サンタまま さん プロフィール

  •  
サンタままさん: 3本足のトイプードル・サンタ
ハンドル名サンタまま さん
ブログタイトル3本足のトイプードル・サンタ
ブログURLhttps://ameblo.jp/luvsanta1224/
サイト紹介文小さな体で最恐のガン骨肉腫と闘ったトイプー、サンタの足あと。臨床治験薬の核酸製剤治療を受けました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 16日(平均4.4回/週) - 参加 2018/06/07 20:26

サンタまま さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 18年6月22日(金)杖いらずの湯の奇跡☆
  • 去年の記事(那須の旅行から帰った6/18のもの)をコピーして記します。 それまでのかかりつけ獣医を変えるきっかけになった 「ぐらんわん!×ペットケアサービスレッツの介護ゼロプロジェクト」 の第一回目のバスツアーは、2017年6月17日(土)18日(日)の2日間 那須板室温泉を目的地として行われました。 保険を使わせてもらったとはいえ1月の超音波吸引手術、入院と 3月の全く自費の手術、入院でとんでもない出費をしていたので [続きを読む]
  • 18年6月18日(月)アニコム損保☆
  • サンタは6歳7か月の時に迎えた保護犬でしたが、 ペットショップの繁殖犬だったということで 正確な生年月日と名前がわかりました。(なんとサンタの前の名前はオラゴン) 保護団体サンタの家☆のほうで集団健康診断と 歯のスケーリングもしてくれてありました。 初代ラッキィ、レディとふくでわんこの健康保険の必要性を強く感じていたので、 すぐにアニコム損保に電話をして加入手続きをしてもらいました。 アニコムは動物病院の窓 [続きを読む]
  • 18年6月11日(月)初めての月命日☆
  • 今日はサンタの初めての月命日です。 そして月一回の田園茶房の「ドッグビュッフェ」開催日。 上の写真は3月12日の「ドッグビュッフェ」に行った時のもの。 (11日が土日と重なると次の平日に開催) おいちいご飯を前にチョーご機嫌 ビュッフェのメニューの中では「スモークポーク」が大好きでした 4月はエマちゃんの先代チャッピーちゃんの 「車椅子の犬」の写真展をやっていました。 13年も介護をしたチャッピーちゃんママは [続きを読む]
  • 18年6月9日(土)BEST FRIENDS DAY☆
  • 今日はアメリカ合衆国の「NATIONAL BEST FRIENDS DAY」だそうです。 人間が洞窟で暮らしていた時代から わんこは人と「最良の友〜BEST FRIENDS」だったと聞いています。 サンタは私と旦那さんにとっては最良の友、そして大事な家族でした。 近所のスーパー「○ーカドー」のコイデカメラで 父の日のイベントとして似顔絵で缶バッチを作ってプレゼントしよう っていうのをやっていました。 土日限定でロゼットにもできるってあった [続きを読む]
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅰ種取得者(日本獣医がん学会所属)☆
  • サンタの食欲不振が足の痛みから来ていると気づいたとき 頼りにしたのはわんこサークルの友人たちです。 (南市民センターで「オーナーズハート」というグループで チラシ作りなどしています。) 最初の手術で悪性の「繊維肉腫」ではないかという病理診断書がでていたので 腫瘍科のある病院を教えてとお願いして紹介されたのが「辻堂犬猫病院」でした。 その時初めて知ったのが獣医でも腫瘍科認定医がいるということ。 なかでもⅠ種 [続きを読む]
  • 18年6月4日(月)ちょうど1年11か月☆
  • 昨晩、「辻堂犬猫病院」の院長、堀先生から電話があって、 サンタの解剖後の病理診断の結果報告があったそうです。 残念ながら私は買い物に出ていて直接話を聞くことが出来ずじまい。 旦那さんから聞いたところによると死因は 「骨肉腫からの肺転移」だったとのことでした。 たとえそうだとしても、全く苦しまずに眠ったまま空に帰ることができたサンタ、 手術のたびに 「いっぱい頑張ったんだから、神様から沢山ご褒美もらおうね [続きを読む]
  • 合成核酸医薬S-Tudについて☆
  • サンタの骨肉腫の治療については 静岡県駿東郡にある「動物先端医療センターAdAM(アダム)」から提供された 骨肉腫を原因とする肺転移を抑制する治験薬「合成核酸製剤S-Tud」 を使っていただきました。 S-Tudは 国立がん研究センターの落谷孝広先生 および東京農工大学の伊藤博教授の指導のもと、 2013年に獣医師主導型の臨床治験に入った段階の薬だとのこと。 「辻堂犬猫病院」の堀先生はこの薬のことはご存じだったのですが、 骨 [続きを読む]
  • 病院☆
  • サンタは2017年の1年のうちに合計3回もの手術をしました。 ※肉腫だけを取り除くという最初の超音波吸引の手術時の病理診断書で 「繊維肉腫」ではないかといわれました。繊維肉腫も悪性の腫瘍です。 1回目の手術が2017年1月、 その後も「核が小さいうちに」と言われ3月にも肉腫除去の手術を受けています。 これ以降も極度の食欲不振が続きましたが、 2017年6月に「ぐらんわん!とペットケアサービスレッツの介護ゼロプロジェク [続きを読む]
  • 番長の足あと☆
  • サンタの骨肉腫の治療にあたって、「合成核酸医薬S-Tud」 の存在を知ることになったのは、同じ横浜の戸塚区にある「ぬのかわ犬猫病院」 のジャーマンシェパードの男の子、番長の足あとをしるした記事でした。 今回、こちらの病院に電話連絡して記事にリンクすることの了承を頂きました。 ブログを書いた看護師の三橋さんは当日、お休みでしたが 別のスタッフの方に、番長の残してくれた足あとをたどって 「合成核酸医薬S-Tud」にた [続きを読む]
  • 虹の橋の犬たち☆
  • あの子と暮らして幸せだった」と言う人には『ママと暮らして幸せだった』と言うあの子がいる。 「あの子はわたしと暮らして幸せだったんだろうか?」と思えば、『わたしはママを幸せにしてあげられたんだろうか?』と思う子がいる。 「あの子を病気から救えなくて申し訳ない」と悔やめば『病気になってママに迷惑かけてごめんね』と謝る子がいる。 あなたが幸せって思うならあの子も幸せって思う あなたの気持ちが「ごめんね」なら [続きを読む]
  • 過去の記事 …