Taeko さん プロフィール

  •  
Taekoさん: 50代からの
ハンドル名Taeko さん
ブログタイトル50代からの"賢くリタイア"情報@アメリカ
ブログURLhttps://retireamerica.blogspot.com/
サイト紹介文50代、国際結婚 カリフォルニア州在住26年。アメリカや日本の年金・リタイア・役立つ情報等提供。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 130日(平均6.4回/週) - 参加 2018/06/11 06:33

Taeko さんのブログ記事

  • 配偶者ベネフィットは半分受給の条件
  • 67歳のFRAの時に配偶者は半分受給前回の、年齢差夫婦のリタイアメントベネフィットの続きのようになりますが、今回は【配偶者ベネフィット】の受給額について。【元配偶者ベネフィット】も条件さえ満たせば、受給額については ほとんど同じ条件になります。【元配偶者ベネフィット】について詳しくは、離婚後 元配偶者として年金受給できます として記事にしています。ここではわかりやすいように、リタイアメントベネフィットを受 [続きを読む]
  • 年齢差夫婦のリタイアメントベネフィット
  • 受給年齢を決める時 夫婦の年齢差も考慮妻である配偶者が、ご自身のリタイアメントベネフィット受給資格のない場合の【配偶者ベネフィット】受給について。専業主婦の人、もしくは就労10年以下でクレジットが40に満たない人が対象になります。そして今回は 年齢差があるご夫婦の場合 ということで考えてみます。ここでは わかりやすいように、リタイアメントベネフィットを受給する人を夫、【配偶者ベネフィット】を受給する人を妻 [続きを読む]
  • 子供の頃 日本で見たアメリカのドラマ
  • アメリカのドラマが好きだった私私が日本にいた頃、アメリカのドラマが好きでよく見ていました。小さな子供の頃に見ていたもの、大人になってアメリカに来る前に見ていたもの、いろいろあります。なんかとても懐かしくなってしまって、どんなものを見たか書き出してみたくなりました。年代によって 多少見た番組が違うかもしれませんね。?奥さまは魔女(TBS他で1966年〜)サマンサのダーリン役の役者は、途中で変わりましたよね?? [続きを読む]
  • アメリカからの海外旅行保険
  • 海外旅行に行く時 旅行保険加入してますか?アメリカから海外に行く時、日本に行く時もそうですが、海外旅行保険に入って行きますか?クレジットカード(アメリカン エクスプレスなど)に 海外旅行保険が含まれているものもあるようですが、カバーがどこまで含まれているのか確認することは 必要ですよね。また、インターネット上の旅行会社で航空券・ホテル・レンタカーなどのパッケージの旅行を予約する時には、旅行保険に加入する [続きを読む]
  • シミを隠すファンデーションってある?
  • 目立たなくできるファンデーションはあるかも?私は、若い時からお肌のお手入れをしっかりしてこなかったので、シミが顔中にハンパなくあります。。。今さら後悔しても遅いですよね。シミを薄くしようと、NADINOLA の Skin Discoloration Fade Cream を試してみたこともありましたが、私のシミは強力で手ごわく 効果が出る前に諦めてしまいました。シミを取る方法はいろいろあると思いますが、シミを取るという考えから シミを目立 [続きを読む]
  • 日本の老齢年金の基本
  • 老齢基礎年金と老齢厚生年金とは【老齢基礎年金】とは、国民として加入義務がある国民年金を納めたものから、65歳から支給される老齢年金のことを、老齢基礎年金といいます。自営業だった人は、この国民年金だけを納めていたことになり、老齢基礎年金だけを受給することになります。老齢厚生年金は受給できません。【老齢厚生年金】とは、会社員や公務員だった時、厚生年金を納めたものから、65歳から支給される老齢年金のことを老 [続きを読む]
  • Re-Entry Permit (再入国許可)の申請
  • アメリカ再入国と永住権保持のため永住権取得後でも、いろいろな事情で一時的に長期にわたって 日本に滞在しなければいけない場合があると思います。特に、私ぐらいの年齢(50代)の人は、高齢の親の介護のために このRe-Entry Permit(再入国許可)を申請して、日本に長期にわたり滞在する(した)人も少なくないことでしょう。特に、滞在期間がはっきりわからない時には、その方がいいですよね。このRe-Entry Permit(再入国許可)は、申 [続きを読む]
  • REAL ID 申請に必要なものとは
  • ステータスによって多少異なります【REAL ID】を取得した人ももうたくさんいると思います。私は カリフォルニア州在住ですが、昨今 DMVの混雑ぶりがニュースでも取り上げられています。【REAL ID】取得に関係しているのかなと思います。一言で【REAL ID】と言っても、州によって多少申請取得手続きが違うと思うので、今回はカリフォルニア州に限っての情報にさせていただきます。日本からアメリカに来た人で、アメリカに居住してい [続きを読む]
  • 課税対象や減額にならないためには
  • リタイアメントベネフィット受給で気をつけることちょっと気をつけるだけで、課税対象や減額にならない場合があります。一国民(永住権保持者含む)として税金を納めるのは義務だと思っている人は 関係ないかもしれませんが、リタイア後ちょっとでも収入を減らしたくないと思っている 私みたいな人のために気をつけることをまとめてみたいと思います。* 67歳のFRA(Full Retirement Age)満額受給年齢前に受給すると減額になります。 [続きを読む]
