tt さん プロフィール

  •  
ttさん: あの猫のように暮らしていたらダメになる
ハンドル名tt さん
ブログタイトルあの猫のように暮らしていたらダメになる
ブログURLhttp://aseoingi.coslife.net/
サイト紹介文
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 98日(平均2.4回/週) - 参加 2018/05/31 22:19

tt さんのブログ記事

  • お邪魔ですか
  • 今日も、いつものルートでタンスの上に乗る。猫のやつ、テーブルの上に乗って来たな、と思っていると、そこから冷蔵庫を経由して、目的のタンスの上まで飛び乗った。あそこが好きな場所なんだよね。よくくつろいでいるので、布地を敷いてあげている。子供達に追い回されれば、いい避難場所なんだ。でも、テーブルの上に物が置かれて道を塞がれている時は、ウロウロした挙句に、しょうがないなという感じで、結局テーブルの上 [続きを読む]
  • 新聞が好き
  • 新聞を読もうと広げれば、猫のやつは、すかさず走って来てその上にしっかりと丸まってくつろぎ始める。分かっているよ。別に読むのを邪魔したいわけじゃないんだよね。ただ、新聞紙が広げられたのが分かると、あの上に乗りたい、と思って駆け出しちゃうんだよね。紙は肉球にとって、気持ちがいいんだろうな。中でも新聞紙は、最高だにゃ。とか思っているのかも知れない床の上に、クシャクシャと包み紙として使われた新聞紙が [続きを読む]
  • 工場猫
  • いや、そんな猫はいないんだけど、うちの工場に猫が出入りするようになることがある。気を付けてないと、工場の中にいることがある。まさか、人のいる時間帯には入ってきたりしないけど、一度、工場を開けて停止中の工場の中を歩いて行ったら、コンベアの上に猫が丸まって座っていて、こっちと目が合ったことがあった。工場の中は機械だらけなんだから、猫が入っちゃ危ないよ。そんなにきれいなところでもないし。かといって、 [続きを読む]
  • 無題
  • 猫のやつ、結構水を飲むようになったな。昔は、そうそう飲まなかったのに、今ではちょっと寄ってきてぺちゃぺちゃ水をなめている。ちょくちょく水を飲むというのは、腎臓が悪いんだと聞いた。別に夏だから喉が渇くというわけではないのかも。もう、そんなに若くないんだから、それはあるかも知れないな。猫は、腎臓が悪くなりやすい生き物らしいですね。 [続きを読む]
  • 突然の心変わり
  • ふと、テーブルに着き、椅子に座ると猫のやつがテーブルに飛び乗って近づいてくる。頭を擦り付けようとするので手でなでてやると、グルグル喜んでいる。そのままテーブルに座り込んで、撫でてもらいながらグルグル。ご機嫌だ。繰り返し、繰り返し撫でてやる。気持ちがいいのかな。と、突然ガブっ!!かみつかれた。猫はフーッとちょっと怒っている。おいおい、さっきまでご機嫌だったじゃないか。気が変わるのがあまりに突然で、 [続きを読む]
  • 猫と遊んでいるのだろうか
  • ちょっと猫のやつを部屋の中で見かけたので、撫でてみる。部屋をてくてく歩いているので、胴体の両側とか、手で挟むように撫でてやる。ちょっとドキッとしているような、ぞわぞわと嬉しそうなような、良く分からない反応をしている。また撫でて、更にまた撫でて、すると猫は嫌がり始めたのか、逃げる感じで歩き出す。待て待て待て。軽く歩いて追いかける。追いかけると、余計に逃げていく。ちょっと暇つぶしに遊んでみた。 [続きを読む]
  • ほとんど溶けてる
  • 最近あまりにも暑いので、冷房が効いてるとはいえ、猫のやつはいろいろなところで、伸び切った形に寝転んでいる。普段からリラックスしてはいるんだけど、この季節は特に締まりがないね。テーブルの上なんか、ひんやりするのか好んで寝転んでいるけど、片足が伸び切っちゃって、テーブルからはみ出してる。滑って落ちそうな位置にいる。でも、猫はどうも暑さには強い感じがする。暑いにも関わらず、家の中の、比較的暑いところで [続きを読む]
  • 蒸し暑いときの1コマ
  • 暑いからテーブルにぺったりと伸びているよ。猫のやつ、そこは俺の席なんだけど。しょうがないから、今は空いている他の席で食事にする。食べ終わって、スマホでもいじっているかな、と、テーブルの上にスマホを置くと、やつのしっぽがスマホを押さえるように先端だけスマホの上に乗せてくるなんだか、分かっているかのようにうまく合わせてくるじゃないか。しかし、寝転がっているのを覗き込んでやるのは嫌がる。さっと体勢を立 [続きを読む]
  • イチナナというものが分かりました
  • 17Liveといアプリがあるんですね。そんなの、ニュースにでもならないと、分からないんですね。今の自分には。報酬が直接やり取りされるというのが、特徴ですね。作品の投稿側の人はそれを励みに頑張れるわけですね。また、出演する人の「ライバー」という呼び方がまたかっこいいですね。自分にとって、面白そうだな、というものはまだなさそうですが、そういう一般的になる前の方が、中は熱いんでしょうね。 [続きを読む]
  • そんなに急いで??
