lakanpizza さん プロフィール

  •  
lakanpizzaさん: 年齢差25歳のラブレター
ハンドル名lakanpizza さん
ブログタイトル年齢差25歳のラブレター
ブログURLhttps://ameblo.jp/lakanvet/
サイト紹介文幸せな家族、十分な財産。そんなおじさんの生まれて初めての一目ぼれ。人生最後の長編ラブレター。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 51日(平均5.9回/週) - 参加 2018/06/02 13:10

lakanpizza さんのブログ記事

  • ソクラテスさん流石!
  • エロス ソクラテスは、エロスとは知への欲望 といいました。 男性の知への欲望に、欲望する女性・・・という構造ですね。 逆の場合は、インテリ女性を屈服させたいという倒錯のエロスで良く、語られますね。 学校で、女生徒が先生に惚れるのは、つまり常態で、女教師シリーズがAVで昔からあるのも、納得ですね。 ソクラテスさん流石!って感じです。 私の青年期は、知的であれば、男性は実際もてました。知的というのは、勉 [続きを読む]
  • あまりに政治的な・・・・・・
  • 理想を語り 情熱を注ぎ 常態化を迎え 汚点が見えてきて 気持ちがなくなり しかし支えあって 活動は終わる 結婚のこと?  う〜ん。 実は、政治活動のことをイメージしました。 似てるよね。 結婚って妥協だから政治的なんですね。 ぱっとしない時代を、弱者ベースで互いにどう支えるかを考慮する、それが結婚であり政治ですね。 政治においてはもっともラディカルな国の一つフランスは、面白いことに、この政治的な結婚が [続きを読む]
  • プレゼント魔
  • 昔から私はプレゼント魔 不思議なことに、プレゼントされることは大嫌い いつもする側 プレゼントしたとき、女性が『う〜ん、ちょっと違うんだよね』なんて、『ちょっと・・・・』って言われると、また私のプレゼントの心に火がつく。 女性は、『お前のことわかったよ』て言うより、『お前のことわからないよ』って言われるほうがたぶん好きですよね(男は逆だろうか?)。 あの『ちょっと・・・・』もそうなんだと思う。私の [続きを読む]
  • あなたの体ではなく、あなたの欲望を
  • ヘーゲルは、精神現象学で 人間が欲望するのは『他者の欲望』であって、他者の肉体ではないと言っています。 男女間の性愛において、欲望の向かう先は、肉体的の一体化ではなく、自己の官能の承認の一体化。 私が快感を得るのは、あなたの肉体からではなくて、あなたが私から快感を得ていると感じるからです。あなたの欲望に欲望し快感を得るのです。 それが人間的な快感の正体。 セックスワーカーから得る快感は、ヘーゲル [続きを読む]
  • 言葉は言葉以上のものがあることを教えてくれる
  • 皆、しますよね? 小さい、わが子に  犬を指さして 『ワンワン』って言うと わが子は、 『ワンワン』って答える・・・・・。 うれしいんですね〜。 よくある家族の光景ですが、別に犬の呼び名がワンワだって子供が覚えたから、うれしいじゃないですよね。 意思が通じあったってことがうれしいんですよね。 恋人同士が 『ねえねえ』『何?』『なんでもない』 『ねえ、好き?』『うん、大嫌い!』 言葉って不思議で、言葉 [続きを読む]
  • 何度死ねますかね
  • make loveってエロスとタナトス。 タナトスとは死の誘惑 射精後、死ぬ生物は多いです。射精は、全エネルギーの発散ですからね。 男は、make loveで死の予感を味わうんですよね。 結婚生活では、レスの状態ですし、風俗大嫌いですから、 貴女との溶け合う回数が、私の死ぬまでのmale loveの回数で、貴女に殺される回数です。死ぬまでの回数を数えられるって、なんだか素敵です。 死ぬまで、50回は、殺してくれますか? [続きを読む]
  • 主人であり奴隷である必然
  • 人が生き物として生きる上で必要なものは、食物ですが、 人が人間として生きる上で必要なものは、他者の欲望の対象となる、その実態です。 人間は、他者を欲して、その他者に承認され、逆に他者の欲望の対象になって、初めて、人から人間(的)になります。 恋人同士の場合、互いが欲望の対象で、互いに至高の者として、相手に承認されたいわけですが、 時に、自分が承認されたいという欲求を放棄して、他者の欲望を充実させ [続きを読む]
  • 女性は謎ですね
