ももこ さん プロフィール

  •  
ももこさん: SURVIVE LIFE
ハンドル名ももこ さん
ブログタイトルSURVIVE LIFE
ブログURLhttp://survivelifemo.com
サイト紹介文39歳シングル。強く軽やかに、よりよく生きる道を模索中。
自由文着物、日本文化、英語習得、シンプルライフ、旅のつれづれ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 126日(平均3.4回/週) - 参加 2018/06/10 15:53

ももこ さんのブログ記事

  • 作業に集中したいときこそ片付ける
  • 家での作業中、集中力が続かないことがよくよく、あります。たいてい、そんなときは、机の上に今使わないものがなんとなく置いてあったり、懸念事項が脳内を漂っていたり。 前は、集中力がないのは自分のせいだ、集中力をつけなくては、とそれ関連の本を読み漁ったりしていましたが、今は諦めました。いや、いつかは集中力アップに取り組みたい、と思っていますが(それが自分の弱点であることを自覚しているので)、今は、集中力 [続きを読む]
  • 「生きる美学」を読んで、部屋の模様替えを決意(読書)
  • 背筋がしゃんとするような本が気になるこのごろ。造顔マッサージの田中宥久子先生著「生きる美学」を読了。 田中宥久子 生きる美学posted with ヨメレバ田中 宥久子 WAVE出版 2007-04-11 Amazon楽天ブックス美のプロフェッショナルと言われる著者の、生き方、考え方、色々な経験を重ねて生きて来られた中でのアドバイスなどが書かれています。いやー、プロフェッショナルは、やはり日常の送り方にも様々なこだわりがあり、生き [続きを読む]
  • 整体とトレーニングと「一生美人力」
  • 健やかな精神は、健やかな体に宿るもの。昔からよく聞くその言葉は、確実に正しいだろうと思っているので、健やかな精神のため(最近ホルモンバランスのせいか、精神のバランスが悪いのです)、健やかな体を手に入れたいと願っています。美しくあるためにも、適度な筋力が必要なようで。(☆)とにもかくにも、人間よりよく生きていくのには、筋肉は必須だぞ!ってことですね。 んで、整体に行ったのです。私。マッサージは揉み返 [続きを読む]
  • 「一生美人力」を読んで(読書)
  • 最近、身なりを整えたくなりました。答えは簡単。秋だから、でしょう。夏のカジュアル服から秋のちょっとフォーマル服に切り替わり、同時に、自分自身もちょっとフォーマルに衣替えしたくなった?のかも?なんというか、背筋を正したくなったのです。で、手に取ったのが、斉藤薫の「一生美人力」。斉藤薫さんの一言はいつも、ハッとさせられます。特に、女をさぼってるなって時に、「私のこと見てました!?」というくらい刺さる言 [続きを読む]
  • 開かずの押入れの片付けに挑む!
  • 秋です。食欲の秋、スポーツの秋、文化の秋、私にとっては 片付けの秋です。 ひたすらじっと暑さに耐える夏を終え、空気が涼やかになってくると、あぁ冬が近いな、と覚悟を決めるのです。だって、秋ってあっという間。気づけば冬になっているので、秋支度と冬支度はセット。そして、意識は 外から内へ向いて来ます。冬は本当に苦手なので、熊の冬眠のようにうちにこもるものですから、お家の中を整えたくなるのです。一番過ごし [続きを読む]
  • わたしに出来る小さなこと
  • 猛暑が続いています。この猛暑は 災害だと、ニュースが報じていますが、だとしたら、西日本の水害に遭われた方達からすれば、2つの災害に見舞われたことになりますね。わたしにできる事は何だろう、と考えた時、一番に思いついたのは募金でした。もちろん、日帰りか一泊ならボランティアにいくこともできます。ただ、自分の体力や筋力を鑑みると、向こうでヘタって迷惑をかける可能性の方が高いと判断しました。募金もいろいろな [続きを読む]
  • 熱中症は英語でなに?
  • 暑いです。大弱りです。努めて元気に振舞っているつもりでしたが、日本語の授業のあと、生徒さんから「元気がありませんね。疲れていますか?」と心配されてしまいました。情けなし!!!「暑くて、具合が悪いです。」というと「ぁぁ、Heat Stroke ですね」Heat Stroke = 熱中症初めて聞いたボキャブラリーでした。heat stroke とか sun stroke とか言うらしいですよ。今後、「ねっちゅうしょう」という日本語 も 、夏おしえる言 [続きを読む]
  • 熱中症は英語でなに?
