まいける さん プロフィール

  •  
まいけるさん: ネタの種
ハンドル名まいける さん
ブログタイトルネタの種
ブログURLhttps://adhd-tama.hatenablog.com
サイト紹介文明日の話のネタの種(キッカケ)になるような記事を書くブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 38日(平均6.4回/週) - 参加 2018/06/14 22:03

まいける さんのブログ記事

  • 毒親から解放される方法。20歳のときに親から決別して幸せを手に入れた話
  • まるで法律で定められているかのように「親に感謝しなさい。」と、誰もが同じようにこの言葉を口にする。しかし、私はこの言葉が大嫌いだ。誰もが尊敬できる親に育てられたわけではないと思っている。なぜなら私は親を憎み恨んでいるからだ。私の親はいわゆる毒親であり、常に私の人生をコントロールしようとする人間だった。そのせいか、今でも自己主張がなかなか出来なかったり、親と同じ世代の人たちと上手く会話が出来なかった [続きを読む]
  • 質の良い情報を超効率的に集める3つの鉄則と4つの具体的方法。
  • 現代、グローバル化や技術革新によって目まぐるしく状況が変化している。それに伴い、世の中には嘘本当に関わらず非常に多くの情報が錯綜し、高度情報化社会とも言われるほどだ。そんな世の中を生き抜くためには情報に対するリテラシーと適切な意思決定を行う手段を身につけなければならない。そのためには、まず質の良い情報を出来るだけ多く集めることが必須である。この記事では、情報収集をする上での鉄則と効率の良い方法を紹 [続きを読む]
  • 人の悪口を言う人の特徴と振り回されないための対処法
  • あなたの周りには、人を滅多に褒めず、貶したり、悪口ばかり撒き散らしている人はいないだろうか。残念ながら、学校、職場、趣味サークルなど、どんなコミュニティに属していても必ずそんな人が少なからず存在する。この記事では、そんな「悪口の多い人」の特徴と、振り回されないための対処法をまとめている。 人の悪口が多い人の特徴自信が無い。自分の能力や考え方に自信がない人は、他人と自分を比較して、他人が自分より劣っ [続きを読む]
  • 夢を必ず叶えるためのバケツリストとは。
  • バケツリストという言葉を聞いたことがあるだろうか。簡単に言うと、「死ぬまでにやりたいことリスト」のことである。このリストを作り上げることで、人生で成し遂げたいことが明確になり、希望が湧き、夢の実現に向けて着実に行動に移すことが出来るという。今回、よりイメージを明確にするため、①画像付きのリストにする。②「〜したい」という表現ではなく、「〜する」という表現にする。という以上2点をルールにして、私 [続きを読む]
  • 「服屋に着て行く服がない」的パラドックスと解決法。
  • 突然だが、こんな言葉を聞いた経験はないだろうか。「服屋に着ていく服がない」今回はこの問題について考えてみる。「服屋に着ていく服がない」問題とは?これは数年前にテレビでお笑い芸人さんが発言した内容で、今ではネットスラングにもなっている。オシャレになるために、カッコいいor可愛い服を買いに行きたい。けれども、そもそもお洒落な雰囲気の服屋に行けるような服を持ってない。パラドックスというかジョークみないなも [続きを読む]
  • 宅浪の苦労と成功のカギを経験者が語る
  • 浪人というのは不安との孤独の闘いである。 同級生が華やかな大学生活を送るなかで、勉強をしなければならないのだ。 そんな辛い浪人生活であるが、特に辛いのが予備校に通わずに、家で勉強をする自宅浪人、いわゆる宅浪である。 私がバイトで大学の入学金を稼ぎつつ自宅浪人で第一志望の大学の合格を勝ち取った経験から、宅浪を成功させるための心構えをまとめる。 モチベーションの低下を受け入れる浪人を決めた直後は、志望大 [続きを読む]
  • センスの正体とは?センスを磨いて質の高いアウトプットをする方法。
