pie さん プロフィール

  •  
pieさん: 形而上学な日々
ハンドル名pie さん
ブログタイトル形而上学な日々
ブログURLhttps://piemaquette2018.muragon.com/
サイト紹介文シンプルなことをこむずかしく考えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 4日(平均10.5回/週) - 参加 2018/06/07 19:26

pie さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • なぜ人を殺してはいけないのか?
  • 「なんで人を殺しちゃいけないの?」と無邪気に尋ねてくる子供がときどきいる。 そしてたいていの場合、問われた側の大人は狼狽したり、あたふたしながらその場しのぎの対応でごまかそうとする。 メディアがこの種の議論を扱う場合、100%道徳主義がベースになる。 教育評論家や社会学者が口をそろえて言うのは、「もっと子供たちに命の尊さの教育を!」というスローガンだ。要するにこのような不健全な疑問は、発せられる前 [続きを読む]
  • 死が無なら死は存在しないはずではないのか。 なぜなら無は存在しないからである。(池田晶子) 死について語るとき、池田氏は必ず上のような論法で死の不可能性、死を恐れることのナンセンスを説く。「死など恐れず、腹をくくって善く生きよ!」これがおそらく池田晶子の人生哲学なのだ。 死を恐れず、生に執着しない自身の心理について、「私にはいのち根性がない」という言い回しで語っていた池田氏であったが、次のような言 [続きを読む]
  • 「わたし」という謎
  • 「私」という代名詞によって代名されているところのそれ、それをこそ問おうとすることが「私とは何か」という問いの正しい形なのである。 いや「私とは何か」ではない「何が私であるか」である。(池田晶子) 「私」の謎については、ウィトゲンシュタインもハイデガーもその知性を総動員して考え抜いたテーマであった。そしてウィトゲンシュタインは「言葉の限界が世界の限界である」という認識に至って、「私」は言語によっては [続きを読む]
  • コイン怪獣 カネゴン
  • ウルトラQに登場したおちゃめな怪獣カネゴンは、1日に3250円分の硬貨を食べるらしい。40数年前の金額で3250円だから、今の金銭感覚でいえば3万円は軽く超える額を毎日食べていたことになる。 設定では、カネゴンは硬貨がニセモノか本物かを識別できる体のつくりになっているそうで、ってことは、ヤツは金属を食べて栄養にしているわけではなくて、お金という「価値」を食べているということだ。大げさに言えば、人間 [続きを読む]
  • 宇宙
  • 宇宙が自分を考えるために人間の脳を必要としたということだ。生存を超えた精神は必ずや宇宙について考え始めるのだから。それが脳の根本的存在理由ということになる。 (池田晶子) 事の真偽はともかく、この一文には読むものを一瞬たじろがせるだけのインパクトがある。池田晶子は同様に「意識の物質的表現が脳である。」とも語っている。 決して脳科学の主張するように、脳神経細胞のネットワークが意識を生み出しているわけ [続きを読む]
  • 過去の記事 …