あかり さん プロフィール

  •  
あかりさん: 風俗以下の嫁
ハンドル名あかり さん
ブログタイトル風俗以下の嫁
ブログURLhttp://ikanoyome.blogspot.com/
サイト紹介文離婚に向かうのか、現状維持なのか...悩める主婦の日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 67日(平均4.6回/週) - 参加 2018/06/05 13:45

あかり さんのブログ記事

  • 良く言えば寡黙
  • 夫は基本的に大事な所で黙っている事が多い。大事な事というか基本的な事ですら黙っていて苦労させられる。夫が帰宅後予定があると言っていたので一人で二人子供を連れて買い物に行った。子供を二人連れて買い物へ行くのは結構大変だ。重たい物を買うなら尚更である。雨が降っていたり、グズグズ言い出したりするとこれまた大変度が増す...。でも世の中のお母さん達は皆一人でこなしているのだから私も甘えずに日々頑張らなければ [続きを読む]
  • 台風が全部もっていってくれればいいのに
  • 台風のおかげか少し涼しく感じる。あっという間にお盆がやってくるというのにまた気まずい状況だ。気まずいついでだし、全ての予定をキャンセルしようかと思うほどだ。夫の事、どう理解していいか分からない。季節の変わり目はどこかへ一人で行きたくなる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夏の行事
  • この頃、他府県にある大きなプールへ家族で行ったり、友人とBBQをしながら自宅のプールで遊んだり、お祭りへ出かけたりしてもちろん私もだが、私の周りの皆も楽しく過ごしていたように思う。今週末には遠方に住む姉が帰ってくるので、またBBQをしようと思っているし、楽しい予定が盛り沢山だ。夫とも大きな喧嘩はしていないしストレスも少なくいい環境だったのだが、夜になると寒気がするようになってきた。夫が手を繋ごうとしてく [続きを読む]
  • 浴衣
  • 8年ぐらい買ってなかった浴衣を今年新調した。もともと着物が好きだったが、妊娠出産子育てと続き全く着れなかった。ようやく落ち着いたので、今年は浴衣でお祭りに行きたいなと思い購入に至ったのだが、着ていく相手がいなくなりもったいない事をしたな...とがっかりしていたところ、友人が誘ってくれたのですごく嬉しい気持ちだ。結婚してからこうして自分の為にドキドキすることや、ワクワクする機会はほとんどなかった。夫も同 [続きを読む]
  • 海外で生活する友人に暑中御見舞とバースデーカードを送った。送ってから10日ほどで着いたようだ。お互い、結婚式にスピーチするほど仲がよく、今会って話せないのがすごく寂しい...。私にとって話すということはかなり重要なことだ。夫とまともに会話しなくなり気づけば数年経ってしまったが、今後も継続しそうだ。会話というか、夫は話を聞いていない事も多い。聞いていても覚えていないのだ。洗濯物を干してくれるのはすごく助 [続きを読む]
  • 水とバケツ
  • 子供達がプールで遊んでいたのを主人が見守っていた。外はいい天気ですごく暑かったが、子供は遊びに夢中だったから少しぐらい二人で話すいいチャンスかと思って久しぶりに隣に座って今の私達について聞いてみた。「仲直りしたいと思ってるんやけど...」と話しかけた途端突然水遊びを始めたのだ。いつもの片手間にしか私の話は聞けない態度をあからさまにとってきた...。だからプールの水を2回ほど顔にかけた後、ついでに水をかけ [続きを読む]
  • 誰かと本音で話し合いたい
  • 夫は私の話を聞かなくなった。子供の事や、家の事等連絡事項は話すが、私の心で抱いている精神的な内容には一切興味を示さない。私がどんなに真剣に話していても、片手間(ゲームをしだしたり、漫画を読みながらだったり、家事をしながら等何かしながら)でしか聞いてくれないし、メールやラインで送っても無視するようになったので、私も話さなくなった。だからすごくにこやかな家庭を演じられているが私自身誰かに聞いてもらった [続きを読む]
  • 心の中
  • 以前はよく子供が寝てから夫婦二人で話をしていたが今は全くしなくなった。夜の静けさがこんなにも居心地悪いとは思っていなかった。子供が寝返りを打ったりすると起きる夫だが、私の為に起きたりはしない。いつ乗り越えられるのだろう、セックスレスやこの夫婦関係...。私だけがいつまでも執着しているように思える。夫はもぉ別の人生を歩んでいる、ただの同居人、気にしないを心がけているがまだなぜか心のどこかで期待している [続きを読む]
