カメラを片手に さん プロフィール

  •  
カメラを片手にさん: カメラを片手に
ハンドル名カメラを片手に さん
ブログタイトルカメラを片手に
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/simohirata229
サイト紹介文退職して3年が過ぎ何気ない日々、道端の花々、ちょっとした出来事などを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 188日(平均7.0回/週) - 参加 2018/06/11 12:30

カメラを片手に さんのブログ記事

  • 骨折にめげずにダニエル・ハーディング指揮のパリ管を京都で
  • 今朝の奈良も肌寒―い、曇り空の朝、久しぶりに布団で朝ドラを観てしまいました。10時というのも、昨晩は京都北山の「京都コンサートホール」で世界一優美で煌びやかなパリ管弦楽団の演奏会帰り着いたら午後11時前になり、寝入ったのは日付が変わってからに。奈良は晴れていたのに、北山で地下鉄から上ると時雨が・・・京都府立植物園は明日15日から25日まで「観覧温室夜間開園とイルミネーション」を控えて?、Xmasイルミネー [続きを読む]
  • 17年11月富士山麓周遊の旅④ 河口湖の朝富士
  • 今年のふたご座流星群は12月14日21時頃に極大を迎え、昨夜から一時間当たり40個ほど見られたとの報道も。ここ奈良では昨夜曇り空で朝方にかけ弱い雨も・・・今日は曇りで肌寒い一日、期待薄ですが、夜はお出かけなので無理みたい。でも明日15日は上弦の月で夜半に月が沈み、期待大に。10時17年11月の富士山麓周遊の旅④を、朝霧高原から河口湖③では富士山の夕暮れでしたが、一夜の宿、河口湖畔「うぶや」で夜明け前に起き出しまし [続きを読む]
  • 近隣公園の紅葉はほぼ終わり
  • 今朝は2.5℃まで冷え込みましたが、体が慣れてきたのでしょうか、それに増して北風が吹かないのが嬉しいですね。春日奥山も山霧?雲で殆ど見えないのに、その前の御蓋山のシルエットが・・・9時半朝10時頃でも6℃台ですが、青空に誘われて銀行振込のため出かけることに。青かった菩提樹の実もやや白くなり始め、紅葉したミツデカエデを背景に陽の光を浴び、 ナンキンハゼも同じ樹でも上は葉が散り白い実が・・・でも下は、まだ葉 [続きを読む]
  • 17年11月富士山麓周遊の旅③朝霧高原から河口湖へ
  • 最低気温は7℃で温かな小雨降る朝、午前9時頃までには昨夜からのこの雨は上がるも、雲が厚く殆ど陽が射さず、居間で過ごしていると暖房が必要になります。11時フランスのストラスブールで、またXmasマーケットをターゲットにしたテロが起こり死亡者も・・・合掌。マクロン大統領の演説も功を奏さず、黄色いベスト側はどうするのでしょうか。16年3月の訪問時のストラスブール、教会などの重要建物には兵隊の姿があったのに。そのお [続きを読む]
  • 初霜・初氷の奈良の朝と17年11月富士山周遊の旅②田貫湖から
  • 凍てつく朝を迎えスムージーのため大根葉を採りに庭に下りると、緩んだ主蛇口から水がちょろちょろと流れています。昨晩の鍋の材料にミズナを洗った時、中途半端に締めたよう。そして散水器の蛇口からツララとなり垂れ下がっていました。それだけでオー寒ッ!今朝は全国的にアメダス地点のおよそ6割が冬日になり、奈良も最初の冬日の−0.5℃を記録し初霜・初氷日になりました。初霜は平年に比べ28日も遅く、2015年の記録を塗り替え [続きを読む]
  • 17’11月の富士山周遊①、七面山からの夜明けの富士は
