nekonekosuki さん プロフィール

  •  
nekonekosukiさん: 脳梗塞になったこと言いたくないんです
ハンドル名nekonekosuki さん
ブログタイトル脳梗塞になったこと言いたくないんです
ブログURLhttp://nekonekosuki.hatenablog.com/
サイト紹介文48歳の時に脳梗塞になりました。たまに気になることがあり共感してもらえる人がいてたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 13日(平均8.6回/週) - 参加 2018/06/13 17:08

nekonekosuki さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 入院13日目
  • 入院13日目ともなると入院生活の慣れと家事をしないフリーな時間が多のとで退屈と焦りで気持ちが変な感じになります。それに1人ではやはりベッド上でのマッサージ的な事しかできず、リハビリが1つしかない日は何をしようかと思うこともありました。お部屋で唯一お話する方とテレビの話をするくらいです、あとは家の事がきになり思いついては主人や子供たちにあれやこれやと言っていましたがうるさがられるだけでした(-_-;)ア [続きを読む]
  • 入院12日目
  • 今日のリハビリはPT1つだけで先生も代わりの先生でした、足首の力の入り具合など状態を確認してから、廊下を歩いたり廊下の手すりに掴まって片足でたってみたり背伸びをしたりと先生が違うからか内容は違います動くようになりますか?と聞いたら、動きますよ!と答えてもらえてとても喜んだ記憶があります。リハビリの先生方は皆愛想がいいです、担当じゃない先生もすれ違う時に挨拶やエールを送ってくれたり、先生同士で相談をし [続きを読む]
  • 入院11日目
  • 先生からのショックな話来週の中頃には退院と思っていたのですが、左足の足首が下に垂れたままなので入院を伸ばしてこの病院でリハビリを続けるか、リハビリ病院へ転院でもと提案されました、このまま自宅へ帰るともしかしたら状態は変わらない可能性があると、自宅へ帰ることによって日常の家事がリハビリになる可能性もあると、リハビリ病院の事は全く思いもしなかったので困惑しました。転院は点滴が完全に外れて最後のMR撮影に [続きを読む]
  • 入院10日目
  • 病室は脳神経外科の4人部屋です、1人だと怖いうえに室料もお高いので迷わず相部屋をお願いし、初日から4人部屋です。4人であっても症状はそれぞれで、お1人とは年齢も近くお話するようになりましたが、あとのお2人はとてもお若い方と高齢の方でしたので挨拶をする程度でしたお話をしていた方は、鼻の奥、耳の近く?に腫瘍ができていて視力が阻害されるとのことで手術をすることにされたみたいです、手術後リハビリを数回された [続きを読む]
  • 入院9日目
  • 24時間点滴から朝夕だけの点滴になりました!点滴が外れてる時間がある!夜中もない!相変わらず左足は不自由ですが退院日が近づいていることが嬉しいのですが焦りもあります。3日ぶりの検査MRがありました、元気だから大丈夫と思っていても梗塞が増えていたらどうしようと不安になりましたが、結果かわらずで新たな梗塞は見つかりませんでした(*^_^*)点滴が外れている時にリハビリもちょうどあってSTはいつも座っているので変 [続きを読む]
  • 入院8日目
  • お昼前にようやく心電図ホルダーを外してもらえました。点滴は当たり前に続けていますが心電図ホルダーを外しただけで何となく自由を感じた(*^_^*)1週間前の今頃は入院する事態になっていたんだなー、入院した時は歩いていたのに今は左足が自由に動かすことができず車イスだなんて他人事のように不思議な感じ。ST先生のリハビリはなかなか大変で、記憶が多いです例えば知らない住所を覚えるんですが正解してホッとして次の問題へ [続きを読む]
  • 入院7日目 心電図ホルダー
  • 昨日は苦しい経食道心エコーを撮って異常ないと言うことだったのに、心電図ホルダーを付けますといわれた、それも24時間!何かと思いきや線の繋がっているシール状の電極を胸部に4ケ所貼られウォークマンのような四角いものを首からぶら下げるという何とも煩わしい、そして行動記録メモをとる。この状態でリハビリ3種類です、ST先生は今日の日にちと曜日の確認から始まります。記憶のテストで絵を見せられて何が書かれていたか [続きを読む]
  • 入院6日目
