名言メモ さん プロフィール

  •  
名言メモさん: 名言メモ
ハンドル名名言メモ さん
ブログタイトル名言メモ
ブログURLhttp://ddktbk.blog.fc2.com/
サイト紹介文名言の個人的メモ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供941回 / 224日(平均29.4回/週) - 参加 2018/06/08 10:34

名言メモ さんのブログ記事

  • 賢者は複雑なことをシンプルに考える。
  • 賢者は複雑なことをシンプルに考える。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 汝自らを知れ。
  • 汝自らを知れ。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 魂の探求の無い生活は、人間にとって生きがいの無いものである。
  • 魂の探求の無い生活は、人間にとって生きがいの無いものである。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を [続きを読む]
  • 善人においては、現世にても死後にても悪は発生せず。
  • 善人においては、現世にても死後にても悪は発生せず。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られ [続きを読む]
  • 何人たりとも、不正に報いてはならない。
  • 何人たりとも、不正に報いてはならない。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 真の賢者は己の愚を知る者なり。
  • 真の賢者は己の愚を知る者なり。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 勉学は光であり、無学は闇である。
  • 勉学は光であり、無学は闇である。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か!
  • 死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か!ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 父母に恩を感じないなら、汝の友となる者はいないだろう。
  • 父母に恩を感じないなら、汝の友となる者はいないだろう。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知 [続きを読む]
  • 指導者とは、自己を売って、正義を買った人間だ。
  • 指導者とは、自己を売って、正義を買った人間だ。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 嘘はいつまでも続かない。
  • 嘘はいつまでも続かない。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 生きるために食べよ、食べるために生きるな。
  • 生きるために食べよ、食べるために生きるな。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 吟味されざる生に、生きる価値なし。
  • 吟味されざる生に、生きる価値なし。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 [続きを読む]
  • 他人からされたら怒るようなことを人にしてはいけない。
  • 他人からされたら怒るようなことを人にしてはいけない。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知ら [続きを読む]
  • 世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ。
  • 世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる [続きを読む]
  • 討論が終わったとき、悪口は敗者の道具になるのだ。
  • 討論が終わったとき、悪口は敗者の道具になるのだ。ソクラテスの名言Wikipediaからソクラテス(希:Σωκράτης、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる [続きを読む]