nell さん プロフィール

  •  
nellさん: nell’s diary
ハンドル名nell さん
ブログタイトルnell’s diary
ブログURLhttps://nell0130.hatenablog.com/
サイト紹介文ゲイとして生まれたぼくの日々の出来事を綴っています。 LGBTについて、時々考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 153日(平均2.9回/週) - 参加 2018/06/01 17:10

nell さんのブログ記事

  • いろんな傷
  • 気付けば10月も終わりですね。暑かった夏が嘘のように肌寒ささえ感じるこの頃。すっかり秋になりました。ぼくは。。。元気にしています。でも。メンタル弱いくせに、さらにメンタルが弱くて自傷してる若い子の話し相手になってます。時々、嫌になります。全て投げ出したくなります。でも、頼ってくれるのでせめて自傷しなくなるまで話そうと思ってます。その子はメンタルクリニックにも行っているのでぼくは、余計 [続きを読む]
  • なんとかなっちゃうね。
  • こんにちは。元気じゃないけど元気になろうと頑張っています。結局、それがいけないんだけど、なんとかなってます。うまいこと臨時収入があったりね。だからこんな生活なんだけど、人に迷惑かけずに借金もせずになんとかなってるならいいよね。今日も頑張る!! [続きを読む]
  • ちょっとしたピンチ
  • 限界です。仕事うまくいかないのになんとかやってきたけど限界。借金はないのが救いでしょうか。とりあえず支払いをなんとかしなきゃ。焦ります。キャッシングしかないよね。恐ろしい額の電気代。ほんと生きてるだけでお腹は空くし家賃はかかるし(笑)働いてもお金にならないなら仕事とはいえないね。ちなみに彼氏にはこんな状況なのは言っていません。困った事、悩み事言いません。変な関係だね。なんとかしなき [続きを読む]
  • 平日の昼間の事
  • 久しぶりに会った元彼と成り行きで体を重ねた。(先日散々泣いた相手ではないです)温もりを感じるのは何ヶ月ぶり?少しだけほんの少しだけドキドキした。でも。一度終わった人との行為は夢中になんてなれない。相手もそうだと思う。ぼくは寂しかったんだ、ごめんね。って言ったら、俺も寂しかっただけだよ気にすんなお互い様って言ってくれた。「彼氏とうまくいってんの?」「まあね [続きを読む]
  • 取り留めのない独り言
  • 暑くて暑くて体調崩してました最近は少し楽だったかなみなさんはお元気ですか小さい頃から海とかプールとか嫌い夏が嫌い暑いの嫌いスポーツ嫌い冬が好きコートとか、洋服選びが楽しい雪が降る前の刺すような空気の冷たさが好きそういえば、仕事がうまくいかないので新しい仕事を探します辛いけど頑張るしかない!そして無性に恋がしたいもう遅いのかな若い頃散々したし辛い思いもたくさんした [続きを読む]
  • お休みだね
  • お盆休みなんですね。曜日祭日関係のない仕事で、テレビもほとんど見ないのでわからなかったです。楽しい予定をたててワクワクしてるのかなぁ。羨ましいなぁ。たくさん楽しんで素敵な思い出作ってくださいね!なんの予定もない方は。。。ぼくと一緒!仕事もあまり入ってないし。人と会う予定もない。何します?(笑) [続きを読む]
  • 星に願いを
  • 夏ですね。花火大会、あちこちでやってます。浴衣の若いカップル可愛いですね。ぼくといえば淡々と日々やるべき事をやりながら過ごしています。暑さには弱いので街中で180センチのまあまあのガタイの男ですが倒れそうになります。それでもめげずに、生きていきます。生きるって大変。生きてるだけでお腹空くし、光熱費かかるし、家賃かかるし。お金稼がなきゃね。頑張ります。だから。負けそうに [続きを読む]
  • 冷たい空気
  • 冷ややかな目を感じるたかがブログの世界でそこは本当に実在するかもわからない人達な訳だけど明らかにぼくに対しての軽蔑の空気を感じる人気ブロガーさまのたった一言、一記事によりぼくは悪党になっている宗教ってこんな感じ?信じ切ってるけどさ、ぼくの意見も聞いてもらえないのかな?言っても良いのかな?思い込みの激しい人達信じて疑わない人達逆の意見を悪と捉える人達人って恐ろしい [続きを読む]
