キッコ さん プロフィール

  •  
キッコさん: 子宮頸がん検診で引っかかってからの日々
ハンドル名キッコ さん
ブログタイトル子宮頸がん検診で引っかかってからの日々
ブログURLhttps://kiko3015.hatenadiary.com/
サイト紹介文子宮頸がん検診で引っかかり頭が真っ白、感情は停止し・・・。その日からのいろんな思いを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 22日(平均6.4回/週) - 参加 2018/05/31 20:45

キッコ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 入院しました。
  • 予定通り、午前10時に入院しました。個室を申し込んでいたのですが、空いてました♪当日まで確約は出来ないと言われていたので来るまでわからなかったんです。術前説明は11時からの予定だったので荷物を棚に入れていたら、早速麻酔科医の先生からの説明があるとのことで、案内してもらい麻酔科の先生のところへ。若い女の先生で意外でした。丁寧な説明をしてもらいました。で、こちらが不安に思っていることを質問したら、よく勉強 [続きを読む]
  • 入院前夜 (おセンチなひとりごと)
  • おセンチって・・・笑昭和真っ只中生まれが使う言葉なのだろうか。じゃあ、今の人にもわかる言葉で表現するとしたらなんていうんだ?ナーバス?うーん・・・おセンチ時代の私にはちょっとニュアンス違う。・・・まぁいい・笑ついに明日は入院か〜。最近何かで読んだけど、閉経後の子宮は、おつかれさま。と、体の中で役割を終了して静かに眠っているのだと。感動した。なんと神秘的なんだ。そっか、そういうことなんだね。 [続きを読む]
  • 今の気持ち
  • 大阪で地震。震度6弱?!吹田市の叔母夫婦は最近他県に引っ越したな。阪神淡路大震災を経験された方々は更に怖かったろうな・・・。そんなことを考えてました。時間が経つにつれ、被害の報道みて胸が痛みます・・。そんな中でも・・・自分の3日後の手術のことは相変わらず怖いです。「泣いても笑っても」という言葉が頭に浮かび、その言葉が、今日ほどなるほどなぁと思ったことはなかったですね。ひとりになるとメ [続きを読む]
  • 誕生日。友達とライン。言えなかった。
  • 昨日、またひとつ歳をとりました。 お互いの誕生日の日にだけ、連絡をし合う友達がいます。昔は一緒によく飲みにも行ったし、電話なんて毎日で、彼氏か〜?ってお互いツッコみあうほどでした。月日は流れ、お互い環境が変わったりいろんなことがあったりしてだんだん会わなくなりました。彼女と何かがあって・・とかそういうのでは全くなく、いつの間にかもうだいぶ会ってないです。10年は会ってないかな。。だけど、お互いの誕生 [続きを読む]
  • 荒むこころ
  • 昨日まで、最初のクリニックでの出来事からクドクドと(笑)綴ってきて入院までに追いつくかな?なんて考えてましたが、あっさり追いつきました・笑あとは現在に至る・・という感じです。^^;それで今日のタイトルですが。そう、気持ちが荒むんですよ。4月3日のクリニック事件以来、現在までいろんな気持ちの動きがありました。何度か書いたように、最初はもう感情が停止しているというか、自分のことなのにどこか実感がわかない [続きを読む]
  • 20代の頃からのおつきあいのS先生に相談に行きました。
  • さて、このもやもやした気持ちをどうするか・・・このままの気持ちで入院当日を迎えるのは自分の中でそれが何かを明確には書けないけど納得がいかない。医師からしてみれば、きちんとした説明は前日にするから、という考えは不自然さはないのかもしれません。そして患者側としても、私のように考える人が果たしているかはわかりません。でも私にとってみれば、手術は人生の一大事です。とても怖いけど、このまま手術をしないこと [続きを読む]
  • 退院1週間〜2週間 (円錐切除の病理診断を聞きに行く。)
  • 今日の記事は長いです。 退院1週間を過ぎたあたりから、少し出血が増えてきた感じでした。トイレに行くたび、ビクビク・・・。術後からナプキンとはずっとお友達状態・・・。閉経前の生理も1週間位で終わっていたのでこんなに長い間ナプキンをあてるのははじめてで、かぶれないように気を付けました。あと、閉経して数年経ちますので、トイレの中の汚物入れは今までトイレの奥にしまっていたのですが、数年ぶりに復活しました。ど [続きを読む]
  • 退院〜1週間位は寝たり起きたりな感じでした。
  • 私は、夜に何か出かける用事とかがない限り、毎日ビールで晩酌するのですが(350×2缶)退院後1ヶ月はお酒はやめておこうと入院前から決めていました。 病院からの注意事項には退院後の食事制限はなかったですし、お酒が関係あるかどうかはわかりませんが、出血を気にしていた私にとっては、お酒はよくないのではないか?という判断でした。 で、退院したその日、久しぶりに家での晩御飯を食べ終わった頃、頭痛がしてきて、それがだ [続きを読む]
  • 円錐切除術、術後2日目 (退院日、余談あり)
  • 2018年4月25日(水) 退院日。で・・退院の朝を迎える・・・前の夜中のことですが。昨日の記事に登場して頂いた同じ病室のAさん・・・。半端なくいびきがすごい。笑往復いびき。うるさくて眠れないな〜というよりは、その豪快さに、こんなにすごいいびきを久しぶりに聞いた〜。(^_^メ)と思ってました。で、このAさん。その翌日にはじめてする治療があるとのことでものすごく不安がられていたんです。怖くて今日は眠れそうにない [続きを読む]
  • 円錐切除術、術後1日目
