まったりろ さん プロフィール

  •  
まったりろさん: 底辺五十代男のブログ
ハンドル名まったりろ さん
ブログタイトル底辺五十代男のブログ
ブログURLhttps://standshitlife.muragon.com/
サイト紹介文ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 24日(平均8.5回/週) - 参加 2018/05/31 16:35

まったりろ さんのブログ記事

  • 困った人たち
  • 一般企業と福祉業界では、給与に大きな差がある 誤解を恐れずに言うと、働く人の能力も福祉業界は低い ただ能力は低いが、老人や障がい者たちに好かれやすい素養を持っている ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2社目の障がい者施設では、利用者を「ちゃん」付けで呼ぶなと強く言われた 当然のことだ。今までした事もない しかしその2時間後、俺にそう言った人は、利用者 [続きを読む]
  • 19社目。年収370万円
  • 結局、障がい者施設は、いろいろあって2年程度で辞めた 体調が悪くなったのも、辞めた理由のひとつだ 次は19社目。正社員としては16社目だ やはり障がい者施設(株式会社ではなく社会福祉法人)を選んだ 仕方ない。もう営業では雇ってもらえない。いくら人手不足でも、中高年に 対しては世の中は厳しい。福祉しか無かった(老人系ではかなり嫌な思いを しているので、まだ障がい者系の方がマシかと思った) 給料は額面 [続きを読む]
  • 将門の首塚
  • 営業マン時代、三〇物産に出入りしていたが、ビルの敷地内の駐車場に、俺はよく 車を停めていた(許可証もあった) その駐車場は、平将門の墓と隣接していて、車を停めるときはバックではなく、 アタマから入れなければならない。墓にお尻を向けてはいけない、ということだ 駐車場内には守衛が何人もいるので、そうしないと注意される ビル内の社員の机の配置も、なるべくお尻を向けないようになっていた 日本を代表する世界 [続きを読む]
  • 正社員。額面22万円+α
  • 管理者としてだけでなく、相談支援専門員の資格も取り、その業務を行った 給料は額面22万円と夜勤手当(宿直手当)を合わせて、23〜26万円になった 福祉としては悪くないが、管理者としては低い方だろう 特養なら一般職員でも、もっと高いかもしれない しかし業務が多過ぎる 事件や事故が多く、その度に該当利用者には退居や入院をしてもらう 空きの出た居室には、新しい利用者を入れなければならない 株式会社なのだ [続きを読む]
  • 障がい者施設
  • 障がい者施設には、無資格者が多い ヘルパー2級すら持っていない人がいる その反面、全ての資格を持っている人もいる 介護福祉士、ケアマネージャー、社会福祉士、精神保健福祉士のことだ これはすごいことだ(ケアマネ以外は国家資格) 4つ全て取るのは、早稲田クラスの大学に受かるより難しいかもしれない 俺が入った施設には、この全ての資格を持っている人が3人いた(職員数は約30人) そのうちの2人は、一般企業 [続きを読む]
  • 18社目。額面18万円
  • 福祉でもダメで、40代後半 次は18社目である。といっても、前職3社はアルバイトなので、正社員としては 15社目 いろいろ探し考えても、いい答えはでなかった。あとは警備員かタクシーぐらいか しかし糖尿病のことを考えると、気がすすまなかった。大卒で警備員?というプライド もあった(俺の年齢と経歴では、旗振りしかない。機械警備や巡回警備とは別) ハローワークで何度か調べているうち、障がい者の福祉が目に [続きを読む]
  • だんだん趣味がへってきた
  • 若い頃は、いろいろ趣味があった ほとんどインドアだけど ①映画鑑賞 名画がメイン。名画といわれるものは、洋画も邦画もほとんど観たので、今はホラー映画 ばかり(笑) でもホラー映画の新作(B級のぞく)なんてあんまり出ないので、映画自体、観る回数は減った ②音楽鑑賞 アリスや松山千春を中学生のときに聴き、その後ハードロックに移行(笑) かつ名盤といわれるものは、ジャンルにかかわらず聴きまくる。ジャズも [続きを読む]
  • 愛犬遍歴
  • 今まで3匹、犬を飼った 3匹とも実家でだ。1匹目はメスで、あとはオス 最初は捨て犬を拾ってきた 人なつっこくて、賢い犬だった。しかし、野犬が庭に侵入し相思相愛となり妊娠 父親は保健所送りにしてしまった 2匹目は、近所からもらった土佐犬とボクサー犬の混血種。かなり狂暴 俺も噛まれたが、近所の人を噛んだため、知り合いに引き取ってもらった 3匹目が血統書付きのビーグル。親はチャンピオンらしい ビーグルは [続きを読む]
