Taeko さん プロフィール

  •  
Taekoさん: 50代からの
ハンドル名Taeko さん
ブログタイトル50代からの"賢くリタイア"情報@アメリカ
ブログURLhttps://retireamerica.blogspot.com/
サイト紹介文50代、国際結婚 CA州在住26年。アメリカや日本の年金・リタイア・役立つ情報たまにつぶやき等更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 192日(平均6.2回/週) - 参加 2018/06/11 06:33

Taeko さんのブログ記事

  • 夫婦間の感謝の言葉
  • お互い伝え合うことに意味があるありがとう・Thank you・Gracias など世界各国いろいろな言葉で表しますが、感謝の気持ちを伝える、その気持ちは同じですよね。「言わなくてもわかってると思ってた。」「僕が幸せだったから、君も幸せだと思ってた。」とか、ダメですよね〜?私は、どんな小さなことでもそんな気持ちになった時には、声に出してハッキリ相手に感謝の気持ちを伝えるようにしています。というか、以前よりもするよう [続きを読む]
  • 買い物後のトラブルを避けるために
  • 買い物する時にできることとは以前、買い物の時や飲食店のチェック確認してます?という記事を書きました。今回はその第二弾です。私が渡米して間もなくの頃 経験したことを元に、それ以来ずっとしていることがあります。小さな家電製品(コーヒーメーカーやトースター等)を購入する時、箱が開けられていないことを確かめます。一度開けられた形跡のある箱は、テープを見ればわかりますよね?あと、1番手前に陳列してある商品は避け [続きを読む]
  • 英語のカタカナ表記って苦手
  • 名前・地名・名称などはローマ字でみなさんは、問題ないのでしょうか?ないのでしょうね?多分、あまりおりこうさんではない私(?)だけこんなこと思っているんだと思いますが、せっかくなので 今回は私の思いを書かせてもらおうと思います。日本にいた時に見ていたカタカナ表記は問題ありません。たとえば、アイスクリームとかキャンディーとかはいいんです。多分、日頃あまり目にすることがないカタカナ表記を見ると、違和感があ [続きを読む]
  • 日本の『被相続人』になる時に
  • 海外在住者(市民権取得・永住権保持)の場合今までは、親の財産を私たち子供が贈与・相続する場合を書いてきました。その場合は、親は日本に住所がある場合がほとんどだったと思います。贈与者・被相続人が『日本に住所あり』になり、私たち子供が日本国内・国外どこに住んでいようが関係なく、国籍も関係ありません。贈与者・被相続人の日本国内・国外のすべての財産が贈与税・相続税の課税対象になり、私たちはその納税義務者にな [続きを読む]
  • 空き家になる親の家と遺言書他
  • どのように売却した方がいいのか?宅地の評価を確認する方法は【路線価方式】があります。また、この路線価が定められていない地域には【倍率方式】があります。詳しく知りたい人は、国税庁の ホームページ へどうぞ。建物の評価を確認する方法は 固定資産税評価額による評価になるようです。私の場合、父が20年以上前に他界し その後母が一人で暮らしている家があります。田舎の小さな土地に建っている築40年以上になるその家の価 [続きを読む]
  • 日本の贈与税と相続税の豆知識
  • 知っていて損はない制度や特例私自身 相続税の心配がないので、今まで知らなくてもいい情報だと思って何も知りませんでしたが、贈与税・相続税は奥が深く 知らないと損をしてしまうこともあるんだなぁと思いました。そんな知っていて損はない制度や特例を、箇条書きにしてみます。相続税の心配をしている人はもう知っている内容かもしれませんが・・。?贈与は年間110万円まで非課税ですが『3年内加算ルール』がある。相続税対策で [続きを読む]
  • 日本の相続時精算課税制度
  • 贈与税がかからない贈与の仕方以前、日本の親からの相続税対策として、年間非課税額の110万円を毎年贈与し続けることも相続税対策の一つだと書きました。これは、贈与者の財産を減らすことができるので のちの相続税の節税になります。今回は、相続税を納めなければいけない人(基礎控除額以上の相続)には、デメリットばかりの制度のようですが、相続税を納める必要がない人(基礎控除額以下の相続)には朗報の制度があります。【相続 [続きを読む]
  • 日本の相続税配偶者控除
  • まず遺産額を知ることから遺産額とは、プラスの財産からマイナスの財産を引いた額です。課税遺産総額とは、遺産額から基礎控除額を引いた額です。(基礎控除額とは、3000万円+600万円Ⅹ法定相続人の数)相続税の申告期限は、相続発生日から10ヶ月以内です。 今回は【配偶者の税額軽減】という制度について。日本にご両親が健在の人については、日本にも配偶者控除として【配偶者の税額軽減】という制度があります。父(母)が亡くな [続きを読む]
  • 日本の親からの相続税対策
