里愛花 さん プロフィール

  •  
里愛花さん: さてろぐ
ハンドル名里愛花 さん
ブログタイトルさてろぐ
ブログURLhttps://satidiary.hatenablog.com/
サイト紹介文日々暮らしていく中で、よりシンプルにより心豊かに過ごしていくための工夫や気づいたことを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 111日(平均9.4回/週) - 参加 2018/06/09 15:38

里愛花 さんのブログ記事

  • 固定費の見直し、冠婚葬祭の互助会を解約することにしました。
  • 先日、固定費を書き出しているときに毎月2,000円支払っている金額がありました。なんだこれ?と調べてみると7年ほど前に入った冠婚葬祭の互助会費でした。15万円コースに2口加入している模様です。コースに含まれないもの?そういえば互助会に勤めている夫の友人に勧められ加入したことを思い出し、契約書を確認すると15万円コースに2口加入していました。私と夫の分です。よく読んでみると「15万円コースに含まれないもの」と [続きを読む]
  • 断捨離の目的地が明確になりました、吉田兼好の徒然草より。
  • 断捨離してスッキリしたい、家の中を片づけて気持ち良く暮らしたいと、せっせと断捨離に勤しんでいる(ような気がする)のに、片づけが停滞しています。断捨離の目的を見極める私は超気分屋なので、よく停滞します。これは目的が明確じゃないからかもと最近思うようになりました。片づけてどうなりたいのか、不要品を処分してどうなりたいのか。ただ、スッキリしたい〜気持ち良く暮らしたい〜では抽象的すぎて、すぐに気持ちが萎 [続きを読む]
  • 中高年のアイドル綾小路きみまろさんの生き様に感動しました。
  • 6月のある日、夫が「欲しいものがあるんやけど」と新聞広告を持ってきました。それは「綾小路きみまろ笑撃ライブCD全10巻セット」 中高年のアイドル綾小路きみまろさんをご存知ですか?昨年メジャーデビュー15周年を迎えた67歳の漫談家です。そしてわが家にやってきた笑撃ライブCD全10巻。夫はウォークマンにダビングして通勤途中や車の移動中に聞いているようです。まじで聞きよんや〜と思いながら、実は私も聞いています。 [続きを読む]
  • 取引銀行を近くの支店に変更しようと思った理由。
  • 先日、家計の見える化のため固定支出を洗い出しました。そのとき、取引銀行が複数あることに気づき、いわゆる休眠口座は解約することに。そして、休眠口座ではなく現役で使っている口座ですが、近くの支店に変更しようと思いました。それは今後の手続きの簡素化のためです。今回、現役にも関わらず解約しようと思ったのは地方銀行の本店口座です。本店に口座を作った理由私は長いあいだ経理事務をしていました。経理事務では金融 [続きを読む]
  • 学校に行きたくないと言う三女の言葉から、自分の状態に気づく。
  • 今日の朝、三女(小1)が目を覚ましたとたん「お休みしたい」と言いました。「うわっ出た。やっぱり。三連休のあとダルそうにしとったしな〜休ませてあげてもええけど、先週もヘルペスで休んどるし、今日お休みして次からお休みしたいって言うたら休ませてくれると思ったらどうしよう。それはいかんわな〜先生にも甘あま母さんって思われるかもしれん。お母さんそこは学校に行くように促してくださいとか言われたら嫌やな〜でも [続きを読む]
  • 無印良品のメイクボックスは一時置きにも大活躍です。
  • わが家には無印良品のメイクボックスがたくさんあります。もちろん収納に使っているものもありますが、突発的なときにも使えるようにいくつか余分に置いています。どんな時に使っているのか、ご紹介したいと思います。お薬の一時置き場これは、長女が花粉症で眼科を受診したときに処方された目薬です。3日間だけさすように言われました。こんな風に、病院で処方されたお薬をよく見えるところに置くためにメイクボックスを使って [続きを読む]
  • 家計の見える化、まずは固定支出から見えるようにしました。
  • 先日、家事の見える化プロジェクトを立ち上げ、まずはお金の流れを見える化しようとプロジェクトに着手しました。私は、簿記2級そろばん1級、経理事務も長くしていたし、膨大な数の帳簿も手書きでつけていました。数字には強いと自負していましたが、家計となるとどんぶり勘定で綱渡りのようなやりくりをしています。スリルがあっていいかもしれませんが、正直疲れます。取引先を把握する仕事では経理事務をバリバリこなすのに [続きを読む]
  • 家事の見える化プロジェクトを立ち上げました。
  • 「家の中を片づけなければ‥」「断捨離したい‥」といつも思っているのはなぜだろうとふと思いました。いろんな雑誌やブログを読んで、こんな風に暮らしたいと思う。 スムーズに家事が進むように家の中を片づけたいと思う。でも、それが漠然としているのです。ただ、漠然と雑誌やブログを眺めて、いいなぁと思っている。だから、いつも「片づけたい」と思っているのでしょう。なぜ、片づけたいと思うのかそもそもどうして片づけ [続きを読む]
  • 「最後だとわかっていたなら」後悔しない?
