橘 弥生 さん プロフィール

  •  
橘 弥生さん: 心の整理*子宮摘出へ
ハンドル名橘 弥生 さん
ブログタイトル心の整理*子宮摘出へ
ブログURLhttp://kokoro-seiri.seesaa.net/
サイト紹介文子宮頚部異形成が判明。円錐切除術を行なうにあたって、子宮摘出を勧められる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 132日(平均7.4回/週) - 参加 2018/06/09 12:48

橘 弥生 さんのブログ記事

  • 有給休暇と傷病手当。
  • 仕事を休みたい旨、会社関係の人達には報告が済んだ。これで心おきなく手術に挑めるわ。あとは自分が休んでいる間のお給料の心配。有給休暇も十分残っているし、傷病手当も使うことができる。法律的なものがわからないから、健保のカスタマーに電話して聞いてみようと思ってます。うん、だんだん準備が整ってきた。 [続きを読む]
  • 性悪オンナ。
  • 私って本当に性格が悪いって思った。子宮を取ることになって、主人のことや自分の両親のことは色々考えたけど、主人の両親のことは全く頭になかったんです。主人は上に兄がいて二人兄弟なんですが、そのお兄さんにも実子がいないんです。再婚してお相手のかたの連れ子がいるのですが、再婚したときにはすでに子供たちは大学生と高校生で、存在は知っているけど、主人も主人の両親も、もちろん私も会ったことがありません。前妻との [続きを読む]
  • 「後悔」と「自分の子供」。
  • 幼い子を見ると、「私の子供ってどんなんだったんだろう?」と想像する。親になる努力をしなかったことは後悔。人ってやったことより、やらなかったことに後悔するんだよ。だからこれからはやりたいことをやるんだ!後悔しないように。 [続きを読む]
  • ルナベルに戻しました。
  • 長年服用していたルナベルから、病院でもらい忘れたという単純な理由で勝手にマーベロンに変えました。ピルがネットで簡単に手に入る時代…便利だけどやっぱり怖い。ほとんどなくなっていた生理痛がマーベロンにしてから復活しちゃって大変な思いをしました。新しい先生はルナベル3シートすんなり出してくれたので、手術までこれで十分。手術一ヶ月前は飲まないようなのでルナベルはこれで卒業です。8年9ヶ月…お世話になりました [続きを読む]
  • 子宮がかわいそう。
  • こんな子宮にしちゃってごめん。MRI画像を見ると筋腫ができた子宮がかわいそう。40数年この子宮でやってきたわけだけど、もう取っちゃわないと子宮が痛々しく思う。そう思えるようになってきた。 [続きを読む]
  • 納得いくまで。
  • 前にも記事に書いたけど、私たちの違和感って間違ってないと思うのです。「この先生で大丈夫かなぁ?」って一瞬でも思ったら、病院を変えたり、セカンドオピニオンもありですよね。違和感を持ちながら手術しちゃって、術後が良くなかったら「あぁやっぱり。」と後悔するのは自分です。「もしかして子宮取らなくてもよかったんじゃ?」と、そんなこと思いたくないですよね?例えばこれが自分が選んだ先生なら術後が良くなくても、「 [続きを読む]
  • 巡り会い。
  • 何も言わないうちから、先生はこちらの気持ちを全てわかっているかのごとく会話をする。小さな事まで。「ここ遠かったでしょ?でもね、この病気は術後に通うことも少ないから、それまで頑張って来てね。」とか、立会人を主人にお願いすると言ったら、「ご主人のお仕事の都合もあるだろうから、次の予約日まできちんと相談して来てね。変更も可能だからね。」とかとか、こっちが聞かなきゃ又は聞いても大丈夫かな?って思っているこ [続きを読む]
  • 2018年9月 これまでの経緯。
  • 2010年3月、重度の月経困難症にて低用量ピル『ルナベル』の服用を開始。子宮腺筋症、子宮筋腫の診断を受けるも、子宮筋腫はまだ1cm、2cm程度。その後半年おきに子宮エコー検査を受けるが、特に指摘はないままルナベルを服用し続ける。2017年8月、引っ越しを機に病院を移りそこで子宮頸がんの検査を新たに行う。子宮頸部中等度異形成、子宮頸がんの原因とされるヒトパピローマウイルス8つのハイリスク型のうち4つの型を保持している [続きを読む]
  • 新しい病院 続き。
  • MRIとレントゲン画像が入ったCD-Rは渡してあるんだけど、先生は「画像を取り込めてなくてまだ見てない」とか言って、「おいおい先生だいじょーぶ?」って思ってたら、「大丈夫。心配しないで。あとできちんと見ておくから!」って。バタバタと忙しい先生で、私の前の患者さんの資料を持って看護師さんと話しながら、私の診察を進めるよーな状態。でも不思議と嫌な感じは全くしない。看護師さんと話をしてるけど、きちんと私の話も [続きを読む]
  • 新しい病院。
  • 先生は女医さん。私と同世代のすごく可愛らしい先生で気さくな感じ。「大学病院の先生は何て言ってた?」と聞かれ、言われた通りに「癒着があるから腹腔鏡手術では難しいかも。症例を多く取り扱ってる先生を紹介する。」と言われたと正直に答えたら、女医さんは「クスッ」な感じでした。実はその紹介元の大学病院に長く勤めていたみたいで、「手術が下手くそな後輩が患者を回してきたか」と、私には受け取れました。笑。あくまでも [続きを読む]
  • 今日これから病院。
  • 切ると言われれば、二つ返事で「お願いしますっ!」これが切らないってなったら…「切って取ってよぉぉぉ!」です。私変わったなぁ。大事な大事な子宮だけど、このまま放っておくのはかわいそう。 [続きを読む]
  • 泥のように寝てました。
  • 昨日、一昨日と家から一歩も出ず、このところの睡眠不足を補うかの如く、ずーーーーーっと寝てました。横になるとすぐ眠れちゃうんだもん。生理前にはよく眠たいってことあったけど、生理中に眠たいなんて珍しいな。 [続きを読む]
  • 真夜中のお風呂。
  • 落ち着いてきたと思っていた生理が落ち着かない。昨夜お腹の痛みで目が覚め、鎮痛剤を飲みゆたぽんをレンジで温め再び布団に潜り込むも、痛みが治まる様子がない。「薬よ早く効け〜」と祈りもむなしく一時間が経過。鎮痛剤は痛くなってからじゃ遅いのよね。痛いお腹を抱えながら夜中に湯船をはりバブを入れて湯につかる。体を温めるのに長くつかりたいから半身浴。それでも温まった感じが全くしない。頭からは汗が滴り落ちているの [続きを読む]
  • 消えていた。
  • 数日前に気になっていた胸のしこりはいつのまにか消えていた。お風呂に入って体を洗うとき触ってみる。いつも怖々。でも癖にしないとね。自分でできることは最低限やりましょう。 [続きを読む]
  • ゆたぽんさまさま。
  • ピルを変えたせいなのか、久しぶりの生理痛。夜中に痛みで目が覚めた。「あぁいつもこんな痛みだった」と思い出した。主人がまだエアコンをつけて寝ているので、体が冷えてしまった。お腹も痛いし「ゆたぽん」を引っ張り出して夜中にレンジでチン♪あったかーい。 [続きを読む]