くらいむ さん プロフィール

  •  
くらいむさん: 米国株で資産形成の頂へ
ハンドル名くらいむ さん
ブログタイトル米国株で資産形成の頂へ
ブログURLhttp://www.climbstock.com
サイト紹介文中年サラリーマンが、米国株で資産形成を目論みます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 20日(平均8.8回/週) - 参加 2018/06/05 22:38

くらいむ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お金と自由
  • くらいむです。資産運用始めてから、日曜の夜「明日から仕事か〜」と滅入ることが少なくなりました。理由は様々でしょうが、特に大きいのが、・平日の楽しみが増えた(夜の米国市場)・仕事は仕事と、良い意味で割り切った。これも投資を始めたことによるメリットですね。さて資産運用に関する書籍を読んだりすると印象的なフレーズに出会いますが、今日のテーマで言えば、「ノーマネー・ノーフリーダム」*橘玲著「幸福の資本論」 [続きを読む]
  • 社会を理解して踊るのがベター
  • くらいむです。資産形成に取り組み始めてから、色々と考え方や行動も変化してきました。クレジットカードを多用、電子マネーやポイントを活用等々、実践的な話も勿論ですが、一番変わってきたのは「社会とお金を理解して行動する」ことです。例えば毎日の何気無い光景、フードコートで。マクドナルド【MCD】のハンバーガーとコカ・コーラ【KO】をオーダーし、iPhone【APPL】でググりながら【GOOGL】休憩しているとしましょう。美味 [続きを読む]
  • 【XLK】四半期配当(2018年6月)と本日の売買(2018/6/22)
  • くらいむです。ステートストリートのテクノロジーセクターETFである【XLK】から、四半期配当を受け取りました。単価0.255$×5株で、税引き後1.15$の受取になります。少なっ まあNISA口座で少額、お試し買いですので。主な指標(2018年6月22日)は、株価 71.03$PER 23.78分配利回り 1.27%チャートは以下の通り。ここ数年、市場全体を牽引するハイテクセクターだけあって、株価は上昇一途ですね。まあ下がりだしたら、しばら [続きを読む]
  • 【MCD】マクドナルドより四半期配当(2018年6月)
  • くらいむです。世界最大の外食チェーンであるマクドナルドから、四半期配当を受け取りました。単価1.01$×14株で、税引き後10.17$の受取になります。主な指標(2018年6月21日)は、株価 162.56$PER 24.55配当利回り 2.43%配当性向 52.6%チャートは以下の通り。2014年頃は食肉消費期限切れ問題もあって株価も低迷しましたが、フランチャイズ化による経営の効率化もあって、ここ数年は急激な上昇を示しています。ちなみに保有 [続きを読む]
  • ポートフォリオの分散性
  • くらいむです。昨日は日本代表の試合、熱かったですねそして「期待値が低い大会は好成績」のアノマリーも健在のようで。序盤、番狂わせの多い今大会ですが、一般的に見れば、昨日のコロンビア戦が一番のアップセットでしょう。W杯に出場するような選手は、だいたいヨーロッパのトップリーグでプレイしてますから、ワンシーズン終わって疲労困憊。一旦リセットしても、上位を狙う強豪国は長丁場想定で、序盤はコンディションも上が [続きを読む]
  • メインポートフォリオ(2018年6月)
  • くらいむです。資産形成のメインとなる、米国個別株&ETFポートフォリオの再構築を検討しています。ちなみに現在の構成銘柄と比率は以下の通り。※ジュニアNISAやDCの投資信託は含まず。特定/NISA口座に関わらず比率順に並べてますが、改めて見るとかなりカオスな状況です末端のお試し銘柄など、ティッカーが認識出来ないほど…NISAのADR銘柄は放置として、特定口座分は少し銘柄を絞りたい。今年のNISA枠(monex)は既に使いきった [続きを読む]
  • サッカーW杯とお金の話
  • くらいむです。サッカーのW杯が開幕して連日盛り上がってますね。寝不足の方も多いのでは?え、そうでもない?まあ日本代表も期待感低そうですし、サッカー好きしか興味ないかも。かれこれ30年近くW杯見続けてきましたが、株式投資始めてからは初めての大会です。そのせいか金融リテラシーの変化に伴い、違った視点で観てしまいます。一言で言えば「ますます巨大化するサッカービジネス」です。・最新テクノロジーの導入初めて導入 [続きを読む]
  • 【MMM】スリーエムより四半期配当(2018年6月)
