SHITAMACHINOTEIOU さん プロフィール

  •  
SHITAMACHINOTEIOUさん: 株式投資、仮想通貨投資の帝王学
ハンドル名SHITAMACHINOTEIOU さん
ブログタイトル株式投資、仮想通貨投資の帝王学
ブログURLhttps://ameblo.jp/kabuandmoney/
サイト紹介文株式投資、仮想通貨投資のエビデンスを追及したいと思います。参考にして貰えれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 217日(平均1.7回/週) - 参加 2018/06/10 17:24

SHITAMACHINOTEIOU さんのブログ記事

  • バイオバブルは やって来るのか?
  • 1月、2月、3月は、仕事が最も忙しい時期なので なかなか時間が取れないと思いますが、本年も可能な限りブログを続けていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。 今回は、バイオ相場の可能性について検討してみました。昨年から作成しておりましたが、時間がなく、やっと本日 投稿まで漕ぎ着けました。 まだ中途半端な感じなんで 相場のポイント、ポイントで追加投稿する予定です。 当ブログでは昨年のメインテーマをキ [続きを読む]
  • サイバーコム ファーウェイ排除は追い風になるのか?
  • NECの株価が 騰勢を強めています。航空宇宙、防衛産業や生体認証、顔認証等のセーフティ事業が好調となっておりますが、米中貿易戦争を追い風にしている側面も強いように思われます。所謂 「漁夫の利」を得ている企業であるということです。 米国の意向もあり、日本政府は安全保障上の問題から 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)等の製品の排除方針を決め、ソフトバンクを筆頭に携帯大手3社は政府 [続きを読む]
  • Kudan 人工知能と人工知覚
  • 今回は 12月19日マザーズ上場の Kudan について人気が予想されるのでコメントしたいと思います。英国ブリストル創業の最初からグローバルを意識している企業です。ブリストルには理工系の大学も多く、優れた技術者を確保しやすいとのことです。 主幹事はSMBC日興証券、公開株数は170,900株、オーバーアロットメント25,600株です。ベンチャーキャピタルには 上位株主と共に解除価格無しで180日間のロックアップが掛かっています。 [続きを読む]
  • 日産 トランプは、アメリカは どう動くのか?
  • 最初に確認事項なのですが、当時の瀕死状態だった日産を助けたのは確かにルノーだったわけで、日産を立て直したのは 間違いなく カルロス・ゴーンであります。当時の日産経営陣の無能ぶりは目を覆うばかりだったと言われています。確実に潰れていたでしょう。 確かに日産は復活を遂げました。シリーズハイブリッドのノートeパワーは 2018年上半期登録車販売台数 日本一となりました。リーフは累計32万台以上の世界一売れているEV [続きを読む]
  • ダウントレンドに立ち向かえる銘柄とは?
  • 当ブログでは、当初よりキャッシュレス銘柄、AI関連銘柄を本年のメインテーマに据えて ご紹介してきたつもりですが、それなりのパフォーマンスを得られたのではないか と自負しております。 私事ながら 昨年の今頃は、渾身の東1 ハイテク相場、仮想通貨相場をやっておりましたが、現在の投入資金は 当時より大幅に戦線縮小となってしまいました。もっとも 今年の1月までに殆ど利確しているので 2月からは かなり縮小した形で相場 [続きを読む]
  • サンバイオは ギリアドになれるのか?
  • ギリアド・サイエンシズ社は、C型肝炎ウイルスを「ソバルディ」「ハーボニー」などの薬剤で駆逐、インフルエンザ治療分野では「タミフル」で、さらに抗HIV市場でも世界の開発をリードしています。ギリアド社はHIV治療薬、一日一回服用の「ツルバダ」薬と「アトリプタ」薬、そしてC型肝炎ウイルスの「ソバルディ」「ハーボニー」で人類の奇跡を起こした といわれています。ギリアドは、C型肝炎の完治薬「ソバルディ」その一薬の売 [続きを読む]
  • 休むも相場
  • 東証1部の空売り比率が50%台と過去最高水準にあるといいます。 直近の追証件数は 今年最大規模の状況にあるといいます。 そして 日経平均PERは 12.37倍(10月25日)と 本年3月23日の大底反転となった 12.22倍に並ぶ水準になっています。 確かに指標的には 反転上昇があってもおかしくないところまで来ています。11月からの反転踏み上げを期待したいところではありますが、正直私には先が全く読めていません。仕事にかまけて「 [続きを読む]
  • イーソル トヨタ自動運転の頭脳を開発する