  • 嫌われることに慣れる
  • 別に大したことじゃない。最初から出会わなかったと思えばそんなに寂しくもない。今回はなかなかの攻撃だった。名前は言われなかったけどTwitterでまず文句を言われブログでまた文句を言われ他のコメント欄でも悪口を書かれ。それに同調する人達がどんどん増えて無限に増えるゾンビを見ている気分だった。ただの気晴らしで書いているブログで余計な面倒ごとはほんとに勘弁してほしい。ここは静かで優しくて居心地がい [続きを読む]
  • 負けたくない。
  • そんなつもりで言ったんじゃなくてもっと前向きな気持ちで話したのに違う意味合いで解釈されて嫌われてしまう。ぼくはそんな事が多い。その度にごめんなさいって思うけどもう仲は戻らない。せっかく知り合えたのにちょっとした会話のすれ違いでそんなに怒るなんて。話し合えばいいのだろうけど頭っから決めつけて怒ってる人に話しかけられない。そんな勇気はない。そして昔言われた言葉を思い出す。社会不適合負 [続きを読む]
  • 記憶の片隅へ葬り
  • 大分落ち着いた。泣いて泣いて思い出してはまた泣いて。運悪く2人で通ったカフェの前を通りかかってしまいまた泣きそうになり。そんな日々を繰り返しているうちに気持ちも落ち着いてきた。彼にいろいろ求めすぎていた。愛して欲しい。もっとこちらを見て欲しい。自分の欲求ばかりを押し付けていたような気もする。やっと落ち着いてきた。LINEのやり取りも少なくなりフェードアウトを願う。静か [続きを読む]
  • 愛するが故 〜forever 〜
  • 「おれ、結婚するよ。いや、しなきゃいけなくなった」彼は超エリートサラリーマン。妻同伴のパーティーや海外出張が多くなるって言ってたような気がする。ぼくは何も言葉が見つからなかった。何分だまっていただろう。窓の外を何分見ていただろう。「おめでとう。幸せになって。。。」突然涙が溢れた。落ち着いて、荷物をまとめて、彼の家を出た。深夜2時、寒い夜だった。ぼくはどうすれば良かった [続きを読む]
  • ぼくからLINEしてみよう
  • ぼくは当時タバコを吸っていた。誰と付き合ってもやめる気なんてなかった。でも、彼がタバコを吸わないって聞いて彼の前だけは控えた。会う予定の日は朝から吸わなかった。愛の力ってすごい!そんな事をしていた自分に今頃になって驚いた。彼は子供がいる家族が欲しいと言った。でも、結婚して10年は過ぎたはずだけどまだできないらしい。実はぼく、結婚式行った。是非来て欲しいって言われた。親友代表みたい [続きを読む]
  • 直感 〜諦めていた愛〜
  • 「仕事でスキーに行くから練習したい」と言われ、人工雪のスキー場に行った事があった。彼はスポーツはなんでも得意なんだろう。とても軽やかに滑っていた。ぼくはスポーツは苦手。スキーなんて2回しかやった事がない。ぼくに気を使って寄り添ってくれるけどこれじゃ彼の練習にならないと思い「ぼくはゆっくりやるから、滑っておいでよ」と言って、彼と別行動をとった。ぼくは転ぶしスキー板はどっか行っちゃうし散 [続きを読む]
  • あなたの愛、その全てが愛おしい
  • 「愛してるよ」行為の後に彼は必ず耳元で囁いた。その言葉聞くのも言うのも恥ずかしくなかった。ぼくも心から愛していたから。「愛してる」照れもなく、彼の美しい瞳を見ながら真剣にぼくも言った。行為中は一言も言葉は発さない。ただ夢中で何も考えられなくなるまでお互いを求めあった。大切な大切な、眩く美しい瞬間。行為だけじゃない。改札口で待ち合わせして待っている時。食事しながらのたわ [続きを読む]
  • 恋に落ちたあの瞬間
  • 元彼の事が1日中頭から離れなかった。新大久保にあった◯ラゴン。あんな淫乱系ハッテン場でぼくらは出会った。当時ぼくはそれなりにモテた。いつも誘われるのを待っているような生意気なウケだった。タチも自信家が多い。即掘りみたいなヤツばかりの中彼は、ぼくの手を握ってくれて個室に誘い丁寧に優しくぼくを抱いてくれた。最初に抱き合った瞬間肌と肌との密着した感覚がぼくに嫌な予感をよぎら [続きを読む]
  • 今でも。ごめん、愛しています。
