tsumami さん プロフィール

  •  
tsumamiさん: まったりと旅したい
ハンドル名tsumami さん
ブログタイトルまったりと旅したい
ブログURLhttp://viajerojapones.blogspot.com/
サイト紹介文日本国内は全都道府県踏破、海外は63ヶ国訪問した旅人が国内、海外の旅行記や旅の情報を掲載しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 121日(平均6.2回/週) - 参加 2018/05/31 22:40

tsumami さんのブログ記事

  • 私の通過した中米陸路国境まとめ
  • 私が中米旅行した際に通過した陸路国境の情報をまとめてみた。この情報は2018年4月ないし5月時点の情報です。状況によって変更になる可能性があるため各国大使館など他の情報も併せて参照して下さい!入国時の書類を記載するためイミグレに並ぶ際は滞在先として記載できるように宿泊の有無に関わらず、ガイドブックやインターネットでホテル情報は準備しておいた方がベターです![メキシコ(チェトマル)-ベリーズ(コロサル)]メキシ [続きを読む]
  • ロサンゼルスの空港から帰国の途へ(2018年5月8日/9日)
  • 寒さで何度か目覚める。ロスの空港の床で野宿しているのだが床の冷たさが体に伝わってくる。底冷えするとは、この時期のロスの夜はかなり涼しいのだな。一泊した休憩スペース。私は奥の壁沿いの床で寝ていた一時間ごとに目を覚まし体勢を変えてまた寝るを繰り返し、五時半から動き始める。私の体質として固い床で寝ても体が痛くならないのは助かる。ただ、普通に床で寝ると足首が痛くなるので足だけリュックの上に乗せて痛くならな [続きを読む]
  • パナマを発ちアトランタ経由でロサンゼルスへ(2018年5月7日)
  • 早起きを意識しているからだろうか眠りが浅く何度か目覚める。四時二〇分に目覚ましが鳴り身支度を始める。ちょうどこの時間にチェックインしてきた人が二人。私の上段のベッドを二人で使うようだ。昨夜話していた通り受付に人がいた。キッチンには既にパンケーキの種が置かれていた。作っている時間は無いのでスルーしたが。余っていたゆで卵二つを食べて宿を出発したのは五時少し前だった。早朝五時頃のバス停まだ夜明け前。バス [続きを読む]
  • カスコビエホ、パナマビエホ訪問(2018年5月6日)
  • 今朝もゆっくりと起きてパンケーキを食ってからお出かけ。今夜は宿を変えようと思っていたが他の安宿から空港へ行くのと今泊まっている宿から行くのを比較したがほぼ時間が変わらないので面倒だからこのままでいいやと延泊することに。午前中は旧市街のカスコビエホまで三キロほどの道のりをセントラル大通りに沿って歩いて向かう。この道の左右には汚い商店が並んでいる。新市街には高層ビルが建ち並んでいるがこの辺りは高いビル [続きを読む]
  • パナマシティからポルトベロへ日帰り訪問(2018年5月5日)
  • 宿はパンケーキの朝食付とあったのだが、粉をといたものがボールに入っていて食べたきゃ自分で焼かなきゃいけないらしい。セルフサービスの朝食は良くあるがこりゃ斬新だな。あるのは粉に油にフライパンとガス台のみ。パンケーキにかけるものなどない。コーヒーや紅茶はあるのでそれと一緒に。大きいのを作ったら以外と腹が膨れてびっくり。金無いときはパンケーキって意外と良いのかも。立っているのがバス車内で口上を述べた後に [続きを読む]
  • パナマシティに到着しパナマ運河へ(2018年5月4日)
  • 日付が変わりバスは夜道を走り続ける。一時過ぎに隣に座っていたおっさんが下車し快適に。エアコンの猛威は弱まることを知らず、発車時の車内温度は一六度だったが気付けば一二度。どんどん寒さが強くなってくる。寝ては目を覚ましてを繰り返し、三時半にパナマシティのバスターミナルへ到着した。パナマシティのバスターミナルの待合室で夜明けを待つ外はまだ暗いのでエアコンの効いた待合室で時間を潰す。バスターミナルは二階建 [続きを読む]
  • コソヴォの中世建造物群(コソボ)