  • くらいむです。巨大コングロマリットであるスリーエム(3M)から、四半期配当を受け取りました。単価1.36$×12株で、税引き後11.72$の受取になります。主な指標(2018年6月15日)は、株価 204.97$PER 30.36配当利回り 2.65%配当性向 52.3%チャートは以下の通り。基本右肩上がりで、たまに50日移動平均線を割り込んでも程なく回復していますが、今回はどうでしょうか?ちなみに保有理由は以下の通りです。・ダウ採用銘柄・連 [続きを読む]
  • 【XOM】エクソンモービルより四半期配当(2018年6月)
  • くらいむです。世界最大の石油メジャーであるエクソンモービルから、四半期配当を受け取りました。単価0.82$×37株で、税引き後23.13$の受取になります。主な指標(2018年6月13日)は、株価 81.51$PER 17.1配当利回り 4.02%配当性向 68.6%チャートは以下の通り。上下に激しく安定感皆無のチャートですよね…エネルギーセクターで最大規模のエクソンでこれですから。やはりこの業界は原油価格に大きく影響受けますし、価格の [続きを読む]
  • 【T】AT&Tのタイムワーナー買収承認
  • くらいむです。AT&Tは世界最大の総合通信企業です。米メディア大手のタイムワーナー買収に関して、米司法省が阻止を求めて提訴していましたが、現地12日、米連邦地裁が買収承認の判決を下しました。マイPFのコア銘柄の一つで、絶賛含み損中でしたので「すわ株価上昇か」と注目していましたが、その後の時間外取引では逆に下落し、翌13日も前日比6%以上、値を下げています。主な指標(2018年6月13日)は、株価 32.22$PER 6.5配当 [続きを読む]
  • 更にカオスなジュニアNISA
  • くらいむです。今年からジュニアNISAも口座開設しました。自分NISAをmonexに切り替えるのに合わせて、monexで開設しました。そもそもジュニアNISAは、親権者が口座開設している証券会社でしか開設出来ませんから、その時点の選択肢としては、monex or kabucomの二択。そりゃあ米国株中心の運用を標榜しているわけですから、monexになりますよね。さて無事、口座開設も完了し運用を開始するわけですが…自分の特定口座やNISA口座が [続きを読む]
  • NISAの理解不足
  • くらいむです。NISA口座の仕組みを正しく理解していなかったことに、最近気付きました。最初に口座開設してから2年も経ってるのに…今さらですがNISA口座では、株式等から得られる配当金や分配金、譲渡益が「非課税」になります。・非課税投資枠: 年120万 投資枠は「最大」600万・非課税期間: 5年 5年経過後、新たな非課税投資枠にロールオーバー可能上記の「最大」を正しく理解してなかったです。どこかで「ロールオーバーすれ [続きを読む]
  • 日本の兼業投資家って
  • くらいむです。日本のサラリーマン兼投資家って、「一般人の兼業投資家」という範疇で考えると、世界でも比較的恵まれたポジション、な気がします。世界的に見ればまだまだ高水準の経済と、終身雇用に代表される雇用形態。ある程度以上の属性であれば、投資資金の捻出はそれなりに可能なはず。まあ支出コントロール次第ですけどね、知らんけど。兼業投資家:日本企業から給与収入を「円」で得ながら、資本主義が徹底した株主還元を [続きを読む]
  • 【V】ビザより四半期配当(2018年6月)
  • くらいむです。 決済ネットワーク大手のビザから、四半期配当を受け取りました。単価0.21$×17株で、税引き後2.58$の受取になります。少なっ まあインカムゲインを期待する銘柄ではないので…主な指標(2018年6月8日)は以下の通りです。株価 134.74$PER 34.09配当利回り 0.62%配当性向 18.7%チャートは以下の通り。グロース株ですのでボラはそれなりですが、株価は順調に高値更新しています。特に昨年からの伸びは顕著で [続きを読む]
  • 【WMT】ウォルマートより四半期配当(2018年6月)
  • くらいむです。小売り世界最大手のウォルマートから四半期配当を受け取りました。単価0.52$×23株で、税引き後8.59$の受取になります。主な指標(2018年6月7日)は以下の通りです。株価 84.95$PER  25.9配当利回り 2.45%配当性向 42.8%チャートを確認します。VIXショック以降の下げがキツイですが、昨年後半、騰がりすぎたと考えれば、今の株価は妥当なのかも。PER的には、まだ割高ですが。保有理由は以下の通りなのですが [続きを読む]
  • 【WMT】ウォルマートより四半期配当(2018年6月)