  • 日米租税条約で二重課税を免れる
  • アメリカでのみ課税対象の日本からの老齢年金アメリカ居住者が、日本の老齢年金を受給する時には 必ず耳にするこの『日米租税条約』。所得に対する二重課税の回避と脱税の防止のために、日本政府とアメリカ合衆国政府 二国間で締結された条約で、2004年に改正され 今の日米租税条約が施行されました。この条約により、アメリカ居住者が 日本の老齢年金を受給する際には、日本では非課税、居住しているアメリカでのみ課税対象になり [続きを読む]
  • 離婚後 元配偶者として年金受給できます
  • ソーシャルセキュリティーの場合これは アメリカでの話になりますが、ソーシャルセキュリティーのリタイアメントベネフィット(老齢年金)は、離婚しても条件を満たせば 元配偶者として『元配偶者(Ex-Spouse)ベネフィット』を受給できます。前回は、「配偶者ベネフィット」の条件等をブログにしましたが、元配偶者も条件さえ満たせば、元夫のリタイアメントベネフィットの最高半分を受給することができます。(ここではわかりやすいよ [続きを読む]
  • リタイアメントベネフィット受給開始年齢
  • FRA(Full Retirement Age)についてFRAは、すなわち アメリカのソーシャルセキュリティー リタイアメントベネフィットの満額受給年齢のことになります。(このFRA、1935年に社会保障法ができてから1983年までは65歳でした。今から35年前ですね。)1960年以降に生まれた人は 67歳です。それ以前に生まれた人は、以下のとおり。1943年〜1954年に生まれた人 66歳 (今現在75歳〜64歳)1955年            66歳 2ヶ月1956年   [続きを読む]
  • パスワード管理はどうすれば1番いいのか
  • パスワードを守る最善の方法とは?他の誰にも、特に犯罪者には知られたくない自分のパスワード。前回、パスワードは ランダムな大文字・数字・記号を含む16文字以上にして、使いまわしはしないようにとブログにしました。パスワードを使いまわししていない人は、何十ものパスワードを持っていることでしょう。それらをすべて覚えていることは不可能です。そこで、みなさんはどのようにパスワードを管理していますか?無料・有料を [続きを読む]
  • パスワード設定で気をつける3つのこと
  • 個人情報を守るパスワードの設定パスワードは、ビジネスでも個人でも 今ではありとあらゆるものに必要になりますよね?インターネットでのサービスを利用するのに欠かせない、パスワードの設定。同じパスワードを使いまわししてませんか?私は2年ほど前、YahooのEメールアドレスが ハッキングされました。日本にいる姉から「今、英語でメールもらったけど、何これ?」っていう内容のEメールをもらいました。差出人が『私』だったこ [続きを読む]
  • JAL直行便シアトルー成田運航再開決定
  • 1992年の運休以来27年ぶりの運航再開2018年9月26日、JALは 2019年3月31日からのシアトルー成田空港の直行便の運航再開を発表しました。アメリカ国内の空港から日本の成田空港・羽田空港への直行便が増えるのは、利用者には選択枠が増えて 嬉しいことですよね。そこで、日系だけになりますが、アメリカ(ここではハワイ州は除きます)から、どんな直行便があるのか調べてみました。【JAL】シアトル タコマー成田 (2019年3月31日から) [続きを読む]
  • アメリカでの迷惑電話の対策・対処
  • テレマーケティングなどからの迷惑電話にはみなさん【National Do not call Registry】って聞いたことあります?これは、米国連邦取引委員会(FTC)が運営する【National Do not call Registry】という制度で、2003年に設立されました。この制度により、テレマーケティング業者は この制度に登録してある消費者に電話をかけることが 違法となりました。テレマーケティングからの迷惑電話を減らしたい消費者は、この制度に自分の電話 [続きを読む]
  • 発見された盗難車のその後の手続き
  • 警察に発見されなくてラッキー(!?)私の車が盗難に遭ってから、1ヶ月ほど経った頃だったと思います。警察・車の保険会社・DMVのすべての手続きが済んで まもなくの頃、もう盗難に遭った車は、戻ってくるわけがないと思っていました。そんな ある週末の昼間、うちに1人の男性が訪ねてきました。「○○の車の所有者はいるか?」と。「私がそうだけど、その車はもうここにはない。」と言ったら、「その車ならうちの前の路上に乗り捨て [続きを読む]
  • 車の盗難に遭いましたが・・・
  • その時の対処(その後の以外な展開になるまで)この盗難事件が起きたのは、2017年2月でした。その私の車(年式1999年ホンダシビックハッチバック・マニュアル車)は、家の前の路上に駐車していました。そうです、今乗っている車の前は マニュアル車に乗っていたんです、私。。。この事件が起きる2年前に 新車を購入していて、日常は その車を運転していました。その新車購入の際、この盗難に遭った車は 年式が古くて下取りに取ってもら [続きを読む]
  • AAA(ロードサービス)に加入してますか?
