蜂屋 さん プロフィール

  •  
蜂屋さん: ドラマ三国志演義「三国志Three Kingdoms」情報まとめ
ハンドル名蜂屋 さん
ブログタイトルドラマ三国志演義「三国志Three Kingdoms」情報まとめ
ブログURLhttp://www.e-hachiya.com/
サイト紹介文ドラマ「三国志 Three Kingdoms」を見て、過去の三国志演義と比べた感想を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 17日(平均17.3回/週) - 参加 2018/05/31 16:22

蜂屋 さんのブログ記事

  • 第19話 「曹操・劉備の暗闘」
  • こんにちは、蜂屋です。今回から第2部「中原逐鹿」(ちゅうげん・ちくろく)がはじまります。私自身、ちょっと意味が入ってこなかったので調べてみました。「中原逐鹿」(ちゅうげん・ちくろく)とは…?<意味>多くの英雄が天子の位を狙って争うこと。または、一つの地位などの目的を狙って競い合うこと。「中原」は中国の黄河中流域のことで、当時の国の中心ということから天下のたとえ。「逐鹿」は鹿を追いかけることで、「鹿 [続きを読む]
  • 第19話 「曹操・劉備の暗闘」
  • こんにちは、蜂屋です。今回から第2部「中原逐鹿」(ちゅうげん・ちくろく)がはじまります。私自身、ちょっと意味が入ってこなかったので調べてみました。「中原逐鹿」(ちゅうげん・ちくろく)とは…?<意味>多くの英雄が天子の位を狙って争うこと。または、一つの地位などの目的を狙って競い合うこと。「中原」は中国の黄河中流域のことで、当時の国の中心ということから天下のたとえ。「逐鹿」は鹿を追いかけることで、「鹿 [続きを読む]
  • 第18話 「呂布の死」
  • こんにちは、蜂屋です。ついにこの時がやって参りました。やだ!見たくない!でも見ちゃう!第一部クライマックス!今回は第一部「群雄割拠」の最終話、西暦198年。下邳(かひ)の戦いを描いています。それではかんたんなストーリーから見ていきます。呂布軍は下邳に追い込まれ、曹操軍に包囲されています。曹操は呂布に会談を申し出ています。要請に応じ、呂布と曹操は対面します。曹操は呂布に投降を促します。「人中に呂布あり [続きを読む]
  • 第18話 「呂布の死」
  • こんにちは、蜂屋です。ついにこの時がやって参りました。やだ!見たくない!でも見ちゃう!第一部クライマックス!今回は第一部「群雄割拠」の最終話、西暦198年。下邳(かひ)の戦いを描いています。それではかんたんなストーリーから見ていきます。呂布軍は下邳に追い込まれ、曹操軍に包囲されています。曹操は呂布に会談を申し出ています。要請に応じ、呂布と曹操は対面します。曹操は呂布に投降を促します。「人中に呂布あり [続きを読む]
  • 第17話 「劉備、兄弟と離れる」
  • こんにちは、蜂屋です。呂布に関するお話しですが、今回は陳宮が不憫に思えてしまう回でした。それではかんたんなストーリーから見ていきます。曹操の軍師郭嘉は、徐州を手に入れるべく陳珪、陳登親子を呂布の元に送り込んでいました。陳珪、陳登親子は呂布に聞こえのいい言葉を並べ機嫌を伺いながら接しています。呂布は疑いもせず乗せられ上機嫌で接していきます。完全に信用してしまっている模様。しかし、陳宮は気づいているよ [続きを読む]
  • 第17話 「劉備、兄弟と離れる」
