そると さん プロフィール

  •  
そるとさん: Salt and sugar
ハンドル名そると さん
ブログタイトルSalt and sugar
ブログURLhttp://soltsabasoft.xyz/
サイト紹介文離婚、再婚、恋愛、母子家庭、ステップファミリーなどについて書き綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 135日(平均9.7回/週) - 参加 2018/06/06 15:21

そると さんのブログ記事

  • 友達の元カレを好きになった時は!付き合う前に注意したいポイント!
  • 世間は狭いと言いますから、限られたコミュニティの中では、友達もその友達もみんな友達みたいな輪が広がっていくことがあります。学生時代なんかはとくにそうですよね。友達の彼氏とも友達になったりすることもありますから、友達の元カレと自分が付き合うことになるなんて可能性もゼロではないでしょう。友達と彼氏が恋愛中にケンカして、彼氏の方から相談されているうちに、親しくなってしまうこともあります。別れた後に慰めて [続きを読む]
  • バツイチの男性を好きになった!過去の結婚のこと気にするのはダメ?
  • 独身男性と知り合って、彼のことが気になり始めた。付き合いたいけど、バツイチだとわかった場合、なぜバツイチになったのか、離婚理由などを聞くのは失礼なことなのでしょうか。婚活しているのなら、結婚を視野に入れて出会いを探しています。結婚する相手に離婚歴があれば、その理由を知らないまま結婚するのは不安ですよね。婚活して出会った相手なら、早い段階で離婚理由を聞くのは失礼なこととは思いませんし、きちんと話すの [続きを読む]
  • 晩婚化の原因かも?家事と仕事と趣味のバランスを保つコツ!
  • 晩婚化と高齢化と少子化は、全てセットになっている社会問題です。その中で晩婚化は自分の周りを見ても実感します。40歳〜50歳までの女友達の中には、一度も結婚したことのない未婚者が数人います。モテないわけでもないし、どうして結婚しないのだろう・・と不思議に思うような容姿端麗な人もいます。結婚経験がある人も、バツイチになってから二度と結婚したくないと宣言している女性もいるし、どうしてそんなに結婚を避けようと [続きを読む]
  • よりを戻した二人が注意すべきことは?復縁後に幸せを呼ぶ7つのポイント
  • 一度は別れてしまった二人が、もう一度やり直すと、前の失敗から学んだはずなので、きっと幸せになるはず・・。そう思っているのなら、いくつかの注意点をチェックしてみましょう。同じ失敗を繰り返さないために、復縁後に幸せになるポイントをご紹介します。消去ではなく許す復縁後に前のことを持ち出してケンカになるのは最悪のパターンです。何のために復縁したのか、意味がありません。過去のことをネタにしてケンカを繰り返す [続きを読む]
  • だから結婚のチャンスを逃す!仲人の目線で見る結婚できないタイプ!
  • 恋愛結婚で結ばれるカップルは、学生時代にお世話になった人や、職場の上司などに仲人をお願いすることがあります。ですが、この場合の仲人は、出会いには全く関与していないことがほとんどですよね。では結婚相談所ではどうでしょう。まったく接点のない二人を引き合わせて、結びつけるまで見守る結婚相談の仲人の場合は、数多くのカップルを見てるので、、頭の中に統計データが詰まっています。だからこそ、当人同士でもわからな [続きを読む]
  • 怪しい!でも不倫の証拠がつかめない!バレないためのルールを見破れ!
  • 何だか怪しい・・。パートナーの様子に違和感を持つようになり、不倫をしているのではないか?と怪しんでいるけど、色々探ってみても全く尻尾を出さない。そんな時は、逆転の発想で、バレずに不倫をしている人に聞いてみるのが一番です。バレないようにどんな工夫をしているのか、それは経験者じゃないとわからないこともあるからです。不倫をバレずに続けている人から聞いた方法をご紹介しましょう。LINEやメールは使わない浮気や [続きを読む]
  • 不幸な恋から抜け出せない原因は男のせいじゃなく自分に原因があった!
