名言メモ さん プロフィール

  •  
名言メモさん: 名言メモ
ハンドル名名言メモ さん
ブログタイトル名言メモ
ブログURLhttp://ddktbk.blog.fc2.com/
サイト紹介文名言の個人的メモ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供943回 / 226日(平均29.2回/週) - 参加 2018/06/08 10:34

名言メモ さんのブログ記事

  • ただ死者のみが戦争の終わりを見たのである。
  • ただ死者のみが戦争の終わりを見たのである。プラトンの名言Wikipediaプラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων、Plátōn、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた]。『ソクラ [続きを読む]
  • 愛に触れると誰でも詩人になる。
  • 愛に触れると誰でも詩人になる。プラトンの名言Wikipediaプラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων、Plátōn、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた]。『ソクラテスの弁明』 [続きを読む]
  • 科学は、知覚以外の何物でもなし。
  • 科学は、知覚以外の何物でもなし。プラトンの名言Wikipediaプラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων、Plátōn、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた[注 1]。『ソクラテス [続きを読む]
  • 人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値せず。
  • 人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値せず。プラトンの名言Wikipediaプラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων、Plátōn、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた。『ソ [続きを読む]
  • はじまりは労働の最も重要な部分である。
  • はじまりは労働の最も重要な部分である。プラトンの名言Wikipediaプラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων、Plátōn、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた]。『ソクラテス [続きを読む]
  • 自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。
  • 自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。プラトンの名言Wikipediaプラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων、Plátōn、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた]。『ソク [続きを読む]
  • 目は心の窓である。
  • 目は心の窓である。プラトンの名言Wikipediaプラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων、Plátōn、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた]。『ソクラテスの弁明』や『国家』等 [続きを読む]
  • 悪法もまた法なり。
  • 悪法もまた法なり。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 法は、善人のために作られるものではない。
  • 法は、善人のために作られるものではない。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値せず。
  • 人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値せず。プラトンの名言Wikipediaプラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων、Plátōn、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた[注 1] [続きを読む]
  • 不正を受ける者は、不正を働く者よりも幸福である。
  • 不正を受ける者は、不正を働く者よりも幸福である。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる [続きを読む]
  • 何人も本意から悪人たるものなし。
  • 何人も本意から悪人たるものなし。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 満足は自然の与える富である。贅沢は人為的貧困である。
  • 満足は自然の与える富である。贅沢は人為的貧困である。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知ら [続きを読む]
  • 少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。
  • 少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られ [続きを読む]
  • 死はいうまでもなく、肉体よりの解放にほかならず。
  • 死はいうまでもなく、肉体よりの解放にほかならず。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる [続きを読む]