  • こんにちは、蜂屋です。呂布に関するお話しですが、今回は陳宮が不憫に思えてしまう回でした。それではかんたんなストーリーから見ていきます。曹操の軍師郭嘉は、徐州を手に入れるべく陳珪、陳登親子を呂布の元に送り込んでいました。陳珪、陳登親子は呂布に聞こえのいい言葉を並べ機嫌を伺いながら接しています。呂布は疑いもせず乗せられ上機嫌で接していきます。完全に信用してしまっている模様。しかし、陳宮は気づいているよ [続きを読む]
  • 第16話 「呂布、徐州牧となる」
  • こんにちは、蜂屋です。今回は曹操にスポットがあたった有名エピソードが凝縮された回だったように思います。それではかんたんなストーリーから見ていきます。袁術が伝国璽を手にし、皇帝に即位することになりました。それを聞いた曹操は、袁術の愚かな行動を嘲笑います。まさに帝の名を借り、大義名分で袁術が討伐できる理由ができた瞬間でした。しかし袁術は大軍を擁しており、自軍の兵力では大幅に袁術に及ばないため、曹操は各 [続きを読む]
  • 第16話 「呂布、徐州牧となる」
  • こんにちは、蜂屋です。今回は曹操にスポットがあたった有名エピソードが凝縮された回だったように思います。それではかんたんなストーリーから見ていきます。袁術が伝国璽を手にし、皇帝に即位することになりました。それを聞いた曹操は、袁術の愚かな行動を嘲笑います。まさに帝の名を借り、大義名分で袁術が討伐できる理由ができた瞬間でした。しかし袁術は大軍を擁しており、自軍の兵力では大幅に袁術に及ばないため、曹操は各 [続きを読む]
  • 第15話 「轅門(えんもん)に戟を射る」
  • かんたんなストーリー袁術配下の猛将紀霊が、大軍を率いて小沛に攻めてきます。小沛が陥落すると、徐州にも危険が及ぶので陳宮は慌て呂布のもとに駆けつけます。すると呂布は、貂蝉の歌を聴きながら酒を飲んでいます。呂布は、陳宮に小沛の近くで宴席をもうけ、劉備と紀霊を呼び、話し合いをする提案します。劉備は疑念をいただきながらも張飛と共に宴席へ向かいます。全員そろったところで、お酒を飲みながら呂布は両者に和睦して [続きを読む]
  • 第15話 「轅門(えんもん)に戟を射る」
  • かんたんなストーリー袁術配下の猛将紀霊が、大軍を率いて小沛に攻めてきます。小沛が陥落すると、徐州にも危険が及ぶので陳宮は慌て呂布のもとに駆けつけます。すると呂布は、貂蝉の歌を聴きながら酒を飲んでいます。呂布は、陳宮に小沛の近くで宴席をもうけ、劉備と紀霊を呼び、話し合いをする提案します。劉備は疑念をいただきながらも張飛と共に宴席へ向かいます。全員そろったところで、お酒を飲みながら呂布は両者に和睦して [続きを読む]
  • 第14話 「呂布の裏切り」
  • かんたんなストーリー徐州にいる劉備のもとに詔勅と共に「袁術を討伐せよ」との密命が届きます。劉備も曹操の意図であることを見抜いており関羽も反対しますが、勅命には逆らえないとして劉備は袁術の討伐に向かいます。袁術を討伐する際、徐州も守る必要があるため、一人守りに就かせる必要がありました。守るのは関羽・趙雲など考えましたが、趙雲を先鋒として関羽と出陣し、守りに張飛を任命します。劉備は張飛に3つの決め事を [続きを読む]
  • 第14話 「呂布の裏切り」
  • かんたんなストーリー徐州にいる劉備のもとに詔勅と共に「袁術を討伐せよ」との密命が届きます。劉備も曹操の意図であることを見抜いており関羽も反対しますが、勅命には逆らえないとして劉備は袁術の討伐に向かいます。袁術を討伐する際、徐州も守る必要があるため、一人守りに就かせる必要がありました。守るのは関羽・趙雲など考えましたが、趙雲を先鋒として関羽と出陣し、守りに張飛を任命します。劉備は張飛に3つの決め事を [続きを読む]