  • 今日、元彼からメールがきた。前の連絡は3年前と記憶している。Line始めたから、1番最初に連絡したよと、書いてあった。すぐに登録。少しのやりとり。それだけでもぼくには新鮮な風が吹いたような心地よい時間だった。ぼくは今度お茶でもしようね、と社交辞令を言った。きっと会うことはないと思ってる。なぜなら、彼は結婚するためにぼくと別れたのだから。仕事の事、ご両親の事、本当に [続きを読む]
  • 希望を夢みて
  • 更新が怠ってしまった。怒涛の日々だった。ぼくは小さい頃いじめられてた。仕草が女っぽいから?他にも理由があったのかもしれないけど自分じゃわからない。馬鹿にした言葉を投げつけられたが、ぼくが1番傷ついたのは集団での「無視」あれから何十年も経つのに今だに人の顔色を伺い話す癖はぬけることはない。今も露骨な無視をされている。みんなと笑顔で話しながらぼくの前では笑顔で素通り。どう [続きを読む]
  • 葛藤と現実と
  • 今夜はどうしようもなく激しく抱かれたい。「抱かれたい」って言葉が自然に出てくるところも心は女性なのかと思う1つの要因。前にも書いたけど見た目は普通に男。男臭い、野郎系ではないけど。180 / 74 / 4?ん、デカすぎ(笑)年もとりすぎ。抱かれたくても抱く方は若い子がいいよね。こんなことを考えているとまた闇へ、闇へと心がどんどん落ち込んでいく。また今夜も眠れない。でも、想 [続きを読む]
  • 寂しい夜に寄り添ってくれた歌
  • 彼氏とは毎晩一緒に食事をする。よく「空気のような存在」っていうけどほんとその通り。いなかったら寂しいし一緒にいるのが当たり前だけど2人でいても孤独を感じる時がある。やはり肌の温もりが欲しくなる。心を温めてくれる。ただ、彼氏とはもうそんな関係ではない。ぼくって強欲。さんざんいろんな人とやったのにずっと一緒にいてくれる彼氏もいるのにまた誰かを探そうとしている。 ひかる道 彼 [続きを読む]
  • 忘れた
  • あんなに好きだったのにたった3週間ほどで忘れられた。すっかり気持ちも落ち着いて思い出して胸が苦しくなる事もない。時間が解決してくれるってほんとなんだと思った。もう40代も後半戦に入る。また恋することはあるのかなぁって考える。こんなに辛いならもう好きになりたくないって言ってたのにすっかり忘れて次の事を考えてる。忘れなきゃ生きて行けないもんね。辛い気持ちのままじゃ前に進めない [続きを読む]
  • 父の大きな背中
  • 意固地な母。嫌味ばかり言う母。文句ばかり言う母。その横で父はずっと笑顔だった。自然体でさりげなく気を使いながら大きなストレスにならないようさらりと母をかわしながら父は元気だった。やはり父は偉大だった。人間として、男として、尊敬する。まだまだ元気でいてください。父の背中を見ながらぼくも頑張る!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 北の国から
  • おはようございます。すごいところです。田舎はのんびりしています。ゆっくり時間が流れています。「いつ結婚するの?」と近所の人達に言われました。「最近フラれたばかりなんで。」と俯きながら言っておきました笑演技演技 笑笑笑田舎はめんどくさい。やはり東京が好きです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 海は広いな大きいな
  • 天気も悪いし寒いし!!今日はコートが必要な感じの気温でした。そんな中、海の写真を撮りました。天気が良ければもっときれいだったのに残念。今日は仕事していたので明日は親孝行します。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 心を支配する闇 再び
  • 前のブログの知り合いがちょっとデリカシーのないコメントを人のブログにしてしまいたたかれてた。見るに見かねて彼にメッセージを送った。「気にすることないよ」って。ほんとに、そんなに悪い事じゃない。怒った奴が、八つ当たりっぽかった。でも彼は謝罪してアカウント削除。その前に仲間たちにぼくからメッセージ来たことを言ったみたいで知られたくない人にまで知られちゃった。当の本人は昼間にアカウント削除した [続きを読む]