トトロー さん プロフィール

  •  
トトローさん: おっさんガンバルブログ
ハンドル名トトロー さん
ブログタイトルおっさんガンバルブログ
ブログURLhttp://ossanhasiru.hatenablog.com/
サイト紹介文趣味のランニング、習慣、やりたいこと、感じたことなど、つぶやきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 132日(平均3.1回/週) - 参加 2018/06/03 08:53

トトロー さんのブログ記事

  • サブ3.5の挑戦episode3【2018/10/8 5?TT走】
  • どうも、トトロー( @tm_operao21 )です。シカゴ・マラソンの大迫傑選手。日本新記録おめでとうございます。カッコ良すぎですね。 今回、ネガティブ・スプリットが功を奏したようですが、25?過ぎから1分以上も上がったペースを余裕でクリアしたそうです。本当に、「大迫傑半端ないって」ですね。オレゴン・プロジェクトのキャップ、ウェアかっこいいですよね。オレゴン・プロジェクトの公式ホームページから購入できるようです。 [続きを読む]
  • サブ3.5の挑戦episode2【2018/10/6 30?走】
  • どうも、トトロー( @tm_operao21 )です。6週目の土曜日は、5?TTの予定でした。けど、台風25号の影響で日曜日の気温が30°Cを超える予報であったため、日曜日のLSD2時間と入れ替えることにしました。2週間前にも30?走を行ったのですが、軽い脱水症状で25?でダウンしたため、今回は、小まめに水分補給して、サブ4ペースで完走することを目標に練習を開始しました。練習場所は、私のホームグランドである埼玉スタジアム2002で [続きを読む]
  • サブ3.5の挑戦episode1【2018/10/3 ペース走】
  • どうも、トトロー( @tm_operao21 )です。 日テレの「サブ4!!」を初めて見ました。函館マラソン大会での完結の場面で、惜しくもサブ4は達成できなかったようですが、 全力で頑張る姿に感動しました。10月4日からシーズンIIが始まるようなので、今回は最初から全部見ようと思っています。楽しみ!!さて、私は去年、さいたま国際マラソンで念願のサブ4を達成したため、今年の目標は、サブ3.5を目指しています! [続きを読む]
  • ダイエット時の体重記録を継続するための方法
  • どうも、トトロー( @tm_operao21 )です。さて、今回はダイエット時の体重記録が継続できるようになった私のやり方のご紹介です。ダイエットを始めてから気になるのは、やはり体重の変化だと思います。けど、中々毎日記録するのって難しくないですか?私も継続できなかった、その一人なのですが、以下のことを行うことにより継続できるようになりました。1.服を着たまま計測する体重を正確に測らなければという思いが強く、服を脱 [続きを読む]
  • 「さぬきうどん」、「骨付き鳥」を食べてきました!
  • どうも、トトロー( @tm_operao21 )です。さぬきうどん「溜」香川県といえば、「さぬきうどん」ですよね。さぬき市の長尾にある「溜」さんで、うどん食べてきました。 『暑い日は冷たいうどんがいいかもね!「さぬきうどん 溜」さん。』by セン太郎 : 溜 (タマリ) - 造田/うどん [食べログ]私が10年前に住んでいた頃からあったお店です。12時過ぎお店に到着した時は、お客さんがかなり並んでいましたが、さぬきのうどんは、基本セ [続きを読む]
  • 丸亀城にランで登ってきました
  • どうも、トトロー( @tm_operao21 )です。 8月13日から香川県に帰省しています。 私の実家は、丸亀市にあり、帰省前から久しぶりに丸亀城にランで登ろうと思っていました。久しぶりといっても小学生に登って以来なんですけどね。丸亀城は、高さ日本一の高さを有する「石垣の名城」として有名で、現存十二天守の一つです。入り口の案内板に天守まで10分と書いてありました。入り口に待ち受ける急坂。走って登ったらどれくらいな [続きを読む]
  • ドコモの先月の残パケットが繰り越されなかった理由
  • どうも、トトロー( @tm_operao21 )です。久しぶりの投稿となります。なかなか毎日投稿するのは難しいですね。先月、苦労して残した1GBのパケットが無駄になってしまったという話です。私の家族は、私と妻、息子で、シェアパック(5GB) + U25のボーナスパケット(1GB)の計6GBを使っています。私と息子が大量にパケットを使い、最近、上限値を越えて低速状態になることが多いため、ドコモのパケット上限値設定サービスを利用するこ [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」7/22 フグの毒でも
