さとし さん プロフィール

  •  
さとしさん: 降っても晴れても
ハンドル名さとし さん
ブログタイトル降っても晴れても
ブログURLhttps://ameblo.jp/cdr-4621/
サイト紹介文臨床心理学・仏教・老荘思想、中年サラリーマンの心の逍遥を綴ります。体癖、ユング、精神医学等々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 137日(平均1.7回/週) - 参加 2018/06/06 21:44

さとし さんのブログ記事

  • 心と体と 元気というもの
  • こんにちは。秋も深まってきました。私は毎年の健康診断も終わってホッと一息。こー、バリウムってやつが、あまり好きじゃなかったのですが、段々と「こなしかた」が分かってきました。要は慣れですね。さて、私もこれまで色々な心の考え方、本質だのなんだの、言ってきましたが、まー、人の考えというのは千差万別です。だから、人とこー、考えが違っても当たり前、時に共鳴したりもしますけどね、大体は違っている。まー、違って [続きを読む]
  • 人類の深い病 宇宙あれこれ
  • こんばんは。今日はスマホからポチポチ打っています。前回どのようなことを書いたのか、余り覚えていません。こうしたことは良くあることで、まー、うろ覚えのまま、関係あることや無いことを書いていきます。人間の頭は心に、心は体に、体は環境に繋がっています。そして頭より心の方が早く、心より体が、体より環境の方が早い。つまり、頭というのは一番後に知る。それで居ながら、頭が「俺が俺が」と、主張する訳です。これが大 [続きを読む]
  • 心の理想 訓練の大切さ
  • こんにちは。イキナリ天気が良くなりました、東京。今週というか、路線の遅延やら運転見合わせが多くて、閉口しました。しばらく回復には時間がかかるということでしょうか。さて、心の理想というのは、これはいろいろと考えますが、まー、どこにも偏りが無いこと。洋の東西問わず、ポイントはそこなんだと思います。で、そういう状態を理想として、なんやかやと言っていますが、結論として、そんな理想状態ってのは、無い。あって [続きを読む]
  • 改めて、相互依存について 受苦とは
  • こんばんは。また台風、ですね。とりあえず私は心の師に会ってきました。前回は相互依存ということについて話しました。今回はその続きということで。人間の意識のありようといいましょうか、一つには外的自己、まーユングなどだとペルソナといいましょうか、があります。こいつが外との交渉事を行っている、他者と接するのもそこですね。で、妥協したり、たまに強く出たり。そして一方で、内的自己というものがある。こいつは現実 [続きを読む]
  • こころの二本柱 デュアルであること
  • こんにちは。またまた三連休となりました。お仕事の方もおられるでしょう。私も今日の午前中は仕事でした。とはいえ、これも一つの区切りです。まずは一休みしましょう。さて、最近の私のキーワードは「人間空っぽ」だった訳ですが、周りの人に言ってみても、あまりピンとした反応が来ない。へー、そーですか、でも、そーは思わないですね、という人も多い。で、まあこの「空っぽ」というだけでは片手落ちというか、一方でもう一つ [続きを読む]
  • 心の装置について 心の核とは
  • こんにちは。すっかり涼しくなりました、東京。様々なる災害がこの列島を襲いました。本当に、いち早くの回復を祈るばかりです。また、この復旧に携わっている方々にも、早く平穏な日々をと祈るばかり。さて、そのようななか、こちらのブログではいつもながらの心のことを書いていく訳ですが、まー、正直ここのところ調子はイマイチといったところでした。無我とか書きましたね、それも一種の「自己疎外」というかね、そうでもしな [続きを読む]
  • タオイスト、的な
  • こんにちは。あれこれと、これまで心のことを書いてきて、時にはユングに、時には仏教、時にはタオと巡ってきた訳ですが、そのようななかで、なんとなーく、この辺じゃねえか?ってのが、感じられるようになってきたと思います。純粋なタオイストでもなく、また仏教徒と言えるまででもなく、ただ無宗教というのでもなく。煮え切らない日々から、ぽたりぽたりと絞ってきたエキスのようなものが、こー、蓄えられたと思う。まー、こう [続きを読む]
  • 無我とは
  • こんにちは。今日は会社はお休み。新宿のルノワールで、このブログを書いています。後ろの方の席で、どこかの会社の人事の方でしょうか、女性と話をしています。どうやら女性は辞めようと思っていて、その相談というか、引き留めのようです。いかにも新宿!というか。私は久しぶりに自分のバースチャートをあれこれ読んでいました。ジョナサン・ケイナーのサイトで以前見てもらったもので、読むとなかなか面白い。そして、最近の心 [続きを読む]