  • 奈良の最低気温は1.6℃と今シーズン最低の朝を迎え、上空の暑い雲に隠れて陽もあまり射さず11時でも5℃と今日も寒い一日になり、明日は雨の予報に。10時三男夫婦が帰ると、疲れが・・・、夫婦二人だけの生活は気楽で良いですね。私達も初孫の長男が生まれてから、連れ合いの実家・富山へ年に4・5回は帰っていたのを思い出し、この年になるとさぞかし大変でしたのに、有難いこと。でも連れ合いはクリスマス会をしようと声をかけてお [続きを読む]
  • 三歳になった六番目の孫
  • 奈良の最低気温は2.5℃で日中も8℃までしか上昇せず、時おり陽も射しますが、北風の吹く冷たい一日でした。9時『奈良マラソン』も参加者を悩ます冷たい風の元で開催されており、鴻池陸上競技場前からスタートして平城京跡・朱雀門広場から天理市内に向い、折り返しは山の辺の道に近いコースで鴻池陸上競技場をフィニッシュとする、フルマラソンで、午前9時に「せんとくん」らの応援を受けスタートしました。 オフィシャルブログよ [続きを読む]
  • 忘年会は懐石料理「かこむら」で
  • 今朝の最低気温はもっと寒いのかと思えば5.3℃、でも日中は10℃に達せず寒ーーく、11時過ぎから下がるばかり、明日の朝は1℃になるのかも?昨晩7時ごろ、北風が吹く奈良市内の餅飯殿通り、人通りが少なく忘年会シーズンだからでしょうか、それとも???急に決まった友人夫婦との忘年会、懐石料理「かこむら」で行いました。戸を開けると、掛けられた短冊『山呼萬歳聲・やまはよぶばんぜいのこえ』             もと [続きを読む]
  • ならまち「こたろう」さんの鯛焼きは一丁焼
  • 今日は二十四節気の「大雪」本格的に冬が到来し、72候も今日から初候「閉塞成冬・そらさむくふゆとなる」、天地の気が塞がれ、冬がおとずれる頃で、寒さから人々を塞ぐ=守られるのでは。今日から冬に相応しい気候になり、奈良でも最低気温は11.1℃なのに、やや底冷えが・・・風は肌を指すように冷たいですね。 8時半11時過ぎに15.4℃の最高気温を記録してから徐々に下がり15時には13℃台寒気が南下している証拠ですね。予報では [続きを読む]
  • 過去の旅行記は02年12月のパリ旅行
  • 今朝の最低気温は8.1℃、これでも平年よりも暖かい、さあこれからは冬に、春日奥山の山の端から太陽が昇りはじめましたが、雲が厚く・・・雲が厚く、先が読めないのは、トランプさんはじめ・・・世界情勢ですね。特にフランスの燃料税増税に端を発したマクロン大統領の改革に批判がフランス全土に広がり、フィリップ首相が燃料税6か月延期から赤旗をあげましたね。若きマクロン大統領、初の挫折、今後どうなることでしょうか。日産 [続きを読む]
  • 昨夕の雨で小庭の満天星躑躅の紅葉は見納め
  • 昨日の奈良の最高気温は24.9℃と夏日一歩手前までに、そして夕方には落雷を伴い激しかった雨が・・・ウソのように明け、12.5℃と暖かな朝です。6時55分この暖かさで椿が咲きほこり、昨夕の激しい雨にたたかれ、地面には筒咲きの花びらがちらばり掃除をしなければと・・・途中で手を止めてのワンショット 小庭の満天星躑躅も昨日の朝は、最後の輝きを魅せてくれたようで、 12/4今朝はすっかり葉を落としていました。ここも掃除を [続きを読む]
  • ハクセキレイの散歩に
  • 奈良の今朝、最低気温は11.4℃と穏やかにあけ、春日奥山に霧が沈み込みます。8時半お昼過ぎ、10月中旬の陽気になり20℃を越えるも天候が崩れ、寒冷前線が通過する夕方からは本格的な雨との予報・・・そして週末は寒波が・・10時頃、回覧板を手に外に出ると、『ハクセキレイ』が二羽、尾羽を上下に振り、仲良くお散歩中に出くわし、この暖かさでお出ましなのでしょうか。邪魔をしないようにそっと家に帰りカメラを持ちだすと、数シ [続きを読む]
  • 04年9月、3泊5日のバリ島旅行でリゾート気分?
