お家任売 さん プロフィール

  •  
お家任売さん: 不動産任意売却の正しい情報サイト
ハンドル名お家任売 さん
ブログタイトル不動産任意売却の正しい情報サイト
ブログURLhttp://ouchino-ninibaikyaku.info/
サイト紹介文マンション、戸建て、家などの不動産任意売却の正しい知識を掲載してます。正しい判断にご利用下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 6日(平均9.3回/週) - 参加 2018/06/11 11:33

お家任売 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不動産任意売却と媒介契約
  • 不動産売却の媒介契約とは土地や一戸建て、マンションなどを所有している売主(自分の不動産を売りたい方)は、不動産会社が直接買い取る場合を除く売却である売却においては個人でなかなかできるものでもはありません。(購入する側(買主)も同様に個人ではなかなか難しいです。)どちらの場合も不動産会社、不動産業者に依頼するのが普通です。売ることを不動産会社へ依頼する、買うことを不動産会社に依頼するという場合には、 [続きを読む]
  • 不動産任意売却時の売却費用の負担は誰がする? 任意売却のメリット詳細
  • 不動産任意売却時の売却費用はどうするのか?任意売却を考える方にそんな余力があるのか?不動産売買の売却に係る売却費用は馬鹿にはならない金額です。しかしながら、住宅ローンの支払いが滞ってしまった方には、売却する資金さえも準備でするのは困難ではないでしょうか?そういった観点から、任意売却時の売却費用の負担が、通常の不動産売買とは異なる点が多いので、この記事でご説明をさせて頂きたいと思います。通常の不動産 [続きを読む]
  • 融通の利かない競売
  • マンションや戸建ての住宅ローンが滞納されると、金融機関は貸し付けたお金を少しでも回収しようと抵当権を実行し、不動産を競売にかけてきます。競売にかけられると、裁判所が介入しておりますので敷かれた日程に沿って競売活動が実行されていきます。日程の変更も、不動産所有者の意思とは関係なく、融通も利かずに進んでいきます。不動産の入札額が低かろうと高かろうと落札され、早期退去を命じられ、落札者からの引越し代もほ [続きを読む]
  • 任意売却の6つのメリット
  • 任意売却のメリットについてネットで調べるといろいろ出てきて迷ってしまいませんか?競売で売られることを防ぐ為におススメなのが任意売却制度なので、競売と比較しながら任意売却で債務者(住宅ローン滞納者)が受けるメリットをご説明いたします。正しい任意売却のメリットをお伝えいたします。任意売却のメリット1 市場価格に近い金額で売却できる任意売却においては、競売の売却基準価格を下回る可能性は低く、市場価格に近 [続きを読む]
  • ご紹介、任意売却で引越し代金が出る話は本当か
  • 不動産の任意売却の営業トークに、「引越し代が出ますよ」があります。初めて聞くと「ちょっと怪しい」と不安になる場合もあります。ここでは、任意売却において「引越し代ってそもそもどうなの?」というお悩みの方に、お役に立てるように現実的なお話をご紹介させて頂きます。任意売却すると引越し代は支給されるのか?ネットなどで任意売却について調べると、任意売却の続きをすれば引越し代が出るとか、100万円とか支払われる [続きを読む]
  • 不動産任意売却の流れ1 - 全体の流れの概要
  • 気になる不動産任意売却の流れをご説明いたします。ここでは全体の流れを大まかに捉える事を目的としております。詳細な流れも記事にしてまいります。所有されるマンションや戸建ての任意売却のご説明となります。任意売却の大きな流れ競売の流れから考えると、以下のような流れが任意売却流れの一般的な形です。住宅ローン滞納期限の利益の喪失代位弁済競売の申立て競売開始決定物件調査3点セット入札閲覧開始任意売却開始媒介契 [続きを読む]
  • 任意売却業者に騙されないようにする知識(競売〜自宅訪問)
  • この記事の目的ご周知の通り世の中では、オレオレ詐欺や本人成りすましによる悪質な事件が増えてます。任意売却も例外ではありません。オレオレ詐欺や本人なりすましによる騙し方とはちょっと違います。私の知人の知人なども任意売却を取り扱う業者にいいことを言われて契約したけど話と違うといった食い違いがあったようです。ただでさえ不愉快な状況にあるのに、さらに追い討ちをかけられてはたまったものではありません。ここで [続きを読む]
  • ご挨拶・自己紹介(不動産任意売却の正しい情報サイトの管理人)
  • 当ブログ「不動産任意売却の正しい情報サイト」をご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。当ブログ管理人です。あまり関係はないのですが、以前は不動産会社に所属しておりまして、普通の個人向けの不動産売買の仲介を担当させて頂いておりました。些細な原因で少々厄介な手術をすることになり、長期休養を余儀なくされることになってしまいました。その後も、自分のペースでないとなかなか厳しいこともあり、何か自分の [続きを読む]
  • 過去の記事 …