レイ さん プロフィール

  •  
レイさん: 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-
ハンドル名レイ さん
ブログタイトル自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-
ブログURLhttp://jibun-happiness.hatenablog.com/
サイト紹介文母の再婚、義父のDV、性的虐待、育児放棄、毒親育ちアラサー主婦の過去と向き合うブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 34日(平均11.1回/週) - 参加 2018/06/14 17:52

レイ さんのブログ記事

  • ただいま!旅行から帰ってきました。
  • こんばんは。今日の夜に旅行から帰ってきて、家でのんびり夜更かししてます。で、このブログはあくまで毒親関連ブログなので、それ以外のどうでもいい日常ブログは別ブログで書くことにしました。こちらがそのブログです→Rayの終礼毒親とのエピソードを思い出したら、またこのブログに追加していきますが、もうだいたい書き尽くした気がするので、これからは別ブログの方がメインになるかもしれません。もし、良ければ別ブログの [続きを読む]
  • 見た目が若く見えることは特かいなや
  • こんにちは。このブログの趣旨とは関係ないんだけど、今日は前からずっと思ってた世間一般での「見た目が若い=良いこと・特なこと」っていう風潮について異論を申したい。私は昔から若く見られる方で、もうすぐ32歳になるけど初対面の人にはだいたい26歳ぐらいだと思われることが多い。今日も会社の敷地の入り口に立ってる守衛さん達(おっちゃん)との会話で私「お疲れ様です!明日から旅行に行ってくるから守衛さん達にもお土産 [続きを読む]
  • いつから自分の意見をハッキリ言えるようになったのか
  • こんばんは。唐突ですが私は現在、けっこう意見をハッキリ言うタイプの人間なんですが、昔はそうではなかったんですよ。幼稚園、小学生の頃は内気でどちらかと言えば大人しい方だったと思います。家ではいつ毒父の逆鱗に触れるか分からないので、下手に自分の意見は言えなかった。そういや同級生からよく、女の子らしい、お嬢様というレッテルを貼られていたな。実際は全然違うのに。活発で自分の意見をズバズバ言うタイプの子に憧 [続きを読む]
  • 新しいブログを立ち上げました。
  • こんにちは。千葉に引き続き、佐賀でも地震ありましたね。大丈夫ですか?余震に気をつけて下さいね。で、新しいブログを先程、立ち上げたのでご報告。バチってなんですか?子供から見た創価学会の世界私の子供時代を振り返ると創○学会は切っても切り離せないものであり、未だに恐怖心の後遺症やモヤモヤしたものが残っているので、それに関しては上記の別ブログに書くようにします。こちらのブログにはそれ以外のことや現在のこと [続きを読む]
  • 毒両親へ バチってなんですか?そして幸せになりましたか?
  • 首都圏のみなさん、地震大丈夫ですか?日本列島の活断層が活発になってきていますね…余震に気をつけて下さい。で、子供の頃よく両親に言われた「バチが当たるからアカン!」という言葉。「お祭り(神社)に行ったらバチが当たるからアカン!」「○○ちゃん(キリスト教の牧師の家の子)とは遊んだらアカン!バチが当たる!」「他の宗教の男と結婚したらバチが当たる!」「信心しないとバチが当たる!」あの〜私の最大のバチは貴方 [続きを読む]
  • 堕ちるとこまで堕ちろと見放したけど
  • 今でも、あれで良かったのか?やっぱり説得するべきだったのか?と心に引っかかってること。毒母が2度目の失踪をした後、仕事も辞めて、気が狂ったように題目を唱えていた父。参照→次女もまた人生を犠牲に - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-毒父は昔から熱心な学会員だった。創○学会では年末になると「財務」と称して会員から、寄付金?お布施?のようなものを取ります。創○学会の運営費、会館の維持費、新しい会館の建 [続きを読む]
  • 毒母の嘘 消えた40万円
  • 今日も警報で小学校が休みになりました。娘も外に出れず退屈です。で今朝、思い出したのが私が小学生の頃のお話。まだ毒父が自営業で会社を経営していて、表面上は我が家はお金に余裕があった頃。(実際には毒母の浪費癖でこの頃から借金があったのだが)毎年、年末に家族旅行をしていました。だが、ある年の年末に母が「旅費として置いておいた40万がなくなった!」と騒ぎ出した。で、みんなで家中探したけど見つからず、母は明日 [続きを読む]
  • 毒親に持たされた巻物に困っているお話