  • 小雨降る10.5℃と暖かな朝を迎え、遠く春日奥山を眺めれば御蓋山に水蒸気が・・・ ここ数日は雨模様なのに10月下旬の温かな気候で、週末は一転して1月下旬の寒さになるとの予報だとか、体が追い付かなくなりますね。今日は何を・・・困った時の記事は、過去の旅行からになり、アシカラズ。初めての海外旅行は40年程前の新婚旅行、旅先はヨーロッパ4か国周遊でした。1978年4月下旬から10日間で、国際空港が羽田から成田に移る直前 [続きを読む]
  • 03年9月の屋久島④、白谷雲水峡から帰宅へ
  • 奈良の朝は5.3℃とやや冷え込みましたが、PM2.5等の黄砂によりぼぅっとした春日奥山の前に御蓋山も顔を見せてくれました。木曜日から孫二人がお泊りに、昨晩に長男にバトンタッチで帰って行くとほっと、今の子供たちの忙しいこと、勉強に習い事にと、送り迎えで大忙しで疲れました。仕事人間だった私達夫婦、孫3人の面倒を見てくれた我が親に感謝しかありませんね。一昨日屋久島へ行っている嫁さんからメールで写真が送られてきま [続きを読む]
  • 奈良の冬景「鹿寄せ」が始まる
  • 奈良の最低亭気温は日付けが変った頃で7.6℃、寒気が緩み、暖気が北上し、お昼で16℃と暖かく、小春日和に一日に。10時頃の高畑付近の街路樹の紅葉も黄砂で煙る春日奥山に映えて良い感じ、飛火野の南側までは人影はなく、静かだったのが、飛火野の鹿を呼ぶ付近は黒山の人だかり。ナチュラルホルンを持った方の姿?実は今日から無料で『鹿寄せ』が行われていたのです。12月1日〜12月14日までは奈良の冬景「鹿寄せ」として、奈良県旅 [続きを読む]
  • キタテハが
  • 今朝の奈良は5.1℃とやや冷え込み、すかっと見えるはずの遠景が、もやっと、空気中の水分ではないような感じ?これは黄砂だと気が付きました。数日前、韓国でも問題になっていたようで、やはり日本に押し寄せてきました通りで最近、眼のころころ感が増し、目薬のお世話に。奈良のPM2.5は12月4日まで多いとの予報、皆様お気をつけ下さいね。7時『塗られたり春日奥山黄砂降る』 愚句昼からは予報通り、少しましに14時半昨日よりやや [続きを読む]
  • 椿が咲きだした小庭の秋、まだ杜鵑草も負けずに
  • 雨上がりの今朝7時過ぎ、雲の切れ目から太陽が昇ったのですが、半時間ほどで急に霧に包まれ、乳白色の世界が9時半頃まで続きました。朝の小庭では、暖かった秋だったのか「杜鵑草」や小菊に残り花が・・・、杜鵑草 小菊「さんしゅゆ」の色づいた葉は散り、隠れていた赤い実も黒味を帯びさんしゅゆ紅葉した満天星躑躅(ドウダンツツジ)も葉が散り始め、最後の輝きを満天星躑躅大小の水玉を保つオオヤマレンゲの葉、もうすぐ散るこ [続きを読む]
  • 秋も愉しめる「四季絵」の大和文華館
  • 奈良の今朝の最低気温は、9.5℃と暖かな朝になり、日差しもみられますが、夕方から雨が降りだすとの予報、紅葉した葉を散らす雨になるのでしょうか。6時半数日前奈良「大和文華館」の「四季探訪 研ぎ澄まされる四季絵の伝統」展へ紅葉の始まった雨上がりの日に伺いました。 表裏側や館内のバルコニーから池の向こうに若草山が見えるのですが、この日は×裏館内は平安時代に、自然の風景に行事や祭礼などを屏風や襖など描き、和歌 [続きを読む]
  • 奈良女子大学も晩秋の装いに
  • 今朝の最低気温は奈良で8.5℃と、全国的に温かな朝だったようですね。一気に冬到来と思えば、この先一週間ほどは1月ほど前の気候に逆戻り、台風28号だった熱帯低気圧になり消滅するらしいが・・・この影響なの?。7時奈良公園の紅葉は見頃を迎え、観光客であふれておりますが・・・ちょっと隠れた名所?と言えるのが「奈良女子大学」です。キャンパス北側の佐保会館の佐保川沿いにある銀杏を紹介したかったのですが、昨日訪れると [続きを読む]
