田中 果子 さん プロフィール

  •  
田中 果子さん: 深海魚の飲むワイン
ハンドル名田中 果子 さん
ブログタイトル深海魚の飲むワイン
ブログURLhttps://chikuwano.hateblo.jp/
サイト紹介文ことば好きの日々の記録です。医薬翻訳、フランス語を学んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 18日(平均8.6回/週) - 参加 2018/06/02 23:28

田中 果子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 毎日の小さな点が線になる
  •  4月に入会した近所のジム。朝行ったり夜行ったりしていたけど、今は出勤前の15〜30分間、走ったり漕いだりのマシンを使うという習慣に落ちついている。 そう、2ヵ月経った今、体が覚えてきたようで、土日も同じ時間にジムに行かないと気持ちが悪いと感じるようになった。「休日くらいゆっくりしようよ」と頭のなかの私の一部が言うけど、「いやいや、せっかく習慣になってきたんだから止めちゃうともったいないよ」とまた別の [続きを読む]
  • 非日常緑したたる知らぬ道
  •  用事と用事の間にできた90分間。暇をつぶせそうな場所もなく、歩きたい気分で、晴天だったので、駅まで歩くことにした。 1個目の用事があった駅から2個目の用事がある駅までは4駅離れていて、歩くとちょうど90分かかる。と、Google先生がおっしゃったので、時間的にもちょうどよかった。GoogleMapを起動して、示された方角へと歩くと、すぐに緑と花で囲まれた広い遊歩道に出た。自転車道も隣にあって、白い線で分かたれている [続きを読む]
  • とんととん鼓膜に楽しい傘の音
  •  傘を買った。空色のうすべったい折り畳み傘。 壊れた古い傘は小型ごみの袋にまとめた。 雨は好きだ。空から水がぽたぽた降ってくるてなんてどうしても不思議だし、わくわくする。落ちつく雨の音。湿ってひんやりした空気。体の細胞が潤うような、ひたひたと癒される感覚。水たまりに映る街。しずくの軌跡。透明な雨粒。折り紙の花みたいな色とりどりの傘。流れる水。濡れた体を乾かした後の温かさと幸福感。雨はボーナスタイ [続きを読む]
  • ごくごくと肌が飲み込む生きている
  •  石鹸を作った。 これまで数十回作ってきたが、毎回同じオリーブ石鹸だ。大学生ぐらいのころ、近所のアロマテラピー教室に通っていて、そこではいろいろな種類の石鹸を作ったけれど、自宅でひとりで作るときはいつもオリーブ石鹸。いちばんシンプルで材料費もかからないから。 作り方は測って混ぜて切ってという単純なもの。①苛性ソーダと精製水を混ぜ、氷水をあてがって冷ます。②100%オリーブオイルを湯せんにかけて温める [続きを読む]
  • ありがたく礼を重ねて続けよう
  •  コンタクトレンズのリニューアルのために、眼科に行きました。現在のレンズの状態を測定してもらっていると、「もう一回やりますね」が数度続き、お姉さんが困った顔で、「左右逆につけてませんか」と。 付け替えて再度検査をすると、問題なしということで無事に検査が終わりました。 氣をつけているはずなのに、いつ入れ替わったんでしょう。ケースも左右で違いが分かるように工夫しているのになあ。 ただでさえ混んでいるの [続きを読む]
  • 花びらに触れる朝日を待ちわびて
  •  ゼラニウムの鉢を買って、ベランダに置いてひと月。弱り始めているので、花好きの人に話を聞いたら、「水のやりすぎ」らしい。心を鬼にして(大げさ)、土が湿っている日は水やりをしないでいると、少し持ち直した。過剰な保護はよくない。 どうしてかきっかけは思い出せないけれど、花に興味をもつようになった。育ててみたいし、名前を知りたい。本を読んでいて花の名が出てきたら、ググるようになった。どんな花か分かると [続きを読む]
  • 果物の王様バナナ衰えず
