ぱたる さん プロフィール

  •  
ぱたるさん: ぱたるの30代・40代にオススメしたいお金の話
ハンドル名ぱたる さん
ブログタイトルぱたるの30代・40代にオススメしたいお金の話
ブログURLhttps://patal.info/
サイト紹介文米国ETF、投資信託、節約術などのブログ。ぱたるが独自の視点でお金の話を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 107日(平均1.8回/週) - 参加 2018/06/04 08:26

ぱたる さんのブログ記事

  • 初めての資産運用は月々300円から
  • 20代〜40代の投資初心者向けの資産運用先生「は〜い、皆さん、遠足のおやつは300円までですよ〜」とか、銀魂でよく銀ちゃんが、「お願い!300円あげるからぁ〜!」などと、日常生活によく登場する金額と言えば「300円」ですよね? こんにちは。「300円をこよなく愛する会」会長のぱたるです。 今回は、20代〜40代の投資初心者の方に向けて、「ちょっとしたコツ」を知れば、「資産運用は怖くない!、難しくない!」をテーマに話した [続きを読む]
  • HDV銘柄入れ替えの基準、その真実を探る!後編
  • HDV銘柄入れ替えの基準、その真実を探る!前編からの続きETFリーグではダメな選手(銘柄)はトレードされる「ETFリーグ」には、若手をじっくり育てるチームがあれば、フリーエージェントで有名選手を連れてくるチームもあります。 成績が芳しくない選手は当然トレードの対象になります。それが群雄が割拠している「ETF...HDV銘柄入れ替えの基準、その真実を探る!前編 - ぱたるの30代・40代にオススメしたいお金の話 除外された15 [続きを読む]
  • HDV銘柄入れ替えの基準、その真実を探る!前編
  • ETFリーグではダメな選手(銘柄)はトレードされる「ETFリーグ」には、若手をじっくり育てるチームがあれば、フリーエージェントで有名選手を連れてくるチームもあります。 成績が芳しくない選手は当然トレードの対象になります。それが群雄が割拠している「ETFリーグ」のルールです。 HDVはすぐに選手(銘柄)の首を切るチームそんな多くの猛者が集まるETFリーグでも異彩を放っているのがチーム「HDV」正式名称は「iシェアーズ・ [続きを読む]
  • 投資信託は5つのカテゴリに分けて考える
  • 西暦2050年の投資信託(2050年の正月。爺やと孫のお金の話) 孫「ぱた爺、なんか忘れてない〜?」ぱたる「ほっほっほ、お年玉じゃな? 忘れておらんぞ。どれ、スマホを出しなさい」「シャキーン、お年玉アプリ起動したよ」「ほっほっほ、『シャキーン』は今でも言うのか? 素早い動きにはこの語感が合っているのだろうな。シャキーンっていうテレビ番組もあったし、『あんちゃんカッコいい』とか言ってた芸人もいたな・・・たし [続きを読む]
  • One Tap BUYでおすすめはブル3倍のSPXL
  • One Tap BUY(ワンタップバイ)で何買う?CMでおなじみのOne Tap BUY(ワンタップバイ)。 これから買おうとしている人、口座開設するか検討中の人、様々だと思いますが、欲しい銘柄のイメージはぼんやりとできているのではないでしょうか? さて、そんな貴方の欲しい銘柄を、私がズバリ当てましょう。 ・・・ あなたの欲しい銘柄は「個別株」ですね? 貴方(・・・) それも「米国の個別株」ですね? 貴方(・・・) それは、アル [続きを読む]
  • 資産形成は51歳がタイムリミット
  • 資産運用ならいくつになってもできますが、「資産形成には時間の限界がある」と私は考えています。 当ブログは30代、40代向けこのブログのタイトルは「ぱたるの30代・40代にオススメしたいお金の話」 なぜ、このタイトルを付けたかと言うと、30代・40代になると、結婚や子育て、住宅購入、老後の生活資金など、「お金に向き合わざる得なくなってくる」のがその年代に多いからです。 これが10代、20代だと、住宅や老後はまだピンと [続きを読む]
  • 私が個別株でなくETFを買う5つの理由
  • 投資と言えば個別株世間一般のイメージはそうでしょう。他にも投資信託や不動産投資などもありますが、やっぱり投資と言ったら株、株と言ったら個別株。それは「ETF」が知られてないから、株=個別株になっているのかもしれません。 個別株 VS ETF「個別株とETFはどっちがいいか?」の主張は、本やネット記事でよく見ます。 大きく派閥を分けると、個別株派ETF派使い分け派の3タイプに分けられるでしょう。 結論からいうと、私はET [続きを読む]
  • つみたてNISAのアクティブファンドはS&P500に勝てる!?