  • 「最後だとわかっていたなら」これは2007年7月に出版された本です。ノーマ・コーネット・マレックさんの詩を日本語に訳したもの。10年ほど前にこの本を購入してから、ときどき読んでいます。そして、読むたびに感じ方が変わってきています。この詩は作者のノーマさんが亡くなったわが子を偲んで書いた詩だそうです。伝えたかったけれど、伝え切れなかった想いを一篇の詩に託しました。その詩が2001年9月ニューヨークで起きた同時 [続きを読む]
  • ワンアクション収納をさらに使いやすくするために。
  • 「ひと目で分かる」そして「ワンアクションで取り出せる」ことにこだわって、収納の改善に取り組んでいます。この2つをクリアしているのにも関わらず、使いにくい場所がありました。それは食器棚。その食器棚に収納している食器がなぜ取り出しにくいのか、それは棚板の奥行きに原因がありました。見直した食器棚は今回、見直した食器棚です。電子レンジを置いている棚がちょうど私の腰の位置となります。収納しているのはいつも [続きを読む]
  • 子どもから学ぶ、幸せを感じるために大切なこと。
  • 小学1年生の三女は今年の夏休みに大好きな「おしりたんてい」の本を7冊手にいれ、至福の時間を過ごしています。1冊は私が購入したものですが、あとの6冊はおばあちゃんに買ってもらったり、もらったお小遣いで自分で買ったもの。誕生日などのイベントなどまったくないのに、どうやって「おしりたんてい」を手にいれ、おしりたんていに囲まれた至福のときを得たのか。その意気込みたるや見事なもので、私も学ぶところがたくさん [続きを読む]
  • 車のナンバーを見て思うこと。
  • 私は毎日車に乗っています。駅やバス停が近くになく、便数も少ないので車がないと不便なのです。でも車に乗るのは好きなので苦にはなりません。楽しいこともありますし。その楽しいこととは。他の車のナンバーを見て、いったいあれは何の語呂合わせだろうと妄想するのが好きなんです。車のナンバーは選ぶことができるご存知の方は多いと思いますが、車のナンバーは「希望ナンバー制度」を利用することで4桁以下のアラビア数字の [続きを読む]
  • 子ども部屋のあり方を考える。
  • 子ども部屋の見直しのため、子ども部屋に置いていた大型家具を処分しました。1つの部屋で、中1・小4・小1と年齢の違う3人が効率よく過ごせるようにと、空間を駆使した家具を購入したのも、処分することになった一因かなと。それぞれ家での過ごし方が違いますし、好みの環境も違うようです。子ども部屋という概念を外して、まず家での過ごし方やどんな風に過ごしたいのかを考えてみることにしました。子ども部屋はなくてもい [続きを読む]
  • トランポリンのすすめ、大人も子どもも嬉しい効果。
  • わが家に8年前お目見えしたトランポリン。子ども達は毎日毎日ジャンプしています。私も2日に1回くらいジャンプしています。トランポリンでジャンプすることで、子どもだけでなく私にも花マルなことがたくさんありました。今日はトランポリンパワーについて書いていこうと思います。トランポリンを購入した理由二女が2歳の時に購入したトランポリン。直径約1メートルほどの家庭用のトランポリンです。当時読んだ育児書に、子 [続きを読む]
  • 無印良品グッズでワンアクション収納を目指せ!
