ゴルフ侍 さん プロフィール

  •  
ゴルフ侍さん: 拙者のゴルフ
ハンドル名ゴルフ侍 さん
ブログタイトル拙者のゴルフ
ブログURLhttps://www.golf-samurai.com
サイト紹介文ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう
自由文今時に申せば、空前絶後の、超絶怒涛のゴルフ侍。ゴルフを愛し、ゴルフに愛された男。世間一般的には「シングル」という称号を頂いているが、自己満足することなく更なる高みを目指して、ゴルフの放浪の旅に出ておる。ゴルフの兵(つわもの)がいれば、是非お手合わせ願う。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 114日(平均9.5回/週) - 参加 2018/06/01 13:01

ゴルフ侍 さんのブログ記事

  • ゴルフに迷った時には楽な道よりも困難な道を選べ
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。諸君の目の前は「楽な道」と「困難な道」に分かれていたとする。果たしてどちらを選ぶべきだろうか・・・人生は決断の連続だ。今いる現在地は、これまでの選択肢が導いてきた結果である。良くも悪くも感慨深い。あの時の選択は合っていたのだろうか。これまでの経験を思い返しながら、今回の「楽な道」と「困難な道」の選び方について共に考えて参ろう。 ゴルフ上達に向けての選択肢 楽な [続きを読む]
  • 【初心者もOK】ゴルフのハンデを下げるための圧倒的思考法
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。ゴルフには「ハンディキャップ」という便利な制度がある。このハンデのおかげで、技量が異なる人ともスコアを競い合うことができる。諸君も色々なコンペに参加したことがあるだろう。ぺリア方式のハンデ戦であれば、運の要素が強いため面白くないが、純粋なハンデ戦では、競技性の高いスポーツとしてゴルフを存分に楽しむことができる。そんなハンデだが、ゴルフの腕前によって考え方が異なることを伝 [続きを読む]
  • 大は小を兼ねるが、小は大を兼ねない|ゴルフで陥りがちな勘違い
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。「大は小を兼ねる」という言葉を知っているか?「 小さいものより大きいもののほうが使い道が広く役に立つ」という意味だ。ゴルフでも同じことが言えるのだが、ゴルフ初心者は全く正反対のことを頑張っている。「小」をいくら練習したところで、「大」の代用にはならない。あまりにも不憫(ふびん)なので、拙者がその勘違いを解いてやろう。 ゴルフで陥りがちな勘違い 小は大を兼ねな [続きを読む]
  • ゴルフが上達したいなら、プロゴルファーの真似をするな
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。プロのスイングは格好いい。惚れ惚れするぐらいに見ていて気持ちいい。300ヤード以上を飛ばし、どこからでもピンに絡めてくるショット。まるで意思が宿っているかのように球を操れる技術は、プロならではである。ただし、憧れが過ぎるのは問題だ。アマチュアがよく陥ってしまう罠があるのをご存知か。罠にはまった諸君、早く目覚めることができるように拙者が解説して参ろう。 プロゴルファーを参 [続きを読む]
  • 2018〜2019年度「トライアスロン」スケジュールについて
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。2019年度はゴルフの基礎体力向上のために「トライアスロン」に挑戦する。トライアスロンといっても、その距離により種類が分かれている。<トライアスロンの種類>①スプリント・ディスタンス:スイム0.75km・バイク20km・ラン5km、合計25.75km②オリンピック・ディスタンス:スイム1.5km・バイク40km・ラン10km、合計51.5km③ロング・ディスタンス:スイム4.0km・バイク120km・ラン30km、合計154km [続きを読む]
  • 2018〜2019年度「フルマラソン」スケジュールについて
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。2019年度はフルマラソンのサブ4(4時間切り)に挑戦する。ゴルフで言えば100切り相当であろうか。決して速くはないが、趣味がマラソンだと言えるレベルだ。前回の2016年度富士山マラソンからは2年近く経つ。当時を振り返ると共に、2019年度のフルマラソンスケジュールを調査しておこう。 2016年度「富士山マラソン」 過去のランナー暦 「富士山マラソン」を走ることになった [続きを読む]
  • 【ゴルフの真実】「力を抜くと飛ぶ」と信じてるって本当?
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。ゴルフの常識でもあり、格言にもありそうな言葉。「力を抜くと飛ぶ」これは1つの技術であって、ゴルフの本質ではない。果たしてこれに気付いているものはいるのであろうか。ゴルフの迷宮に入り込む前に、拙者が正しい道筋を示す。周りに流されることなく、自分が進む道をしっかりと見定めて参ろう。 力を抜くということ ①老人になれば飛ぶのだろうか? ②幼児になれば飛 [続きを読む]