  • 精神医学の生みの親、無意識を発見したフロイトは 女性は、謎だと言ってます。いつの時代も、謎だったと言ってます。 女性が謎ならば、男性は謎を解こうとする側ですね。 フェミニズム的には、女性を謎に押し込めたのは男性だと言うのですね。謎を解くのが良いのかどうかわかりませんが、女性の謎を解こうとすると、男性が、無理やり女性の性に押し込めた女性以前の何かが出てくるわけですから、怖いですね。 男性が出てくる [続きを読む]
  • 美しい、年齢差の2人のコラボとは
  • 30歳近い年齢差 男は、成功者で、少し枯れ気味、若かりしあの頃を貴女を通して思い出す。決して戻れないあの頃。 女性は、美しく、男を尊敬はするが、その笑顔は、愛の笑顔ではない。媚びた色香ではなく、ただただ、コラボレーションをスリリングに楽しむ。 美しい、年齢差の2人のコラボとは、そんな感じ(成功と、美しさは、このストーリーに必須だと思う) 世界のアイドル ロッド・スチュワートと、エイミ・ベルの世界 [続きを読む]
  • 彼らのcapital punishmentについて
  • 事件については弁明の余地はまったくありませんが、 手記などから、彼らの(少なくとも一部の)入信の動機は、よくわかります。 私もそうでしたが、インテリの若者は、性衝動を如何に押さえ込むか、非常に悩むものです。自己自身のに向けられた情欲に我慢ならないんですね。 (今回、刑を執行された何人かは、入信目的は性の問題と言っています) あの頃は、今と違って(ここ強調したい!!!)、女性に性欲なんてないと信じら [続きを読む]
  • 寂しい夜の気の静め方
  • 寂しい夜が続きます。 哲学好きの私としては、偉大な先人達が、いかに寂しい夜を乗り切ってきたかを調べるのが結構好き。哲学史に燦然と輝く偉大なカントさん、彼は、 自分自身に向く情欲は、人間の心身を駄目にするといってます(意味、わかりますね。) さて、どうすべきか とにかく仕事しろ! 必要以上にベッドに入るな! だって。 む〜、毎日14時間働いて、就寝時間5時間の私ですが、これ以上どうしろと(笑) 寂しい [続きを読む]
  • 性(技)は解放の方向へ
  • 高校生だった40年近く前、クラスで付き合っている青年なんて数人でした。 その、数少ない希少種側の私でしたが、 当時は、手をつなぐまで1週間、Kissまで3ヶ月、Bで半年・・・・くらいでした。make loveまでは、私の場合、なんと6年でしたね(結婚が見えてくるまでは女性は許しませんでしたね)。 はぁ〜。 当時はAVも無い時代(というか、ビデオもPCもネットも携帯もない時代)、Bといっても、ベッドの中でも、めくるめ [続きを読む]
  • 誰が貴女を好きになるのか
  • 動物にも、人間にも、情動の主役たる、主体はあります。 人間では、主体が『自分』を発見します。 動物では、『自分』はありません。だって、『自分』という言葉がないから。 赤ちゃんのとき、主体は、鏡の中に『自分』を発見します。 体の外に『自分』を発見するわけですから、人間は、そもそも誰も彼も神経症です。 人を好きになるとき、主体が好きになるのか、自分が好きになるのか、どっちなのでしょうか? 人を好きに [続きを読む]
  • 女性の美を前にすると
  • 女性の美を前にすると その美がどこから来ているのか探りたくなる でも、その美が何処から来ているのか、わからないことは、自身が良く知っている 美の深層に到達しようとすることは、言語を超えた体験であり、日常性を超え、世界を破壊して、私を壊す作業 理解するのではなくて、触れる作業 エロスと不安の世界に自ら突入する作業 貴女と、誰ともしたことのない●●をしたい。 貴女、あいたい にほんブログ村 にほんブログ [続きを読む]
  • 男女の承認欲求
  • 人間ってなかなか不思議な生き物で、自分の価値を自分で決められません。 自分の価値を決めるのは、いつも、他人です。 この価値を認めてほしいと思う心が承認欲求ですが、 この承認欲求、男女で少々異なります。 男性は、社会的なもの・・・自分の才能や、社会的立ち位置への承認欲求 女性は、個人的なもの・・・可愛さや、優しさやへの承認欲求 惹かれている同士が、互いの承認欲求のポイントを、互いにほめ合えば、だ [続きを読む]
  • 結婚って、安全保障ですからね
  • 結婚って、生きていく上での、最小限の安全保障条約です。病気になったとき、うまくいかないときに、支え合う制度です。 愛を確かめ合う制度ではくて、非常にプラグマチックな安全保障の制度です。 結婚は誰でもできます。 いや、異性が10人いたら、そのうち5人とは結婚できるという態度が、大人への成熟だと思います。 だって、そうですよね。 とび切りいかした同士しか結婚できなかったら、種は滅びますから。 多くの普 [続きを読む]
  • 女性の美しさって不思議
