Jinkosky さん プロフィール

  •  
Jinkoskyさん: Jinkosky diary
ハンドル名Jinkosky さん
ブログタイトルJinkosky diary
ブログURLhttp://jinkosky.hatenablog.jp/
サイト紹介文議事科学や医療に事や、日々思うこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 169日(平均2.1回/週) - 参加 2018/06/01 23:18

Jinkosky さんのブログ記事

  • つぶれない学校を選ぶ親の責任を感じる時代に
  • 子供が減っているという話は世間の話でなんとなく聞いている人も多いだろう。実際に人口が減っている以上に子供の数は減っている、今の段階の世代から見れば2/3から半分と言ってもいい。当然だが、子供が減るなら学校の数も減るのが道理だ。そこで今まで漫然と学校の事を考えていた人たちも、これから子供が行く学校を会社と同じく将来性を見越して選ばなければいけない時代になった。つぶれる学校に行かせた悲劇もちろん、 [続きを読む]
  • LITERA(リテラ)の松本人志批判のどこがマヌケなのか?
  • 本と雑誌のニュースサイトと言いながら、リベラルで左寄りの記事ばかりあげる香ばしいサイト、LITERA(リテラ)が記事で松本人志のワイドナショーの発言を批判している。少しだけ話題になりましたね。lite-ra.comもともと安倍首相が出演したり、松っちゃんの発言が時々保守的な発言をする事もありサイゾーの系列で休刊した噂の眞相から作った左寄りの人たちだから、その時々で良く思ってはいなかったんでしょうね。いろんな人に平 [続きを読む]
  • 保険屋が言う「癌になる確率2人に1人」の数字のトリミング
  • 数字を都合良くトリミングすることで、意味を強調したり変えたりすることができます。保険の相談窓口や癌保険のページも出ている、恐ろしい言葉。癌になる確率2人に1人この言葉に違和感を覚える人もいるのではないでしょうか?確かに少なくはないけど、2人に1人もなってるの?と。では、公式なデータを見てみましょう。国立がんセンターは、罹患率(がんと診断された率)と死亡率なども、統計データをだしています。ganjoho.jp [続きを読む]
  • ブルーライトで目が悪くなるのは根拠がないと米国眼科学会が掲載
  • 以前からきちんとした研究機関からはブルーライトによる視力低下はエビデンスがあるわけではないと言われていたが、巷には血液型の性格判断よろしく当然のごとく雰囲気科学が流布され、仕事をするときにブルーライト対応めがのかけるだの、スマホを見過ぎると失明するだのと言う極論も出回っていた。biz-journal.jpリアル虚構新聞でおなじみのビジネスジャーナルも、例に漏れなく特集している。だがこれが極論というわけでなく、け [続きを読む]
  • ヤマザキパンがカビない話にみる雰囲気論
  • 渡辺雄二という「買ってはいけない」シリーズをたくさん出版しているジャーナリスト(?)がいる。肩書きは科学ジャーナリストらしい。千葉大工学部合成化学科を出たらしいが、理系であるが食品の事を専門にやったわけではない、消費生活問題紙に入社してからいきなり、このような記事や出版をはじめた。調査したなどと言っているが、研究所や実験をしたわけではなさそうだ。全てがデタラメではないが、彼の極論やミスリーディング [続きを読む]
  • 全部有りの子とユーチューバーを目指す子、現代のカースト
  • 夏の甲子園が開幕するもうすぐ甲子園が開幕する、現代においては野球が出来る子をスカウトして集めた私立強豪校がほとんどになるだろう。 筋肉バカなどと言うように、昔は勉強はできるけどスポーツはダメとか、頭はからっきしだが将来はスポーツで食べていけるだろうという子が多かったように思う。 ところが、これはレガシーな考えなようだ。今年も甲子園の常連校の大阪桐蔭が出場する。その中の注目選手の1人が根尾 昴(ねおあ [続きを読む]
  • カジノ法案をめぐる、茶番の駆け引き
  • やっと、通ったカジノ法案。与野党での論戦(それほどのものか?)が繰り広げられたが、民衆の反応は冷めたものだった気がする。野党が再三訴えた、ギャンブル依存称のリスクや、それによる多重債務者の増加などのリスクは共感をあまり得なかった。それは、新聞もなぜかそこはまったく論評にいれないが、やはりパチンコや公営ギャンブルをスルーしてそこを訴えるのは無理があるだろう。パチンコ業界に献金や、関連会社への警察 [続きを読む]
  • 平等(Equality)と公平(Equity)
  • 最近はすぐネットで炎上するネタとして差別だ、それは平等ではないというくそリプで炎上することがしばしばですね。その意見の多くや日本の福祉やボランティアで語られる平等と公平(Equality and Equity)の概念の違いをインフォグラフィックでいろいろと作られていますので、見てみましょう。機会の均等や条件などを同じにすることが、はたして平等なのか?また公平や平等を声高に叫ぶ人の違和感が、この絵によく表れています。 [続きを読む]
  • 夏だ!ビールだ!クラフトビールお取り寄せだ!
  • 夏はやっぱビールうまいっすね。糖質制限してても、たまにはちょいと美味しいおつまみと一緒に少し値段のはるビールでも買って家で飲むとストレスも取れて疲れも取れていいですよ。健康のための糖質制限もいいけど、ストレス溜めたら病気の元凶なんで意味がなし。 暑いんだから楽しく美味しく家のみしましょう。ジョッキでバカバカ飲むのはさすがに、少し節制して少し飲むならどうせならお取り寄せでも美味しいやつを週末まで我慢 [続きを読む]
  • 小中学生の「宿題」成績向上に効果無しのデマ記事に見る英語教育の大事さ
  • 宿題は悪なの?日本は時代遅れなの?週刊事実報道が、掲載したこの記事。内容は、米国デューク大学の脳神経学のハリス・クーパー教授が小中学生の宿題は効果がなく、高校生でも2時間以上かかる宿題は成績を下げるため避けるべきだと発表したとある。また、それに追随し世界的にも宿題は減少傾向にあり、ロシアやフランスでは法律で禁止され日本は旧態依然として遅れていると言わんばかりだ。これは、ずっとはびこる詰め込み教育は [続きを読む]
  • 珈琲(コーヒー)を飲んで肝臓がんを予防。
  • 珈琲(コーヒー)によるカフェインの取り過ぎは身体に良くないと言われたり、かつての喫煙との組み合わせから不健康なイメージをもたれがちだった珈琲。それが近年の研究で健康にポジティブな研究結果が出されています。肝臓がんに効果があるのは、ほぼ確実この情報、ほぼ確実と言っているのがどこか?によって情報の価値が変わりますね。これは、国立がん研究センターが1990年から国内で開始され現在も続いている14万人程度の一般 [続きを読む]