ゴルフ侍 さん プロフィール

  •  
ゴルフ侍さん: 拙者のゴルフ
ハンドル名ゴルフ侍 さん
ブログタイトル拙者のゴルフ
ブログURLhttps://www.golf-samurai.com
サイト紹介文ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう
自由文今時に申せば、空前絶後の、超絶怒涛のゴルフ侍。ゴルフを愛し、ゴルフに愛された男。世間一般的には「シングル」という称号を頂いているが、自己満足することなく更なる高みを目指して、ゴルフの放浪の旅に出ておる。ゴルフの兵(つわもの)がいれば、是非お手合わせ願う。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 50日(平均12.6回/週) - 参加 2018/06/01 13:01

ゴルフ侍 さんのブログ記事

  • 【ゴルフ×AR】現実世界に●●●が登場する
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。ゴルフ剣技を極めた拙者が、「ゴルフ」に関する話題を取り上げ、独自の視点で考察する。近年、テクノロジーの進化は目覚しい。様々な分野での技術革新を見据えながら、将来のゴルフ界に起こるであろう出来事を予想する。今回は「ゴルフ×AR」をテーマに共に考えてみよう。ARとは「Augmented Reality(オーグメンテッドリアリティ)」のことで、日本語では「拡張現実感」などと訳されます。周囲を取 [続きを読む]
  • 【ゴルフ×IoT】●●●を自分好みにカスタマイズできる
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。ゴルフ剣技を極めた拙者が、「ゴルフ」に関する話題を取り上げ、独自の視点で考察する。近年、テクノロジーの進化は目覚しい。様々な分野での技術革新を見据えながら、将来のゴルフ界に起こるであろう出来事を予想する。今回は「ゴルフ×IoT」をテーマに共に考えてみよう。「IoT」とは「Internet of Things」の頭文字を取った単語です。日本語では一般的に「モノのインターネット」と呼ばれていま [続きを読む]
  • 【ゴルフ×自動運転】●●●が縦横無尽に飛び回る
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。ゴルフ剣技を極めた拙者が、「ゴルフ」に関する話題を取り上げ、独自の視点で考察する。近年、テクノロジーの進化は目覚しい。様々な分野での技術革新を見据えながら、将来のゴルフ界に起こるであろう出来事を予想する。今回は「ゴルフ×自動運転」をテーマに共に考えてみよう。自動運転とは「自動運転技術」は、ドライバーを必要とせず、車そのものが自律的に走行する、いわゆる「完全自動運転」の姿を [続きを読む]
  • 「マン振り」が全てのゴルファーを救う|究極の悩み解決法【50選】
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。ゴルフと剣技を極めた拙者が、ゴルファーの悩みを見事に断ち切って参ろう。はじめに拙者は「剣道9年・ゴルフ20年超」のゴルフ侍である。学生時代には「体育会系ゴルフ部」に所属し、今では己の「ゴルフ道」を探求する日々を送っておる。当時の拙者、身長168センチ・体重58キロの小柄な体型ゆえに、ドライバーは上限240ヤードで早々に諦め、ショートゲームで勝負するゴルファーであった。ゴルフが [続きを読む]
  • 「マン振り」が全てのゴルファーを救う|究極の悩み解決法【50選】
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。ゴルフと剣技を極めた拙者が、ゴルファーの悩みを見事に断ち切って参ろう。はじめに拙者は「剣道9年・ゴルフ20年超」のゴルフ侍である。学生時代には「体育会系ゴルフ部」に所属し、今では己の「ゴルフ道」を探求する日々を送っておる。当時の拙者、身長168センチ・体重58キロの小柄な体型ゆえに、ドライバーは上限240ヤードで早々に諦め、ショートゲームで勝負するゴルファーであった。ゴルフが [続きを読む]
  • 「男子プロのように打ちたい」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「男子プロのように打ちたい」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。近年、男子プロツアーの人気低迷が顕著である。至極残念。一方、女子プロツアーは「美人女子プロゴルファー」なる者が続々と登場し、ゴルフ界を賑わしている。確かに昔と比べると、華やかな印象の女子ゴルファーが増えている。レベルも上がってきており、女子アマ観戦をするのも決 [続きを読む]
  • 「才能がない」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「才能がない」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。「才能がない」人生のあらゆる場面で、壁にぶつかった際に思い浮かぶ言葉だ。他の人は上手くできるが、自分には上手くできない。そんな劣等感が心を支配し、やがてその分野から退くことになる。確かに早い段階で、得意な分野に移行したほうが良いことは多い。しかし、ゴルフについては早計であると [続きを読む]
