dana さん プロフィール

  •  
danaさん: 認知症の介護に役立つ便利情報
ハンドル名dana さん
ブログタイトル認知症の介護に役立つ便利情報
ブログURLhttps://kaigojouhou.hatenablog.com/
サイト紹介文要介護5の母の介護をする日々。自分であれこれ試した介護に役立つ便利な情報を書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 56日(平均5.9回/週) - 参加 2018/06/10 19:36

dana さんのブログ記事

  • キッチンが極狭なのでコンロカバーでスペースを有効に使いたい
  • 食事はヨシケイの冷凍弁当とはいえ、サラダや果物を切ったりするまな板のスペースは必要。食事はトレーに載せて食卓に持っていくため、トレー2枚分の場所も必要。食器カゴや食洗機、ケトルや炊飯器などの常設機器もあるので、キッチンカウンターは極狭。これじゃあ料理しようと思ってもできません。主婦の皆さんはどうやって料理しているのでしょう?そこで目をつけたのがガスコンロ。五徳の上に板を乗せれば、ガスコンロが [続きを読む]
  • 気になる排泄予測デバイス「DFree」の評判は?
  • 「排尿を予測するセンサー」という画期的な商品が発売されたそうです。お腹に装着したセンサーが、超音波で膀胱の膨らみを計測。排尿のタイミングをスマートフォンに通知するというもの。名付けて「排泄予測デバイス DFree」すごいですね。アイキューラボの介護用おむつセンサーも優れものだと思いましたが、このDFreeも宣伝通りなら使えそうです。失禁する前にトイレに誘導して排尿できれば申し分ありません。すでに法人向け [続きを読む]
  • 自宅で介護していると、どうしても部屋の臭いが気になって
  • 部屋の臭い、気になります。部屋の中にいる時は、鼻が慣れちゃって気になりませんが、外から帰ってきた時に臭うことが。ただ臭いは数分で慣れてしまい、感じなくなります。だからといって臭いままにしておくのも何ですが。目次 臭いの元:トイレの飛び散った尿 臭いの元:トイレの使用済みおむつ 臭いの元:衣類 臭いの元:布団カバー、シーツ それでも臭いが残った時は消臭グッズ臭いの元:トイレの飛び [続きを読む]
  • 壁に傷をつけずにフックをつける方法(いるのはホチキスと厚紙だけ)
  • 賃貸だと壁などに傷をつけられないため、掛け時計やカレンダーなどを壁に掛けたくてもできない! なんてお悩みの方も多いかと。カレンダーくらいなら画鋲で止めればいいですが、それも止めたり外したりしているうちに石膏ボードに大きな穴があいちゃったりして。できればフックを壁につけて、それにカレンダーを掛けたいですね。ピンでフックを取り付けるハイパーフックかけまくりとか、ホチキスで取り付ける壁美人とか、同じ [続きを読む]
  • トイレのドアは右開きがいい? 左開きがいい? 無いのがいい!
  • いろいろあって、認知症で要介護5の母と私は、現在マンション住まいをしています。母と一緒に住むマンションを探す際、ポイントとしたのはお風呂の大きさとトイレの大きさ、そして全室フローリングでした。お風呂もトイレも介助するのにスペースが必要。そして車椅子が必要になった時、畳の部屋は使い勝手が悪いですから。でもマンションは、だいたいどれも似たようなサイズで、そんなに大きな違いはありませんでした。最近のマン [続きを読む]
  • いろんなことができなくなった母は赤ちゃんの動画でご機嫌
  • 認知症になり始めた頃は、症状が進行しないようにといろんな遊びを試してみました。折り紙に塗り絵、お手玉に風船バレー。体を動かしたり、指を使ったり、頭を使ったりするのが認知症にもいいというので。ボール遊びや風船バレーなど、体を動かすレクレーションが比較的好きな母でしたが、他にはなかなか母に合うレクレーションがなくて。かといって料理や掃除などの主婦業もできなくなって。何しよう、どうしよう、あれはできる [続きを読む]
  • 若奥さんに人気のオムニウッティは、オヤジにも人気のおむつ用バケツ
