あらら? さん プロフィール

  •  
あらら?さん: 食べる!観る!読む!聴く!評論家あらら?公式ブログ
ハンドル名あらら? さん
ブログタイトル食べる!観る!読む!聴く!評論家あらら?公式ブログ
ブログURLhttp://araralunch.work/
サイト紹介文長野県北部住まいの大喰らいオヤジがひたすら食べまくります。
自由文長野県北部住まいの大喰らいオヤジがひたすら食べまくり、観まくり、読みまくり、聴きまくります。何事も美味しく楽しくためになる。これが人生の基本でございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 133日(平均11.7回/週) - 参加 2018/06/03 15:16

あらら? さんのブログ記事

  • 長野市「ごくろう山」ながののエベレスト
  • 【お店のデータ】ごくろう山場所 長野県長野市真島町川合332-3 [地図はこちら]電話 026-284-7283駐車場 ありエベレストネパールと中国の国境上に位置する、ヒマラヤ山脈の一、標高8,848mを誇る世界最高峰である。その神々しいまでの威容は、吸い込まれんばかりの輝きを放つが、山肌はまさしく難攻不落、幾多の勇者どもを跳ねつけ、蹴散らしてきた砦ともいえるのだ。第三次エベレスト遠征隊中でもイギリスの第三次エベレスト遠征 [続きを読む]
  • 上田市「お城の坂道」魅力の城下町
  • 【お店のデータ】お城の坂道場所 長野県上田市大手1-12-23 [地図はこちら]電話 0268-27-6516駐車場 あり上田映劇の始まりと終わり上田映劇という映画館がある。上田市中央なる地籍は、昔から大きな歓楽街であったとのことだ。この場所には明治の時代から芝居小屋があり、大正になってから「上田劇場」として建て替えられたとのことだ。昭和に入り、映画が中心の興行となったため、「上田映画劇場」と改称、それを縮めて「上田映 [続きを読む]
  • 長野市「とんかつ健」立てるは肉の…
  • 【お店のデータ】とんかつ健場所 長野県長野市箱清水2-12-21 [地図はこちら]電話 026-234-1404駐車場 あり明治は遠くに…明治45年は西暦でいえば1911年。したがって、100年以上が経過したこととなる。社会体制も生活習慣も、話し言葉も食べるものも現在とはずいぶんと違ってしまったようだ。思えば遠くに来たものだ。などと観て来たかのように語ってしまうが、とはいえそこは同じ日本人、いや、現代のわれわれの基になだけあって [続きを読む]
  • 長野市「味の鋒八」故きをたずね…
  • 【お店のデータ】味の鋒八場所 長野県長野市平林2-16-36 [地図はこちら]電話 026-243-5240駐車場 あり師の言葉「温故知新」『故きをたずねて新しきを知る』と読む。高校の担任が、卒業に際して黒板に大書したのを30年近く経過した現在もありありと覚えている。曰く「新しいことばかりを追い求めようとばかりするな。まずは目の前の先人たち、親兄弟、先輩方の話に耳を傾け、自らの足元を固めることから始めよ」出会いは新しいも [続きを読む]
  • 佐久市「三月九日 青春食堂」Yes!Thank You!