  • 不幸な恋愛しかできない男運の悪い女。それは男を見る目がない自分に原因があるのかも知れないけど、やっぱり女を幸せにできない男の存在が一番悪いんじゃないの?不幸な恋ばかりする女性は、心のどこかで不幸な恋の原因を男のせいにしているのではないでしょうか。そりゃそうですよね、ダメ男という存在がなければ不幸な恋に苦しむ女性もいなくなるはずです。嘘ばかりつく男、浮気する男、仕事しない男、お金使いが荒い男、DV気質 [続きを読む]
  • 子供らしく素直な感情を出せなくなる原因とは?親の態度が影響する?
  • 子供は子供らしい方が良いと言われますが、その反面では大人しくしている子供のことを「良い子」とか「利口な子」と呼ぶ大人がいます。矛盾していることですが、子供が素直な感情を押し殺してガマンして大人しくしているとしたら、それはどうなのでしょう。子供は大人のように、しがらみを考えたり、世間体を気にしたりせずに、素直な感情を表に出せるものです。しかしそれができなくなってしまう子供もいるのです。子供らしさを失 [続きを読む]
  • 元夫との関係性どうする?子なし夫婦が離婚した後も連絡取り合うの?
  • 離婚した後も子供との面会や養育費の支払いなど、連絡を取り合う必要がある場合は、どんなに嫌いになって別れても連絡先くらいは知っているでしょう。しかし、子供がいない夫婦が離婚した後は、全くの他人になるわけですから、音信不通でも問題にならないはずですよね。ですが、離婚した後も住所や電話番号も知っていて、いつでも連絡取り合える関係性を保っている人も思いのほかいるようです。子供のいない夫婦でも、元夫の連絡先 [続きを読む]
  • 不倫はどこまでがセーフでどこからアウト?価値観の違いが問題になる!
  • 不倫をテーマにしたドラマや映画は多いので、そんなドラマや映画に触発されて家庭の外での恋愛に興味を持ってしまう人が増えてしまいそうです。不倫はいけないことだとわかっていても、「このくらいならいいかも?」と軽い気持ちで婚外恋愛に夢中になって家庭を崩壊させてしまうこともあります。夫婦がお互いに不倫に対して同じ価値観を持っているのなら、どこまでならセーフでどこからアウトなのかわかりますが、価値観が違うと大 [続きを読む]
  • 町内会など自治会のなかで起こるハラスメントとは?逃れる方法とは!
  • 町内会や区会など、住んでいる場所に自治会が存在すると、入会しないことを許されない雰囲気になっていることがあります。引っ越して来ました。いきなり町内会の人が訪問。「年会費〇〇〇円です。」と集金される。入会するなんて言ってないけど、当たり前のように入会したことになっている。そんなことある?と思うかも知れませんが、あります!実際に私が住んでいるところは概ねそんな感じです。新たに空き地だったところが区画さ [続きを読む]
  • 子供を叱る時に感情的になってしまうのをやめるための方法とは!
  • 子供を叱るのは子供のしつけのためなので親の役目だと思って叱っているという方が多いのではないでしょうか。子供は真っ新な状態でこの世に誕生します。世の中のルールや社会の常識などは、教えられなければ知らないのが当たり前です。ですが、ほんとに叱らないといけないのかわからなくなってしまうほど、感情的に叱ってしまうこともあるでしょう。子供を感情的に叱るのは、叱る方も叱られる方も嫌な気持ちが残ってしまうこともあ [続きを読む]
  • 彼の浮気相手が人妻だった!なぜ男は既婚女性に惹かれるの?
  • 恋人に浮気されてしまった。そんなことが起こったら、しばらく立ち直れないほどショックを受けますよね。好きな人に浮気されても何も感じない人なんていません。浮気という事実だけでもショックですが、浮気相手を知るとまたさらにショックが大きくなったり、怒りが増すことがあります。彼の浮気相手が人妻だったことがわかったら、あなたはどう思うでしょうか。人妻が不倫している相手は、同じ既婚者とは限りません。独身男性と不 [続きを読む]
  • 猫の避妊手術を受けた後は留守番させても大丈夫?入院なら何日必要?
  • 猫を室内で飼うと、女の子でも男の子でも避妊、去勢手術は受けさせた方が人間との共同生活もスムーズですよね。自然の本能を奪い取ることに反対する人もまだいますが、無責任に繁殖させて不幸な猫を増やすくらいなら、安全に避妊、去勢手術を受けさせることは飼い主の責任だという考え方がかなり浸透しています。我が家の愛猫も、生後5か月を過ぎたので避妊手術を受けました。野良猫さんの保護活動で避妊手術の経験はありましたが [続きを読む]
  • 脱・SNSしたら生活にゆとりが生まれてストレスがなくなった!!