  • くらいむです。小売り世界最大手のウォルマートから四半期配当を受け取りました。単価0.52$×23株で、税引き前8.59$になります。主な指標(2018年6月7日)は以下の通りです。株価 84.95$PER  25.9配当利回り 2.45%配当性向 42.8%チャートを確認します。VIXショック以降の下げがキツイですが、昨年後半、騰がりすぎたと考えれば、今の株価は妥当なのかも。PER的には、まだ割高ですが。保有理由は以下の通りなのですが…・ダ [続きを読む]
  • 【PFE】ファイザーより四半期配当(2018年6月)
  • くらいむです。世界最大の売上を誇る製薬メーカーのファイザーから、四半期配当を受け取りました。単価0.34$×65株で、税引き後15.87$の受取になります。主な指標(2018年6月6日)は以下の通りです。株価 36.38$PER  10.11配当利回り 3.74%配当性向 46.1%ここ2年のチャートは、概ね50日移動平均線にサポートされ、緩やかに上昇しています。保有理由としては、・ダウ採用銘柄・ヘルスケアセクターで最大規模クラス・配当利回 [続きを読む]
  • 【PFE】ファイザーより四半期配当(2018年6月)
  • くらいむです。世界最大の売上を誇る製薬メーカーのファイザーから、四半期配当を受け取りました。単価0.34$×65株で、税引き前15.87$になります。主な指標(2018年6月6日)は以下の通りです。株価 36.38$PER  10.11配当利回り 3.74%配当性向 46.1%ここ2年のチャートは、概ね50日移動平均線にサポートされ、緩やかに上昇しています。保有理由としては、・ダウ採用銘柄・ヘルスケアセクターで最大規模クラス・配当利回り3%超 [続きを読む]
  • 保有銘柄について
  • くらいむです。現在の米国株保有銘柄です。・個別株+ETF(特定&NISA口座)上記以外にリスク資産としては、ジュニアNISAでインデックス投信複数(楽天VTIやeMAXIS先進国等)、DCでMSCIコクサイ等を積み立てています。個別株とETF・投信は、概ね50%ずつの割合になっています。主力個別株(上記枠内)の考え方については、今のところ、ブルー:コア銘柄。セクター分散しつつ、バイ&ホールド予定。イエロー:準コア。ADR銘柄はNISA専 [続きを読む]
  • 保有銘柄について
  • くらいむです。現在の米国株保有銘柄です。・個別株+ETF(特定&NISA口座)上記以外にリスク資産としては、ジュニアNISAでインデックス投信複数(楽天VTIやeMAXIS先進国等)、DCでMSCIコクサイ等を積み立てています。個別株とETF・投信は、概ね50%ずつの割合になっています。主力個別株(上記枠内)の考え方については、今のところ、ブルー:コア銘柄。セクター分散しつつ、バイ&ホールド予定。イエロー:準コア。ADR銘柄はNISA専 [続きを読む]
  • 資産形成に役立つ名著
  • くらいむです。米国株投資に至るまでに、勉強になった主な書籍です。どれも投資家の皆さんにはお馴染みですが。ジェレミー・シーゲル「株式投資第4版」バートン・マルキール「ウォール街のランダム・ウォーカー」チャールズ・エリス「敗者のゲーム」ジョン・C・ボーグル「マネーと常識」チャーリー・マンガー「マンガーの投資術」ハワード・マークス「投資で一番大切な20の教え」上3つは、米国株投資家には定番中の定番だと思いま [続きを読む]
  • 資産形成に役立つ名著
  • くらいむです。米国株投資に至るまでに、勉強になった主な書籍です。どれも投資家の皆さんにはお馴染みですが。ジェレミー・シーゲル「株式投資第4版」バートン・マルキール「ウォール街のランダム・ウォーカー」チャールズ・エリス「敗者のゲーム」ジョン・C・ボーグル「マネーと常識」チャーリー・マンガー「マンガーの投資術」ハワード・マークス「投資で一番大切な20の教え」上3つは、米国株投資家には定番中の定番だと思いま [続きを読む]
  • 資産形成の始まり
  • はじめまして、くらいむと申します。この度、本ブログ「米国株で資産形成の頂へ」を始めました。始めに、簡単に自己紹介させて頂きます。年齢等:40代男(所帯持ち)職業:サラリーマン投資歴:2016年〜タイトルの通り、現在、米国株主体で資産形成しております。そもそも、米国株で資産運用し始めた経緯ですが、①住宅ローンを抱えた。②今後の家計推移や、将来の日本経済に危機感を覚えた。注)①と②逆やろ!、というツッコミは [続きを読む]
  • 資産形成の始まり
  • はじめまして、くらいむと申します。この度、本ブログ「米国株で資産形成の頂へ」を始めました。始めに、簡単に自己紹介させて頂きます。年齢等:40代男(所帯持ち)職業:サラリーマン投資歴:2016年〜タイトルの通り、現在、米国株主体で資産形成しております。そもそも、米国株で資産運用し始めた経緯ですが、①住宅ローンを抱えた。②今後の家計推移や、将来の日本経済に危機感を覚えた。注)①と②逆やろ!、というツッコミは [続きを読む]
  • 過去の記事 …