uzu さん プロフィール

  •  
uzuさん: サックス 教室 楽譜 ブログ|Sax Artist uzu
ハンドル名uzu さん
ブログタイトルサックス 教室 楽譜 ブログ|Sax Artist uzu
ブログURLhttp://uzu.digick.jp/blog/
サイト紹介文[サックス教室]大阪(堺)にて、個人レッスン。 [サックス楽譜]ソロ アンサンブル 吹奏楽
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 134日(平均0.5回/週) - 参加 2018/06/03 18:38

uzu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • イエスタデイ・ワンス・モア | カーペンターズ
  • イエスタデイ・ワンス・モア (Yesterday once more)作詞 作曲:リチャード・カーペンター      ジョン・ベティスサックス 編曲:uzu・1973年発表の、カーペンターズの代表曲の1つです。昔ラジオで聴いていたオールディーズを懐かしむ、大人の女性視点の歌です。この後に、オールディーズのカヴァー・メドレーが続き、アルバムの最後に再度「イエスタデイ・ワンス・モア」で締めくくられる演出です。あまり高音域の楽器を [続きを読む]
  • Get Wild | TM NETWORK
  • Get Wild作詞:小室みつ子作曲:小室哲哉編曲:uzu・1987年発表の、TM NETWORK(小室哲哉)の代表曲。アニメ 「シティーハンター」 の エンディングテーマとして、よく知られる曲です。2019年に映画版が公開と言う事で。シティーハンターを見て育った世代としては曲を形にしたいなと、製作しました。映像製作の為に、歌詞を読みましたが。この曲が、失恋した自分を鼓舞する歌だと言う事に初めて、気が付きました/アルトサックス  [続きを読む]
  • バッハ 無伴奏 チェロ組曲 第4番
  • バッハ 無伴奏 チェロ組曲 第4番作曲:J. S. バッハ(1685 ? 1750)編曲:uzu・チェロ組曲の中では、バリトンサックスと同じ調性の、[ Es Dur ] の曲ですので。サックスの楽譜にすると、調号(#♭)が無しになります。中上級者向けのエチュードや、バリトンサックスの、ソロコンテスト用としても使える、組曲だと思いますが。集中力の持続が必要な、内容になっています。・1. 前奏曲2. アルマンド3. クーラント4. サラバン [続きを読む]
  • ホームページ リニューアル [2018]
  • 10年ぶりに、ホームページのリニューアルを行いました。楽譜販売のページをECサイト仕様に変更したのを切っ掛けに。ホームページも、スマホ対応を意識した型を採用しました。情報量が多いので、不具合も多いと思いますが。可能な限り修正しながら運営します♪(日本語版のみ。英語版は、時間を見て取りかかります。)・Sax Artist uzu [サックス 教室|楽譜|大阪 堺]http://uzu.digick.jp/ [続きを読む]
  • ペールギュント 第1組曲 (1891)
  • ペールギュント 第1組曲 作品46 (1891)作曲:E. H. グリーグ (1843 ? 1907)編曲:uzu・戯曲「ペール・ギュント」の為に作曲した、グリーグの代表作の一つです。管弦楽用の組曲が有名です。今回のサックス版は、グリーグ自身が、ピアノ独奏曲として編曲した物を元にしました。1. 朝2. オーセの死3. アニトラの踊り4. 山の魔王の宮殿にて少しダークな世界観の曲が多いですが。一般的によく知られた曲も多く。楽章ごとの、曲想も分 [続きを読む]
  • パート・オブ・ユア・ワールド
  • パート・オブ・ユア・ワールド(1989)作詞:ハワード・アッシュマン作曲:アラン・メンケンサックス編曲:uzu・1989公開のディズニー映画「リトル・マーメイド」より「パート・オブ・ユア・ワールド」を編曲しました。映画は、長く愛される名作ですし。ミュージカル版も、大盛況の様です/名曲揃いの作品ですが。特に、パート・オブ・ユア・ワールドは、本作品のテーマ的な曲で。切なく、純真な、16歳の憧れの気持ちを歌った曲 [続きを読む]
  • ディベルティメント K.136 | W. A. Mozart
  • Divertimento in D major, K.136 (1772)作曲 : W. A. モーツァルト (1756 ? 1791)サックス編曲:uzu・モーツァルトの最も有名な作品の1つをサックスアンサンブルに 編曲しました。16歳で 作曲したそうですので。センスの良さに 驚かされます。弦楽4重奏として書かれたとされていますが。弦楽合奏としても使えますので。人数を増やして、中〜大編成としても演奏可能です。サックスの場合は、重音が使えないので。高音域のパー [続きを読む]
  • 過去の記事 …