  • いまどきは、新しい出会いがあると、男女問わず、年代も問わず、何らかのSNSを通じてその後のつながりを作ろうとします。リアルでの出会いでもそうなのですから、ネット上で出会った人とはほとんどがSNSだけの付き合いしかしないこともあります。以前はオンラインゲームやSNSで知り合った仲間同士がリアルで顔を会わせるオフ会を楽しみにしてSNSの出会いを広げる人も多かったのですが、今ではそれが当たり前のツールになっています [続きを読む]
  • 男をダメ夫にするのは女王様妻でもわがまま妻でもなく幸薄女だった!
  • 出世街道を順調に歩む夫には、妻による内助の功があるはず。そう思われることは今でもまだあります。男が仕事に集中してバリバリと働けるのは、家のことをしっかり守ってくれる妻がいてくれるから・・。そんなことを今も思っている人がいます。間違いではないでしょうが、妻たちが家のことを守る余裕がなくなっているのですよ。専業主婦で夫の収入だけで生活するのは厳しいし、子供の教育費や老後のことを考えると、妻もバリバリと [続きを読む]
  • もうダメ!妻のことを女として見られなくなったきっかけとは!
  • 夫婦になると、夫のことを男として見られなくなる妻の愚痴はよく耳に入ります。そして同時に、夫から女として扱われなくなったことへの不満もよく耳にします。結局、双方が異性としての恋愛感情を失っていくので、お互い様なのかも知れません。でも、そんな冷めた気持ちでいると、離婚の危機も高まってしまいます。夫に女として見られなくなったのは何が理由なのか、自分自身を振り返ることも時々は必要なのではないでしょうか。相 [続きを読む]
  • バツが付いたまま独身が長くなる理由!再婚できない女性の特徴とは!!
  • バツイチくらいじゃビクともしない!それほど離婚率は高くなっています。少し前は3組に1組の割合が離婚すると言われていましたが、今では2組に1組に近くなっています。だからバツイチになったくらいでは、恋愛にも再婚にも臆病になることなんてないのですが、やはり再婚に踏み切れないままでいる人も少なくありません。ここでは、離婚歴のある女性が再婚できない理由を突き止めるために、再婚できない女性によくある特徴を集めてみ [続きを読む]
  • 別れを切り出した彼を思いとどまらせる最後の手段とは!!
  • 「もう別れよう」と彼氏から告げられた時、「わかった」と何も言わずに別れることを受け入れられますか?お互いに気持ちが冷めていて、そろそろ別れるつもりだったとしたら、彼氏の方から別れを切り出してもらって助かったと思うかも知れません。でも、まだ好きなのに・・。そんなタイミングで「別れよう」と言われたら、何とかして別れを思いとどまらせる方法を考えますよね。思わず出た言葉や行動など、彼氏から別れを切り出され [続きを読む]
  • 専業主婦を卒業して仕事に出る前にしておかないと!家事分担のルール
  • 結婚生活がスタートした時から、お互いに仕事をすることが分かっているのなら、リアルな生活がスタートする段階で家事分担についてしっかり話し合い、不公平になったり、どちらかに負担が偏って不満のないようにルールを決めておくのが理想です。現実的には妻の方が圧倒的に負担が大きくなることが多く、お互いにフルタイムで仕事をしている共働き夫婦のうち、約80%の妻は家事分担の不公平感に不満を持っているようです。ずっと共 [続きを読む]
  • イクメンになって欲しいなら妊娠中から準備しよう!パパ活のススメ!
  • 二人に舞い降りた幸せの兆し。妊娠の兆候が出てきて、ついに妊娠がハッキリすると、二人は親になるための準備を急ピッチで進めることになります。初めての妊娠、出産では、母親になるための心構えから身体の変化まで戸惑うことが続きます。そんな時に隣でやさしく支えてくれる夫の存在に救われることもあるでしょう。でも、母親になるための心構えや身体の変化に戸惑いながら出産まであっという間に過ぎるので、夫が父親になるため [続きを読む]