スコアブック さん プロフィール

  •  
スコアブックさん: 高校野球歴史資料館
ハンドル名スコアブック さん
ブログタイトル高校野球歴史資料館
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/jyoutou2012
サイト紹介文夏の甲子園今年第100回大会を迎える高校野球。所有する戦前、戦後の資料を元に語る日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 15日(平均8.9回/週) - 参加 2018/06/08 21:28

スコアブック さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 夏の甲子園 新時代の幕開け!
  • 夏の甲子園  新時代の幕開け昭和時代へ 第十三回大会 予選参加校389校 全国大会出場校22校 札幌一中、青森師範、福岡中、茨城商、桐生中、早稲田実、静岡中、愛知商、松本商、敦賀商、平安中、北野中、第一神港商、和歌山中、広陵中、鳥取一中、高松商、佐賀中、鹿児島商、京城中、(朝鮮)、大連商(満州)、台北商(台湾) 開催期間1927年(昭和2年)8月13日〜20日 ※1926年(大正15年)12月25日に大正天皇が崩御しその日から昭和と改 [続きを読む]
  • 夏の甲子園 第十二回大会の様子(4)
  • 夏の甲子園 第十二回大会 開催期間1926年(大正15年)8月13日〜20日 閉会式で大優勝旗を受け取る静岡中の福島主将のアップ写真 静岡中との試合で最後まで善戦した大連商の選手たちに健闘を称え握手する朝日新聞本社の村山社長。良い光景です 大優勝旗と共に写真に納まる静岡中の選手たち。当時はベンチ入り11人のようです。 決勝戦の翌日、朝日新聞本社を訪れた静岡中の選手一行 ※次回予定はアサヒスポーツ『第十三回全國中 [続きを読む]
  • 夏の甲子園 第十二回大会の様子(3)
  • 夏の甲子園 第十二回大会 1926年(大正15年)8月13日〜20日 決勝戦、決戦前の大連商のフリーバッティング(写真左) 静岡中の上野投手(写真右) 決勝戦、静岡中9回表無死2,3塁から小河のスクイズで決勝点が入る場面 静岡中対大連商の試合終了時のスコアボード 閉会式で優勝旗を受け取る静岡中の福島主将 [続きを読む]
  • 夏の甲子園 第十二回大会の様子(2)
  • 夏の甲子園 第十二回大会 開催期間1926年(大正15年)8月13日〜8月20日 全国22地区の大会の優勝旗と大優勝旗(中央より左側で長く大きい旗) 阪神甲子園駅でしょうか?甲子園球場に向かう人たち 新潟商対千葉師範戦の8回裏千葉師範が6−2から1点を返す場面 バックネット裏でしょうか?観衆で埋め尽くした甲子園球場。写真左下の円の中は試合終了後抽選をする選手と関係者。 [続きを読む]
  • 夏の甲子園 第十二回大会の様子(1)
  • 夏の甲子園 第12回大会 1926年(大正15年)8月13日〜20日 大会前夜の8月12日朝日新聞社で茶話会をする選手たち。今では考えられません。和気あいあいとして良いかも知れませんね。 参加22校の主将たちが、国旗、大会旗を掲揚する姿 開会式での委員長荒木博士(写真左)始球式を投げる朝日新聞本社上野専務(写真右) 開会式で大会歌を唄う合唱団。ほとんど男性でしょうか。左端には指揮者?中央にはマイクでしょうか、何かおかれて [続きを読む]
  • 熱戦!延長19回静岡中対前橋中
  • 夏の甲子園 第十二回大会  1926年(大正15年)8月18日 準々決勝第3試合 しし静岡静岡中學6−5前橋中學静岡中學6−5前橋中學 前橋中 300 200 000 静岡中 000 100 040       000 000 000 0=5      000 000 000 1=6       (延長19回)(前)丸橋ー片桐(静)上野ー福島試合時間4時間10分 試合は初回から動く。前橋中は1死から片桐、小黒のヒットを足が [続きを読む]
  • 夏の甲子園 第十二回大会
  • 予選参加校337校 全国大会出場校22校旭川商、八戸中、盛岡中、前橋中、千葉師範、早稲田実、静岡中、愛知商、新潟商、敦賀商、東山中、浪華商、第一神港商、和歌山中、鳥取一中、柳井中、高松中、長崎商、熊本商、京城商(朝鮮)、大連商(満州)、台北商(台湾) 開催期間1926年(大正15年)8月13日〜20日まで 開催場所甲子園大運動場(阪神甲子園球場) 準決勝高松中 001 000 000=1静岡中 200 001 02? [続きを読む]
  • 夏の甲子園 第十一回大会の様子(2)
  • 閉会式で優勝旗を受け取る高松商業選手たち。手前は棒に麦藁帽を引っかける観客?それとも記者?グラウンド内にいるようです。 優勝した高松商の選手たち。右から二人目はあの水原茂氏です。高松商はこの年の選抜大会の決勝で松山商に2―3で敗れ春連覇を逃がしていました。選手たちは雪辱すべく自ら厳しい練習を課し鍛え上げ四国大会準決勝で顔を合わせ8−3で勝利、決勝でも高松中に7−1で快勝、全国大会に臨んだ大会でもあり [続きを読む]
  • 夏の甲子園 第十一回大会の様子(1)