  • 劇団「良弁杉」と演奏会の掛け持ちは
  • 今日は予報によれば晴れのち午後から曇りのはずが、奈良は朝からもう雲が・・・7時半昨日は孫で忙しい一日、朝11時から奈良市音声館ホールで、劇団「良弁杉」の新作プレ公演『麦わら一本嫁とり話』に出ている四番目の孫を観に行き、終わるや、午後1時からの二番目の孫のバイオリンの卒業演奏会へと掛け持ちし、夕方には孫が食べたいといった焼肉を一緒に・・・「奈良市音声館」はわらべうたの伝承・普及、また音楽を通した市民の交 [続きを読む]
  • 平城京跡・第一次大極院に南門が建築中
  • 今朝の奈良は放射冷却のおかげで3.1℃と冷え込みました。今日も晴れそんな晴れた日に平城京跡を訪れております。現在『平城京跡』には、2010年に復原された第一次大極殿と道を挟み東側の内裏の南側に、第二次大極殿跡の基壇があるのをご存知ですか。奈良時代は710年から784年までとされますが、聖武天皇は740年に京都山城の恭仁(くに)京へ遷都とされたおり、この大極殿を移築されて743年に完成したと続日本記に書かれています。と [続きを読む]
  • 平城京跡東院庭園の紅葉
  • 奈良の朝は今季最低の2.5℃まで冷え込み、太陽が雲を白々と輝かせています。9時この先の一週間は移動性高気圧に覆われそうで、紅葉狩りに最適な気候になり、奈良と云えば古来より吉野の桜に紅葉の竜田川、両者とも紅葉は見頃を迎え、談山神社、長谷寺や清酒発祥の地の正暦寺、そして奈良公園も。さらに平城京跡の端、平城宮の南東隅は続日本記によれば東院に当たり、その位置に大きな庭園の遺跡が1967年に発見され、1998年までに復 [続きを読む]
  • 中将姫伝説の残る地、元興寺旧境内を巡る④
  • 今日の最低気温は4.9℃と冷え込みましたが、朝日が目を開けられないくらい眩しい。7時半今回で「元興寺旧境内の社寺を巡る」は最終回になります。マップ( で拡大)小塔院の石造宝篋印塔は鎌倉時代後期で護命僧正の供養のためでしたね。小塔院を西に下り、上つ道(伊勢街道)を50m程南に行くと融通念佛宗「徳融寺」、このあたりは鳴川町といい、藤原氏の祖・鎌足の曾孫で中将姫の父でもある「藤原豊成」の邸宅跡と伝承され [続きを読む]
  • 富山の朝は雨、千寿が原の常願寺川の晩秋は
  • 奈良では朝6時半頃には雨が振りはじめ、9時には小雨になり寒くなるのでしょうか。9時今日は一足早く冬のような天候が続いている富山への一泊二日の帰省の話にあとから聞いた話、ここ十日ほどは先の日曜日だけ北陸は晴れていたそうで、昼過ぎから車で出かけると、小松付近で午後3時過ぎ、右の車窓から頂上付近に雪を頂いた白山連峰が、富山県に入ると夕闇迫る毛勝三山・大窓小窓そして剣から立山さらに薬師まできれいに見ることが出 [続きを読む]
  • 御霊神社から小塔院を、元興寺③
  • 奈良の今朝の最低気温は4.5℃と今シーズン最低を記録、これで平年並み、さみーい!春日奥山全体がもやっておりますが、午前中は良いお天気、でも明日は雨との予報・・・8時元興寺の旧境内にできた社寺を巡る①、五重塔があった②に続きを五重塔跡を辞して、隣にある「御霊神社」、この地は元興寺の寺域であった奈良時代には南大門があったと推定され、その門前に御霊社の社地があり、御霊をなぐさめる御霊会が催されていたと。桓武 [続きを読む]