MMD さん プロフィール

  •  
MMDさん: Money-Management Diary
ハンドル名MMD さん
ブログタイトルMoney-Management Diary
ブログURLhttp://money-management-diary.blogspot.com/
サイト紹介文日々の投資、運用、その他雑感。長期、積立、分散、低コストのバンガードETFを中心に永久保有。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 150日(平均1.9回/週) - 参加 2018/06/09 18:13

MMD さんのブログ記事

  • 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票
  • 今年も「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」に投票しました。去年と同じくVTに全5票、理由も去年と同じで、皆に広く知っていただいて、購入していただいて、さらに信託報酬が下がることを期待してです。ただし、マネックス証券の米国株口座は一般と特定が分かれていないため、いまはVTを購入することはありません。それでもVTは自分のポートフォリオの中で最大金額のETFであるため、信託報酬が下がるのであればメリット [続きを読む]
  • 2018年10月の売買記録
  • (1)売却・Vanguard FTSE Europe ETF(VGK)・Vanguard Total Stock Market ETF(VTI)(2)購入・Vanguard FTSE Europe ETF(VGK)・Vanguard Total Stock Market ETF(VTI)・SPDR Dow Jones REIT ETF(RWR)・楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)●感想マイナスになっていたVGKの損失クロス取引を3回実施。そして毎月の積み立て分はVTIとRWRを購入。ノーセルリバランスでポートフォリオの調整です。ただしVTIはその後マイナ [続きを読む]
  • 効率的な買い方
  • 毎月末にポートフォリオの中で乖離率が一番大きい商品を購入して、ノーセルリバランスを実施しています。ただし、保有している銘柄でマイナスが発生したものは、損益通算のためにその時点で売却、即買い戻しも実施。例えば、保有しているVTIがマイナスになったので損益クロスを実施。一方でポートフォリオの乖離率が一番大きいVWOを毎月の積立として購入、というもの。この場合はVTIの往復と、VWO購入の3回分の手数料が発生します [続きを読む]
  • 2018年9月の売買記録
  • (1)売却・なし(2)購入・Vanguard Total Stock Market ETF(VTI)●感想先月はノーセルリバランスのためにVTIを購入しただけで、損益クロス取引もなく、順調というか暇な一か月でした。インデックス投資は一度ルールを決めたらそれに従うだけなので、ひたすら暇です。でも一度決めたら、ひたすら買い続けます。 [続きを読む]
  • 一般NISAのロールオーバー手続き完了
  • 一般NISAですが、ロールオーバー手続きを行いました。マネックスから書類が送られてきたので、日付、署名、ロールオーバーする旨のチェックをして返送。楽天証券は同じ銘柄であれば取得原価は年度ごとではなく平均値のようですが、マネックスは年度ごとでした。どうせ売ることはないのですが、ロールオーバー終了時にマイナスになっていても損益通算が出来ないので、ならば利益の出ている今、いったん売却することも考えました。し [続きを読む]
  • 2018年8月の売買記録
  • (1)売却・Vanguard FTSE Europe ETF(VGK)・eMAXIS 先進国リートインデックス(2)購入・Vanguard FTSE Europe ETF(VGK)・SPDR Dow Jones REIT ETF(RWR)・Vanguard Total Bond Market ETF(BND)●感想VGKはマイナスになっていたので損失クロス取引として売買。コストの高いeMAXIS先進国リートからRWRへ乗り換え。今年の損失額が積みあがってきたので、eMAXISの売却益に課税されない範囲ということで、一部のみ売却です。そし [続きを読む]
  • 三菱UFJ国際投信のeMAXISに疑問アリ
  • 自分のマイポートフォリオの中で整理したい商品ナンバーワンは、eMAXIS先進国リートインデックスです。海外ETFにシフトしつつあるのでRWRに乗り換えたいのですが、それ以前に三菱UFJ国際投信の姿勢に疑問を感じています。昨今の信託報酬低下競争により、よりコストの低いeMAXIS Slimが登場しました。それ自体はいいことだと思います。また、初代eMAXISのコストを下げられなかったのは販売会社へ支払う手数料、すなわち販社の利益が [続きを読む]
