karen910526 さん プロフィール

  •  
karen910526さん: アスペルガー摂食障害ガールの日記
ハンドル名karen910526 さん
ブログタイトルアスペルガー摂食障害ガールの日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/karen910526/
サイト紹介文摂食障害(拒食→過食嘔吐)でアスペルガー症候群の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 23日(平均7.9回/週) - 参加 2018/06/01 14:52

karen910526 さんのブログ記事

  • 仕事と入院の我慢は過食嘔吐が癒してくれる
  • 先日の日曜は、念願の初競馬馬の筋肉質な脚とツヤツヤな毛並がかっこよかったのと、変数の多い中で結果を予想して最適な賭け方で馬券を買う行為が楽しかったですハマりそうさて、昨日の病院では、もうひとつ発見がありました診察で、入院のどこが辛かったのか聞かれました私の答えは、・決められたタイムスケジュールで生活すること・血圧測定などでやりたいことを妨害されることつまり、自分のペースを崩されるのがダメなんです [続きを読む]
  • カウンセリングで自分の価値を考えてみた
  • 昨日はほとんど1日寝ていましたひたすら眠い毎日そういえば、月曜に行ったサントリー美術館の展示がよかったのでまた行きたいですさて、今日は病院で診察とカウンセリング最近なかなかうまく進んでいなかったカウンセリングで少し進展がありましたどんな人と働きやすいかという話から、価値観を共有しているとかストライクゾーンが広いとか丁寧に説明してくれるとかを挙げ、そうでないと何が正解なのかわからなくて不安と話しまし [続きを読む]
  • 私が拒食や過食嘔吐を始めた理由
  • 昨日は日比谷から銀座、六本木とギャラリー(と劇場)巡りをしていました人生で1番楽しかった大学時代は、暇ができればガツガツ美術館やギャラリー巡りをしたり、海外旅行(で美術館やギャラリー巡りを)したりしていたので、懐かしくなりましたこのパワーが私らしいというか、楽しくて自然体で調子がよい感じがしますお薬のおかげか、少しずつこういう日ができてうれしいです夜は久々に過食嘔吐11時間ほどで終わったのでマシでし [続きを読む]
  • 過食嘔吐4日のちの絶食2日め
  • 間が空いてしまいましたこの1週間は4日ほど続けて過食嘔吐をして、連続過食嘔吐時間24時間以上に突入し、疲れきっていました体重も一気に44kg超えさすがにここまで食べ続けるとメンタル面も不調で、親の家に逃げてきましたそして現在固形物を食べずに50時間以上が経過最近は吐くのも面倒になってきており、非嘔吐過食になるのではと恐怖一方で、少しずつ過食嘔吐をしている自分を客観的に分析する視点も持ててきているようで、や [続きを読む]
  • ベッドから冷蔵庫直行を防げたお話
  • 上野の東京都美術館に行ってきましたプーシキン美術館、ロシアの美術館なのにフランス絵画の歴史が追える…政治性を感じざるを得ません昨日は病院に行くのが怖くて心臓ドキドキ過ぎて過食しそうになったと書きましたが、結局夜まで過食せずに済みました前ならベッドから起き上がってそのまま台所へ行き冷蔵庫を漁り始めていただろうに…我ながら、よくやった!と思いますとはいえ、夜は過食してるんですけどね衝動がおさまった理 [続きを読む]
  • 時間通りの行動をしようとすると心臓が爆発する
  • 昨日は御茶ノ水でかわいい大学時代のお友だちとコーヒーエルサルバドルを頼んでみました酸味が強く、ちょっと苦いあんまりお好きな味ではありませんでした…本当は、今日はいつもと違う病院に行く予定でした摂食障害を専門にするお医者さんの開いたクリニックです17:50から予約をして、朝まで過食していたので間に合うように起きて…と考えていたのですが、起きるくらいになって病院のことを考え始めたら心臓がバクバクそう、私は [続きを読む]
  • 24時間近く寝ている
  • 最近眠りすぎてます昨日は朝9時ごろに過食を終え、その後すぐに寝て、起きたら23:30まだまだ眠くてそのまま眠ってしまい、結局目覚めたのは今朝の7時ほぼ22時間寝続けたことになりますなんとか7時に目覚めてからグダグダベッドの上でメールチェックしたりゲームしたりして、8時ごろから活動開始朝起きれるのはよいことなのですが、昨日1日潰してるからね…なんとなく、夜通し過食の後に眠り、朝起きるリズムに戻してる気がします [続きを読む]
  • カミングアウトと泣けるメッセージ