  • 滅入ってしまう
  • 私から夫にどんなに歩み寄っても全て否定か拒否され続ける毎日。確かに夫はいい父親だろう、よそから見ればいい夫だろう。年に一回は海外旅行に連れていってくれるし、私が一人ででかけても文句は言わない。育児も家事もこなし、安定した職業でそれなりのポジションにいる。でも私の事となると否定と拒否の連続。私だけが我慢していればいいのだろうか?このままずっと一人の人として見てもらえることもなく、一生一緒にいなければ [続きを読む]
  • フォアグラ
  • あっという間の連休だった。暑かったので、家で過ごそうかと思ったが、子供のリクエストに応え車で一時間ほどの距離にある施設へでかけた。いつもより30分ほど早く出たつもりだったのだが、到着までに二時間もかかってしまった。さすが連休...。夫とさらなる不仲に発展中だ。友人とフォアグラを久しぶりに食べて美味しかったので、夫にも食べたいなぁと伝えるとネットで買えばいいと言われてしまった。私と出掛けたくないのは知っ [続きを読む]
  • 気分を害するのが上手い
  • 夫のケータイがほったらかしになっていた。気になって見たというよりか、この不仲の原因が第三者によるものであってほしくて見ようとしてしまったがやめておいた。夫に誰か相手がいたってどうしようもない...。地震の日、電車が止まってしまい会えなかった他府県の友人のところへ遊びに行くのだ。明るい気持ちで行きたいというのもあって何も見なかった。でも家を出る前にちょっと苛立つ事があった。夫が耳かきを自分でしていたの [続きを読む]
  • ようやく回復、一安心
  • 子供の体調不良が続いていたがなんとか平熱まで下がった。夫は仕事が忙しく、接する時間が少なかったおかげというと変だが喧嘩していない。子供のことでいっぱいになっていたから何か冷たい事を言われていたとしても気づいていないだけだが。子供から「パパと仲直りした?」と聞かれてしまった。平気な顔して嘘をついてしまった...。喧嘩なんかしてないよというと、分かっているのかいないのかふーんと言われた。仲直りしてほしい? [続きを読む]
  • 飛行機に乗って
  • 一緒にいると居心地が良かったし、お互いにいい距離感だったはずなのに...一人で出かけた後、必ず思うのだ。家に帰りたくない。親だから、妻だから、母親だからそうやってひとくくりの中に放り込まれ、私だけの私じゃなくなってしまった。昔とかいうと何年前だよという感じだが、詩や歌に励まされたり、前向きな気持ちにさせてもらったりしていたが今はもうどんな詩を見ても「卓上の空論」と心の中で思ってしまう。色んな事を経験 [続きを読む]
  • 思い出す事は
  • 子供が突然の発熱で心配だ。気付けば久しぶりにアルコールを飲んでいなかった。朝は元気だったので、自宅のプールで遊んでいたのだが、お昼寝から起きると39度を超えていた。子供が体調不良になると思い出してしまう。産まれて間もない頃や、私が不調な時でもいつだって平気で飲みに行ったり、趣味の為に出かける夫だ。母親なんだからして当たり前、もっとくそみたいな旦那はいっぱいいるという感覚を持っているので私が困っていて [続きを読む]
  • ニキビができてしまった
  • 夫は休日出勤中だ。家に夫がいないだけで心が軽く、悩みも少い。この頃、夫に対していろいろ考えすぎたのか顎にニキビができてしまった...。10年ぶりぐらいにオロナインを買ってみたが効果はあるのだろうか...。もともとニキビは一年に一度できるかどうかというぐらいのものだったので鏡を見てびっくりしてしまった。ついでに口内炎までできている...。考え過ぎは良くないなと顔を見て気付いた。雨続き、各地での災害と家に引きこ [続きを読む]
  • 私にはないもの
  • 娘の誕生日は、朝起きた瞬間「娘、お誕生日おめで〜」と言っていた夫。私の誕生日は何も言わなかったが、やはり娘は可愛いし仕方ない。すごい雨だった。外に飛び出して浴びたかった。気分転換がしたいのか、もぉ今の状態に限界なのな自分が分からない。苛立ってはいけない、冷静に...冷静に...言いたい一言をぐっとこらえる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 冗談を言い合う仲には戻れない