  • 第13話 「曹操、皇帝を傀儡とす」
  • かんたんなストーリー今回は曹操のお話しです。曹操の元に、皇帝の側近である董承から密書が届きます。李?と郭汜が争い、献帝が長安から逃れ洛陽へ向かっているため、助けを求める内容でした。この密書は各諸侯に届けられていました。この密書を読んだ曹操はこの好機を逃すまいと、すぐに洛陽へ兵を連れ向かいます。同じころ、河北の袁紹にも救いを求める詔が届いていました。袁紹は詔の内容を家臣に相談します。ここで意見が分か [続きを読む]
  • 第13話 「曹操、皇帝を傀儡とす」
  • かんたんなストーリー今回は曹操のお話しです。曹操の元に、皇帝の側近である董承から密書が届きます。李?と郭汜が争い、献帝が長安から逃れ洛陽へ向かっているため、助けを求める内容でした。この密書は各諸侯に届けられていました。この密書を読んだ曹操はこの好機を逃すまいと、すぐに洛陽へ兵を連れ向かいます。同じころ、河北の袁紹にも救いを求める詔が届いていました。袁紹は詔の内容を家臣に相談します。ここで意見が分か [続きを読む]
  • 第12話 「呂布、小沛に留まる」
  • かんたんなストーリー劉備は陶謙から徐州を譲る申し出を1度断ります。さて…いったん徐州から撤退した曹操ですが、再度徐州討伐を目論んでいます。そこに、劉備からの書簡が届きます。内容は、講和を促す内容です。曹操は「たかが草履ウリの分際で、わしに指図する気か!」と激怒し、曹仁に城攻めを決行させます。しかし、荀彧から留守中の領地・兗州(えんしゅう)に呂布から奇襲を受け、さらに呂布の軍師に陳宮が就いたとの情報 [続きを読む]
  • 第12話 「呂布、小沛に留まる」
  • かんたんなストーリー劉備は陶謙から徐州を譲る申し出を1度断ります。さて…いったん徐州から撤退した曹操ですが、再度徐州討伐を目論んでいます。そこに、劉備からの書簡が届きます。内容は、講和を促す内容です。曹操は「たかが草履ウリの分際で、わしに指図する気か!」と激怒し、曹仁に城攻めを決行させます。しかし、荀彧から留守中の領地・兗州(えんしゅう)に呂布から奇襲を受け、さらに呂布の軍師に陳宮が就いたとの情報 [続きを読む]
  • 第11話 「劉備、徐州を救う」
  • 第11話 「劉備、徐州を救う」かんたんなストーリー董卓の死後、長安は李?、郭汜の乱の渦中にありました。舞台は同じころ、中原から東の徐州に移動します。陶謙配下に父を殺された曹操自身は、大げさとも言えるくらい嘆き悲しみ、誰もとめることができず曹仁たちはただ励ます事しかできませんでした。しかし、曹操の本当の狙いは、父親を殺害された弔い合戦のため、徐州を攻める大義名分を世の中の諸侯に知らしめるためでした。曹 [続きを読む]
  • 第11話 「劉備、徐州を救う」
  • 第11話 「劉備、徐州を救う」かんたんなストーリー董卓の死後、長安は李?、郭汜の乱の渦中にありました。舞台は同じころ、中原から東の徐州に移動します。陶謙配下に父を殺された曹操自身は、大げさとも言えるくらい嘆き悲しみ、誰もとめることができず曹仁たちはただ励ます事しかできませんでした。しかし、曹操の本当の狙いは、父親を殺害された弔い合戦のため、徐州を攻める大義名分を世の中の諸侯に知らしめるためでした。曹 [続きを読む]
  • 第10話 「董卓の死」