  • 猫のやつがすごい勢いで階段を駆け下りてくる。自分はテーブルに近づいて歩いていく。そこへ猫がテーブルに飛び乗ろうという方向に飛んできて、ぶつかってしまった。毛むくじゃらの柔らかい物体が、暑いので露出していた自分の太ももあたりにぶつかった。猫のやつは、思ったコースを逸れ、しかし、その方向には丁度椅子があり、そこへ足をついて、更にテーブルに向けジャンプ!!ぶつかりつつもちゃんとテーブルに飛び乗った。俺 [続きを読む]
  • うるさいくらいに
  • なんだか猫のやつ、ずいぶんと顔を擦り付けてきます。これは、愛情の表現、と聞いたことがありますが、汚れを落としているようにまで見えます。あるいは、この湿度で、かゆいところがあるのかも知れません。ご飯をくれ、というわけじゃないんですが、とにかくごしごしと、頭を擦り付けてくるんです。しかし、こちらから撫でてやろうとすると、少しだったらいいんですが、そのうち抵抗して、引っかいたりかみついたりします。難しい [続きを読む]
  • 放牧
  • たまには猫のやつも外に出してやらないとな。いつも外の景色に気が付くと外に出たがっている。サッシなんか、必死に開けようと努力している。全く諦めたり、慣れることが無いみたいだ。ちょっとした隙に外に出られちゃうことがあるからね。でも、わざと出してやるときは、そうは動きまわらない。庭に生えている草花の匂いを忙しそうに確かめる。そして、好物?の笹のような葉っぱをかじってみる。でも、ほんのちょっとの時間だけ。 [続きを読む]
  • そういえば〇〇猫というのもあったね
  • こんなに湿気があっても、喉は乾くみたいで、猫のやつ、水飲み場じゃないところで、水を探している。どうして用意した水はあまり飲まないんだか、流しやふろ場のちょっと水が残っているのをなめるのが好きみたいだ。風呂から上がったところ、足元をなめに来たりする。 [続きを読む]
  • どこに隠れているんだ
  • 猫のやつ、姿が見えないな、という時がある。いつの間にか外に出ていたなんてこと、あったな。そんなんで外で事故にでもあったら困る。でも、明らかに外に出ていないときもある。押し入れの中とか、見えない所にいるわけで、今、どんなところに隠れているんだか・・・いや、本人にとっては、別に隠れているつもりはないのだろうと思うけど。腹が減れば、またいつも通り姿を現す。 [続きを読む]
  • 暑いとき、寒いとき
  • ここのところ暑くなったり寒くなったり、気温の変化が激しい。猫のやつ、寒いときはくっついてきて、夜寝てるときなんか、足元にいたり、なんなら冬だったら布団に入れてくれ、と来てみたりするのに、暑いときは、ごはんとか用のあるとき以外近寄らない。お気に入りの場所でダラダラ伸びている。みんな同じだけどね。寒いときはキュッと小さくまとまって、暑いとだらっと溶けている。 [続きを読む]
  • 歯磨きどうする
  • 猫のやつは歯を磨かないからな。虫歯にはならないのかな。よくそれで大丈夫だよな。エサは、いつものカリカリをたっぷり食べているし。そのままウトウトしているし。しかし、時々見せる鋭い歯はなんともなっていないようだ。何かを求めて、俺をガブっとかむときはその鋭さを何とかしてくれという感じだ。猫なりに、何かで歯をきれいにしているのかも知れない。 [続きを読む]
  • 変なものを持ってこないで
  • うちの猫も、普通の猫と同じで、外に出ることはうれしいみたいですけど、寄生虫やノミの危険はないのか心配になります。外にいれば、いつの間にかそういった危険に接触してくるわけで、しかも具合が悪くなってからじゃないと分からなかったりします。猫のやつ、外に出れば、笹みたいなとんがった葉っぱを好んでかじるのですが、そこには、ほかの野良猫が通った跡や、鳥からの何かといったものがあるかも知れないし、あまりそう考 [続きを読む]
  • ほかの猫が来ている