  •  私は貧血体質です。でも、重度ではありません。ばたんと倒れたこともないし、氣を失ったこともありません。 ただ、学生のときは電車のなかでよく真っ青になって冷や汗を流していました。満員電車だったから身動きできず、私は立っていて、目の前の人が座って眠っているという状態で、私の顔からだらだら流れる冷や汗が座っている人の膝の上にぽたっと落ちて、申し訳なさでいっぱいになったことを覚えています。 でも、社会 [続きを読む]
  • 雲泥の差を知りはるか見上げる彼方
  •  過去の英日翻訳の課題を振り返っていました。「断片的データ」と先生が訳したsignalを私は「生体信号!」と訳しており、私に仕事を回そうなどと考える人はいないであろう・・・と自分で自分に失望した夕暮れ時です(黄昏時がいちばん好き)。  意味をちゃんと分かっていない状態で訳しているからこんなことになるんですよ!文学部出身だからとはいえもっと勉強してもらわないと困るなまったく!と自分で自分に怒ってみる。  [続きを読む]
  • ホイットニーあなたのことは忘れない
  •  明治時代、西洋の文化がどっと日本に侵入してきた時代。西洋に追いつき追い越せという熱い思いに駆られたばかりに日本語を捨て去ろうとした人たちもいたという。「日本語を捨て、英語を日本の国語としよう」という主張をひと際強く推したのが森有礼で(日本語好きな私はこれを知ったとき、思わず「こら!森!やめろ!」と無礼に熱くなった)、その考えを聞かされたアメリカの学者ホイットニーが、「やめたほうがいいですよ」と [続きを読む]
  • 神さまの宿る扉に触れたから
  •  仕事を変わって1年、なかなか合氣道場に行けていない。 正直、いっそもう辞めてしまおうかなという氣持ちも芽生えていた。1級まで来たし、生活でも役に立ってる。もうこれ以上はいいかも。黒帯が欲しいわけじゃないし。それに、しばらく行ってないから行きづらくなってきたし。 でも、しばらく稽古してないから、体から技が少しずつ消えていっているのがわかる。でもなあ。でもなあ。 そんなことを思いながら、今日道場 [続きを読む]
  • ご近所の素材でコラボのラーメンシチュー
  •  業務スーパーに寄ったら、焼きそばが8円でした! 嬉しいので、記録しときます。 玉ねぎ 80円 小松菜 78円 レバー 210円 冷凍春巻き 275円 冷凍コロッケ 185円 焼きそば 3個 24円 ちくわ 48円 さば缶 97円  計1,076円。 1,000円以内を狙ったけど、惜しくも足が出ました(笑) 夕飯は、レバー肉と焼きそばと、すでにあった玉ねぎとエリンギとシチューの素でラーメンシチューのようなものを作りました [続きを読む]
  • レベルワンぼろぼろだけどこれからさ
  • 「「星の王子さま」でフランス語を覚えよう!!」という企画進行中です。 最初、冒頭から始めたのですが、「フランス語の勉強が目的なんだから、頭からやる必要はないんじゃないか」と気づき、いちばん大好きなキツネのシーンで勉強することにしました。王子さまがキツネと出会い、友だちになる場面です。ここでキツネが王子さまに教えるものごとは、私の心のどこかに触れ、きれいなチャイムが鳴るみたいに揺さぶられます。  [続きを読む]
  • 拾うもの拾わないものていねいに
  •  おうちで楽しく翻訳中です。 change には of ではなく in がつくということを覚えました。 さらに、和書、洋書含む医学書を専門に扱っている「南江堂」さんを発見。早速、循環器に関する本を一冊注文いたしました。これは楽しみだ! 家での勉強が好きですが、時間を無駄にしないためにも「やらないこと」を決めておくのはとても大事だと思います。今の禁止事項は、・You tubeを見る(ただし、BGMとする音楽は可)・寝転がる [続きを読む]
  • 恋占い信じてしまいそうになる