  • おはようございます。宗教がらみの話が続いて申し訳ないですが思い出したので。1回目に結婚した時に、両親に結婚相手も入信するように言われたけど、宗教は本人の自由だからと断ったら、「じゃあレイだけでも信心を続けなさい」と、ご本尊を持たされたんだよね。でも、家には仏壇を置かずに、ご本尊は巻物のままタンスにしまっていました。で、そのご本尊は今でも持っています。再婚してからも家には仏壇を置いていないので、もち [続きを読む]
  • スーパーの出入口で学会員にブッ込まれたお話
  • こんばんは。今日、雨が降りしきる中、スーパーに買い物に出かけました。そしたら帰り際に学会員のおばちゃんにバッタリ遭遇した。スーパーの出入口のところで。挨拶して立ち去ろうとしたら、やっぱりおばちゃんは、ぶっ込んで来た。でも大丈夫。私もそのぐらいのことは想定内だったので。どう切り返すかはシミュレーション済みだった。おばちゃん「やっぱり娘さん、入信させる気ないよね〜?」私「ないです。」おばちゃん「そっか [続きを読む]
  • 【1番のトラウマ】子沢山が怖い件
  • こんにちは。今日は台風接近中で警報が出てるので小学校がお休みになりました。で、唐突ですが私の1番のトラウマは子供をたくさん持つことかもしれない。大家族もののテレビ番組も大嫌いです。自分の子供時代と被るものがあるので。あ、石田家は別ね。石田さん家は好きで見てました。ああいう大家族は憧れる。で、大家族のなにが嫌いって、べつに貧乏で見すぼらしい生活が嫌とかじゃないんですよ。子供が子供らしく生活できていな [続きを読む]
  • 【追記あり】毒親に勝ち誇った気分になった仏教の教え
  • こんばんは。今回は私の心がスッとラクになった仏教の教えについて書いてみます。うちは親が創○学会だったので、私は子供の頃に日蓮大聖人の教えが書かれた本を読んだりしていたが、正直、難しくてよく分からない部分も多かった。仏教にも色んな宗派があって、どれが正しいのかなんて、もちろん分からない。だけど、2回の流産を経験して「人は死んだ後どうなるんだろう?」「亡くなった赤ちゃんはどこに行くのだろう?」とか考え [続きを読む]
  • 久しぶりにブチ切れそうになったお話
  • 前回の記事で、毒親と宗教についての持論を書きましたが、なんで、そんな記事を書こうかと思ったかと言うと、ちょっと前に創○学会員にブチ切れそうになった出来事があったんですよ。毒親と宗教について持論を - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-私達夫婦が入籍して2年ぐらいは、毒親と連絡を取っていて家の場所も教えていたんですよ。そしたら父が、私達に断りも入れずに、私達が住む地域の聖教新聞の営業所に電話して、そし [続きを読む]
  • 毒親と宗教について持論を
  • こんばんは。数年前から色んな方の毒親ブログや、掲示板を覗いたりしていますが、毒親って宗教にハマっている率が高い気がします。色んな宗教があるので、様々なエピソードを目にしましたが、なんで毒親は宗教にハマるのだろうか。毒親だからハマってしまうのか、それとも宗教にハマったから毒親になるのか。おそらく両方のパターンが存在するとは思うのですが、きっと宗教に依存して生きているのがラクなんでしょうね。うちは創○ [続きを読む]
  • 30歳でやっと自分のなりたい職業についたお話
  • こんにちは。私は毒母に搾取子として扱われて、そのせいで自分の人生を犠牲にしてきたので、ずっと自分が本当にやりたい仕事には就けませんでした。というか、そもそも夢も持てず、その日を生きるのに精一杯だった気がする。なので10代の頃はコンビニのバイトと、イベントコンパニオン。20歳からは水商売をしていました。毒母の金銭要求に応えるべく、どんどんお給料の高い仕事に変わって行きましたね。どの仕事も、今思い返せば楽 [続きを読む]
  • 毒父と毒母のその後
  • 妹達のその後はこちら→次女もまた人生を犠牲に - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-両親とはもう8年ぐらい連絡を取っていないが、妹とは4〜5年ぐらい前まで連絡を取っていたので、毒父と毒母の近況を妹伝いに聞いていた。父は、母が出て行ってから仕事も辞めて、気が狂ったように、ご本尊に題目を唱えて、学会活動に励んでいたが、しばらくしてから正気に戻ったのか警備員の仕事を始めていた。そして新しい彼女が出来たよ [続きを読む]
  • 次女もまた人生を犠牲に
  • 前回で私の生い立ちは終わりましたが、妹達のその後を書いてみたいと思います。母が出て行ってから、次女は高校に進学した。次女は中学時代に吹奏楽部で部長までになり、さらにトロンボーンの全国大会で1位になり、スカパーの特集でも紹介されたりしてました。トロンボーンってかなり肺活量がいるから女性奏者って少ないらしいんですよ。なので女の子がトロンボーンの全国大会で優勝するのも珍しく、次女はこれを機に全国各地の色 [続きを読む]
  • 祖母の一言で洗脳が解けた!