  • 「センス」という言葉を良く耳にする。 「あの選手は野球のセンスがある。」だとか、「あのミュージシャンは音楽のセンスがある。」といった具合だ。 誰もがセンスのある人間になりたいと願うが、同時にセンスとは一般的に天性のもので、後天的には身につけられないものだと考えられがちである。 しかし、ここで1つ疑問に思うのは、一体センスとは何か。ということである。 この疑問が解けなければ、センスの有無を判断することも [続きを読む]
  • やる気が出ない時は5秒の法則→作業興奮
  • やる気のコントロールが出来たら、どれだけ人生が豊かになるだろうか。仕事に勉強、日々の厄介事、すべてにおいて、いつでも高いモチベーションで取り組めたら、これほど気分の良いことはないだろう。逆を言えば、「やる気の低下」に振り回されると、行動に移せず、パフォーマンスが上がらず、日々悩まされることとなる。だから私たちはモチベーションを保つため、セルフコントロール術を身に付けようと努力する。しかし、時 [続きを読む]
  • ネットワークビジネスに少し変わった方法で勧誘された話。
  • 世の中怪しい勧誘があまりに多い。スマホ一台で儲かる!話無料で◯◯が出来る!話誰でもFXに勝てちゃう!話 etc誰もが一度はこの手の話に誘われたことがあるのではないだろうか。まあしかし、大抵はこんな話は無視するか適当にあしらって終わりである。ただ、私はどんな怪しい話であっても、興味を持ってしまい、首を突っ込んでしまう癖がある。今回、そんな怪しい話の中でもネットワークビジネスに勧誘された話をさせて頂きた [続きを読む]
  • 地頭を鍛えるための具体的なトレーニング3選
  • 誰もが一度はもっと地頭を良くしたいと考えたことがあるだろう。私は勉強をもっと効率良くしたり、新しい場面での対応力を身に付けたいとの思いから、様々な能力開発を試してきた。そこで今回は数ある能力開発の中でも、特に効果を実感した3つの方法をご紹介する。 オレンジカード法 ・期待できる効果 右脳の活性化映像記憶能力の強化・やり方 ①まず、このようにオレンジ色の背景の真ん中に大きな青色の円の絵や画像を用意する [続きを読む]
  • ワードウルフの遊び方。人狼ゲームをモチーフにした知的な遊びです。
  • みなさんはワードウルフという遊びを聞いたことがあるだろうか。ものの1,2分で理解できてしまうほどのシンプルなルールにも関わらず、人狼ゲームのような駆け引きが楽しめる遊びだ。3人以上集まればスマートフォン1台で出来てしまう手軽さも魅力である。ワードウルフのルール・概要ゲームごとのテーマに沿った2つの「言葉」が用意され、各プレイヤーにそのうちの1つが割り当てられる。プレイヤーは与えられた言葉によって「 [続きを読む]
  • みんなロックで大人になった。
  • 私も20代後半、いよいよカートコバーンやジミヘンがこの世を去った歳となる。 私が初めてロックというやつに出会ってから、10年近く経つが、今でも割に合わない反骨心と身の丈に合わない夢を抱いて生きている。 10代中頃、無知と全能感の真っ盛りの頃に比べるといささか現実的な話を多くするようになったが、まだまだ衰えてはいない。 やはり、その秘訣はロックを聴くことだ。 私はロックで大人になった。大切なことは全てロッ [続きを読む]
  • 名古屋駅周辺のキャッチ事情について赤裸々に語る
  • 夜の繁華街を歩いていると、必ずといっていいほど飲食店のキャッチに声をかけられる。特に名古屋駅周辺には、色の付いたジャンパーを着た客引きが蔓延っている。あのジャンパーの色の違いは何なのか?給与形態はどうなっているのか?ぼったくり店などと提携はしているのか?など、謎が多い彼らである。私はその謎を解明するするべく、名古屋駅周辺の客引きに取材を申し込み調査した。キャッチを始めたきっかけは私「こん [続きを読む]
  • 7かける7の評価と考察
  • 私は学生時代から、数学やらお金の勘定やらが好きで、他の人と比べると、いわゆる「数字に強い」タイプの人間だと自覚している。数字に対する感覚 これには少しだけ理由があり、どうやら私は数字に対する感覚が人と少しばかり異なるようなのだ。例えば、私は人の誕生日を覚えるのが異常に得意であり、一度聞いたことがあれば、ほぼ100%誕生日を覚えていられる。これは、なにも誰かに気に入られようと努力して覚えているわけではな [続きを読む]
  • 情弱ビジネスをぶっ潰せ。レモン市場の改善法とは
