さとし さん プロフィール

  •  
さとしさん: 降っても晴れても
ハンドル名さとし さん
ブログタイトル降っても晴れても
ブログURLhttps://ameblo.jp/cdr-4621/
サイト紹介文臨床心理学・仏教・老荘思想、中年サラリーマンの心の逍遥を綴ります。体癖、ユング、精神医学等々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 18日(平均5.4回/週) - 参加 2018/06/06 21:44

さとし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 心の理論 使わないこと
  • こんにちは、梅雨ですね。時折晴れ間がのぞいて、うーんと背伸びしてみるけれど、気づいたらまた雨。そんななか、私は以前に自分が書いた、心についての文章を読み返してみたんですね。まー、至らない訳ですが、こー、気づきそのものは鋭いところもあって、イメージで言うと、柱がズドンズドンと立っている感じですね。でもそれだと、あいだが埋まらない。心の理論というものは、始まりはそういうものです。直感的な気づきがあって [続きを読む]
  • 梅雨寒 瞑想って
  • こんにちは、梅雨寒ですね。今日は自分メンテナンスデー。熱いお茶飲んだり、洗濯したり、アイロンがけしたり。音楽をのんびり聴いたり。ここのところ、仕事に対してモチベーションが減っていて、なんとなーく、このままでいいのかな、とも思ったので、取り敢えずしっかり休んで心のネジを巻き直して。久しぶりに手動瞑想もやりました。こー、手動瞑想っていうのは、ネットでわかりやすく説明されていますが(https://blog.goo.ne. [続きを読む]
  • ちょっと嫌なことは 意識とたましい
  • 梅雨に入りましたね、こんにちは。心がモヤモヤ、していませんか?本当に心というものは、ままならぬものです。ムリに抑えても、モヤモヤ、イライラします。吐き出しても、そのあとで後悔したり。結局どうすれば良いのか、私なりの対処を書いてみたいと思います。「ちょっと嫌なことがあった時の、対処法」。それにはまず、自分の心のタイプをよく、認識しておく必要があります。思い返せば、その「ちょっと嫌なこと」というのは、 [続きを読む]
  • 気づかない力 改めて体癖
  • さて、週も半ばが過ぎました。ここのところ、アクセス数というものが一気に下がったので「?」と思い、対策を講じましたが、どうなることやら。まあ、それでもお読み頂いている方々には感謝の限りもございません。まあ、ともあれ、これまで「テーマ作成」もせずに、150ものブログ記事を書いてきたことにも愕然としまして、そういうのすごーく、不親切だなと思ったことでした。今日からテーマを書いていきます。今日のテーマは「メ [続きを読む]
  • 体癖 性格分析とは
  • こんばんは、季節の変わり目です。この5月から6月にかけてというのは、メンタルヘルスでは不調期というか、夏の盛りが来るまでの調整期に当たるとものの本にはあります。ともあれ、これから来る暑さに備えて、心身ともに準備が為されるという、そういう仕組みになっております。そこで最近の私ですが、そういう時期であることもあって、改めて性格分析というものに興味が出て来ています。そして私が改めて興味を抱いているのは「 [続きを読む]
  • 諦める力 心のプロセスとは
  • こんにちは。前回は依存と共感について、コフートの理論も絡めて書きました。では、どうしたら、強い依存心というものを減らせられるのか。それには先ず、自業自得、というか、因果応報、というか、自分が置かれている状況に至る道筋を考えてみると良いと思います。他者から思わずきつい事を言われたりされたりした時、ふと自分のその人に対する対応を省みると、どこかに依存的であったり、もたれかかったりしていた形跡が見られる [続きを読む]
  • 共感と依存心 改めてコフートを