  • 子ども部屋の断捨離をきっかけに家の中の収納も見直しています。収納したときには「上手にできた」と思っても、長く使っているうちに「んー」となり、このスルーしてきた小さな「んー」を丁寧に見直していくことに。テーマは「ひと目で分かること」と「ワンアクションで取り出せる」ことにこだわって、収納の改善に取り組みました。保険証・診察券入れの見直しまずは、保険証と診察券を入れているポリプロピレンケースの引き出し [続きを読む]
  • 子どもは親のいろんな背中を見て育つ、そして先生の背中も見ている。
  • 「親の背を見て子は育つ」と言います。毎日の生活の中で子どもは親からさまざまなことを吸収しています。親が子どもに対して直接教えることだけでなく、親が周りの人に接している姿や、ものごとに真剣に取り組んでいる姿などを見て、子ども自身が学んでいくということです。それくらい親をよく見ているということですが、親だけでなく先生のこともよく見ているんだなぁと感じることがありました。ピアノの先生の背中先日、二女( [続きを読む]
  • 和太鼓の音に身をゆだねて、自分のいのちを感じる。
  • 先日、地元の神社で夏祭りがありました。私はかなりの出不精を自認していますが、お祭りは好きです。お祭りの喧騒の中に身を置くのが好きなのです。喧騒の中にいると、逆に自分の中が静かに澄んでくる感覚がやってきます。それともう1つ楽しみにしている祭事があります。それは最後の和太鼓演奏。和太鼓は耳で聴くというより身体で感じると言った方がいいかもしれません。お腹の底にドンドンと響いてくる感じがとても心地いいで [続きを読む]
  • 子ども部屋の大型家具を処分して学んだ収納のルール。
  • 子ども部屋の見直しをしています。先日、子ども部屋に置いていた大型家具を処分しました。大型家具を処分するのは手間と体力が必要でしたが、学ぶことも大いにありました。特にモノのしまい方、収納方法について気づいたことがあったので、改善していこうと思います。 改善したい収納のルール今回の大型家具を処分するとき、他のごみも大量に出たのです。それは収納方法に問題がありました。その問題点から学んだ今後改善したい収 [続きを読む]
  • すれ違う人にエールを送ると、元気になれます。
  • 11月に開催されるハーフマラソンにエントリーしました。1週間前から練習を始めています。まずはウォーキングからですが、暑い夏の疲れが溜まっているせいなのか、身体がなまっているのか、とにかくしんどい。最後の10分ほどは特に。そこで、夫に教えてもらった元気になる方法を試してみました。それは「すれ違う人にエールを送る」という、とても簡単な方法です。すれ違う人にエールを送ります犬を散歩しているおじいさんに「 [続きを読む]
  • 肌断食を続けるための5つのコツ。
  • 何もつけないという肌断食は、今まで化粧水や美容液をつけていた人にとって、気軽に始められるものではないし、また続けていくのは難しいかもしれません。肌の状態が落ち着くまでの経過は人それぞれなので、いつまでといった目安がないのも肌断食に踏み切れない1つの原因だと思います。肌断食を続けたいと思っている方に、私が続けることができた5つのコツをご紹介します。肌断食を続けるための5つのコツとは私は今まで肌断食 [続きを読む]
  • 自分の枠を外すために、あえて嫌なことをやってみる。
  • 自分の好きなことをする、やりたくないことはしない、とよく耳にします。ストレスを少なくするためには必要なことだと思います。私もそうありたいと、今まで自分の好きなことしかせず、やりたくないことはやらずに生きてきましたが、なんとなく窮屈な思いをしていました。ストレスも感じます。そんなとき友人が心に残ったブログの話をしてくれました。 「好き」の裏側を見てみるそのブログには「自分が何を嫌いなのか分かると自動 [続きを読む]