  • どうも、トトロー( @tm_operao21 )です。今日は、「 フグの毒でも 」というお話しです。我が国では、せっかくいいものが発明されても、万に一つでも欠陥があれば、それですべてだめ、とする傾向がある。それは言ってみれば、フグの毒を発見してフグのをたべるのを一切やめてしまうようなもの。 フグの安全な調理に成功した昔の人に笑われないよう、物事を前向きに考え、せっかくの科学技術の成果を十分に活用できるだけのちえを、 [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」7/21 "世間は神の如きもの"に
  • "仕事の上手"に事業が大きくなってくると、仕事も複雑化して、いろいろな問題が発生します。その問題の解決策は、 "世間は神の如きもの、自分のしたことが当を得ていると、世間は必ずこれを受け入れてくれるにちがいない" という考えだそうだ。正しい仕事をしていれば悩みもおこらないし、悩みがあれば自分のやり方を変え、それが正しいかどうか、世間が受け入れてくれるかどうかで判断すればよい。だから、この正しい世間とともに [続きを読む]
  • 【週記】ランニング 2018/7/16-2018/07/21
  • 7月13日から14日にかけて富士登山に行ってきました。ご来光を見るために、8合目の山小屋を22時半に出発。出発までの睡眠時間は、約1時間半ありましたが、殆ど眠れませんでした。服装も上はウエアの下にTシャツ1枚、下はズボンだけで、スパッツ等は履いていなかっため、寒いは、眠いは、また、高山病になったのか頭痛いはで、とてもきつかったです。途中、渋滞となりましたが、ガイドさんが気をきかせてくれて、下山道から登るよ [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」7/20 "仕事の上手"に
  • "仕事の上手"に[弓道の達人域に達すると、目隠しをして矢を放っても、的を射るそうです。しかし、名人の域に達するには一朝一夕でできることではなく、一矢射るたびに必ず検討を加え、工夫を重ねて、一歩一歩上達していきます。それは、仕事も同じで、仕事の成果を検討することに努めれば、”仕事の名人”とまではいかなくても、 "仕事の上手" にはなれるというお話しでした。PDCAの重要性は、頭では分かってはいるのですが、 [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」7/19 会社の病気は早期発見
  • 会社の病気は早期発見["会社の状態がちょっといかんなあ"と気がづいたときには、もう末期の状態で手のつけようがないということが往々にしてあるわけです。プロジェクトにおいても同じで、リスクが顕在化する前にリスクコントロールする必要があります。そのためには、リスクを予め洗い出し、顕在化しないようにマネジメントすることと、兆候がでたらどう対処するか予め検討しておくことが重要だと思います。"この点に欠陥があるな [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」7/18 公事のために人を使う
  • 公事のために人を使う[みな、その企業が事業を通じて社会に貢献していくために必要なものである、その必要な仕事をやってもらうために人を雇い、人を使っているわけである。私はプロジェクトのリーダーとして、人を使っていますが、そのプロジェクトを通じて社会貢献していく目的を明確にしておかなければ、ただ作業をこなすためだけに、人を使ってしまうんだなと感じました。常に社会の公器としての企業の使命というものに照らし [続きを読む]
  • 糖質ダイエットをはじめます
  • はじめたきっかけ毎朝、体重、体脂肪率の測定を行っています。体重は57.5kgから58kgの辺りを推移しています。。体脂肪率は日によってかなり変動が激しいのですが、感覚的な平均で19%から20%です。また、ラン中もお腹のあたりが重くて気になり、スピードがのってきません。お腹の見た目も以前に比べるとたるんでいるように見えます。そこで、体脂肪率から脂肪がつきすぎていることが原因だと判断し、糖質ダイエットを行うこに決めま [続きを読む]
  • 2017シーズン埼玉マラソングランドスラムを達成しました!!