  • そういえば、一昨日の土曜はアート三昧でした特に銀座エルメス8階のギャラリーでやっているミルチャ・カントル展がよかったですさて、昨日から雨雨は苦手なので、昨日は親の家からまっすぐ自宅に帰り、14時過ぎから過食開始今も食べ続けています今回の過食の原因は、絶食によって飢餓状態になっていたことと、「なんとなく」食い「なんとなく」食いとは、時間の空白を、あるいは心の空虚感を埋めるための過食のことを勝手に名付け [続きを読む]
  • 絶食できるようになったのはよいことなのか
  • 昨日は銀座と日比谷をぶらぶらお中元ブレンドというコーヒーを飲んだのですが、焼き芋のような香ばしさと甘さがあり、酸味は控えめで、飲みやすく風味もあるよいお味でした最近自分の好きな味がわかってきて楽しい一昨日15時くらいまで食べて、その後一口も固形物を食べていません以前であれば考えられなかったことどうしようもない怖さや焦りを感じて、真夜中でも食べ始めてしまっていた以前と比べると、食べずにいられるという [続きを読む]
  • 親の家では、透明人間だけど
  • 昨日は国立新美術館のルーヴル美術館展に障害者手帳を持っているので、無料で入れました福祉、すばらしいさて、今日は親の家に泊まっています実家暮らしだったときも、今も、家族というよりも「同居人」高校生くらいのときから親の作る食事はほとんど食べずに自分で作っていたような記憶があるし、別の部屋で食事をとってきたし、ほとんど話さないしいつからか私が想定する「家族生活」というものができなくなりましたでも、心の [続きを読む]
  • 薬とカウンセリングと焙煎珈琲
  • 昨日は病院に行って、臨床心理士さんとカウンセリング+お医者さんの診察を受けてきましたなぜかイライラしながらのカウンセリング認知行動療法の一環として受けているのですが、遅々として進まず、そもそもどこから手をつけていけばいいのか、どこに歪みがあるのかわからず、雑談会のようになってしまっています話したのは、最近過食嘔吐がひどいこと、気力がないこと、寝てばかりいること、体重が増えたこと、私の病気に対する母 [続きを読む]
  • 体重が増えたことと、餃子
  • 最近、体重が増えて安定してしまいました入院したときから計算すれば+8kgの41.6kgBMIで16以上なので、だいぶ太った感じがします身体つきも、二の腕に肉が感じられたり、太ももとお尻の境目や太もも前面に余分な肉がありますそして1番変化が出るのはお腹明らかにくびれがなくなりましたショックは受けますが、どちらかといえば「昔に戻ったな」とか、「かといって絶食過剰運動みたいな無理はやる気力がない」という気分です発達障 [続きを読む]
  • 感情?それなに?
  • 一昨日から昨日にかけて、恒例となりつつあるほぼ1日過食をキメて、親の家に避難しにきました人の目があると過食しないし、他人の雑音があるとドツボにハマらないということがわかってきましたひとりになると過食してしまうのはなぜなのか考えると、やはりそれは逃げてきたことと向き合わなくてはならなくなるからなのではないかと思いますそして、ひとりでも何かやることがあると少しマシになるのは、過集中の特性と、対象に意識 [続きを読む]
  • 自分の弱さをすべて忘れさせてくれる
  • 今日は無料開放デーだった新宿御苑に行きましたいい天気昨日から、私はどんなときに過食がひどくなりがちかなぁと考えていました食べずに2日間過ごしたあと、どうしようもなく過食したくなったのは休職後退職になるだろうとわかったとき朝起きて、1日予定がなく、やりたいことをやる気も起きず、時間だけがぽっかり空いてしまったとき復職して、1日の勤務時間が延びて休息が足りなくなってきたとき胃が痛くて、辛いとき共通点はあ [続きを読む]
  • ずっと逃げ続けていた自分の感情というものについて
  • 今日は渋谷の茶亭羽當でおいしいコーヒーをいただいてきました茶亭羽當オールドコーヒー楡の発酵してうまみを増したような香りに驚きましたドミニカ・バラオナもシンプルで飲みやすかったですおすすめの喫茶店一昨日から昨日にかけての24時間近くの過食嘔吐中にこんなブログを見つけて、すっかり読み込んでしまいました三田こころの健康クリニック新宿わかる〜!の連続今まで、過食は生活の一部というか、何も考えずにするもので [続きを読む]
  • 24時間食べ続けるところだった…記録更新
  • 昨日の17時から食べ始めたのがいけなかったのか、その時間から食べ始めたからむしろよかったのか結局17時から翌日=今日の16時まで食べ続けていました最初はいつものように、もやしや卵、納豆そしてご飯、鯖缶、甘栗…と食べて、スーパーでお弁当やお惣菜を買い込んで食べて、コンビニに駆け込んで丼ものやスパゲッティを買って食べて、また別のコンビニに行って丼ものやスパゲッティを買って食べて、気づいたら朝でスーパーが開 [続きを読む]
  • 24時間食べ続けるところだった