  • 心の構造 意識と潜在意識と
  • こんにちは。九月になりましたね……相変わらず、暑さはありますが、空気は既に秋のそれです。さて、毎度毎度の心の話ですが、今日は意識と潜在意識の話をしようと思います。我々はいかなるメカニズムで生きているのかというか、その一つのモデル論の提示として。意識、或いは思考と言っていいですが、意志とも言いますが、これの行き着く先はトラウマだと前回は書きました。そう、そしてそれを更に一般化すると、意識の行き着く先 [続きを読む]
  • 半眠半覚のススメ トラウマとは
  • こんにちは。残暑というか、猛暑再び!ですね。私はこの週末、伊豆へ旅行に行っていました。伊豆も暑かった、そして、リフレッシュをして来ました。心のこと、心的外傷(トラウマ)のことを少し考えていました。一つ、私が気づいていることは、トラウマというのは、意識と強い結びつきがあるということ。意識というか、無意識も含めた意識全体というか。そして、人間物事を「意識」している以上、それは必ずや、トラウマの一つ二つ [続きを読む]
  • 荘子に思うこと
  • こんにちは。若干涼しくなってきて、吹く風には秋の匂いがします。この、秋の匂いって、何でしょうか、草の香りとか、湿度とか、そういった諸々からくるものでしょうね。そして、われわれ日本人は広く、その感覚を共有していると思います。さて、今日は久しぶりに老荘、『荘子』の話をしようと思います。私のメンタルヘルスというか、その大元の一つは老荘思想ですね。そこは間違いない訳で、これまで何十回と通読してきました。老 [続きを読む]
  • コミュニケーションというもの 親子について考える
  • こんばんは、暑い日も続きますが、まー、最も暑い時期は過ぎましたね。夕方くらいにはすでに、秋の匂いのようなものがします。さて、私は実家に滞在している訳ですが、親子関係というのは、色々と考察を進めていくと、面白いですね。すごく、深いものを感じます。親というものを目の前にして、人は、世のままならぬ様を感じる、その端緒となるのではなかろうかと思いますね。親との会話を振り返ってみても、それはコミュニケーショ [続きを読む]
  • 心の構図 いのちと生活態
  • こんにちは。暑さが続きますが、皆さんどうでしょう。こまめに水分&塩分の補給を!できる限り涼しいところを探しましょう。あと、半月くらいの我慢で、なんとかなると、いいなーと思います。さて、今回は心の構図について、ちょっと思うところを書きたいと思います。私(自我)というものについて、それはノンバーバル(非言語的)なるものとバーバル(言語的)なるものとの、あいだに存在します。私は言語により構成された世界に [続きを読む]
  • あるがまま 凹むなかれ
  • 暑い日々が続いたと思ったら、今度は台風。少し涼しいのはいいのですが、雨、風ですね。さて、私は怒涛の一週間を終えて、ほっと一息。心のことを思う時に、自分がこー、一つのフレームに収まっているなーって、最近は思います。これには異論のある人も多いかと思うのですが、人はその人の持っているもの以上のものは、出せないのだと思います。そして、世間の人の8割、9割は平凡人だと思います。凡夫ってやつですね。で、これも [続きを読む]
  • 自己肯定感というもの 自ずから
  • さて、引き続き暑いですね。もー、ここまで暑いと、なんでしょうね、怒る気も失せるというか、ただただ、秋の訪れを待つばかりです……前回は過干渉とネグレクトの関係について書きました。ま、これは中間型で、実際には過干渉型、ネグレクト型、という風に分けられるのかもしれないなと思います。人間の類型論はいつか、ちゃんと書きたいなあと思います。さて、まーそれはそれとして、人間の心について、基本というか、あると無い [続きを読む]
  • 心の類型① 過干渉―ネグレクト型
  • さて、三連休。非常に暑いですね、部屋でじわじわ汗をかきながら、レモンティーを飲んでいます。夏生まれのせいか、この、暑さというのは、悪い気はしませんね。なんか、年々暑くなっていると思うんですけど、こんなもんかーと過ごします。きっと、何年経っても、こんなもんかー、ですね。さて、私の両親は両親揃って過干渉ということで、私は長年「過干渉って、愛が無いんとちゃうん?」って思って来た訳ですが、まあ、最近はそう [続きを読む]
  • 脳と合いの手 心の病について