  • 「力がない」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「力がない」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。ゴルフはスポーツである以上、「筋力」が必要となる。「力がない」ことに悩む諸君は、「女性」あるいは「痩せ型の男性」か。プロゴルファーや周りのアマチュアゴルファーを見て、「飛距離」に憧れているのだろう。力があれば、もっと飛ばせるのに力があれば、もっとスコアが良くなるのに力があれば、 [続きを読む]
  • 「ストレートを打ちたい」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「ストレートを打ちたい」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。「ストレート」を打てるようになれば、ゴルフは簡単。狙った方向に真っ直ぐ飛ばせれば、OBや池などのペナルティはあってないようなものだ。毎回ピン方向を狙ったゴルフで大幅なスコアアップが期待でき、真っ直ぐ飛んでいく球は綺麗で爽快だろう。「ストレート」はゴルファー憧れの球筋 [続きを読む]
  • 「競技ゴルフが苦手」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「競技ゴルフが苦手」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。なんと「競技ゴルフ」が苦手とな。どうやら下手物同士のコミュニティがお気に入りのようでござるな。戦いを好まぬように見えるが、そういう輩はただ負けるのが嫌なだけ。上手い人と回るのを拒否して、レベルの低い戦いでは一丁前に一喜一憂。上手くなれないのは、そういう心構えだと気付かぬ [続きを読む]
  • 「ゴルフが嫌い」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「ゴルフが嫌い」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。ゴルフは世界で一番楽しい。ゴルフがなくては生きてはいけない。そんな拙者にもゴルフが「嫌」になる時はある。体が壊れるほど練習しても上手くならないラウンド中、ショットが思い通りに行かない「絶対に負けられない戦い」で、負けるしかしそれは一時の感情、森羅万象、あらゆる事象に意味 [続きを読む]
  • 「球を操りたい」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「球を操りたい」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。ある程度、ゴルフが上達してくると球を操りたくなる。高い球、低い球、右に曲がる球、左に曲がる球、「自由自在」に操れれば、なんとゴルフが楽しいことか。しかし、100切りそこらの実力で「球を操りたい」などと申しているのであれば片腹痛い。実力レベルとしては、シングル以上に許された特 [続きを読む]
  • 「体が硬い」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「体が硬い」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。諸君は「体が硬い」のを「年齢」や「体質」のせいにしていないか?体が硬くなると、肩こりや腰痛などを引き起こす。「硬い体」自体は病気ではないが、あらゆる不調や病気をもたらす元凶である。その原因は様々なれど、「生活習慣」や「運動習慣」に拠るところが多い。「体を動かす」ことに縁がない [続きを読む]
  • 「体が大きい」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「体が大きい」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。「体が大きい」ことは、ゴルフをする上でメリットになることはあれど、デメリットなどあるのだろうか。体が小さい拙者には想像することしかできないが、その体に比するパワーを備えているがゆえ、「当たれば飛ぶが曲がる」という悩みを抱えているのだろう。そしてゴルフが少し分かってきたところで [続きを読む]
  • 「体が小さい」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「体が小さい」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。「身長」は遺伝的要素が強く、自分自身では決められない。拙者の身長は168センチで、同年代と比較して「体は小さい」ほうだ。身長に対して多少の劣等感はあるが、それでも不自由したことはない。このくらいの身長が一番動きやすく、人間の適正であるとさえ思い込んでいる。体を維持する観点でも [続きを読む]