  • 一昨日は梟書茶房から帰って、頭痛がひどく胃腸も空回りしてしまっている感じで、ぐったりしていました結局19時台にベッドに入ってゴロゴロぐだぐだしてそのまま就寝翌朝8時ごろに起きましたさて、前日はコーヒーと水しか飲んでいなかったので、過食してもいいよね…という悪魔の声お腹は空いていなかったのですが結局、9時ごろから食べ始め、夜中の4時ごろまで食べては吐いてを繰り返していました食べながら、虚しくなるんですよ [続きを読む]
  • 新たな病院へ、いざ…のつもりが
  • 昨日は大学時代の仲よし(と少なくとも私は思っている)と池袋の梟書茶房へ梟書茶房デプロメールの副作用か、連日気持ちが悪くてうまく眠れなくてぐったりしていましたが、久々に会ってお茶しながら、大学時代のような、もう大人になってしまったような、そんな話をして楽しみました心配もかけてしまっており、申し訳ない最後は「とりあえず休め」と励まし(?)のことばもいただきましたさて、話は変わって紹介状を書いてもらっ [続きを読む]
  • 新たな病院へ、いざ
  • 今日から休職朝の6時まで過食嘔吐して、寝て、15時ごろ起床そのあと頭がフワフワしていたのでグダグダしながら病院へ行きました病院では、紹介状を書いてもらいました今の病院では診療とカウンセリングを受けており、どちらの担当の先生も相性がよく、私にしては珍しく同じ病院にずっと通い続けているので、病院を変えたいわけではありませんでも、摂食障害の専門的な治療ができるわけではなく、仕事を再開してから摂食障害がひど [続きを読む]
  • 目標体重と目標の女性はバブリーに
  • 最近のハマりごとは、キャバ嬢モデル社長の愛沢えみりさんのブログとInstagramブログInstagram※写真はブログからお借りしました惹かれたきっかけはシャンパンタワー笑バブリーでテンションが上がる元気が出なくてぐったり寝っ転がってるときに見ると、少し元気が出て生きられる気がしてきます彼女のよいところは、あざとく強く目標を持って生きていること仕事に関する発言はポジティブで情熱的で読んでいる方も気持ちよくなりま [続きを読む]
  • この歳まで生きてると思わなかった
  • お誕生日おめでとうございます、自分27歳ですこの歳まで生きる予定ありませんでしたなぜなら、摂食障害の致死率はけっこう高いさらにアスペルガー持ちなので、摂食障害単体よりも致死率は高いと考えられますそういえば、人生の半分以上は摂食障害と一緒に生きてるんですね昨日のブログにも書きましたが、母親には「あんたなんか産まなければよかった」と言われたことがあります素直に、「生きてるのがこんなに辛いなら、産まなく [続きを読む]
  • 再度の休職と否定しかしない母からの承認を求めて
  • 今日会社の人事と話し、来週月曜から再度の休職に入ることになりました2ヶ月間復帰後週5フルタイム8時間に戻れなければ、退職です正直、無理だと思っています諸々の片付けを終え、今日は早めに帰ろうと思い、せっかくならどこか遊びに行こうかと母に電話してみました母は毎日六本木でお散歩してるので、合流しようかとそんな軽い気持ちで電話して、軽い気持ちで休職のことを話したら、母は大激怒「ギリギリまで粘って休職は待った [続きを読む]
  • 承認欲求の塊のような自分
  • 今日は病院に行ってきました診察とカウンセリングです父が最近心配してくれており、病院についてきて一緒に診察室に仕事のこと、今後の治療のことで気になることがあったようですカウンセリングでは、以前の知能検査の結果について改めてフィードバックがありました私は全体的にIQでいうと120くらいあるのですが、処理速度のみ100をきるくらい頭の処理スピードに手がついていかなくて、それがストレスになることが多いとのことで [続きを読む]
  • 過食したいのかただお腹が空いてるのかわからない
  • 今、とても何かが食べたいですというのも、固形物を食べずに3日めになりましたお腹が空いた感じがしたり、寒気がしたり、でも落ち着いていたり、そんな体調を繰り返していたのですが、動揺することがあってとにかく食べたい衝動に駆られています一方で、食べなくても大丈夫な気もしますとりあえず、ガムを噛んでいたら少し落ち着きましたもちろん、食べていないからお腹が空いているのかもしれませんこれは人間の普通の感覚でも、 [続きを読む]
  • 大量に詰め込むか、全く食べないかのどちらか
  • 昨日は過食はもちろん、固形物を食べずに水とコーヒーとゼロカロリーソーダで1日が終わりました過食しなくても生きていける自信意外と、食べないと決めれば過食衝動はなかったですというより、食べたら過食する、過食したら泣きながら虚しい時間を過ごすことになるという恐怖を思い出すと、食べる気が失せます今日もまだ水とコーヒーだけの生活お腹は空いている感じがしますうっかり過食したくなる…でも、ファスティングなどで2 [続きを読む]