  • 女性の美しさって不思議です。女性って、お洋服で、イメージが、がらりと変わります。スポーティなジーンズ姿 挑発的なドレス姿 おしとやかな和服姿 全部、貴女ですものね。 男性では、なかなか、こうはいきませんよね。 女性の美がすごいのか、男性の想像力がたくましいから・・・・なのか、わかりませんが、 女性は、様々な美しさを内包しています。 美しい貴女、今日もきれいです。 にほんブログ村 にほんブログ村 に [続きを読む]
  • 恋愛の本当
  • 近代になって、宗教的情熱の変わりに現れた恋愛(感情)男女の区別と、融合、あるいはその両方の展開。 恋愛がすごいところは、他者との相互関係の中で、新しい自分を発見すること そして、なにか愛の絶対性があるように、思うこと。でもその情熱は永遠には続かない。 相手の全てを手に入れたと思った瞬間から、その情熱は、坂道を転げ落ちる。恋愛(感情)を持続させる唯一の方法は、全てを手に入れないこと。 可愛いあなた、会 [続きを読む]
  • 男と女のエロティシズム
  • バタイユって有名な思想家は男性は、女性に美を求め、その美を犯して (レイプじゃないですよ、規範を破るって意味の犯すです) 我がものとすることに、エロスを感じる生き物だって言ってますね。 逆に 女性は、自分の美を聖なるものと意識し、男にその聖性を超えさせる(一線を越えさせる)ことにエロスを見出すらしい。 この説によれば、男性はまず外に(女性)に美を見出し、女性はまず内に(自身の)美を意識し、その美を [続きを読む]
  • 終わりはあなたから
  • 終わりが意識できるから、輝けます。 桜は、散るからこそ美しいように、終末が予感できる恋ほど、感動的なものはないですね。 25歳も年が離れていると、肉体的な醜態をさらすことは、目に見えています。25年間のアドバンテージは、くだらない知識と、あぶく銭の蓄積には貢献してますが、恋にそんなもの関係ないですしね。 いつか、華やかに文学的に、散るかが、残された人生の課題ですね。 What a sad story !美しい [続きを読む]
  • 過去って何?
  • 人間は、前未来形系で過去を思い出します。 恋する相手に過去を話す時・・・・・・・。 私たちは、目の前にいる人に向かって過去を話す時、このように思われたいというシーンを選択して、あるいはこのように思われたいという欲望をもって、話します。 その話を聞いて、相手がこれからどう思うか・・・・・・という未来形を意識して、過去を話すわけです。 つまり、人間は、前未来形系で過去を思い出します。 固まった過 [続きを読む]
  • 欲望は延期するに限る
  • 20世紀最大の精神科医・思想家の言葉 『私の欲望が欲望するのは、欲望そのものであり、その全く満たされない空虚状態にある欲望そのものである』 深いですね。 欲望をさらに激しくするには、欲望の充足ではなく、充足の延期にあるということですね。 ある日のベッドでも言える事ですし、二人のこれからにも言えることですね。 急に下世話になりますが、 セフレか、パートナーシップか・・・・・なんて、案外簡単に見 [続きを読む]
  • 燃え上がる恋は終わります、ええ必ず
  • 燃え上がる恋 燃え上がる恋は必ず終わります。 燃え上がる恋が一番燃え上がるのは、始まりの瞬間です。いや、始まる一瞬前でしょうか! 初めてのキスのほんの一瞬前。 期待としての恋、 予感としての恋、 想像としての恋、 燃え上がりますよね。 でも、恋する二人は、いずれ、相手を素敵だという無根拠な思い込みから覚めて、生身の相手を感じるようになります。 意外とせこいな〜。 え、そこでそんなことするの〜。 etc [続きを読む]
  • goingその2
  • going って、知的に制御されない、ファナティクなもの。 政治的、宗教的熱狂と同じ。 一瞬、なんだよね。 若い頃は、たぶん男なら誰でも何回goingできるかやってみるもの。 私、10回程度はできたけど、なんだか、むなしくなることが多かったね。 もともと哲学志望の私。ああでもない、こうでもないって、ずーーーーと、考えるのがすき。 啓示的な文章が過去から振って来ると、私、クラクラきちゃう。 一日中、性 [続きを読む]
  • going(いく)
  • 不思議ですよね あの時、 日本ではgoingですが、欧米ではcoming 欧米ではgoingは死ぬこと そういえば、フランスでは、その時は小さな死って言うんですよね。 バイリンガルの女子って、頭の中、どっちなんだろうかといつも思います。 一度、バイリンガルの子に聞いて、二度と口を聞いてもらえなくなったことがあります。 性に関する疑問は、真剣に聞いても、だめなのね。 可愛い貴方、おやすみ にほんブログ村 にほ [続きを読む]