  • 今日の予定は検査が1つと言語聴覚療法士(ST)と作業療法士と(OT)理学療法士(PT)の3種類のリハビリが始まります。朝一で検査、経食道心エコーです、入院2日目も似たような名前の検査をしましたが今回のはカメラを口から入れます。これが想像以上に苦しかった??口の中に麻酔の液体を含み感覚を麻痺させ横になって管を飲み込みます、麻酔で痛みはありませんが、とにかく苦しかったしヨダレと涙がでます。終わって病室に戻っ [続きを読む]
  • 入院5日目
  • 入院して5日目は日曜日です。この日も検査もリハビリもありませんでした。朝から昨日と同じように自己流の左足刺激作戦です。ちなみに先生は毎日様子を見にきてくれますが、なぜか休憩している時ばかりなので、たまにはマッサージとか出来ることはしといてねと言われてしまいました (-_-;) 血管造影検査のカテーテルを刺した所の内出血が治らないので看護師さんに内出血の範囲をつけられーカーで印をつけられました、数日後マー [続きを読む]
  • 入院4日目の続き
  • 4日目は土曜日で検査はなく、リハビリの先生方は私の状態確認だけでリハビリ的なものは何もありませんでした。ベッドに寝ていると不安になるのでとにかく左足を揉んだりマッサージしたり、正座して左側に重心をかけたりと正解も分からないので刺激を与えようと必死でしたが、点滴は付いているしベッドの上だけだし出来ることも限られているし、力を入れると点滴に血液が逆流していくので見た目が怖くなったりベッドの淵に座って、 [続きを読む]
  • 入院4日目
  • 不安だけど早く家に帰りたい!左足が不自由なままでは帰れない??と思うとこの先どうなるのか想像できず暗い気持ちで過ごしていました。リハビリの言語聴覚療法士、作業療法士、理学療法士の先生方が状態の確認にこられた時、治りますよね⁉と狂気に満ちた顔で迫っていたかと思います。4日目になると左足の血色が無くなり足首も下に垂れている状態になっていました。左手と言語には症状がでていなかったのでリハビリの先生方に左 [続きを読む]
  • 入院3日目 血管造影検査
  • 血管造影検査の説明は不安になるものでした、血管に負担がかかるため切れる可能性が無きにしも非ずとかで検査をする承諾の署名をしました。太ももの付け根にカテーテルを通し造影剤を流し血管に関する疾患を調べます。検査中、目を閉じとかないといけないわけではありませんが、先生達の顔や周りを見てるのも落ち着かないので、先生に声を掛けられる時以外は目は閉じていました。カテーテルを通す時に痛みはありませんが、嫌な感触 [続きを読む]
  • 入院2日目 左足が動かない
  • なれない入院で夜中に何度も目が覚める、点滴もしてる上に水分補給までしてるのでトイレにも何度も行った (;^_^A車イスでの移動で、点滴もあるし看護師さんを都度よんで申し訳なくなる。明け方またトイレに行きたくなり看護師さんを呼んでベッドに腰かけて待とうと左足を下すとストンと左足が落ちた⁉お尻をずらしながら右足も下してベッドの淵に座った、左足を上げると上がるけどとても重い、ひざ下が自分の意志では動かなくなっ [続きを読む]
  • 入院1日目
  • 附属病院に到着すると、車イスで検査室まで連れていかれベッドに寝かされました。点滴と採決、FASTチェック、名前や生年月日、今どこにいてるのか、今日の日にちと曜日等、質問責め1時間くらい検査室でした。病室へはまた車イスで移動、勝手な思い込みで入院すると病衣?に着替えると思っていたのですが、家族がパジャマを持ってきてくれるまで着てきた服のままでした。病状としては、違和感と少し歩きにくくなってきていた左足だ [続きを読む]
  • 元気なのに入院になった
  • 翌朝 左ひざ下の怠さはなくなっていたので、運動不足かな〜なんて思いながら朝の準備をしていました。子ども達を見送って、掃除などをしていた時に左ひざ下の違和感 (;^_^A私は暑がりなので普段裸足で過ごすことが多く、床のヒンヤリが心地よくこの日も裸足でしたしあーこれは冷えだな、なんか冷えの病気ってあったなーと考えたりしながら、午後からの母親のドクターとの約束もあるので、自分の事はさっさと処理をしようと内科へ [続きを読む]
  • これでは病気だとおもいません
  • 48歳で脳梗塞になりました。当時も麻痺などはなく、現在52歳 年齢相応の女性に見えてるはず (^^♪疲れないように自分の体を過保護にしつつ、週3日の事務仕事と、家事、子育て(成人1人と学生1人もう大きいけど)、介護を緩くこなし、ペットのアメショー (=^・^=) に癒されながら過ごす毎日です。4年経ち、辛かった日々の事を忘れないうちにメモと記憶をまとめておこうと思いブログを書くことにしました。入院の前日は今にして [続きを読む]
  • 過去の記事 …