  • 夫にただ必要としてほしかっただけななのだ。夫に私がいなくてはならない存在なのだと態度でも行動でも示してほしかった。今となってはどうでもいい事だが、数カ月前までは辛かった。子育てという緊急事態の連続から少し開放され、私の勝手だがそろそろ男女の仲に戻れると思っていた矢先に女性として見れないだのなんだの言われた。間違ったイエスより正しいノーがほしい時もある。努力する、頑張ると言われるよりかははっきりと「 [続きを読む]
  • 夫から与えられるもの
  • 結婚すれば、幸せや喜びといったプラスの要素が「夫」から与えてもらえると思っていた。結婚=愛だと思っていた自分が恥ずかしい。夫は基本受け身だ。何を食べるか、何を着るか、どこへ出かけるか、セックスに関しても何も決定しない。分かっていたのに今更だがそれがウザい。イエスマンが好きだった。自分の思い通りになる人は心地よかった。今更すぎるが私は今誰かに振り回されたい。私の親の文句は言うのに、自分の親の文句は言 [続きを読む]
  • 夫アレルギー
  • 寝ていると夫が服の下を触ってきたが、寝たふりをした。それになぜかすごく痒かった...。かきすぎて赤くなってしまうぐらい...。夫アレルギーだろうか?産後一度は落ちた体重だが、膝を痛めてからまた太ってしまっていたのだ。夫と不仲になるる前は自分なりに悩んだりして、過食ぎみだったがここ一ヶ月、夫との関係に心の底から割り切れたおかげかダイエットがスムーズにすすみようやく4キロ落ちた。残り6キロだが、夏に出かける予 [続きを読む]
  • ない
  • 地震があって以来乗ってなかった電車に乗った。あの時の事は誰も知らないかのような普通が流れてた。去っていく電車に映る自分に、こんな景色いつぶりだろうと思っていた。夫に子供を預け、海外を飛び回る友人の何度目か分からない送別会という名目の女子会をした。小学生の頃から変わらない皆と夫の事や仕事のこと、今の価値観等別にどってことない話をしただけなのにすごく楽しかった。いつもは夫にどんなお店に行ったとか、どん [続きを読む]
  • 水が持っていってくれる
  • 子どもと一緒にプールで遊んだ。自宅の庭でできるほどの大きさしかないけど、子供達は大喜びしていた。私は足だけ浸かっていたのだが、それでも暑さを忘れてスッキリした気持ちになった。冷たい水が疲れや嫌な事を忘れさせてくれた。嫌な事とはもちろん夫の事だ。外食に行った時、珍しく食べる物を決められなかった夫が私に何か適当に頼んでと言ったのだ。ここで私の思う適当を選ぶと文句しか言われないので、なんとか逃げようとし [続きを読む]
  • そっけなく接する
  • 一緒にいると喧嘩ばかりしていたが、この頃反抗しない、反論しない、そもそも用事がなければ喋らない、連絡しないを徹底している。関係を突然断つのは難しいので少しづつ距離を置いていけば相手にも私の愛がなくなったことが伝わるかなと思っている。夫が家にいるとついついお酒の量が増える...。先日はランチタイムから飲んでしまって、気付けば夕飯時だった。貧乏性が勝ってしまい、家族がバラバラに寝ると夜エアコンをつけるの [続きを読む]
  • 絆が深まる
  • 最近きちんと記事を更新できない。書いた記事が消えてしまうことが多すぎる。絆が深まる瞬間は一緒にいれば夫婦でなくても訪れる。もちろん傷付けてしまう機会も同じだけあると思う。夫と出会った時、私は精神的に不安定だったので夫が白馬の王子だと思ったのだ。両親とのわだかまりや、友人との別れ等本当に辛い時期に助けてくれた。励まし、側にいてくれたのは夫だけだった。そんな関係だったのは過去の話だが...。気付くと私は [続きを読む]
  • 相談したら
  • 母に夫との事を詳しくは言わなかったが、喧嘩中とだけ伝えた。すると欲しいものを買ってあげるから機嫌を直しなさいと言われてしまった。夫の事を本当に愛していたし、大切に思っていた。私が困った時、いつも側で助けてくれたのは夫だけだった。それも今となっては過去の話だが...。夫は時にすごく失礼な事を言い出したりする。私が気にしすぎなだけだと夫には言われたが、私に私の両親の悪口を言ってきたりするし、料理中に具材 [続きを読む]
  • 義父は婿養子
  • 書いていた記事が消えてしまったり、更新がうまくできていなかった...。義父は婿養子だ。ということは、産まれも育ちも義母はずっと実家なので、夫は母親が子供を連れて実家に帰るという経験がない。だからというとおかしいが、私が実家に里帰り出産することを許さなかったし、今でも実家に子供を連れて行くのを嫌がっている。私の母や父が我が家に遊びに来たり泊まりに来る事は全く嫌がらないのに...。家庭の問題は家庭で終わらせ [続きを読む]