  • こんにちは。東京は今日も暑い、です。まーこれが通常の夏ってことで良いのかもしれませんが、部屋で涼んでいます。今日は仕事が休みなのでね、精神科医の名越康文さんのDVDを観ていました。会場に来ている皆さん、非常に頭の回転が早いなあと思いました。切れ味というか。さて、私ものらりくらりと参りましょう。私は民謡が好きで、特にここのところ集中して、といっても民謡と集中っていうのはちょっと合いませんが、聴いていて [続きを読む]
  • コスモロジーあれこれ 暑いですね
  • 七月です。豪雨増水、西日本の方々、どうか一刻も早い救助をと願わずにはいられません。日々、様々な報道がなされ、ああ、と思ったり、ううと唸ったり。私にできるのは、日々の仕事だと思って会社と家の往復を繰り返し、はい、週末のブログです。こう、暑さとかで体が参ってくると、心というものが体のコンディションによっていかに左右されるかということを思います。こういう時に、いや、心が!って、頑張る人居ますよね、私も昔 [続きを読む]
  • 心の仕組について(仮) ちょっとしたこと
  • こんにちは。梅雨明けですか、早速暑いですね……今日の昼飯は会社の同僚と磯丸水産でまぐろの二色丼。なかなか幸せな気持ちになりました。さて、毎度毎度の心の話ですが、まーこれは仏教の話にも近づいて行くのですが、人間の心、まあ意識、というものは目まぐるしく変化して行く。で、敢えて言うと、この部分って、ある程度はオートマティックな反応しかしない。非常に柔軟性に乏しい。感覚器官から受け取って、快/不快、或いは [続きを読む]
  • 心の理論 使わないこと
  • こんにちは、梅雨ですね。時折晴れ間がのぞいて、うーんと背伸びしてみるけれど、気づいたらまた雨。そんななか、私は以前に自分が書いた、心についての文章を読み返してみたんですね。まー、至らない訳ですが、こー、気づきそのものは鋭いところもあって、イメージで言うと、柱がズドンズドンと立っている感じですね。でもそれだと、あいだが埋まらない。心の理論というものは、始まりはそういうものです。直感的な気づきがあって [続きを読む]
  • 梅雨寒 瞑想って
  • こんにちは、梅雨寒ですね。今日は自分メンテナンスデー。熱いお茶飲んだり、洗濯したり、アイロンがけしたり。音楽をのんびり聴いたり。ここのところ、仕事に対してモチベーションが減っていて、なんとなーく、このままでいいのかな、とも思ったので、取り敢えずしっかり休んで心のネジを巻き直して。久しぶりに手動瞑想もやりました。こー、手動瞑想っていうのは、ネットでわかりやすく説明されていますが(https://blog.goo.ne. [続きを読む]
  • ちょっと嫌なことは 意識とたましい
  • 梅雨に入りましたね、こんにちは。心がモヤモヤ、していませんか?本当に心というものは、ままならぬものです。ムリに抑えても、モヤモヤ、イライラします。吐き出しても、そのあとで後悔したり。結局どうすれば良いのか、私なりの対処を書いてみたいと思います。「ちょっと嫌なことがあった時の、対処法」。それにはまず、自分の心のタイプをよく、認識しておく必要があります。思い返せば、その「ちょっと嫌なこと」というのは、 [続きを読む]
  • 気づかない力 改めて体癖
  • さて、週も半ばが過ぎました。ここのところ、アクセス数というものが一気に下がったので「?」と思い、対策を講じましたが、どうなることやら。まあ、それでもお読み頂いている方々には感謝の限りもございません。まあ、ともあれ、これまで「テーマ作成」もせずに、150ものブログ記事を書いてきたことにも愕然としまして、そういうのすごーく、不親切だなと思ったことでした。今日からテーマを書いていきます。今日のテーマは「メ [続きを読む]
  • 体癖 性格分析とは
  • こんばんは、季節の変わり目です。この5月から6月にかけてというのは、メンタルヘルスでは不調期というか、夏の盛りが来るまでの調整期に当たるとものの本にはあります。ともあれ、これから来る暑さに備えて、心身ともに準備が為されるという、そういう仕組みになっております。そこで最近の私ですが、そういう時期であることもあって、改めて性格分析というものに興味が出て来ています。そして私が改めて興味を抱いているのは「 [続きを読む]
  • 諦める力 心のプロセスとは
  • こんにちは。前回は依存と共感について、コフートの理論も絡めて書きました。では、どうしたら、強い依存心というものを減らせられるのか。それには先ず、自業自得、というか、因果応報、というか、自分が置かれている状況に至る道筋を考えてみると良いと思います。他者から思わずきつい事を言われたりされたりした時、ふと自分のその人に対する対応を省みると、どこかに依存的であったり、もたれかかったりしていた形跡が見られる [続きを読む]