆30歳も間近になり、そろそろ結婚を考えられる人とお付き合いしたいと思って勇気を出して登録してみました。趣味は海外旅行と美味しいご飯を食べること?フレンチとワインが好きです。美味しいお店に連れてっていただけたら嬉しいです。” [続きを読む]
  • 今日の私が一番若い
  • アラサーと呼ばれる歳になって友達も次々と次々と結婚していった。24歳くらいから第一次結婚ブーム!とか言われるけどなんだかんだ毎年毎年ブームが訪れていて、大量の友達が結婚していく。その結果、だんだん残りの数が少なくなってくる。もう半数以上は結婚してるのかな。子供もいるし、第二子なんか、いたりして。?私とは人生のステージが違うみたいに感じる。 [続きを読む]