  • 「マン振り」と「フルスイング」の違いとは?
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。巷では、こんな言葉をよく聞く。「マン振りするな!」「マン振りするからスライスするんだよ!」まるで「マン振り」が親の敵であるかのような仕打ちだ。有名なレッスンプロも「マン振り」に対して否定的な意見が多く、アマチュアゴルファーの中では「マン振り=悪い癖」という考え方が常識になっている。実際、マン振りをしたことがない「マン振り童貞」は数知れない。この辺で「マン振り=悪い癖 [続きを読む]
  • 【徹底図解】なぜ、あなたのゴルフは上達しないのか?
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。ゴルフ剣技を極めた拙者が、「ゴルフ」に関わる命題に対し、徹底解説して参ろう。命題【命題】なぜ、あなたのゴルフは上達しないのか?この命題が意味するもの、それは諸君のゴルフの上達方法が「是」か「非」かである。ゴルフの上達に悩んだ者は、ふと振り返る。このままで良いのかどうか。恥を忍んでレッスンプロに聞いてみる。振りかざされる技術論には納得しつつも、いつも応急措置にしか過ぎない。 [続きを読む]
  • ゴルフが上達しないのは髪型のせい?!|ゴルファーの髪型診断
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。拙者はこれまで数多くのゴルファーとラウンドをしてきた。その経験により、髪型でゴルフの実力が分かる能力が身に付いた。相手がどのようなゴルフをするのか、事前に分かっていれば有利に試合を運べる。己の心を騒がす前に、想定内で全てを済ませてしまおう。20年以上の知見を惜しみなく発表する。諸君が上達しないのは髪型のせいかもしれない。 乱れ髪 パーマ 薄毛 ロン毛 カラー [続きを読む]
  • 「坊主のメリット」→「衛生的である」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。坊主頭をこよなく愛する、昭和生まれの日本男児である。坊主こそが日本人として最強・最高の髪型であると断言しよう。坊主にしていると、坊主の特権があることが分かる。普通の髪型では、決して得ることも知ることもできない。それを特別に公開して参ろう。坊主に興味を持って頂ければ、甚だ幸甚にござる。 衛生的である 「坊主」が最適な業種とは? 嘘のような本当にあ [続きを読む]
  • 【ゴルフ侍流|書評】「死ぬこと以外かすり傷」箕輪厚介
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。「死ぬこと以外かすり傷」という本を読んでみた。死ぬこと以外かすり傷作者: 箕輪厚介出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2018/08/28メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る著者は「箕輪厚介」。幻冬舎に所属する現役バリバリの編集者だ。近頃、彼の言動がメディアを騒がしており、かつ圧倒的な結果を出しているということから、注目していた人物の一人だ。これまで彼が [続きを読む]
  • 「坊主のメリット」→「機能性が抜群」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。坊主頭をこよなく愛する、昭和生まれの日本男児である。坊主こそが日本人として最強・最高の髪型であると断言しよう。坊主にしていると、坊主の特権があることが分かる。普通の髪型では、決して得ることも知ることもできない。それを特別に公開して参ろう。坊主に興味を持って頂ければ、甚だ幸甚にござる。 機能性が抜群 髪を洗わなくていい 髪にかける時間がゼロ [続きを読む]
  • 「坊主のメリット」→「コスパがいい」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。坊主頭をこよなく愛する、昭和生まれの日本男児である。坊主こそが日本人として最強・最高の髪型であると断言しよう。坊主にしていると、坊主の特権があることが分かる。普通の髪型では、決して得ることも知ることもできない。それを特別に公開して参ろう。坊主に興味を持って頂ければ、甚だ幸甚にござる。 コスパがいい 髪にかけるコスト 坊主にかけるコスト [続きを読む]
  • 「坊主のメリット」→「好印象を与える」
  • 拙者、ゴルフ侍と申す。坊主頭をこよなく愛する、昭和生まれの日本男児である。坊主こそが日本人として最強・最高の髪型であると断言しよう。坊主にしていると、坊主の特権があることが分かる。普通の髪型では、決して得ることも知ることもできない。それを特別に公開して参ろう。坊主に興味を持って頂ければ、甚だ幸甚にござる。 好印象を与える 薄毛が目立たない 高校球児のようにさわやか [続きを読む]