  • 世の中にはまだまだ質の悪いモノやサービスが出回っている。 インターネットの普及により、消費者が事前に商品の適正価値を知ることが容易になったため、目に見える商品、いわゆる有形商材の粗悪品は少しずつではあるが淘汰され始めている。 しかし、広告やデザイン、SEO対策などの無形商材に関しては、まだまだ質の悪い商品が出回っているのが現状だ。 このような事態は、情報弱者を餌に商売をする一部の悪徳業者と、「目に見えな [続きを読む]
  • サウナトランス体験記。
  • 「何故、世のおじさんたちはあれほどまでにサウナに熱中しているのだろうか。」と、疑問に思ったことはないだろうか。銭湯や健康センターに行くと、必ずと言っていいほどサウナ室はおじさんで溢れている。実は、ほんの一握りの人にしか知られていない「楽園」をあの人たちは密かに楽しんでいるのである。「サウナトランス」と呼ばれるものだ。私は知り合いのサウナーに教授を受け、1ヶ月かけて、サウナの境地「サウナトラ [続きを読む]
  • バイタリティ溢れる毎日を過ごす方法
  • 休みの日の布団は私たちのやる気をことごとく奪ってゆく。まるで、布団に手足を掴まれているかのように動けずに、休みの日はダラダラしたい。もともと、私はバイタリティに欠けていると自覚している。ただ、こんな私だが、休みの日は外に出かけてバンド活動や野球に興じたり、そうでなくても、家で読書や勉強をしたりなどそれなりに活発に活動している。思いのままにダラダラと過ごせることはとても幸せなことだが、活発に動 [続きを読む]
  • 仕事を辞めたいあなたの背中を押す。
  • 今、この記事を読んでいるということは 「仕事を辞めたい。」 と少なからず考えているということだろう。 「仕事を辞めたい。」と思った時の対処法や解決策をネットで調べたり、友人や同僚に相談し、納得のできる答が見つからないまま、この記事に辿り着いた方も多いことだろう。 私自身も毎朝起きるのが苦痛で、身体が動かず、吐きそうになりながら、昼休憩とタバコ休憩だけを救いに働いていた時期がある。 職務内容、職場の人間 [続きを読む]
  • 消費・投資・浪費を意識して、お金の価値を最大化にする
  • 毎月の支払いに追われていたり、今の収入で満足する生活が手に入れられないという方をよく目にする。実際かつての私もそうだった。しかし、お金の使い方を少しだけ工夫することで、お金の使い方上手くなり、お金を貯金しながらも、満足度の高い生活を送っている。手間もほとんど掛からずに、劇的にお金の使い方が上手くなる方法だ。お金の3つの使い方お金を上手に扱うたった1つの方法。それは、普段の支出の役割を意 [続きを読む]
  • 誰も教えてくれないテレアポの掟。辛いから楽しいへ
  • そろそろ、4月から働き始めた新入社員達が配属される頃だ。営業職に就いた方、特に新規開拓の営業は特に、「テレアポ」の業務を行っていることだろう。新規開拓の営業を行う上で、お客さんとファーストコンタクトを取るための手段として、テレアポは欠かせない仕事だ。そして、同時にこのテレアポが「退屈」「キツい」「難しい」という三重苦であり、新入営業社員にとって最初の難関となる。実際、毎年のように「新入社 [続きを読む]
  • 世界のじゃんけんをまとめてみた。
  • 日本では知らない人はいないであろうじゃんけんだが、世界にも日本と同じようにじゃんけん似た遊びがある。そんな世界のじゃんけんをまとめてみた。最後には、私が友達と考案したゲーム「後出させじゃんけん」もご紹介する。 目次 日本のジャンケンの由来である虫拳  タイのじゃんけん 出す手によって勝率が異なるフランス流のじゃんけん ルールが複雑すぎるアメリカ独自のじゃんけん 「後出させジャンケン」 [続きを読む]
  • 幸せの本質とは。仕事を辞めてフリーランスになった話
  • 私は去年の5月末に広告代理店の仕事を辞めてフリーランスになった。1年間フリーランスをやってみてようやく慣れてきたので、今日は仕事を辞めたキッカケについてお話する。目次 仕事を辞めたキッカケ 生きることの意義ってなんだ。 本当の幸せとは。 そして1年経った今。仕事を辞めたキッカケ1番の理由は精神的に参ってしまったことだ。前の会社はベンチャー気質で成果主義の社風だったのだが、仕事をこなせばこ [続きを読む]