  • この円錐切除をするまでは、術後の夜がどんな感じなのかがすごく怖かったのですが、特に辛いことも痛いこともなく朝を迎えられてほっとしました。 術後1日目の朝は、まだベッド上安静の状態でした。 で・・。朝、看護師さんが顔を拭くおしぼりを持ってきてくれまして、それはスッキリしてよかったのですが、嫌だったのが歯磨き。ベッドの上で、歯磨きをしなきゃならないという・・そこは想定外でした。笑看護師さんが洗面器とコッ [続きを読む]
  • 円錐切除術、手術当日 〜その2〜
  • 前回の続きです。帽子(シャワーキャップみたいなの)を被り手術室に入りました。ヒーリング系のような音楽が流れていました。さて・・ついに手術台に横になります。固くて冷たいイメージでしたが、なんかふかふかっぽくて暖かかったです。次に脊椎麻酔に入ります。背中全体を消毒されたのですが、手術台の暖かさに少し感動したのもつかの間、消毒の冷たかったこと(+_+)で、看護師さんが今から背中に痛み止め [続きを読む]
  • 円錐切除術、手術当日 〜その1〜
  • 前日は、食べ物午後9時まで、飲み物、深夜0時まででした。 午後10時頃には眠ったようですが、目が覚めてもう夜中かな・・と思ったら、まだ11時45分でした。まだ水分大丈夫だと、水を飲みました。 それからは時々うとうとはしたと思うけど、ほとんど眠れないまま朝に。さて、手術当日。2018年4月23日(月)。 朝から点滴が始まりました。いよいよ・・という感じです。手術は13時からの予定。10時から、主治医のN先生からの説明があ [続きを読む]
  • 子宮頚部円錐切除術、入院日
  • 円錐切除のことを書く前に・・・。私は、この円錐切除術で手術が終わっていて、あとは普通の生活に戻るだけ・・・という段階ではなく、2週間後にもうひとつ、子宮全摘(両卵巣も)という手術をひかえています。だから、とても不安な日々を過ごしているのが本当のところです。やっぱりお腹を切る手術ですものね・・。怖いです。だけど、それもこれも全部受け止めるしかないというか、もうここから先は、心配したところでそれを打 [続きを読む]
  • 組織診の結果
  • 2018年4月17日。組織診の結果を聞きに総合病院へ。この日は、息子と母が付き添ってくれました。ぞろぞろ・・って感じですが^^;前回のN先生とのやりとりを息子に話したところ、俺もついて行って話を直に聞きたいと言ってくれました。午後2時の予約。この日は初診のようには待たされませんでしたが、それでも診察室に入ったのは3時半位でした。で・・待っている間。ふと、隣に座っている息子を見たら・・・何かをポケットから出 [続きを読む]
  • 大きい病院へ。新しい先生との出会い。
  • 出会い。出逢い。違いがあるかどうかはわからないけど、今の私は、あえて出会いという漢字を使いました。唐突ですが、お医者さんに、冷たい態度や質問しにくいオーラを出された経験がある方ってどれくらいいらっしゃるんだろう・・・。少なくとも私は、紹介先の病院で心が折れる態度をたくさんとられました・・・。患者にとって医師は、自分の体を治してもらう神のような存在なのでしょう。医師がいてくれなかったら、病気は [続きを読む]
  • 無念・・・。しかし次のステップへ。
  • クラスVだと宣告されたときの気持ちを書くとしたら「無念」の一言につきました。前にも書きましたが、平成22年6月に、はじめてクラス3aという結果を告げられたとき、かなり動揺し、心配しました。だからその日から私は、子宮頸がんのことを調べまくりました。そしていろいろ調べる中で、子宮頸がんは検診をしっかりしていれば、もしも運悪く、細胞が悪いほうに変化していったとしてもガンになる前に治療できる疾患である。と [続きを読む]
  • え?嘘でしょう?なんで?どうして?
  • まさにこんな気持ちだったんですよ。先生から見せられた1枚の用紙に書かれていた結果を見たときは。そしてそう思う根拠もありました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前回の続きです。クリニックに到着し、3人待ちくらいだったと思います。待ってる間、大丈夫か?私の体、と思うくらいの心臓のどきどき。そしていろいろ考えていました。確かに、2年4か月検診に来てなかったけどその年数で、前回の異常な [続きを読む]
  • クリニックからの電話
  • 私、記事の内容を事細かにくどくどと書いていますが(^^ゞ自分の気持ちをいろいろ整理するための意味もあるので読んでもらっている方にはくどく感じられるかもしれませんがどうぞご勘弁を。(#^.^#)で、前回の続きです。結果は2週間後ということで、もういつ行くか日程も決めていました。(平日に1日、仕事が休みの日があるのでその日に・・と。)そして検査に行った6日後。忘れもしない、2018年4月3日(火)。ちょうどお昼を [続きを読む]
  • 2年4ヶ月ぶりの検診
  • 昨日の記事にも書きましたが平成27年11月の子宮頸がん検診ではクラス1〜2 で異常なしでした。それから1年が経ち、クリニックから健診のはがきが届きました。あなたが受診されてからそろそろ1年になろうとしています。(・・・途中省略・・・)一年に一度、健康診断(検診)をぜひ受けましょう。という内容のものでした。私は最後に検診に行った平成27年までは絶対検診しなきゃ不安、という思いがあったのです。なぜなら [続きを読む]
  • はじめまして。
  • 50代主婦のキッコと申します。2018年3月末に行った子宮頸がん検診で引っかかった頃から現在に至るまでの経緯を気の向くままに少しずつ書いていきたいと思っています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・若いころから、何かと婦人科にはお世話になることが多かった私です。20代後半には、卵巣嚢腫の手術で卵巣の一部摘出もしました。そして40代になったばかりの頃、子宮筋腫があることも発覚しました。子 [続きを読む]
  • 過去の記事 …