  • 暑いです。大弱りです。努めて元気に振舞っているつもりでしたが、日本語の授業のあと、生徒さんから 「元気がありませんね。疲れていますか?」と心配されてしまいました。情けなし!!!「暑くて、具合が悪いです。」というと「ぁぁ、Heat Stroke ですね」 Heat Stroke = 熱中症初めて聞いたボキャブラリーでした。heat stroke とか sun stroke とか言うらしいですよ。今後、「ねっちゅうしょう」という日本語 も 、夏おしえる [続きを読む]
  • ITに弱い者はITグッズを捨てるのが苦手である(捨てる)
  • 苦手なITとこれからは向き合っていくぞ!と鼻息荒く、Mac book Airとiphoneをほぼ同時に買い換えたのは、3月のこと。苦手なものとの上手な向き合い方気づけば、それから4ヶ月も経過しています。それから、プリンターも買って(3月の出費、正視できないほどの額でした)、ブログも始め、そこそこ使い慣れてきました。買い換えの時に、家中から集めたら、不要のアップル製品がこんなに。(知らぬ間に、私はかなりのアップル信者に [続きを読む]
  • 化粧品をたくさん持っていたら美しくなれるか(捨てる)
  • 「香水をつけない女に未来はない」とココ・シャネルは言いました。香水、そういえば最近つけてないな。と反省しきり。現在、コスメの数を最小限にしていますが(旅の荷物ミニマル計画(私至上最もコンパクトなコスメ))香水と同じ原理で、「化粧品をたくさん持たない女に未来はない」のでしょうか。答えは否、と私は思っています。 美容に興味が深々だったころは、美容雑誌を買ってはオススメの新製品をチェックし、毎シーズン流 [続きを読む]
  • 今日手放すことを決めたもの(人からの貰い物)
  • ものを減らすことを決意しました。「ぼくたちに、もうモノは必要ない」に影響されて(片付ける)最終目的は、今、やりたいことにフォーカスできる集中力と環境を手に入れる、ことです。本をたくさん読んで知識を増やしたい、日本の文化をもっと知りたい、色々な国へもっと行きその国の文化に触れたい、書道の練習をもっとしたい、日本語の知識をもっと増やしたい、英語ももっと上達したい、料理もしたい。と、私の中にしたいことが [続きを読む]
  • 7月のふもとっぱらキャンプ場レポ
  • 2泊3日のふもとっぱらキャンプより戻ってまいりました。太平洋高気圧とチベット高気圧の2層高気圧で猛暑が予想される中、ふもとっぱらはちょっと標高も高いし寒いだろう、と素人な予測をたて、寒さ対策ばっちりでまいりましたが、結果、すんごい暑かったです。だだっ広く、木陰が少ないため、強い日差しが照りつけます。もちろんタープは貼りましたが、タープでは避けきれない熱感が、じりじりと。こりゃたまらん、と、2日目の [続きを読む]
  • 念願の富士の麓キャンプ、出発です。
  • いよいよキャンプへ出発です。準備に鬼のように時間がかかりました。年の初めのキャンプはいつもこう。一から、いえゼロからのスタート。今年こそ、帰ってきたら、キャンプ用持ち物リストを作ろう。準備の効率化を図ろう、と心に決めております。(毎年思うのですが、今年こそ!!) 寒いのか?暑いのか? よくわからないため、防寒最大限に、汗かいた時の着替えも最大限で、荷物がパンパン。圧縮袋でできるだけ小さくしました。 [続きを読む]
  • 旅の荷物ミニマル計画(私至上最もコンパクトなコスメ)
  • 私至上最もコンパクトなコスメセット。完成しました。 女ですもの。綺麗であることに関しては、譲れないところ。手を抜きたくないところです。なので、その時の気分で、コスメの数に増減がかなりあります。きちんとメイクしたい気分の時は、コンシーラーやハイライト、カバー力のある下地などが追加されます。あと、綺麗なアイカラーとか。たいてい春が私をそんな気分にさせますね。そして、今。暑さと、旅欲の増加から、極力シン [続きを読む]
  • 旅の荷物ミニマル計画(キャンプ編)