  • 埼玉マラソングランドスラムを達成 !!2017シーズンの埼玉マラソングランドスラムの認定者募集が6月25日から始まりました。私は2017シーズンの認定される権利があるので、申請しようと思っています。埼玉マラソングランドスラムとは埼玉マラソングランドスラム連絡協議会 - スポナビ!サイタマ!埼玉マラソングランドスラムとは、加盟大会で完走すると、以下の認定が授与され、次シーズンの加盟大会に参加された場合に副賞・特典を [続きを読む]
  • ダニエルズ式インターバル走を試してみた
  • 私の今シーズン最大の目標は、第4回さいたま国際マラソンでのサブ3.5達成です。サブ3.5達成のために私のホームグランドである埼玉スタジアムのランコースで、ダニエルズ式V˙O2maxインターバルを実践してみました。インターバルのペースは、ダニエルズさんの計算機で計算しました。サブ3.5は、4'35"/kmと計算されたので、このペースにしました。レストは走行時間と同じかそれ以下の時間がいいとのことだったので、4'35"としました [続きを読む]
  • 私のランニングシューズ一覧
  • 私のランニングシューズ一覧ランのブロガーさんがランニングシューズ一覧を投稿されているのを見て、私も投稿したくなり、投稿してみました。私の現役のシューズは、この4足です。1足ずつ、ご紹介します。asics LYTERACER RS 5 走行距離 752? 第2回さいたま国際マラソンでの初完走、第3回さいたま国際マラソンでの初サブ4を達成した時に履いていた思い出のシューズです。軽くて、クッション性もあり、ハーフでもフルでも走 [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」6/11 小田原評定では
  • 小田原評定では昔の話に小田原評定ということがあります。大軍が攻めてくるということに対して、小田原城の人は、評定に明け評定に暮れてついに負けてしまったという話です。それではいけない、評定は一回で良い、あとは実行だ、そうしてこそ、はじめて成果をあげられるのです。一にも実行、二にも実行です。※小田原評定(おだわらひょうじょう)私の悪い癖で、「あーでもない、こーでもない」と分からないことを考え過ぎて、実行 [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」6/10 一千万円の時間
  • 一千万円の時間単に話を聞いただけでなく、その行為に感謝して、ある種の感慨を持たなければならないことを、私はこの二十五歳の青年に教えられました。松下幸之助が知人から息子が十分でもよいから、会って欲しいと依頼を受けたそうです。十分ぐらいだったらとその依頼を受けたそうですが、後日その知人が、息子が「今日は一千万円儲かった」と喜んでいたという話を聞いたそうです。それを聞いて、松下幸之助は、その考えは偉いと [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」6/9 苦労を希望に変える
  • 苦労を希望に変える仕事のコツを体得するということは、決して楽なわざではないと思います。相当精魂を込めてやらなければならないと思うのです。それはやはり一つの苦労だと考えらます。しかし、苦労であっても、それをやらなけらば一人前になれないのだということを、青少年の間から、常に先輩に聞かされていますと、それは苦痛でなくなってくるのです。それは、希望に変わるのです。子どものころに、「プロ野球選手のなりたい」 [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」6/8 富の本質
  • 富の本質時代によって富についての考え方も変わってきます。これまでは単に蓄積された物が富と考えられてきましたが、その物を生産し得る能力、生産力こそ真の富だとも考えられます。但し、生産力だけを増やせばいいのではなく、いくら生産しても、それが消費されなければ何の値打ちも無い。消費力があって生産力ある。生産力と消費力のバランスを取りつつ増大させていくことが、富の増大であり、繁栄の道もそこから生まれてくると [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」6/7 部下が偉くみえるか
  • 部下が偉くみえるか上に立つ人が自分の部下は偉いと思うか、それともアカンと思うかによって商売の成否が分かれてくるといってもいいように思います。そんなところに経営なり人使いの一つのコツとでもいうものがあるのかもしれません。自分の部下が偉いと思えるということは、部下のことを信頼しているからだと思います。また、信頼されている部下は、逆に上司を信頼しているのだと思います。組織は人と人との集合体であり、そこに [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」6/6 何事も結構
  • 何事も結構とにかく人間にはさまざまな姿があっていいと思うのです。 恵まれた生活も結構だし、恵まれない暮らしも結構、何事も結構という気持が大切だと思います。人はみんなそれぞれ志を立てているが、なかなか思い通りにいかないし、実現しにくい。また、希望とは逆の道が自分には合って成功する場合もある。世の中で自分が分かっているのは1%ほどで、あとは暗中模索することなので、はじめから何も分からないという思えば気 [続きを読む]
  • 松下幸之助「一日一話」6/5 商道徳とは
  • 商道徳とは商道徳とは何かということについては、むずかしい理屈もあるかもしれないが、ごく通俗的に考えれば、商売人としての心構えとでもいうべきものであろう。それは昔も今も同じであり、永遠に変わらないもののような気がする。つまり、商売人としての使命がある。だから、その使命に誠実に従い、ひたすらこれを果たしていくということである。私は、システムエンジニアであるため、商売人としてではなく、システムエンジニア [続きを読む]