  • 使用済みのおむつを入れるバケツ。いろんなメーカーから、臭いが漏れないような対策をしたおむつ用ゴミ箱が販売されてます。専用の袋をセットして捨てたおむつを完全密閉したり、フタが二重になっていたり。オヤジの私が使っているのはオムニウッティ。若奥さんが赤ちゃんのおむつを捨てるのにも使っている、オシャレなバケツです。部屋の中に置いても、おむつ用のバケツには見えません。若奥さんも納得のデザインと、インスタ [続きを読む]
  • 外階段や段差のある玄関にスロープレンタル
  • まだ、母が要介護3だたころ、母は実家の一戸建に住んでいました。母はだんだん足元がおぼつかなくなり、特に階段が苦手に。階段を登るのはできるのですが、降りるのがダメ。玄関の上り框も段差が30cmくらいあったでしょうか。踏み台を置いたのですが、やっぱり登ることはできても降るのがダメ。また、玄関を出ても道路に出るまで外階段が2段あって、これもなかなか降りれなくなって。朝、デイサービスに行く車が迎えに来ても、上 [続きを読む]
  • 認知症に効果があるといわれる食べ物をいろいろ試した結果
  • ネットや書籍などで、認知症に効果があるといわれる食材が多く紹介されています。どれも理屈を聴くと「なるほど!」と思えるのですが、だったらなんでこんなに認知症の患者がいるの?と思っちゃいます。いずれも動物実験段階だったり、被験者の数が少なかったりしているんではないかと。風邪には卵酒がいいとかミカンを焼いて皮ごと食べるといいとか、そんなレベルにも思えます。まだ、研究が始まったばかりで、決定的なものがない [続きを読む]
  • 濡れてぐしょぐしょの靴を乾かす意外な方法
  • 雨の日に出かけると靴が濡れてぐしょぐしょに。「靴下までぐっしょりだ」なんて嘆きつつ「どうしよう、明日履いていく靴がない!予備の靴もない!(っていうか靴はスニーカー1足だけだし、おれ)」なんていう方も多いとおもいます。こんな時に靴乾燥機があれば!でも靴が1足なのに靴乾燥機は本末転倒というか、木を見て森を見ずというか。靴乾燥機買う前に靴買えって感じです。そんなあなたに朗報です。一般的な靴の乾燥方法タ [続きを読む]
  • 雨の日は洗濯物を浴室に干してみませんか
  • 例年になく梅雨が早く明けたことで、洗濯物がたまる傾向の我が家にはありがたいことです。衣服をはじめ、シーツや布団カバーなど大物も頻繁に洗濯するので、毎日Yahoo!の洗濯指数(自分の町をブックマークすみ)を見ながら一喜一憂。朝から晴れていると気持ちも晴れ晴れしくなりますが、雨だとどんよりしてしまいます。雨の日にも気持ちよく洗濯物を乾燥させる一番の方法は、浴室乾燥機(ガス)です。大量の洗濯物を短時間に乾 [続きを読む]
  • アイキューラボの介護用おむつセンサーを試しに使ってみた感想
  • あれ、今の母の動作は失禁して紙おむつが濡れたサインかな。ただお尻がムズムズしただけかな。漏れていたら紙おむつを交換してあげたいし、漏れていないんだったら、このまま寝かせてあげたいし…う〜ん、紙おむつの中はどうなってるんだ?という経験はありませんか。自分はしょっちゅうです。目次 紙おむつの中はどうなってるか知りたい おむつセンサーとは おむつセンサーを試しに使ってみた結果 試しに使って [続きを読む]
  • 最後まで飲める介護用コップ 紙コップで代用も可能
  • 母は自分でコップをつかんで飲み物を飲むことが難しいようです。コップにストローをさして飲ませたり、私がコップを持って、口につけて飲ませたり、飲むのを嫌がる時は、スプーンでお茶を飲ませたり。まあ、いろいろですが、一番多いのはコップを口につけて飲ませるやり方です。コップを口につけて飲ませる時、母はあまり顔を上に向けません。すると、どうしてもコップの中にお茶が残ります。また、コップの中身を飲み干そうとし [続きを読む]
  • 食べやすく飲みやすい食事にとろみ剤を活用
  • 飲み込む力が弱ってくると、飲んだり食べたりしたものが気管に入ってむせたり、誤嚥したりすることがあります。私も水が気管に入り込んで、呼吸困難になったことが。呼吸しようとしても気管が狭くなって息が吸えなくなって。チアノーゼを起こして「ああ、おれはこのまま死ぬのか?」と思うほど。なんとか息ができるようになって、生き返ってきました。それから何回か呼吸困難になりそうになって。咽頭痙攣というそうです。いまは [続きを読む]