  • 首都のプリシュティーナ近郊にあるグラチャニツァ修道院夜のデチャニ修道院グラチャニツァ修道院の入口には物騒な注意書きがあるペーチ総主教修道院プリズレンにある襲撃されたリェビシャ教会世界遺産概要コソヴォに点在する四か所のセルビア正教の四つの修道院や教会。それぞれデチャニ修道院、ペーチ総主教修道院、リェビシャ教会、グラチャニツァ修道院の四か所で構成されている。訪問:2017年12月登録区分: 文化遺産 / 2004、2 [続きを読む]
  • マヌエルアントニオ国立公園へ(2018年5月2日)
  • 泊まっているドミトリではファンが回っていたけれど暑い。ファンに近いベッドなら良いけど遠いと地獄やな。六時半過ぎに動き始めて出発は七時過ぎ。他の宿泊客がまだ共有スペースにおらず静かだった。ケポスの町には朝はほとんどツーリストがいない。みんな朝はだらだらしているのだろう。バスでマヌエルアントニオまで移動。朝のマヌエルアントニオ公園入口公園の入口にはテレスコープを付けた三脚が何台か並んで立てられ、ガイド [続きを読む]
  • 今年12月からANAの羽田空港国内線搭乗時の保安検査が20分前で締め切りに
  • 羽田空港(国内線)保安検査場締切時刻の変更についてhttps://www.ana.co.jp/group/pr/201808/20180821.html (外部サイト)今年の12月1日搭乗分から保安検査がニ〇分前で締め切られるようになるそうだ。(現在は15分。JALの第一ビルは変わらないのか、まだアナウンスはない)一五分前までであれば、東京モノレールの浜松町駅から空港快速に乗れば飛行機の時間の四四分前に乗れば間に合ったのだが締め切りがニ〇分前に変更になったら一 [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGINを旅人が読んで
  • 魔が差して機動戦士ガンダム THE ORIGIN全ニ四巻を一気に読んだ。私はガンダムシリーズをアニメでは見たことがあったが内容はほとんど覚えておらず、劇中のセリフを日常生活で使うマニアな人には知識は遠く及ばない。面白いなと思ったのが物語の序盤、ジオン軍が地球で勢力を維持していた際にジャブローとオデッサが物語の舞台になっていること。中立都市として描かれていたクスコジャブローは架空の要塞なので実在はしないが場所 [続きを読む]
  • サンタロサ国立公園へ立ち寄った後にサンホセへ(2018年4月30日)
  • 七時過ぎに起きてだらだらと支度して八時半過ぎに出発する。今日はニカラグアの国境へ向かう途中にあるサンタロサ国立公園へ。ネットで調べたが面積は広く海岸まで広がっているようだ。海岸にはウミガメが産卵に来るらしい。ただし海に行くにはガイドと一緒でないと駄目なようでリベリアから日帰りで行くには遠すぎるようだ。地図でいくつか展望台があるのを見つけたのでそこへ向かうことにする。サンタロサ国立公園入口リベリアか [続きを読む]
  • グラナダからコスタリカのリベリアへ(2018年4月29日)
  • トランペットや太鼓の大音量での演奏が始まり起こされる。なんじゃと思い時計を見たらちょうど日付が変わってすぐ。勘弁してよと思ったが三曲ほど演奏してようやく静かになった。翌朝、宿の従業員が隣に住む彼女の誕生日のために彼がバンドを連れてきたと話していた。こっちは音に対してホント寛容だあね。日本でやったら大顰蹙だろう。宿泊した屋根裏にあるドミトリリバス行きのバスは九時二〇分。少し余裕を見て出発し中央公園と [続きを読む]
  • スタリ・ラスとソポチャニ(セルビア)
  • ソポチャニ修道院入口にもフレスコ画が残るスタリ・ラスには石造りの壁が残されているソポチャニ修道院の外観。内部にフレスコ画が描かれているがそちらは撮影禁止スラリ・ラスの石組の遺跡世界遺産概要セルビア南部ノヴィ・パザルの近郊にある。スタリ・ラスは山の上にある遺跡でセルビア王国の首都だった。ソポチャニ修道院は一三世紀に建てられたセルビア正教の修道院。教会内にはフレスコ画が描かれている。訪問:2017年12月登 [続きを読む]
  • レオンからグラナダへ(2018年4月28日)