  • 【お店のデータ】三月九日 青春食堂場所 長野県佐久市岩村田762-5 [地図はこちら]電話 0267-68-1139営業時間 11:30〜15:00、17:00〜21:30 LO定休日 不定休駐車場 あり佐久平佐久平は長野県内でも屈指の地域であると思う。とにかく眺望がよい。雄大な浅間山麓が広がる、悠々とした景色があちらこちらで見られる地域は他にはない。安曇野も悪くはないが、地形や起伏の関係だろうか、スタイルのよさというてんでは佐久平の方を好む [続きを読む]
  • 大町市「豚のさんぽ」遥かなり黒部のダム
  • 【お店のデータ】豚のさんぽ場所 長野県大町市仁科町3168-8 [地図はこちら]電話 0261-85-0129駐車場 なし池田町から大町へ台風雨の中、池田町まで他行である。ひと通り用事を済ませたら13:00を回っている。当然、昼どきである。池田町で美味いものを、と食べログその他、いくつか情報収集したが、今ひとつよい店が見つからない。美味しい店など必ずあるはずだが、今の場に間に合わない。調べてからくればよかった。もう少し、時 [続きを読む]
  • 上田市「ミルキーウエイ」上田らしさと昔のファミリーレストラン
  • 【お店のデータ】ミルキーウエイ場所 長野県上田市神畑乙57-1 [地図はこちら]電話 0268-25-0823駐車場 あり「無言館」1日、上田を訪れることとなった。「無言館」見学がその主目的であった。「無言館」とは第二次世界大戦で没した画学生の慰霊を掲げて作られた美術館で、美術館「信濃デッサン館」の分館として1997年に開館した。Wikipediaよりという。館主は窪島誠一郎という方だ。水上勉を父に持ち、著作家・美術評論家として [続きを読む]
  • 長野市「ロジェ食堂」市内某所でいただいたおしゃれなお弁当
  • 【お店のデータ】ロジェ食堂場所 長野県長野市岡田町166-1 1F [地図はこちら]電話 070-1541-3800ランチ:11:00〜14:00カフェ:14:00〜16:00ディナー:17:00〜20:00夜は金曜日のみ営業定休日:土・日・祝日(不定休&臨時休業あり)駐車場 なし研修会研修会である。といって、あるメーカー主催のものだからさして緊張するものではない。いや、仕事に使うものだし、せっかく用意してくれた席なので、大いに緊張しなければならな [続きを読む]
  • 坂城駅「フライパン」歴史の街の洋食屋さん
  • 【お店のデータ】フライパン場所 長野県埴科郡坂城町中之条847-1電話 0268-82-6193駐車場 あり坂城町坂城はなかなか面白い町だと思う。主街道を挟み込んだ谷間のような地形という、地政学的な要因もあり、東北信地域を司る重要な地でもあった。戦国時代には村上義清という優秀な武将がいたし、その後は鉄の町、現在精密機器工業での発展と、あれほど小さな町なのに見どころがありすぎる。歴史好きにとって、ここほど面白い場所はな [続きを読む]
  • 【昼飯days】ねばとろそうめん
  • 久方ぶりに自宅での休日である。暑いので外に出る、という気になれないこともある。したがって、自宅でゴロゴロというわけだ。Amazonプライム・ビデオに「ラッカは静かに虐殺されている」がアップされた。先だって観たばかりだが、もう一度観直すことに。…といって、一気に観るには重すぎる。ゆっくり休み休みしながらの視聴だ。観終えたらちょうど昼どきである。暑熱はますます高じるばかり、この際は家にあるもので昼食としよう [続きを読む]
  • 【映画days #12】小人の饗宴(1971)
  • ヴェルナー・ヘルツォークの長編第2作である。「アギーレ/神の怒り(1972)」でぶっ飛ばされた身としては、ぜひとも体験せねばならないだろう。「小人の饗宴」ドイツの片田舎にある、障害者施設での1日を描いた作品である。低身長症を患う彼らが、管理者のいない間に、日頃の鬱憤を晴らそうと暴れ回る、というストーリーである。このように書くと、首尾一貫したお話にみえるが、じつのところはひたすら小人(差別語に非ず、そのよ [続きを読む]
  • 長野市「ケーキ屋Sun」メロンのまんま
  • 【お店のデータ】ケーキ屋Sun場所 長野県長野市三輪4-4-1電話 026-217-8231駐車場 あり誕生日家内が誕生日であるという。実際には4日ほどのちの事であるが、そんなものは誤差のうちであろう。めでたい、と素直に言ってよいのかどうかは定かではない。若者たちのように、はしゃいでよい年齢でもあるまい。とはいえ、さしたる病もなく、障害もなく50数年これた事は、少しは寿いでやっても罰は当たらないであろう。あくまでもほどほど [続きを読む]
  • 長野市「某クリニック」健康診断とみーるマーマの素敵なお弁当