  • 要介護者が障害者控除を受けられることもあるんです
  • 親を介護している、あるいは配偶者を介護している方たちに関係が深い所得控除といえば、医療費控除、扶養控除、配偶者控除などが挙げられます。が、もしかすると障害者控除も関係するかもしれません。障害者控除とは、障害を持っている方、およびその家族の方の税負担を軽くしようという制度ですね。障害者控除の対象となる方は、「障害者手帳を持っている人」というのが一般的な理解だと思います。私もそう思っていました。だ [続きを読む]
  • 加湿空気清浄機の機能を介護に使ってみる
  • 今や4割程度のご家庭にあるという空気清浄機。我が家にも寝室に1台、リビングに1台、加湿空気清浄機があります。加湿機能は乾燥する冬に活躍しますね。(加湿部はまめに掃除しないと臭くなるという欠点はありますが)便失禁した時などは、部屋に臭いが充満してしまいます。窓を開けて換気すればいいようなものですが、冬は窓を開けるのがちょっとイヤ。特に冬の夜は、窓を開けたら寒くて介護どころではなくなっちゃいます。炭の [続きを読む]
  • 177cm67kgの私が腰痛対策のためマットレスを6回買い換えた結果
  • 介護をされている方の多くが腰痛に悩まされていると聞きます。私も高校生の頃に腰痛になり、以来10年に1回くらい腰痛に悩まされる生活を送ってきました。まあ、10年に1回くらいですから、腰痛のことはほとんど忘れて暮らしていたといってもいいと思います。でも「腰痛には硬いベッドがいい、特にウォーターベッドがいい」という噂を聞きつけ、なんと大奮発してウォーターベッドを買ってしまったのです!といっても、本当のウォー [続きを読む]
  • 食べこぼしが多くなった母に使い捨ての紙エプロンで後片付け楽々
  • 認知症で要介護5の母は、まだお箸で食事ができます。スプーンよりお箸の方が上手に使えるみたいです。体で覚えたことは、なかなか忘れないものなのかもしれません。 たまに手づかみで食べようとしますが、お箸を握らせれば大丈夫です。でも箸でつまむ力が弱いせいなのか、口にたどり着く前にお箸からポロリ。また、お皿からおかずをお箸でつまんで、食卓の上に並べたりして。取り分けているつもりでしょうか。そんな母にはエプ [続きを読む]
  • 認知症の徘徊対策は、外に出られないようドアに補助錠取り付けて
  • 認知症の周辺症状の一つに徘徊があります。母も何度か徘徊で家から出てしまい、警察のお世話になったことがありました。実家に住んでいた当時、父から見当識障害(何回も同じことを聞いたり、失禁が始まったり)や実行機能障害(お勝手仕事や買い物ができなくなったり)を叱責されて、母は「不安」になったのだと思います。それに帰宅願望なども加わって、荷物をカバンに入れて家かれ出て行っちゃいました。原因がわかっても、 [続きを読む]
  • 熱中症を早期に発見する2つの方法
  • 暑くなると心配なのが熱中症。歳をとると暑さに鈍感になるというし、またトイレに行くのが嫌なのか、水分補給を嫌がる傾向に。認知症の母も、普段からあまり水分を摂りたがりませんし、心配です。熱中症の症状や対応については、いろんなメディアでいろんな人がいろんなことを言っているので、それを参考にしてもらうとして、熱中症にならないよう早期に発見する方法を2つ、おしらせします。知っている方も多いと思いますが… [続きを読む]
  • 立ち上がるのを嫌がる介護拒否ぎみの母を、言いくるめて立たせる方法
  • なんで介護拒否するのか?以前は食事を嫌がったり、入浴を嫌がったりと、介護拒否の激しい時期がありました。バナナ1本食べさせるのに1時間かかったり…入浴するのを嫌がり、服を着たまま布団をかぶって寝ちゃったり…トイレから出るのを嫌がり、便座の上に30分くらい座り続けたり…何が嫌なのかわからないから、上手な対応もできなくて、ホント困っちゃいました。ところがなんかの拍子に気分が変わり、喜んでバナナ食べたりして [続きを読む]