  • 「格好悪い」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「格好悪い」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。人は見た目が9割。人の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言われている。「メラビアンの法則」として、どうやら科学的に実証されているようだ。拙者は男子高校→大学(理系)と進んだため女性に免疫なく過ごしてきたため、外見には [続きを読む]
  • 「勝負弱い」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「勝負弱い」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。「勝負弱い」という表現、どのような場面で使われるかを想像して欲しい。勝負弱いというからには、勝負の相手がいるはずだ。その対象は以下の2種類だと拙者は考えている。①自分自分に勝つとは、自分の実力を出すこと。そもそもが下手な人は「勝負弱い」とは言わないので注意。実力はあるが、勝負 [続きを読む]
  • 「時間がない」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「時間がない」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。「時間がない者は、時間を作るべし」、以上。この答えが世間でよく受け入れられている考えだ。ありきたりで面白くない。折角なので、時間管理で有名な「重要度・緊急度マトリクス」を簡単に紹介しておく。知らない人は自分で調べてくれ。<重要度・緊急度マトリクス>【第1領域】緊急度が高く、 [続きを読む]
  • 「ミスショットをしたくない」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「ミスショットをしたくない」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。ゴルフから「ミスショット」はなくならない。プロゴルファーでも一日の内、納得のできるショットは3回ほどと聞く。つまり約70回はミスショットだ。それでもアンダーパーで回ってくるということは、ミスをミスに感じさせない水準に収まっているからだ。この水準が、プロとアマチュ [続きを読む]
  • 「お金がない」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「お金がない」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。ゴルフは「お金がかかるスポーツ」という認識は強い。確かに決して安くはないが、具体的にはどこに費用が多くかかっているのか。ゴルフを始めたばかりの人に向けて、簡単にではあるが金額を確かめてみたいと思う。<金額シミュレーション>①初期投資: 100,000円 ※クラブセット・バッグ [続きを読む]
  • 「力が強過ぎる」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「力が強過ぎる」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。「力が強過ぎる」ことに悩む方は結構多い。贅沢な悩みだ。特に体育会系の出身者は、現役を退いてもなお、脂肪という鎧の中に筋骨隆々でたくましい体幹を潜めている。中でも腕力は、一度でもつけてしまえばそのパワーは衰えることを知らない。それゆえ腕力に頼ったスイング、すなわち「手打ち」に [続きを読む]
  • 「ファッションセンスがない」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「ファッションセンスがない」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。拙者がゴルフを始めた20年前は、アマチュアだけでなくプロゴルファーも2タックのダボダボズボンが流行っており、今思えば格好良いとはとても思えない。一世を風靡したタイガー・ウッズでさえ、その頃は上下共に少し大きめのサイズを着用しており、ナイキにも関わらず「おじさん感 [続きを読む]
  • 「年老いた」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「年老いた」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。拙者、これまで多くの年輩ゴルファーとラウンドする機会があったが、どのゴルファーも口を揃えて言うことは似通っていた。以下に年齢別ゴルファーの特徴をまとめたので見て欲しい。<年齢別ゴルファーの特徴>30歳: 働き盛り。子育て世代でもあり、公私共に忙しい。40歳: 体力・気力とも [続きを読む]
  • 「年を取った」→「マン振り」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。「年を取った」と嘆く諸君、「マン振り」をなされよ。拙者、これまで多くの年輩ゴルファーとラウンドする機会があったが、どのゴルファーも口を揃えて言うことは似通っていた。以下に年齢別ゴルファーの特徴をまとめたので見て欲しい。<年齢別ゴルファーの特徴>30歳: 働き盛り。子育て世代でもあり、公私共に忙しい。40歳: 体力・気力ともに [続きを読む]