  • トヨタ自動車とデンソーが2020年の実用化を目指している自動運転機能「Highway Teammate」の頭脳として デンソーECUに組み込まれるのが ルネサス エレクトロニクスの ADAS用チップセット「R-Car H3」(第三世代車載コンピューティングプラットフォーム 、現在も進化中です。) 、車載制御用マイコン「RH850」等であります。NVIDIA「DRIVE PX」にはコストや信頼性、安全性の面から問題があったと言われています。 R-Car が外部情 [続きを読む]
  • オクトーバー ・エフェクト
  • 投資銘柄には自分なりの根拠と自信を持つことがとても大切だと常々思っています。 そうでなければちょっとした揺さ振りで簡単に振るい落されてしまいます。 相手がAIアルゴリズムなら尚更です。 そのうえで「木を見て時々森を見る」くらいのスタンスがもっとも利が乗りやすいと思います。 森(外部要因)ばかり気にしていると とても安定した投資など出来るものではないです。なんらかの不測の事態は常に起こりますから。 10月 [続きを読む]
  • SEMITEC 医療用センサー倍増計画
  • 毎年この時期は 講演等で全国津々浦々にお呼ばれすることが多くなります。1年で最も多忙な時期でありますが、観光、グルメ等で羽を伸ばせる とても楽しみな時期でもあります。 なかなかブログまで頭が回りませんが、続けるつもりではあります。 ブログやツイッターをやるようになってからメールを貰うことが多くなりました。殆どがバイオベンチャーに対する質問であります。「なんでサンバイオのブログを書かないのか?」とか「 [続きを読む]
  • ALBELT  異業種間データシェアリング革命
  • 当ブログでは ALBERTについて トヨタとの関係性やテクノプロホールディングスとの関係について何度か述べて参りましたが、 今後の急成長が予見されるようなので 再度追加コメントをすることにしました。 ALBERT 直近の募集要項 [掲載予定期間:2018/7/19(木)〜2018/9/19(水)]に 「AIやビッグデータを活用したシステム開発に 各産業のリーディングカンパニーから開発依頼が殺到していることから、AI新時代のビッグ [続きを読む]
  • 村田製作所 車載Ethernet と CMCCの未来
  • 村田製作所については これまで何度かコメントしておりますので 追加投稿になります。 村田製作所直近決算においては コンデンサー 、コンポーネント(カーエレクトロニクス向け EMI除去フィルター、MEMSセンサの伸長、リチウムイオン二次電池の計上)を中心とした好決算となっており、メトロサークも赤字縮小傾向にあることから 各証券会社では 2万3000円〜2万5000円のレンジでの目標株価となっているようです。 懸念材料である米 [続きを読む]
  • 大泉製作所   EVシフトの恩恵を一身に受けて
  • サーミスタ(温度変化により、抵抗値が変化する電子部品) は 芝浦電子、SEMITEC、大泉製作所の3社で世界シェアの7割を握っているとされています。SEMITECは 先行して急騰しておりますので 今回は大泉製作所について語りたいと思います。 EV/HEVのバッテリーは厳密に定められた動作温度下において最適なエネルギー出力を発揮します。 過熱によるバッテリーセルや駆動系のダメージ、更には発火という最悪の事態は 自動車メーカ [続きを読む]
  • メドピア と MRT エムスリーへの遠き道のり
  • 私の長期保有銘柄のひとつに エムスリー があります。当初は職業柄 色々な付き合いもあって購入しましたが、その後も買い増し、ホールドを続ける理由はチャートを御覧になればお判りかと。 実は 日本の上場企業において 7期以上 連続で 経常利益の最高益更新 (最長は ニトリ で32期) し続けており、更に直近の経常利益増益率 10%以上の企業となると 1%にも満たないわけです。そこに 長期大化け銘柄法則である ウイリアム・オニ [続きを読む]
  • オプティム と FRONTEO  医療 とAI を考える
  • 今後の世界的なAIによる雇用変動の波を最も効果的に利活用できるのは 日中韓台という極東4カ国・地域となるのではないか との予測が一部でなされています。特に深刻な人手不足状況にある日本においては AIの活用が急がれており、医療の世界でも急務となっております。 米FDAは 4月11日に 患部画像をAIが自動分析して病気の診断を下す医療機器を認可しております。診断分野は「眼科」に限定されますが、世界初の「AIドクター [続きを読む]
  • ソフトバンク  ビジョンファンドから見えてきたもの
  • 孫正義氏は現代のロックフェラーを目指しているらしいですが、彼が「天才経営者」なのか「世紀のペテン師、借金王」なのかは常に話題となるところです。 私自身 ソフトバンクとはITバブル期から時々お付き合いさせて貰っていますが、未だに答えを出せずにいます。 孫氏自身 「自分の時間配分の97%は投資」と言っているだけに 兎にも角にも 世界中の最先端企業に金の続く限り投資していきたいのは確かなようです。 本当に実業 [続きを読む]