  • 2018年1月からスタートしたつみたてNISA。 金融庁のお墨付きにより、厳選された投資信託から選べるのが「つみたてNISA」です。大きく分けると、インデックスファンド 135本アクティブファンド 17本このように分かれています。合計152本。(2018年7月20日現在) アクティブファンドは全体の11%ほど。少ないですね。アクティブファンドはイマイチなのでしょうか? その辺を探っていきたいと思います。 つみたてNISAをやってる人 [続きを読む]
  • 投資の初心者が「絶対にやってはいけない投資」後編
  • 悪の投資Sランク〜Bランク悪の投資の後編です。前編では以下S〜Bを紹介。 Sランク【魔王】金融機関を通さない株式・社債への投資Aランク【悪魔】投資額がマイナスになる投資Bランク【鬼】金融機関の「窓口や営業マン」からの投資前編はこちら日本人は投資に否定的当ブログでは、投資経験者と共に、特に「投資の初心者」に向けても解りやすく情報を発信していきたいという意図があります。 「でもどうしたら初心者に解りやすく伝え [続きを読む]
  • 投資の初心者が「絶対にやってはいけない投資」前編
  • 日本人は投資に否定的当ブログでは、投資経験者と共に、特に「投資の初心者」に向けても解りやすく情報を発信していきたいという意図があります。 「でもどうしたら初心者に解りやすく伝えられるだろう?」「そもそも多くの日本人は投資に不安感を持っていて、何かをお勧めする以前に心にシャッターが降りているのでないか?・・・」「でも、このサイトにたどり着いている時点で積極的な人か?・・・うーん、どうなんだろう?」そ [続きを読む]
  • 食費節約に業務スーパーがオススメな4つの理由
  • 家賃は無理でも食費は下げられる一人暮らしの方や、家族の家計を預かっている方にとって生活費で最もかかるのが家賃。その次が「食費」ではないですか? 「家計をやりくりするために節約しなきゃ・・でも、家賃はそう簡単に下げられない・・だったら食費を見直そう」と思う方は多いのではないでしょうか。 そんなあなたに強い味方、【業務スーパー】を紹介します。「業務」と書いているので業者専用と思いがちですが、一般客も買い [続きを読む]
  • 投資本【ほったらかし投資術】は時々読み返したくなる
  • FXに限界を感じていた私は以前、FXをやっていましたがやめました。理由は、 ある一定の金額までしか稼げない収支の波がありすぎる 爆発的な利回りはなくていい。その代わり、安定した利回りの投資はないものか・・・?そんなとき出会ったのが投資本【ほったらかし投資術】でした。 投資本【ほったらかし投資術】に出会った安定した投資を求めて情報収集している中、インデックス投資のメリットがわかってきました。 そんなとき、た [続きを読む]
  • 「私がウェルスナビをやめた8つの理由」後編
  • ウェルスナビのデメリットは以下の8つ前編からの続きです。ウェルスナビのデメリットは以下8つ。1.08%の手数料が高い2万円以上ないと買付してくれないDeTAXの良さがわからないVTIを売るな!金とか債券とかはいらないNISAの利用ができない始めるのに30万円必要手数料割引がセコイ その中でも1番の、「1.08%の手数料が高い」が最も収益に悪影響があり、大きなデメリットです。その他の理由は前編でお伝えしました。前回の「私がウ [続きを読む]
  • 「私がウェルスナビをやめた8つの理由」前編
  • 1年弱でウェルスナビを解約したロボアドバイザー、通称ロボアド。その中でも最も人気があるのがWealthNavi(ウェルスナビ)です。 私は、ウェルスナビを2017年の7月に開始しましたが、今年2018年の5月で解約しました。期間は約10ヶ月ほど。 100万円の投資で手数料10800円は高い!ウェルスナビを解約した理由はいろいろありますが、一番の理由は1%の手数料が高いから。(税込だと1.08%)理由は、ほぼこれに尽きるといってもいいで [続きを読む]
  • 寝苦しい夜にはNクール! 費用対効果は利回り5.3%!?