  • 夢は、一人女子キャンプ。ももこです。というわけで、キャンプグッズの軽量化に、日夜(大げさ)取り組んでいるわけですが。(旅にむけて、荷物軽量化に励む)そろそろ準備も終盤。まとまってまいりました。 上は、私の身の回り品ポーチ1。(化粧品をいれたポーチ2は後日紹介予定)左上から1、コンタクト 日数分2、ボディソープ、洗顔(同じものを食器洗い用に別容器に入れ、調理関連バッグにも)3、目薬4、爪切り5、ヘア [続きを読む]
  • 足裏アーチを取り戻すために始めたこと2
  • 足裏健康な人にとってはどうでもいい、足裏アーチ取り戻す計画。パート2でございます。そう、勝手にシリーズ化です。こちとら、真剣ですから!!とりあえず、一月後のアメリカでは、迷いもなく、テキサスの荒野を歩きたい。灼熱でしょうから、1分でリタイヤと思われますが。youtube「わたしに会うまでの1600キロ」こんな映画みちゃうと、旅欲増しちゃいますよね。キャンプ熱もちょうど高まっているところだし。 ってわけで、 [続きを読む]
  • 足裏アーチを取り戻すために始めたこと。
  • 夏です。サンダルの季節=生足を人前に晒す季節です。みなさんのおみ足は美しいですか。自信を持ってサンダルを履けますか。私は。。。履けません。涙外反母趾に内反小趾、巻き爪、足裏にタコと、足のトラブルオンパレードです。もとを正せば、足裏には縦(内側と外側)と横にアーチが3つあるのが理想の形なのですが、様々な要因で足の筋肉が衰えた結果、そのアーチが崩れてしまうことが足のトラブルのもっとも多い原因なんだとか [続きを読む]
  • 遺品との向き合い方(実家の片付け)
  • 震災に備えて実家の片付けをはじめたら、捨てるのが気持ちよくなってきて、引き続き、あちこち不要なものを物色中です。我が家の南西の隅、座敷の隣にひっそりとたたずむ納戸を開けたら。そこには座布団がびっしり詰まっておりました。数えたら、30枚ありました。確かに、かつて来客は多い家でしたが、それとて、2、3人が頻繁に訪ねて来る程度。寄り合いをするわけでもないし、30人が我が家に押し寄せたことはいまだかつてな [続きを読む]
  • さらりと着物がたり(素人にはもっとも難関。盛夏の着物)
  • さらりと着物を着こなせる大人(もう十分大人ですが。年齢的な意味ではなく、成熟や洗練という意味で)目指して、月に一回以上は着物を着て、慣れ親しんでいこうと励んでおります。着物は一朝一夕ではこなれた着姿になりませんから。5年、10年スパンで考えて、ゆっくりじっくり、自分なりの着物道を極めていけたらと思っているのです。 で、すっかり盛夏の7月も月1ルールは継続で、あらかじめ自分のやる気喪失を見越し、能鑑賞 [続きを読む]
  • 友達が減るのは切ない!?
  • 最近友達が減りました。正確には、連絡を頻繁に取り合ったり、会ってお茶したり飲んだりする友達が減りました。と書くと、なんだかすごく切ない話のようですね。(実際切ない話かもしれませんが)ただ、本人そんなにそれに対して、ネガティブには捉えておらず。年を重ねるってそういうことなのかなぁ、と思っているのです。自分のことや相手のことがわかって来て、自分が心地よいと思える相手がわかってきて。加えて、家庭や仕事な [続きを読む]
  • 着なくなった洋服を手放す方法
  • ここしばらく続いている実家の片付け、旅の準備。おかげで、必要なもの、不要なものの感覚が研ぎ澄まされてきました。ふと、自分のクローゼットに目をやると。んーなんだか、着てない服がちらほらあるな。シーズンはじめに、日々のコーディネイトは決めたので、それ以外の服に袖を通す機会が激減しました。夏の装いを考える(ファッション難民の解決策)それ以外の服は大別すると、1、日常には袖を通さないけど、特別な日に着たい [続きを読む]
  • 本当に必要なものはなに?
  • 携帯を忘れました。大雨のなか20分歩いて駅までたどり着き、電車に乗り込んだ瞬間にそれに気づき、携帯ないと困る!!!と思わず電車から降りました。そして、大雨のなかをまた家まで戻ろうとしていました。大雨でも、20分かかっても、携帯がないことの方が一大事。でも、歩き出してふと冷静になりました。あれ?でも携帯なくて果たして本当に困る?そこまで、半ば衝動で動いていましたが、立ち止まって考えてみることに。すると、 [続きを読む]