  • 加入しているとなにかと便利なAAAたまーに見かけませんか?「こんな時間にこんなところで渋滞?」って思ってよく見ると、交差点の前で車道の真ん中に立ち往生している車。バッテリーが突然死してしまったんですね。ドライバーにとっては最悪のパターンで、ほんと気の毒に思います。私は、AAAとは渡米後すぐに加入したので、もうかれこれ26年以上の付き合いになります。私の場合、車のことはさっぱりわからないので、年会費は安心料 [続きを読む]
  • アメリカの予防歯科は当たり前
  • 予防が大事な理由は、治療費が高いから私が子供の頃(昭和40年代)、『歯医者』って怖い・痛いの代名詞でした。虫歯予防に力を入れていたわけではなく、”虫歯になったら歯医者に行くもの”だと思っていました。まだ虫歯になってすぐ歯医者に行けば、あの痛みを味わうことなく治療してもらえたはずだと思います。でも、先延ばしにしていたので、いざ歯医者に行く時には痛みがハンパなかったです。当時の歯科医は痛みを最小限にしてく [続きを読む]
  • フロントガラスの飛び石でできたヒビの対処
  • フロントガラスを修理ではなく交換数ヶ月前、Freewayを運転していました。荷物を載せた大型トラックに追いつき、追い抜こうとした時「ガチッ」と大きなイヤな音が聞こえました。その大型トラックのタイヤから飛んできた飛び石をもらったと思います。あとでフロントガラスを見たら、中央上部にしっかりヒビが入ってました。でも その時のヒビはまだ小さくて「これくらいなら大丈夫かな?」な〜んて思っていたんです。でも、そのヒビ [続きを読む]
  • レイオフが日常茶飯事に起きるアメリカ
  • 日頃からコネクションは大事にしましょう〜『レイオフ』って、聞きたくない言葉ですよね?普通ある日突然 言い渡される『レイオフ』。私にも経験があります。。。企業の業績悪化などによる 人員削減が目的で行われることが多い『レイオフ』。また、会社の組織改革により部署がなくなるということで『レイオフ』になるケースもありますよね。私が以前勤めていた会社で、数年のうちに2度買収され オーナーがその都度変わり、それに伴 [続きを読む]
  • リタイアメントベネフィットの変更内容
  • SSの配偶者ベネフィット等の変更内容みなさん、2016年からソーシャルセキュリティーのリタイアメントベネフィット(アメリカ老齢年金)に大きな2つの変更があったのを知ってますか?2015年11月 Bipartisan Budget Actが 議会で可決されたのを受けて、社会保障法がいくつか改正されました。夫婦の人たちにとっては、大きな変更になったと思います。まず【FRA】とは、Full Retirement Age のことで、リタイアメントベネフィット(アメリ [続きを読む]
  • 特別支給の報酬比例部分が受給できる人とは?
  • 受給資格には、2つの条件があります。まず、日本の厚生年金に加入していた期間が、1年以上ありますか?この質問は、『老齢年金受給資格が 年金に加入していた期間10年』なので、国民年金に最低9年以上加入していたことが前提での質問になります。*この10年に満たない場合でも、海外在住者は「合算対象期間(カラ期間)」や「日米社会保障協定」により10年にすることができます。会社員や公務員だった人は、自動的に国民年金も加入 [続きを読む]