  • 寝苦しい夜が続く今年は例年より早く梅雨明け。 おかげで日中はもちろん、夜も寝苦しい日が続いています。日中の仕事や家事で疲れた体。夜はぐっすり眠って疲れを癒したいですよね? エアコンで冷え冷えにしないわけ寝苦しいのは暑いから。つまりエアコンで冷え冷えにしないから暑いわけですが、理由は、電気代がかかる体調を崩すこの2つ。 つまり、「安くて体に優しい方法で熱帯夜を乗り切りたいんです!」 ぱたるの熱帯夜対策こ [続きを読む]
  • 米国株のドル転(ドル買い)で失敗しない2つの方法
  • ドル転するなら住信SBIネット銀行米国株を買うためのドル転(ドル買い)で失敗しないためには、「どこでドル転するか?」が重要です。 いきなり結論ですが、2018年7月現在、手数料の安さと利便性を兼ねた最良の答えは、「住信SBIネット銀行で決まり!」です。理由は、為替手数料が1ドルあたり4銭と業界最安。SBI証券との連携もスムーズだからです。 詳しくは前回記事を参照ください。「コスト、使い勝手、安全」でイケテル証券会社 [続きを読む]
  • 米国株買うなら「SBI証券とマネックス証券」どっち?
  • 「コスト、使い勝手、安全」でイケテル証券会社を選ぶここ数年の米国経済の好調や、投資環境が整ってきたおかげで米国株を始めた方も多いのではないでしょうか? 「グーグルやアマゾンを買いたい!」という方や、「S&P500をインデックスとしたETFの素晴らしさを知った」という方もいるかと思います。じゃあ、どこの証券会社を選んでその商品を買うか?ネットで調べればいろいろオススメの会社はでてくると思いますが、ポイントは「 [続きを読む]
  • PFFは「高配当のスーパースター」
  • HDVはS&P500に負ける?前回のぱたるのポートフォリオでもお伝えしていますが、私のメイン銘柄は米国ETFのひとつ、HDVです。 前回は私のアセットアロケーションを紹介しました。 以下のグラフが現在の私のアセットアロケーションです。 前回もお伝えしましたが、改めてアセットアロケーションとポートフォリオを説明します。ご存知の方は飛ばし読みしてください。 アセ...ぱたるのポートフォリオ公開-2018年5月 - ぱたるの30代・40 [続きを読む]
  • ぱたるのポートフォリオ公開-2018年5月
  • 前回は私のアセットアロケーションを紹介しました。 先人たちのアセットアロケーションは?面白い投資ブロガーの記事や、参考になる投資本を読んでいる時にふと気なるのは、その人自身のアセットアロケーションやポートフォリオはどうなのか? ということです。ブログ上でオススメしている銘柄を自分自身で売り買いし...ぱたるのアセットアロケーション公開-2018年5月 - ぱたるの30代・40代にオススメしたいお金の話以下のグラフ [続きを読む]
  • ぱたるのアセットアロケーション公開-2018年5月
  • 先人たちのアセットアロケーションは?面白い投資ブロガーの記事や、参考になる投資本を読んでいる時にふと気なるのは、その人自身のアセットアロケーションやポートフォリオはどうなのか? ということです。ブログ上でオススメしている銘柄を自分自身で売り買いしていたら言葉に説得力がでますよね? 当ブログでは米国株を中心にしてETFや投資信託を紹介していますが、運営者ぱたるは実際どうなのか?と、その前にアセットアロ [続きを読む]
  • 投資信託の99%はダメ商品 ①iDeCo(イデコ)の商品はつみたてNISAの中から選ぶ
  • 一つだけ投資をするならiDeCo(イデコ)がオススメ投資の種類や商品はたくさんあります。 不動産投資、株式、債券、金、先物、投資信託、FX、仮想通貨・・・まだありそうですね。上記の中でも、国内投資、海外投資に分かれたり、先物だったら金、銀、原油、とうもろこしなど商品によって分かれたりしているため、世界中に金融商品は何千何万とあるでしょう。 特に、会社員など収入がある方で、投資の中で一つだけ選ぶとしたら私はi [続きを読む]
  • 外貨MMFはオススメしない理由 ④米国ETFの待機資金はどこに置く?
  • 前回の内容は、「FXと外貨預金のメリット、デメリット」と、「オススメ証券3社」というものでした。前回記事前回の内容は、楽天銀行から住信SBIネット銀行のコンボ技を使い、「ドル転して金利0.4%を得る」と、「外貨預金のデメリットについて」というものでした。前回記事 米ドル買いでFXと外貨預金の比較FXのメリット 為替手数料が安い=1ドル0.3銭(住信SBIネット銀...米ドル買いでFXと外貨預金の比較 ③米国ETFの待機資金は [続きを読む]