  • 2018年7月の売買記録
  • (1)売却・なし(2)購入・変動10年(第100回)個人向け国債・Vanguard Total Stock Market ETF(VTI)・Vanguard Total International Bond ETF(BNDX)●感想ついに10年国債を買いました。マネックスで国債購入キャンペーンをするのを待っておりましたが、一向に行う気配がないので買ってしまいました。思えば10年前に国債を買ったときに10年後はどうなっているのだろうかと思いましたが、結局国債暴落も起きず今に至ります。次の [続きを読む]
  • マネックスからSBI、楽天に乗り換えるべきか
  • マネックス証券を使っていますが、サイト構成に難アリで、このまま使い続けるメリットがあるのか悩んでいます。最近は海外ETFしか購入していないので、為替手数料が安いSBI証券のほうがコスト低減が図れます。楽天証券は楽天ポイントで投資できるようになったので、これもコスト低減が図れることになります。ただし、ポイントで購入できるのは投資信託だけですが。ポイントで購入できるサービスが開始されたと聞いたときに、どうせ [続きを読む]
  • VT買うのやめます
  • 釣りタイトルっぽいですが、VT買うのやめます。本当は買いたいのですが、マネックスでは含み益のある一般口座のVTとマイナスの特定口座のVTが一緒に管理されており、特定口座の損失クロス取引ができません。損益通算は一般投資家にとって数少ない節税対策なので、それができないのはかなり痛いです。資産管理をしやすくするために銘柄数を絞るべく、ここ数か月はVTを買っていましたが、今後はVTIを買うようにします。既にVTのアメ [続きを読む]
  • 2018年6月の売買記録
  • (1)売却・eMAXIS 先進国リートインデックス(2)購入・SPDR Dow Jones REIT ETF(RWR)・Vanguard Consumer Staples ETF(VDC)・Vanguard Total Bond Market ETF(BND)・Vanguard Total World Stock ETF (VT)●感想6月はボーナス支給月なので、いつもより多く買いました。今年は順調にマイナスが積みあがっているので、高コスト商品から低コスト商品に乗り換えるべく、eMAXIS先進国リートを一部売却、そして新規追加して信託報 [続きを読む]
  • マネックスの海外株式における一般口座と特定口座について
  • 特定口座にあるVTの赤字幅が大きくなってきたので、いつものように損益クロスを行おうとしました。VTは特定口座だけでなく一般口座でも保有しているのですが、米国株の売買を行うトレードステーションでは特定と一般のVTが合算されて表示されています。マネックスに問い合わせたところ、売却において特定と一般を区別することはできず、売却したときは一般から売却するとのこと。マイナスなのは特定口座にあるVTなのに、含み益のあ [続きを読む]
  • 外国税額控除の限度額が超えた
  • 米国株の税金は米国10%と日本20%の二重課税のため、確定申告の外国税額控除を使って米国10%分を取り戻しています。しかし、外国税額控除は自分が支払った所得金額に基づく計算式で算出されるため、米国10%の全てが還付されるわけではありません。最近はひたすら米国ETFを購入しているので、分配金がかなり増えました。しかし、給与の伸びは限られているため、限度額を超えています。いくら米国ETFのコストが安いといっても、還 [続きを読む]
  • メルカリのIPOハズレ
  • メルカリのIPO抽選に応募しましたが、見事ハズレ。そもそもIPO投資には興味ないのですが、国債購入資金が待機中のため、それをつかって応募してみました。メルカリなら損することないだろうと思ったからです。今回はたまたま待機資金があったからですが、もし無かったならば応募しなかったでしょう。ましてやそのために入金もしなかったです。今回は自分の投資ポリシーに反しましたが、年末ジャンボ宝くじを買うような気分でした。 [続きを読む]
  • にほんブログ村に登録してみました
  • いつもインデックス投資家のブログを見ていますが、かなりの頻度で「にほんブログ村」のバナーを見かけます。そのリンクから別のインデックス投資ブログへとジャンプして、そしてまた別の・・・と続けて見てしまうことが多々あるので、ならばと自分も登録してみました。ちょっと意外だったのは、楽天で利用することがあるムラウチドットコムが運営会社だったこと。新規事業かと思いますが、家電通販会社がブログ村とは驚きました。カ [続きを読む]
  • 2018年5月の売買記録