  • 基礎控除額以上の相続をする人これは、日本在住者と同じように、どうしても避けられない親の死には相続税が関わってきます。アメリカ市民権を取得した人も、2013年4月1日から相続人の国籍が問われなくなり 日本の相続税の納税対象者になりました。私のように50代後半にもなると親も高齢者だと思います。今回は感情論は抜きにしてサラッと話を進めたいと思います。日本の相続税にも基礎控除額があります。税制改正により2015年1月1 [続きを読む]
  • アニマルホスピタルでの別室の謎
  • 予防接種を受けに行った時のこと数ヶ月前、去年と同じアニマルホスピタルに、Rabies(狂犬病)の予防接種を受けるため 我が家の猫を連れて行った時のことです。アニマルホスピタルに行く時はいつも私たちは、彼をキャリーケース(Cat Carrier)の中に入ってもらって持ち運びます。【キャリーケースに入れられる=楽しいことではない】というのがわかるらしく、自分から喜んで入ってくれる彼ではありません。時間になって捕まえようとす [続きを読む]
  • アメリカ市民権を取得するタイミング
  • 計画的に取得するアメリカ市民権前回の続きのようになってしまいますが、今回はアメリカ市民権を取得する場合、いつ取得した方がいいのか そのタイミングについて。50代以上・早い人で40代の人は、孫がいる人もいるでしょう。子供・孫はアメリカで生まれ育っているアメリカ人。そんな家族がいると、アメリカで骨を埋める覚悟ができると思います。また、日本の親が亡くなり、物理的に帰る場所がなくなった場合や、兄弟姉妹がいても [続きを読む]
  • アメリカ市民権を取得しない理由
  • メリット・デメリットについてアメリカ市民権を取得した人はたくさんいると思います。人それぞれ理由がいろいろだと思いますが、そのほとんどの人は子供がいる人でしょうか?時期も 日本にいる親が亡くなったあとというのもよく聞きます。 日本以外の国から移民した人たちの多くは、アメリカ市民権を取得できる資格ができた時に取得するようです。その後、自国から家族を呼び寄せたいと思う人も多いからでしょうね。以前、アメリ [続きを読む]
  • 任意で国民年金納めてますか?
  • アメリカ居住の人、どうしてますか?まず 念のため、私のこのブログはアメリカ居住者を対象にしている部分がほとんどですが、今回はアメリカ永住権保持者が対象になります。ちなみに、アメリカ市民権を取得したら 日本国籍ではなくなるので、日本の国民年金に任意で納めることができなくなります。ただ、その時点から加入はできなくなりますが、のちにアメリカ市民でも受給資格を満たせば日本の老齢年金は受給できます。アメリカ移 [続きを読む]
  • アメリカのIdiom・迷信いろいろ
  • アメリカに来てから知ったIdiomや迷信Idiomとは、日本語のカタカナ表示はイディオムで、日本語の慣用句に相当するようです。私はアメリカに来てからいろいろ知るようになりました。ほんの一部ですが、書き出してみようと思います、*Let's play it by ear. この本来の意味は、楽譜を見ないで演奏するというものだったようです。「その時・その場の状況に対応していこう。」という意味で、臨機応変にってことですね。私は最初「ear [続きを読む]
  • くしゃみに「Bless you」その由来
  • 「Bless you」を言うようになったのは?くしゃみをすると「Bless you」って言われますよね?くしゃみをした人にも「Bless you」って言う時あると思います。反射的にその言葉が出るようになっていると思わせるほど、他人に対しても言ったりしますよね。そしてそれに対して「Thank you」や「Thanks」と これまたごく自然に感謝の言葉を返しますよね?くしゃみをした時 ごく気軽なあいさつ代わりのように言うこの「Bless you」ですが [続きを読む]
  • 離婚時のAlimonyが税制改革で変わる
  • 2019年からの離婚時のAlimony(扶養料)2017年に12月に成立した アメリカ税制改革法【Tax Cuts and Jobs Act(TCJA)】により、2019年1月1日以降に成立する離婚・別居のAlimonyに対する税制が大きく変わります。まず Alimony(アリモニー)とは、離婚後・別居後に多くの場合 夫が妻に支払うことになる【扶養料】のことです。婚姻期間が10年以下の時は特に、婚姻期間の半分の期間に相当する期間を受け取ることになるようです。この婚姻期 [続きを読む]
  • メディケアとメディケイドの違い
  • メディケイド(Medicaid)は低所得者対象今回は、メディケア(Medicare)とメディケイド(Medicaid)について。メディケアは 65歳になると半強制的に加入することになる医療保険制度に対して、メディケイドは 制限があり基本低所得者のみが加入できる医療扶助制度ということになると思います。ほんとうはもっと複雑だと思いますが、このように全く違う制度です。メディケアについては以前ブログにしましたので、興味のある人は 下の関連 [続きを読む]
  • Transfer on Death Deedとは?