  • こんばんは。連休も漸く終わりまして、一週間、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は早々、職場の人間関係に疲れ、でもこの仕事しか出来ないものなあと思い直し。ともあれ、生きている以上、楽なことなんてありません。何かをつかんだ!と思い上がっていれば、必ず現実からの一撃が来ます。今回の人間関係で思い知ったのは、こー、依存心ってやつですね。私は人に頼りきっていたのかもしれないな、それが相手にとっては「もたれかか [続きを読む]
  • 気づきと混沌と 捨てる、手放す
  • こんにちは、GW真っ只中ですね。私は実家に二日ほど居ます。まー、そうしてみると、ほんと、ラクというか、一人暮らしってのは、それはそれでいて緊張を要していたのだなと思いますね。あ、画像は河井寛次郎の器だそうです。さてさて、白隠禅師の話となりますが、曰く、生涯に大きな悟りは十八回、小さな悟りは数限りなく。とのことでした。なぜ、そのようになるのか、悟りは一回でいいのではないかとも思いましたが、よくよく考 [続きを読む]
  • 怒りへの対処法 道は近きにあり
  • こんにちは。漸くGWに差し掛かりました。まずは部屋の掃除からですね……コツコツと取り掛かろうかと思います。仕事といえば、GW前の駆け込みが多く、さすがにくたびれましたね。で、くたびれたところで、こー、クサるというんでしょうか、私の地というか、出てきたんですね。で、私はイライラムカムカしながら、同時に「あ、これはチャンスだ」と思ったんです。自分のいつもの、悪くなるパターンにどう、歯止めを効かせるか。結局 [続きを読む]
  • 「指示」と「答え」と 道は近くにあり
  • こんにちは、すっかり暖かく、いや、暑いくらいですね。部屋でTシャツにジーンズという姿でいます。年度末から来ていた仕事の激しさも一段落ついてきて、ほっと一息、濃いめのお茶を飲んでいます。お茶ということで、画像はおにぎりに。おにぎり、おむすび、いいですね。私は平日の朝はコンビニでおにぎりを二個買って、それを会社に着いてから食べる、ということをしているのですが。コンビニのおにぎりも、いろいろとありますよ [続きを読む]
  • 脱力のススメ 気の持ちようについて
  • 年度末、年始騒動から、今度はGW前の騒動へ。業務は減りません、なんというか。ただ、気の持ちようというか、そこが変わって来ましたね。達観というのでもないのですが、こー、頭でも心でも、以前はなんとなく、もがいてましたね。ここから抜け出ようというか、変えたいというか、そうやって、八方塞がりだなーってやっていた。で、そうじゃないだろ、と。深層心理学ならば、無意識、と言ったでしょうが、そーですね、頭とか心とか [続きを読む]
  • 心の流れについて キーワード
  • こんにちは、たまにはスマホから。桜の花も終わりましたね。次第次第に暖かくなっていきます。前回書かせていただいたことで、例えばAをしようという気持ちがある時に、非Aということはするまいと思っている。でも本当はその、両方とも自分なんだよ、ということです。だからキーワードは「それも私」ということで、この辺りの妙味が分かってくると、少しずつ、生きるのがラクになるように思います。本当を言うと、人間、どっちつかず [続きを読む]
  • 健全な心とは 心境と環境と 完璧は無いよ
  • はー、三月の労働が今日、終わりました。長いような、でも、最後の一週間はあっという間だったなと、はー、年度末乗り切った、はー。ま、最近思うところは、心のことは結論が出ない、ということです。そしてまた、心って、複雑なんだよなーって、改めて。最近、精神科医の春日武彦さんの本を電子書籍で二冊ほど読んで、そーそー、そういうとこ、私も言いたかった、ってね。なにか、煮え切らないというか、逆に、煮え切らないように [続きを読む]
  • 腸内環境と脳内環境 体と心と 一つ言えること
  • こんにちは、次第に春も陽気になって来て、心身の調子も整う頃でしょうか。私は最近ユングの『赤の書』テキスト版を読んでいます。さしものユングも、こー、実に人間らしい、というと語弊があるでしょうが、生きるうえでの根源を求めていると言えましょう。が、それも人生の一時期ですね。ガッと悩めば後はそれを、咀嚼していくのです。私は最近、腸内環境、及び、脳内環境を整えようと思いました。この両者は密接に関連していま [続きを読む]
  • 過去の記事 …