  • 前回の記事はこちら→小さな命と消えた母 - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-いよいよ。最終章となりましたね。母が出て行って、近所に住む母のママ友?みたいな人に話を色々と聞いた。母はこの時、40代半ばぐらいだったのだが、35歳ぐらいの男性と浮気していたらしい。しかもその男性は無職みたいなもんで収入があまりないとか。でも母は、自分よりかなり若い男と付き合っている事を自慢していたそう。で、やはり子供を放っ [続きを読む]
  • 小さな命と消えた母
  • 前回の記事はこちら→やめたくても辞めれない - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-薬物乱用をやめた私は無気力状態が続き、お店も休みがちになった。そういえば、この頃に「お薬、返して」と旦那に泣いて訴えたことがあったな。旦那に「ここでまた飲んだら、また同じことの繰り返しになるねんで。せっかく薬物乱用やめてんから、ここで諦めたらあかん。一緒に頑張ろう。」と叱られました。私はまるで子供のようにワンワン泣い [続きを読む]
  • やめたくても辞めれない
  • 前回の記事はこちら→精神堕落から今の旦那との出会い - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-こうして今の旦那と付き合い、精神安定剤の乱用をやめるように言われたが、私はなかなか辞めれなかった。救急車で運ばれるほどのオーバードーズはしないように我慢していたけど、ついつい薬を多めに飲んでしまう。多めに飲まないと効いた感じがしない。この頃の私は薬とお酒がないと生きていけない状態でした。精神安定剤や抗うつ剤っ [続きを読む]
  • 精神堕落から今の旦那との出会い
  • 前回の記事はこちら→離婚した時に言われた一言 - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-こうしてキャバクラで働きはじめて、もちろん母からは相変わらずお金の無心されていました。そういや、たまに、すんなりお金を返してくれたり、お小遣いをくれる事がありましたが、あれはパチンコで勝った時だったんだろうな。で、私ははじめ京橋という小さい繁華街にあるキャバクラで働いていたのですが、そこで人気が出たので、次に梅田に [続きを読む]
  • 離婚した時に言われた一言
  • 前回の記事はこちら→はじめての同棲とATMの始まり - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-こうして家を出てから、私は妹達をダシに母からお金を無心されるようになったのだが、この時もうすでに私はかなり母に洗脳されていたように思う。小さい頃から母をDVから守らなきゃという思いが強く、妹が増えてからは妹も守らなきゃと強く思っていました。いつもいつも、そればかり考えてた。子供の頃。そして中学生の頃からは、うちは貧 [続きを読む]
  • はじめての同棲とATMの始まり
  • 前回の記事はこちら→高校中退と家出 - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-家出をして母と電話で話をした。母も狭い家に引っ越して、私の居場所がなくなった事を負い目に感じていたようで、私が家を出ることを承諾してくれました。母は、父に私が居なくなった理由をこう説明したらしい。「こんな狭い家では可哀想だから知り合いの家で預かって貰っている」と嘘をついたらしい。で、家出をして私はどこに行ったかと言うと、この [続きを読む]
  • 高校中退と家出
  • 前回の続きです。前回の記事はこちら→どうして私だけ - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-私は高校1年生の頃ベビーシッター扱いされていてバイトできる時間がなかった。だけどお小遣いもそんなに貰えなかった。地下鉄で通学だったので、通学費や私の昼食代でお金がかかるとのことで、お小遣いはほとんど貰えませんでした。みんな定期を持ってたけど、定期を買うお金がないと言われ私は毎回、切符を買ってた。こんな感じなの [続きを読む]
  • どうして私だけ
  • 私が中学3年生〜高校1年生の頃。両親はよく仕事帰りにパチンコ屋に入り浸り、閉店時間(23時)まで打ってて帰ってこないので夜ご飯は私が用意することが多かったです。いつも渡されるお金は1000円。私と妹達の分のご飯を用意しようと思ったら1000円では足りなかった。今は主婦スキルが上がったので、自炊で1000円以内でおかずを何品か作れたりしますが、当時の私はまだ中学生だったので自炊もあまりできず、簡単でお金のかからな [続きを読む]
  • 誰にも言えない不正受給
  • 前回の記事の頃。母は生活保護の不正受給をし始めた。前回の記事はこちら 転校疲れから一転 - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-両親はリアル夜逃げ事件の頃に籍を抜いて偽装離婚していた。参照→リアル夜逃げをした時 - 自分のしわわせ-毒親の洗脳が解けた時-それを良いことに母は区役所を騙し生活保護の不正受給をはじめました。生活保護の審査が通るまでには厳しい審査があり、民生委員さんが何度も家を訪ねてきていたが [続きを読む]