  • かんたんなストーリー王允が帰宅すると、旧友の陳宮が訪ねてきていました。曹操と別れてからずっと放浪の身で各地を旅しています。王允の「連環の計」を見抜いていた陳宮は、さらに呂布を董卓を暗殺することを進言します。しばらくすると、貂蝉との密会が董卓に見つかってしまった呂布が、王允の屋敷に慌てて逃げてきました。ここで初めて陳宮と呂布が対面します。王允と陳宮は、呂布に董卓を倒すことを進めます。呂布も貂蝉を取ら [続きを読む]
  • 第10話 「董卓の死」
  • かんたんなストーリー王允が帰宅すると、旧友の陳宮が訪ねてきていました。曹操と別れてからずっと放浪の身で各地を旅しています。王允の「連環の計」を見抜いていた陳宮は、さらに呂布を董卓を暗殺することを進言します。しばらくすると、貂蝉との密会が董卓に見つかってしまった呂布が、王允の屋敷に慌てて逃げてきました。ここで初めて陳宮と呂布が対面します。王允と陳宮は、呂布に董卓を倒すことを進めます。呂布も貂蝉を取ら [続きを読む]
  • 第9話 「鳳儀亭の貂蝉」
  • かんたんなストーリー貂蝉が輿入れする事が決まり、それを見守ることしかできない呂布…。華やかな輿入れの行列も呂布はどんな光景に映っていたことでしょう。なんとも切ない…。しかし、移動先は宮中ではなく董卓の自宅で、貂蝉を自分の妾したいだけのただの口実でした。貂蝉は、自害しようとするが王允の言葉を思いだし思いとどまります。呂布は王允か董卓の自宅へ連れていかれたことを聞くと怒り心頭で、遂には「けだもの」とま [続きを読む]
  • 第9話 「鳳儀亭の貂蝉」
  • かんたんなストーリー貂蝉が輿入れする事が決まり、それを見守ることしかできない呂布…。華やかな輿入れの行列も呂布はどんな光景に映っていたことでしょう。なんとも切ない…。しかし、移動先は宮中ではなく董卓の自宅で、貂蝉を自分の妾したいだけのただの口実でした。貂蝉は、自害しようとするが王允の言葉を思いだし思いとどまります。呂布は王允か董卓の自宅へ連れていかれたことを聞くと怒り心頭で、遂には「けだもの」とま [続きを読む]
  • 第8話 「王允の離間の計」
  • 呂布は王允の屋敷に訪れます。また何かの疑いでもかかっているのかと王允は感ぶりましたが、貂蝉の誕生日のお祝いにプレゼントを贈り物を届けるためでした。王允は呂布を接待します。貂蝉から舞を披露され、お酒もついでもらい放心状態で釘づけとなってしまいます。貂蝉も、以前呂布に命を救われ惹かれていたのもあり、自身の生い立ちを話した上で、呂布の求婚を快諾します。王允からも呂布に「貂蝉を妻にしてほしい」との申し入れ [続きを読む]
  • 第8話 「王允の離間の計」
  • 呂布は王允の屋敷に訪れます。また何かの疑いでもかかっているのかと王允は感ぶりましたが、貂蝉の誕生日のお祝いにプレゼントを贈り物を届けるためでした。王允は呂布を接待します。貂蝉から舞を披露され、お酒もついでもらい放心状態で釘づけとなってしまいます。貂蝉も、以前呂布に命を救われ惹かれていたのもあり、自身の生い立ちを話した上で、呂布の求婚を快諾します。王允からも呂布に「貂蝉を妻にしてほしい」との申し入れ [続きを読む]
  • 第7話 「孫堅の死」
  • 荊州を通してもらい無事に突破できたと思った矢先、劉表の伏兵にあいます。袁紹から密かに依頼を受けていたようです。船上で孫策たちも必死に奮闘するも、孫堅に矢の雨が降り注ぎ、大量に矢が刺さってしまい孫堅は倒れてしまいます。孫堅は、孫権の忠告を悔やみ絶命してしまいます。孫堅はまだ30代で、あまりにも早すぎる死でした。不運にも、孫堅の亡骸の船は劉表に奪われてしまいます。そこに、まだ子どもである孫権が大活躍する [続きを読む]