  •  彼氏と別れたほうがよいのか悩んで、軽い気持ちでネットの無料占いをしたら、気持ち悪いくらいに今の状況を言い当てられて、おまけに「別れたほうがいい」と断言され、慄いている夜です。  占いをする女性は私の周りに多い(決まって恋占い)けど、今まで理解できなかった。お金出して他人に聞かなくても、答えは自分の胸のなかにあるでしょうにと思っていた。でも、今では同じことをしている。こういうことか、と思う。いつだ [続きを読む]
  • 金と知恵後者のほうがおもしろい
  •  これからは、節約を重んじていきたいと思っています。 大切な意識は、「あるもので工夫することを楽しむこと」です。「これが欲しいな」と思ったとき、家にあるもので工夫して、叶えることができるか考える。大事なのはそれを楽しむこと。 ということを、たまたま読んだ漫画から教わりました。凪のお暇 1 (A.L.C.DX)作者: コナリミサト出版社/メーカー: 秋田書店発売日: 2017/06/16メディア: コミックこの商品を含むブログ [続きを読む]
  • 今日楽し明日ももちろん待ち遠しい
  •  成功する秘訣とか、理想の姿でいられる条件とか、憧れる人を見つけると探す癖がある。真似したら、自分もそうなれるのかしらって、期待する。 でも、誰だって、そこに至るまでの道って、右往左往して脱線して転んだり落っこちたりした軌跡がみえるのかもしれない。 どうしてここにたどりついたのかなんて一言では言えない。意識下であれ無意識であれ、さまざまな要素が複雑に絡まりあって今の自分がいるのだから。 こうした [続きを読む]
  • 去りたくないだけど手足をひきずられ
  •  仕事を終えたら眠気で吐き気と頭痛がするようになった。仕事の後、やりたいことがあるのにできていない。やりたいことができないということがまた鬱憤を生む。 仕事を変えようと決心し、勤め先にも伝えたけれど、後任者が現れないので引き留められ、ずるずると続けている。私のようなポンコツを引き留めなければならないとは会社も気の毒だと思いつつ、辞める意志は固まっているのにいつ辞められるのか分からない霧中のような [続きを読む]
  • これからもずっと一緒にいましょうね
  •  読みたい本がたまっていて、積む積む状態になっています。上手な本の読み方ってないかなあと思い、メンタリストDaigoさんのニコニコチャンネルを探したら、ありました。さすがです。 「初公開!速読多読術〜1日20冊の本を読むための読書法1/4」 今日は時間の都合で1/4しか観ませんでしたが、十分な収穫がありました。 本がたまる一方なので、できるだけ処分したいと考えていたのですが、その考えは今日捨てます! [続きを読む]
  • ぴったりの靴を見つける長い旅
  •  日英翻訳の勉強をしました。「そっかー!」と思ったことを書きます。・「これまでに」は、have+過去分詞で表現されているので、あえて英単語をあてがう必要はない・日本語の副詞は、形容詞にしてやると英文ではしっくりくる。・名詞を動詞に変えてやると自然な英語になることもある。・「自然に出血が止まる」の「自然に」は、naturallyよりspontenaoulyが望ましい。 両者に自然体でいてもらえる翻訳者になる!のが私の目 [続きを読む]
  • ひとりきりよい風とおるわがお城
  •  去年の暮れから一緒に暮らしていた人が、出て行きました。かれこれ半年間一緒に暮らしてきたことになります。 部屋の掃除をしました。彼がいたころはあちこちに物が散らかっていて、「なんと掃除のしがいがあることか!」とはりきっていました。 今では彼の私物が消え、空間が広がった部屋で、「きれいな部屋やなあ・・・」とうっとりしています。 どちらが良いということではないです。誰かがいればわずらわしくとも笑い [続きを読む]
  • はじめまして
  •  ブログを始めてみました。 田中 果子(かこ)と申します。 仕事や学業をこなしているうちに、あぶくのように生まれては消えていく気持ち、消化されずにわだかまったままの感情、整理されずに散らかった思考を言語化するためにブログを始めてみました。 どうぞよろしくお願いいたします。  [続きを読む]
  • 過去の記事 …