  • 阪神甲子園大運動場。写真下は観覧席指定席券を購入する人たち。当時のバックネット裏は木材がおいてあり何も無かったようです。 開会式で前年度優勝校広島商業の主将が優勝式を返還する様子 始球式をする朝日新聞社専務上野精一氏 釜山中対台北工戦終了時のスコアボード。これを見ると電光掲示板に変わる前の手書きのスコアボードを思い出します。以前は選手、審判、校名も手書きで味がありましたね。 [続きを読む]
  • 夏の甲子園 第十一回大会
  • 予選参加校302校 全国大会出場校21校北海中、秋田商、仙台二中、前橋中、早稲田実、静岡中、愛知一中、長野商、敦賀商、東山中、市岡中、第一神港商、和歌山中、米子中、柳井中、高松商、長崎商、熊本商、釜山中、大連商、台北工 開催期間1925年(大正14年)8月15日から23日まで 開催場所甲子園大運動場(阪神甲子園球場) 優勝高松商 準優勝早稲田実 準決勝高松商 301 121 010=9大連商 200 000 000=2 [続きを読む]
  • 第10回大会の様子
  • 第十回全國中等學校野球大會 始球式の様子ですが、後攻の北海中バッテリーが後方にいます。当時は始球式のボールを誰が捕っていたのでしょうか。まさか誰もいない?、打者もいなかった?のかも知れませんね。 誕生したばかりの阪神甲子園大運動場。飛行機が飛んでいます。陸上競技、サッカー場と多目的に使用することに造られた為ファウルグラウンドも広いです。 入場式の様子ですが、現在とは違い外野まで行進してなく左回りの [続きを読む]
  • 第10回大会甲子園球場誕生
  • 予選参加校263校 全国大会出場校19校北海中、秋田中、宇都宮中、早稲田中、静岡中、愛知一中、松本商、金沢一中、同志社中、市岡中、第一神港商、和歌山中、広島商、鳥取一中、松山商、佐賀中、京城中、大連商、台北商 開催期間1924年(大正13年)8月13日〜8月19日 開催場所甲子園大運動場(現在の甲子園球場) 優勝広島商 準優勝松本商 決勝松本商 000 000 000=0広島商 000 000 03?=3 商業学校として [続きを読む]
  • アサヒスポーツ創刊号
  • アサヒスポーツは1923年(大正12年)3月に創刊、1943年(昭和18年)6月まで月2回発行、戦後は1948年(昭和23年)から週刊で発行されました。その後、1954年(昭和29年)10月から月2回発行に戻り、1956年(昭和31年)1月まで続きました。 その為アサヒスポーツの『第九回全國中等学校野球大会號』が一番古い貴重な資料となります。      始球式では飛行機から投下した球を投げる      試合開始の挨拶をする選手たち [続きを読む]
  • 第9回大会
  • 予選参加校243校 全国大会出場校19校函館商、仙台一商、宇都宮商、早稲田実、横浜商、新潟商、金沢商、愛知一中、立命館中、明星商、甲陽中、和歌山中、松江中、広陵中、松山商、佐賀中、徽文高普、大連商、台北一中 開催期間1923年(大正12年)8月16日〜20日 開催場所鳴尾球場 優勝甲陽中 準優勝和歌山中 決勝甲 陽 中 000 400 001=5和歌山中 100 000 001=2 和歌山中三連覇ならず ※今大会より台湾大 [続きを読む]
  • 第8回大会
  • 予選参加校229校 全国大会出場校16校北海中、秋田中、竜ヶ崎中、早稲田実、新潟商、松本商、名古屋商、立命館中、市岡中、神戸商、和歌山中、島根商、広島商、松山商、佐賀中、京城商 開催期間1922年(大正11年)8月13日〜18日 開催場所鳴尾球場 優勝和歌山中 準優勝神戸商 決勝和歌山中 000 000 053=8神 戸 商 300 100 000=4 和歌山中2連覇達成 ※1922年(大正11年)8月20日に発行された朝日グラヒッ [続きを読む]
  • 第7回大会
  • 1921年(大正10年)8月14日〜18日まで行われる。 予選参加校207校この大会より朝鮮、満州が加わる。 九州代表豊国中2年連続出場予選成績初戦6−3小倉中、2回戦6−5長崎中、準々決勝4−0中学明善、準決勝2−1佐賀中、決勝9−1東筑中 全国大会出場校17校函館中、盛岡中、竜ヶ崎中、慶応普通部、長岡中、長野中、明倫中、京都一商、市岡中、神戸一中、和歌山中、杵築中、岡山一中、松山商、豊国中、釜山商、大連商 開催場 [続きを読む]
  • 第6回大会
  • 1920年(大正9年)8月14日〜19日まで行われる。 予選参加校157校この大会より北海道大会が設けられ決勝で北海中が小樽中を13−2で下し代表権を勝ち取る。全国大会出場校15校 北海中、一関中、竜ヶ崎中、慶応普通部、松本商、長岡中、愛知一中、京都一商、明星商、関西学院、和歌山中、鳥取中、鴻城中、松山商、豊国中 開催場所                   鳴尾球場                       第 [続きを読む]
  • 第5回大会
  • 1919年(大正8年)8月13日〜19日まで行われる。 予選参加校134校 本大会出場校14校盛岡中、竜ヶ崎中、慶応普通部、長岡中、長野師範、愛知一中、同志社中、市岡中、神戸一中、和歌山中、鳥取中、豊浦中、松山商、小倉中 開催場所鳴尾球場                  第5回大会のメダル(レプリカ) 優勝神戸一中準優勝長野師範               決勝長野師範 000 002 002=4神戸一中 200  [続きを読む]
  • 過去の記事 …