  • (1)売却・Vanguard Consumer Staples ETF(VDC)(2)購入・Vanguard Total World Stock ETF (VT)・Vanguard Consumer Staples ETF(VDC)●感想アセットアロケーションの調整を行うために、10年国債の満期償還分の一部でVTを購入しました。また、一般生命保険を一部解約して、これもVTを購入しました。というわけで、二回購入。米国株の比率が下がっていたので本当はVDCかVIGを購入すべきですが、金額が大きかったのでVT一本と [続きを読む]
  • 『銀行員はどう生きるか』
  • 『銀行員はどう生きるか』(浪川攻著)を読んだ。『捨てられる銀行』の続編かと思うぐらい似ていたのだが、この「銀行員」を他の職業に換えても通ずるものがあると思う。ITによる省力化、本業回帰はどの業界でも同じではないだろうか。銀行員がどうやって生きるかと同じぐらい他業種のサラリーマンも生きるかを考える必要があるだろう。 [続きを読む]
  • 損益通算の計算方法について
  • 今まで散々、損益通算について書いていたのに、当日売買における計算方法を全く知りませんでした。売却から再購入までに価格変動がないように、すべて当日中(というか数分以内)に売買していました。その後、幾らマイナスになったのかを証券口座で確認しますが、マネックス証券はトレードステーション、外国株口座、そして最後にオリジナルの口座の順番で反映されるシステムのため、最終的な損益が確認できるまでに2日以上かかり [続きを読む]
  • 2018年3月の売買記録
  • (1)売却・Vanguard Consumer Staples ETF(VDC)・Vanguard Total Bond Market ETF(BND)・Vanguard Emerging Markets Government Bond ETF(VWOB)・SPDR Dow Jones REIT ETF(RWR)・Vanguard FTSE Europe ETF(VGK)・上場インデックスファンド海外債券(Citi WGBI)毎月分配型(1677)(2)購入・Vanguard Consumer Staples ETF(VDC)・Vanguard Total Bond Market ETF(BND)・Vanguard Emerging Markets Government Bond E [続きを読む]
  • 2018年4月の売買記録
  • (1)売却・Vanguard Consumer Staples ETF(VDC)(2)買付・Vanguard Consumer Staples ETF(VDC)・Vanguard Total World Stock ETF (VT)●感想先月は毎月分配型のBND、BNDX、VWOB以外にも四半期に一回のVT、VIG、VGK、VDC、VWO、RWRの分配金があったこと、10年国債が満期を迎え一部を海外株式に充当したことから、通常よりも多くの購入となりました。ポートフォリオ上で一番マイナス乖離率の大きかったVDCをいったん売却して [続きを読む]
  • 証券業界に激震? 株取引「手数料ゼロ」アプリの衝撃について
  • Webで見つけた記事。https://moneyforward.com/media/career/53483/証券業界に激震? 株取引「手数料ゼロ」アプリの衝撃たとえば、1株600円の銘柄を100株分購入しようとした場合、利用者の立場からすると、東証で約定すれば、購入金額は6万円で手数料はゼロ。立会外取引で仮に5万9,976円で約定すれば、その購入金額のほか、有利に約定した差額相当(24円)の半額である12円を支払う形になります。こうした立会外取引は「ダークプール [続きを読む]
  • 2018年2月の売買記録
  • (1)売却・SPDR Dow Jones REIT ETF(RWR)・Vanguard Total Bond Market ETF(BND)・Vanguard Emerging Markets Government Bond ETF(VWOB)・楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)(2)買付・SPDR Dow Jones REIT ETF(RWR)・Vanguard Total Bond Market ETF(BND)・Vanguard Total International Bond ETF(BNDX)・Vanguard FTSE Europe ETF(VGK)・楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)(NISAリレー投資用)●感 [続きを読む]
  • 2017年の確定申告完了
  • 2017年の確定申告を終えました。昨年は住基ネットの期限切れにより郵送で申告しましたが、今年はマイナンバーを使って電子申告。年に一回だけなので使い方を思い出すのに大変かと思いましたが、今年は簡単に出来ました。記入例がわかりやすくなっていたり、ふるさと納税は自治体名と金額がまとめて記入できたり、外国税控除記入も昨年よりも簡素化されており、年々使い勝手が良くなっています。海外ETFの数量が増えているため、還 [続きを読む]