  • 「健康優良幼児」というものを受けたのは幼稚園の時であったろうか。平均以上の体躯の、大きな病のない元気な子供を表彰してくれるものだ。誠にありがたい事で、以降大病した事がない。以来数十年経過したが、健常な状態であるわけもない。日頃鍛えていることもないとなれば、やれメタボだ成人病だと様々なものを抱え込む事となる。やれやれ。今回も年一度の検診である。身長体重視力聴力胸レントゲンに胃カメラとひと通り済ませ終 [続きを読む]
  • あらら?冒険記 木曽路施餓鬼法要編
  • 木曾の道木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。とは、島崎藤村「夜明け前」の冒頭部分である。描かれているのは幕末期、執筆されたのは昭和初年であるが、なに現代もさほどには変わらない。木曾川ぞいをうねうねと蛇行しながら行く道は、まさしく「隘路 [続きを読む]
  • お盆とTwitterのある風景
  • Twitterを始めたのは2007年だったか。GREEだのmixiとはまた違う、言いっ放しで面白いよ。と、友人に誘われて始めたものの、最初は勝手が分からずにいたのだが、昼ごはんのことやら、読書の事を書きとばすうちに、「短文できめる」ことの面白さに気づいて、一時ドはまりしていた事がある。そして数年イヂくり回すうちにFacebookと出会い、TwitterにはBOT仕込んで放置して、昨年暮れから再開して。という、B型気質丸出しで現在に至る [続きを読む]
  • 【映画days #11】コスタリカの奇跡 〜積極的平和国家のつくり方〜
  • 多事争論多事争論とは福沢諭吉が好んだ言葉として有名である。「自由の気風は唯多事争論の間に在りて存するものと知る可し」「単一の説を守れば、其の説の性質は仮令ひ純精善良なるも、之れに由て決して自由の気を生ず可からず」自由とは、違う立場、違う意見を持つ者たちが議論をすることの中にある。単一の議論は、たとえすなおなよいものであっても、決して自由とは言えない。というほどの意味か。まことにあって然るべき態度で [続きを読む]
  • あらら?冒険記 大腸鏡編
  • 健康診断とその結果先々月の健康診断の結果は、想像よりもよいものであったといえる。…よい、という表現はやや微妙なものである事は素直に認めよう。喫緊の、あるいは至急の治療や投薬が必要ないだけで、メタボではあるし、現在の通院と治療を忘れずしっかり行え。歳も歳だから、暴飲暴食は避けよ。との事であった。ただ一つ、「要検査」とされたものがある。便潜血+要するに、大便に血液が混ざっているよ。大腸に何か、疾患があ [続きを読む]
  • 【うなぎdays #4】長野市「うなぎの宿 住吉」
  • 【お店のデータ】うなぎの宿 住吉場所 長野県長野市箱清水2-19-31 [地図はこちら]電話 050-5890-9500駐車場 ありうなぎとのおつきあい貝塚などからの出土状況から分かるように、うなぎは少なくとも、縄文時代から食べられていたという。また、「万葉集」にも登場することから、かなりポピュラーな存在だったと言われている。「蒲焼き」という言葉は「鈴鹿家記」という室町時代に成立した書物に登場するが、現在の製法とは違って [続きを読む]
  • 【うなぎdays #3】長野市「花ぶき」斎藤茂吉とうなぎと
  • 【お店のデータ】花ぶき場所 長野県長野市箱清水1-10-24 [地図はこちら]電話 026-234-7337駐車場 あり(ただし少ないのでお店の方にお訊ね下さい)斎藤茂吉歌人で精神科医であった斎藤茂吉(1882-1953)はとにかく、真面目一方の人物であったそうだ。有名な小宮豊隆(1884-1966)との論争〜松尾芭蕉「しづかさや岩にしみ入る蝉のこゑ」のセミがアブラゼミであったか、ニイニイゼミであったかを大真面目に論じ、小宮が半分投げて [続きを読む]
  • 【うなぎdays #2】長野市「浜名屋」平賀源内とうなぎと私
  • 【お店のデータ】浜名屋場所 長野県長野市南長野県町600電話 026-232-7411駐車場 ありそもそも、夏の土用の丑の日にうなぎを食する様になったのは、平賀源内が広めた、という説がある。平賀源内はご存知の通り、江戸時代中期を本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家として生きた、大変な才人である。しかも、そのひとつひとつが超一流とくれば、われわれ凡人は、ただ平伏するし [続きを読む]
  • 【うなぎdays #2】長野市「浜名屋」平賀源内とうなぎと私
  • 【お店のデータ】浜名屋場所 長野県長野市南長野県町600 [地図はこちら]電話 026-232-7411駐車場 あり平賀源内そもそも、夏の土用の丑の日にうなぎを食する様になったのは、平賀源内が広めた、という説がある。平賀源内はご存知の通り、江戸時代中期を本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家として生きた、大変な才人である。しかも、そのひとつひとつが超一流とくれば、われ [続きを読む]