  • 外にほかの猫が来ている。鳴き声を上げた。うちの猫は、しっかりと聞き耳を立て、そちらを、音だけでも凄い注意力で見ている。君の目玉は、なんてガラス玉のように透明なんだろう。自分と同じ仲間がいる、ということが分かるのかね。今の状態で外に出してやったとしても、あまり仲良くはなれないんだろうけどね。どういうわけか、君はうちの中で飼われることになり、あの猫は、外で暮らすことになったんだね。どうやら外の猫は、ど [続きを読む]
  • サービス
  • 猫のやつ、ぐいぐいと頭を押し付けてくるのは、相手を気に入っているがら、ということらしい。エサをねだっているときは、頭で押した後さらにかみつく。かみつくのも、軽く短くかみつく。やつにとっては軽くかみついているつもりだろうけど、痛いんだよ、歯がとがっているから、皮膚に刺さるんだよ。爪でちょっと引っかかれたときも、痛くて後からかゆくなるんだよ。ちょっと寝転んで膝を立てていると、その膝の下を、わざわざくぐ [続きを読む]
  • ホンダジェットの購入先は
  • 雨の日には、外に出たくないらしい。サッシの近くで、サッシが開きそうな気配がすると、猫のやつ、寄ってきて様子を窺っているけど、いざ開いて外に出れる状態になっても、むむ、出れない、という感じで動かない。こちらもそれを承知なので、猫を気にすることなく、開けられるんだよね。諦めて、棚の上の高いところにいってふて寝を始めるらしい。しょうがないね。今日はね。そういえば、猫は雨の降る前に顔を洗う動作をするんじゃ [続きを読む]
  • 抜け毛攻撃
  • 猫のやつ、抜け毛は落ち着いたかな。まだだな。まだ部屋に毛の塊が付いてたり、フワーっと漂ってたりするもの。こうなったら、脱毛グローブ攻撃をするしかない。猫が寄ってきたところで、ゴムのような素材の手袋で、スーッと撫でてやる。余計な毛がどんどんとれる。これで結構よく取れる。売りたくなるくらいとれる。それでもだめなら風呂場でゴシゴシ攻撃だ。お湯に濡れた猫は、なんだか小さくなって、別な生物かと思うくらいだ。 [続きを読む]
  • 一心に待っている
  • 猫のやつ、外に出られないかとサッシのそばでずっと待機している。ちょっと洗濯ものなんか出そうと開けようものなら、隙を見て出られてしまうから気を付けないと。まあ、それなら、少しくらいは外に出してやるよ。庭に出してみると、いつもの笹みたいな雑草の葉っぱを食べている。おいしいのか知らないけど、これが好き。また、ちょっとした獲物を見つけて遊んでみたりする。そして猫のやつを早々に回収してしまうけど。出たく [続きを読む]
  • あなた、毛が付いてますね
  • ちょっと人と話しているときに、「もしかして何か動物を飼ってるんじゃないですか」と言われた。その通りなので、驚いてどうしてわかるのか尋ねたら、服に明らかに人のものではなく、動物の毛が付いているので分かったという。そんなところから見破られるのか。その人も、当然自分でケダモノを飼っているので、分かるということなのだろう。こんなところから、浮気なんかもバレたりするんだろうね。とか、変なことを思いました [続きを読む]
  • 秘密?の隠れ家ですか
  • 猫のやつは、うちの押し入れに入って隠れていることがある。いや、隠れているつもりはないかも。そんなところで休んでたりする。押し入れを物置状態にしてあるので、それらのものの陰に、うまく隠れることが出来るようだ。しかし、ものが積み重なっているところでうっかり足を踏み外して、ガタッ!!とか、ドスッ!!とかえらく踏み外してる音がする。そんなの猫じゃないよ。野生からは、遠く離れているね。 [続きを読む]
  • いつも通り
  • 猫のやつ、今日も暑いのでテーブルの上に、のびのびと伸びています。テーブルにぴったりと体を付けておくのが涼しいわけですね。耳も赤くなっているので、暑いし、また健康なんだな、と思います。抜け毛が多くて、猫がいた場所の周りには、毛の塊が落ちているほどです。これが、何げない普通の1日なわけですね。抜け毛はほんとに困るな。今のところ、大きな塊は手で取って捨てられるけど、後は掃除機でも掛けるしかない。 [続きを読む]