  • 愛車遍歴
  • はじめて買った車は、日産のブルーバードSSS(U12型) なかなかの名車だった 現在は、ブルーバードという車名は無い(シルフィーという名で一応継続しているが) もうひとつの日産の代名詞、サニーも消滅した。カローラと並ぶ大衆車だった 今は大衆車が、普通車から軽自動車へとシフトダウンし、普通車は3ナンバーが多く なった 次に買ったのは、トヨタのカルディナ。マニュアルミッションを選んだ 当時はワゴン車が [続きを読む]
  • ヘイト社会
  • 小さな女の子を虐待して死なせたり、新幹線の中で発達障害の男性が乗客を殺したり、 暗いニュースが多い(毎年多いともいえるが) しかし、こうした規模の小さい殺人事件は30年ぐらい前なら、新聞の社会面に小さく 出るくらいだった。TVのニュースには出ない 近年のネットやSNSなどによる情報社会・拡散化社会が、あらゆる物事を表に押し上げる あるいは、自分たちとは違うものを許さない風潮(不寛容社会)も、押し上 [続きを読む]
  • 生きることは苦痛だ
  • これまで生きていて、苦痛と挫折の連続だった 世の中には、もっと大変な人もいる しかし大変さが目に見えてわかりやすい人には、行政やまわりの人から 救いの手があったりする 目に見えて大変な人とは、年金の少ない場合の後期高齢者・生活保護(困窮者)・身体障 がい者・知的障がい者(ダウン症)などだ 学歴の低い場合だと、案外ヤンキー同志で早く結婚し、幸せな家庭を築いていたりする 俺はどれにも当てはまらない せ [続きを読む]
  • 福祉 ながれ旅
  • 介護福祉士という国家資格があり、運転免許もあり送迎もできる ハイエースのロングでも全く問題ない。パソコンも得意で事務処理もOK 次の就職はすぐに決まった。給料もあがった(と言っても前職が低過ぎた) 特養だ しかし女性職員と合わず、何度も転職した あまりに合わないので、1社以外はアルバイトにした。以下参照 14社目・・・特養(3日) 15社目・・・特養(1週間) 16社目・・・有料老人ホーム(1ヶ月 [続きを読む]
  • 正社員。額面14万円
  • 俺は福祉にしぼって、就職活動をはじめた しかし無資格・未経験の中年男性をとってくれるところは、あまりなかった 今のような人手不足の社会なら、そんなことはないだろう なんとか老人ホーム(株式会社。社福ではない)に採用された 額面14万円・・・ ヘルパー2級をとれば、あと1万円程度あがるらしいが、焼け石に水と思った ただ夜勤が月に4、5回あるので(1回5000円の手当)、実際は額面16万円 になった [続きを読む]
  • プチ地獄
  • 結局、俺は東京で職探しをはじめた。また一人暮らしだ さいわい、金は数100万円貯めていた。実家にいた数年間が大きかった 以下転職歴 7社目・・・空調設備会社の営業(2ヶ月)年下の上司が、かなりのクソでやめる 8社目・・・編集会社の営業(半年)初めてのマスコミ関連。上司がクソでやめる 9社目・・・小さな商社の事務(半年)初めての事務職だったが、社長と合わずやめる 10社目・・製版会社の営業(3ヶ月) [続きを読む]
  • 印刷会社
  • 次に入ったのは小さな印刷会社。ここは2年近くいた 辞めた理由は、定年間近でリストラされた営業マンが、会社の得意先を奪おうと 行動を起こし、社内がぐちゃぐちゃしだしたから その次も印刷会社で、5年ぐらいいた 100人以上社員がいて、俺は営業として大手の小売店を任された 成功もあったが、人間関係での失敗もあった といっても俺のせいではない ある得意先(全国区の会社の県資本店)の社長が、自分の息子を俺の [続きを読む]
  • 転職グセ
  • 最初の会社は1年でやめた 仕事内容には、ほとんど興味は持てなかった 社内不倫が横行していたのも嫌だった その会社は、数年後には倒産していた 2社目は、コンピューターの商社でまだwindows95は出ていない 営業で年間1億円程度の売り上げはあげたが、上司や先輩社員とあわず1年でやめた この会社も数年後には倒産した 3社目も同じような理由でやめた。約1年。やはり営業である 1、2社目は俺にも良くない [続きを読む]
  • バブルはじける