  • プロベートなしに不動産譲渡する方法以前、不動産譲渡の方法のひとつ としてブログにしました。今回はもう少し追加した内容をブログにしようと思います。この Transfer on Death Deed は、すべての州であるわけではなく 州によってある州やない州、名称・内容・書式も州またはCountyによっても違っていたりいろいろです。この名前からわかるように 事前にこの手続きをしていれば、不動産所有者の死亡時 指定したBeneficiary(受益者 [続きを読む]
  • Backstreet Boysとともに
  • グループ結成25周年に思うこと今回は、私のつぶやきになります。最近 たまたまYouTubeを見ていたら、Backstreet Boys を見かけ 彼らが今年で(2018年)結成25周年だということを知りました。1993年に結成後、最初 ヨーロッパで人気が出て、その後アメリカでも 当時の男性ボーカルグループ人気の波にものり、数年で頂点を極め 不動の地位を確立しましたよね。ラジオではいつも彼らの曲が流れていて、MTVでもよく彼らのミュージックビ [続きを読む]
  • お水はペットボトルで飲むもの?
  • 飲料水 どうしてますか?アメリカの飲料水は、連邦政府の行政機関であるEnvironmental Protection Agency(EPA)環境保護庁の管理下によって規制されていて『水道水は飲める』ので そのまま飲料水として飲んでいる人もいるかもしれません。地域によって水源が違うと 水質も大きく異なると思いますが、どうしてますか?水道水をそのまま飲まない人は、*ペットボトルに入った水を買う。*Brita(ブリタ)のようなピッチャータイプの浄水 [続きを読む]
  • DUIアルコールを飲む人は知ってるはず
  • DUIとは、Driving Under the InfluenceDUIって聞いたことあると思いますが、日本語にすると『アルコール及びドラッグ(薬物)の影響による運転』ということになると思います。警察にとめられて、アルコール濃度測定検査を受けてその結果、血中アルコール濃度(BAC: Blood Alcohol Concentration)が、アメリカでの法定容認基準の0.08%以上の場合、現行犯逮捕で手錠をかけられ そのまま留置場行きになり一晩過ごすことになるようです。 [続きを読む]
  • 日本に小包を送る時には
  • 重さによる送り方の違いを考慮前回のブログ USPSで送料をより安く日本に送るには の続きです。今では、日本のオンラインショッピングの会社にアメリカから注文して、日本国内に配送してもらえるので、あえてアメリカからパッケージを送らなくてもいいかもしれませんが、個人からのパッケージってもらうとすごく嬉しいですよね〜?でも私自身、日本への送料が以前より高くなってからは、滅多に小包を送らなくなりました。以前に比べ [続きを読む]
  • USPSで送料をより安く日本に送るには
  • 小包をどの方法で送ればいいのかアメリカから日本に小包を送る時、いかに安く送るかに焦点をあてます。「日数がかかってもいいから安く送れるなら。」という人向けです。まず、USPS(The United States Postal Service)は政府機関の一つで、Post Officeは 日本の郵便局に相当します。ちなみに、USPSとUPS(The United Parcel Service)は 全く違うもので、UPSは 配送業務を扱う会社の中では、最大手の会社になります。日本にギフトの [続きを読む]
  • 映画館のギフトカードをプレゼントに
  • もらって嬉しいギフトカードクリスマスショッピングの季節になりましたね。私だったら、こんなギフトカードをもらったら嬉しい編ですが、映画館のギフトカード・アマゾンのギフトカードとかだったら喜んで使います。実際、夫のお母さん夫婦には、毎年彼らの近くの映画館のギフトカードをクリスマスプレゼントにしています。年に数回しか映画館に映画を観に行かないようで、その時に喜んで使ってもらってます。私たちも、映画館に映 [続きを読む]
  • SSAとIRSとは?
  • 今更ながらSSAとIRSについて? SSA(Social Security Administration)は、アメリカの連邦政府機関の一つで、日本の【日本年金機構】に相当すると思います。ソーシャルセキュリティー税を納めて 受給資格を満たせば、のちに老齢年金(Retirement Benefit)・遺族年金(Survivors Benefit)・障害年金(Disability Benefit)・医療保険メディケア(Medicare)が受給できます。配偶者や元配偶者は、ソーシャルセキュリティー税を納めていなくて [続きを読む]