  • 今日は移動日。朝食の前に散策しようと七時過ぎに動き始める。顔を洗ってベッドに戻ろうとした時に隣のベッドの下段に白人の男と現地人の女が寝ているのに気付いた。狭いベッドでよく二人で寝られるな。エルカルバリオ教会内部まだ朝七時代だというのに日差しが強く暑い。歩行者も車通りも日中と変わらない。教会を幾つか回る。神父がミサをしている所、有志のおばちゃんなのか前でマイクを使って話をし、周りのおばちゃんたちが続 [続きを読む]
  • レオンビエホとレオン市内の教会巡り(2018年4月27日)
  • 七時過ぎに動き始める。同室の男は昨夜一度だけ見かけたが帰ってこなかったようだ。写真整理や朝食を食べて市内散策に出たのは九時過ぎ。宿代の支払いのため現地通貨コルドバを入手せねば。レオン市内では場所が走っていたレオンでは中央公園から北東に数ブロック離れた場所に銀行が集まっている。銀行にはATMがあり現金を引き出せる。ATMによってはVISAしか使えないものがある。また、手数料が一.五ドルから五ドル程度とATMによっ [続きを読む]
  • チキムラからサンサルバドルへ(2018年4月25日)
  • 五時四〇分少し前に目覚める。カーテン越しに既に夜が明けていることがわかる。水シャワーをさっと浴びて身支度。三〇分で支度が終わり出発。一階のレストランは無人だったが鍵とテレビのコントローラをカウンターに置いて出発した。朝の路上市場市場の露天は既に準備が終わっているもの、絶賛準備中のものがあり、開店準備のために荷車に野菜を載せて歩くもの、マネキンを何体も担いで歩くものなどの他に買い物客もいてなかなかの [続きを読む]
  • チキムラからコパン遺跡を日帰りで訪問 (2018年4月24日)
  • 六時半から身支度を始め、宿を七時半に出発。途中、市場でサンドイッチを買って国境行きと言うワンボックスの乗合タクシーに乗車。言い値が三五でおかしいなと思うも結局三〇の支払い。走りつつ乗客を詰め込んでいきチキムラを出たときには満車になっていた。チキムラは既に露店が営業していた今日は昨日たどり着けなかったコパン遺跡へ向かう。その後、チキムラに戻ってくるかコパンルイナスで泊まるかは考え中。なので荷物は一式 [続きを読む]
  • フローレスからキリグアを経由しチキムラへ(2018年4月23日)
  • 深夜一時に音楽が止まったがあまり熟睡できず。同室の女性は一人を残して四時半頃ティカルの朝日を見るツアーに参加すると出発していった。寝ると寝過ごしそうなので予定より早いが荷物をまとめて出発することに。今日はキリグア経由でホンジュラスのコパンルイナスへ向かう。ただし、移動に時間がかかるようなら途中のチキムラまでになるかな。フローレス島の橋のたもとにバスが停車し、旅行者が群れていた四時五〇分に出発。まだ [続きを読む]
  • キーカーカーからフローレスへ(2018年4月22日)
  • 早く寝たせいで四時位に目が覚める。外は真っ暗。写真のパソコンへの保存や小遣い帳をつけ、今夜の宿を予約。今日はベリーズシティに戻ってグアテマラのフローレスへ向かう。フローレスは五年ぶりだ。朝早くから開店していたスーパーマーケット六時半頃に散策へ。日が差すと、日焼けした顔が痛い。朝早いせいか歩いているのはほぼ地元民で観光客はほとんどいない。何軒かスーパーは開いていたがレストランやツアー会社は閉まってい [続きを読む]
  • 日本よりメキシコのカンクンへ。長い一日(2018年4月20日)
  • 今回は中米を縦断する。幾つか行きたいところはあったのだが旅の期間が二週間強だったので強行軍にはなるが中米縦断が丁度良いと思ったのだ。昔、青年海外協力隊に参加したときにスペイン語圏だったので中米諸国の国名を見るとその当時の仲間を思い出す。全く連絡を取れていないが皆元気かな。一五時三五分羽田発のデルタ航空六便でロサンゼルスへ向かう。二時間前に空港に到着したら出発が遅れるとのこと。メールで連絡くれればい [続きを読む]
  • 中米縦断の旅 - 旅程
  • 2018年のゴールデンウィークを絡めた二〇日間でメキシコからパナマまで旅した。日本往復の移動を除いて実質動けたのは一七日間。現地ではあまりゆっくりできず、いつもながらの移動の旅だった。ざっくりした旅程は以下の通り。カンクン(メキシコ)→ベリーズシティ(ベリーズ)→キーカーカー→フローレス(グアテマラ)→キリグア→チキムラ→コパンルイナス(ホンジュラス)→チキムラ→サンサルバドル(エルサルバドル)→レオン(ニカラ [続きを読む]