  • 大学卒業後、すぐには就職しなかった 就職浪人だ 当時はバブル末期で、まだ売り手市場だった 俺はマスコミ志望で、その中でも出版社を希望していた 倍率は100倍近く、早稲田クラスでなければなかなか受からない 4年生の時に30社以上受けて全敗 大手の流通商社などは受かっていたが、好きな仕事がしたくて採用をけった 就職浪人1年目でもマスコミ全敗(当時はマスコミ浪人はある程度いたと思う)、一般 企業からは新 [続きを読む]
  • 大学時代 その3
  • 前頁が前振りだったのだが、大学ではボクシング部に入った しかし途中でやめた 理由はいくつかある やはり人付き合いが苦手なので、かなりの時間、部員たちと行動をともに するのが苦痛だった(しかし同期はいいヤツが多かった)。留年も理由のひとつ かもしれない もうひとつは、自分の肉体的欠陥のせいだ 以前、鼻中隔湾曲症のため、鼻の軟骨を削ったと書いた そうすると、鼻の骨がうすいため、軽いジャブをもらっただけ [続きを読む]
  • アリとフォアマン、そして
  • 20世紀最高のスポーツマンは誰か バスケットボールならマイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソン、 テニスならビヨン・ボルグ、アメフトならジョー・モンタナ、 ゴルフならジャック・ニクラウス、F1ならアイルトン・セナ、 野球ならベーブ・ルース 他にもいろいろあるだろう しかし海外のスポーツジャーナリストにこの質問をすると、最も多い答えが モハメド・アリだという 往年のボクシングの世界ヘビー級チャンピ [続きを読む]
  • 幻の九連宝燈
  • 学生時代、麻雀の勝率は8割程度はあったと思う あまり負けた記憶がない 何度か役満をあがったが、回数・種類ともに少ない 堅実な打ち方を優先するからだろう 国士無双・四暗刻・大三元、珍しいところでは緑一色をあがった 惜しかったのは九連宝燈テンパイ 待ちがペンサンワンだったのを今でも憶えている テンパイ直前に下家が切っていたので、トイツ落としならもしかしてと 思っていたら、他家に上がられてしまった 下家 [続きを読む]
  • 大学時代 その2
  • 大学ではあまり勉強をしなかった できる方でもなかった 高校ではできる方だったが、大学では中の下ぐらいだった 授業もあまり出なかった アルバイトと麻雀、学業に関係していない読書、映画・音楽鑑賞、ファミコン、 ビリヤードなどに時間を費やした その結果留年(涙) 親に学費を1年分多く払わせてしまった 俺は卒業に5年かかってしまったが、同じアパートの麻雀仲間で 1年生を5年間することになり(つまり4回留年 [続きを読む]
  • 大学時代 その1
  • 大学で一人暮らしをはじめた 家賃11,000円のボロアパート 確か水道代も込みだったと思う 6畳で流し台とトイレ有り。トイレはボットン式 風呂は共同 10部屋あった(つまり10人) 風呂が共同だと、不便なことが多い 自分が風呂を沸かしたのに、他のやつが次々と入ってなかなか入れなかったり、 入浴後浴槽の栓を抜かれていたこともあった あと壁が極端にうすく、うるさくて眠れなかった 隣の部屋に5人程度毎日 [続きを読む]
  • 健康がいちばん
  • 30後半になると、体力の衰えを感じだした それまでは、ずっと10代と変わらないと思っていた 今はいろんな部分がおかしい 以下に挙げると ①飛蚊症 ②網膜前膜 ③鼻中隔湾曲症 ④親知らずが2本、抜歯困難 ⑤腰椎分離症 ⑥アレルギー性鼻炎・花粉症 ⑦アトピー・酒さ ⑧糖尿病 ⑨十二指腸潰瘍(完治ずみ) ざっとこれだけある ①飛蚊症には、糖尿病も関係しているのだろうか ②網膜前膜(目の病気)は初期症状だ [続きを読む]
  • 生い立ち その3
  • 小学校 今の自分は笑顔が少なく、頑固なところがあるが、小学生のころは 活発な子供だった リトルリーグ(野球)や子供会の野球チーム、剣道の道場にも通っていた 全部小学校でやめてしまったが、剣道では県大会の選手になったこともあった 運動神経はいい方ではないが、剣道は向いていたのかもしれない 野球はリトルリーグでは補欠だったが、子供会ではレギュラーだった また運動ではないが、書道教室にも行き、子供の部で [続きを読む]
  • 糖尿病
  • 父はいくつかの病気を抱えていたが、根本には糖尿病があった それと肥満 俺は中肉中背だが、糖尿病の資質は受け継いでいたようだ 40歳を越えると、糖尿病の疑い有りと診断され、40後半で確定した 2年程前だが、立っているだけでしんどくて、喉の渇きが尋常ではないときが あった 病院へ行くと、HbA1c(ヘモグロビン)が10以上だった わかる人にはわかるだろうが、衝撃的数字である その月は、会社を毎週のよう [続きを読む]