リップルニュース.JP さん プロフィール

  •  
リップルニュース.JPさん: リップルニュース.JP
ハンドル名リップルニュース.JP さん
ブログタイトルリップルニュース.JP
ブログURLhttps://xn--zcktay1c0d0aj2l.jp
サイト紹介文リップルニュース.jpです。リップラーによるリップラーのためのニュースをお届けします。
自由文リップルのxRapidプラットフォームの仕様と実装に成功したと発表。リップルの価値はどうなる?
https://xn--zcktay1c0d0aj2l.jp/ripple-xrapid/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 151日(平均5.0回/週) - 参加 2018/06/15 15:29

リップルニュース.JP さんのブログ記事

  • リップル(XRP)がAmazonアレクサで使用できるようになる!?
  • XRPデベロッパーのWietse Wind氏は、XRPをAmazon Alexaでも使えるように新しいプロジェクトへの支援をしています。サードパーティ機能は、ユーザーが残高を確認できるように設計されており、いくつかの簡単なコマンドを使用してXRPを送受信します。このプロジェクトは基本的にXRPヒント・ボットをAlexaにもたらします。人気のあるボットはすでにWeb上で稼働しており、誰でもXRPをReddit、Twitter、Discordの人々に送ることができま [続きを読む]
  • 仮想通貨XRPの寄付とチップボットとコイルが広がる
  • 仮想通貨のXRPは、ブロックチェーン企業Ripple(リップル)によって構築され、現在はCoinMarketCapの3位に位置しています。そのエコシステムにはいくつかの大きなイベントが発生しています。そのイベントの一部は、アップルとGoogleストアのXRP Tip Botアプリの承認、xRapidの商用利用の開始、Q3のリップル財務報告などでした。今週のサードパーティの調査では、XRPの本来の価格は1.75ドルになると分析されています。同じ報告書では [続きを読む]
  • リップルのXRP対応の決済製品xRapidを使用するパートナー7社とは
  • リップルのXRP対応決済製品xRapidを完全に実装する準備が整っている企業の数が増えています。リップルはxRapidを作成し、クロスボーダー支払いのスピードと流動性を向上させるためにXRPを利用したリアルタイム決済ソリューションを金融機関に提供しました。xRapidを使用できる7つのリップルパートナー仮想通貨取引所のBittrex、Bitso、Coins.phはxRapidを使用して低料金でインスタントクロスボーダー支払いを行う最新のパートナー [続きを読む]
  • アメリカの巨大な銀行がリップルネットに参加!XRPの価格はどうなる?
  • アメリカで9番目に大きな銀行であるPNC Bankは、リップルのエンタープライズブロックチェーンネットワーク、リップルネット(RippleNet)に参加します。PNCファイナンシャル・サービス・グループが参加するリップルネットで、他の金融機関、銀行、支払プロバイダ、送金フォワーダとオペレーターを含む100以上の機関のグローバルな決済ネットワークをオンデマンド流動性を備えた送金、ブロックチェーン上のエンドツーエンドのトラッキ [続きを読む]
  • リップル(XRP)ベースのモバイルアプリを日本のSBIがリリース予定
  • 日本のFintech企業のSBIホールディングスは、MoneyTapと呼ばれるリップル型のモバイル決済アプリケーションを立ち上げる予定です。SBIリップルアジアの最高経営責任者(CEO)の沖田氏は、共有Webページの手数料なしで簡単に銀行振込できるアプリケーションを提供する新しいペイメントアプリケーションを約束しました。このモバイルアプリの正確な開始日は不明ですが、2018年の秋のiOSとAndroidの両方のバージョンのリリース予定で [続きを読む]
  • リップルのプログラマーがXRP TipBotとCoilの統合を発表!
  • リップルのプログラマーの1人であるWietse Wind氏は、XRP TipBotとCoilの統合を発表しました。XRP TipBotとCoilの統合により、プラットフォームでのチップ化が可能になり、コンテンツ制作者は支持者から寄付を受けるプラットフォームにCoilを統合できるようになります。XRP TipBotはRedditのユーザーがRedditのコメントやつぶやきを使ってRipple XRPをお互いに送ることを可能にするボットです。「XRPを開始するには、まずXRPTipBot [続きを読む]
  • 仮想通貨XRPとリップルのxRapidについてBirla氏が接続とユースケースを説明
  • 8月24日、CNBCのCryptotrader Ran NeuNerのホストは、RippleのプロダクトマネジメントシニアバイスプレジデントのAsheesh Birla氏とのインタビューを行いました。この議論では、RippleとXRPの区別、リップルが銀行システム用に構築した製品に関するXRPトークンの使用例などを取り上げました。リップルが作成した製品のXRPトークンの使用例について、Birla氏は、同社が非常に熱心に感じている使用事例の1つに、クロスボーダーペイメ [続きを読む]
  • リップルの決済プラットフォームxRapidは起動準備完了!
  • リップルは、待望の決済プラットフォームxRapidを公開する準備ができていると述べています。同社のリアルタイム決済ソフトウェアは、オンデマンド流動性を提供し、クロスボーダー決済のスピードを上げるためにリップルの仮想通貨XRPを使用するように設計されています。リップルのマーケティングストラテジスト、Cory Johnson氏によると、xRapidは正式に次の4ヶ月で生産段階に入る予定です。「xRapidの成功したパイロットはすでにい [続きを読む]
  • 仮想通貨取引プラットフォームExodusにリップル(XRP)が追加される
  • Exodusは取引プラットフォームで、リップルの仮想通貨XRPとTrueUSD [TUSD]がプラットフォーム上で取引できることをTwitterで発表しました。この発表は、リップル(XRP)を仮想通貨取引所に上場しておきたいユーザーからの反復要求を受けてからのものです。開発チームはまた、Exodusバージョン1.58.0のリリースを発表しました。ウォレットと取引プラットフォームは、ユーザーがXRPと最初の安定した取引であるTrueUSD [TUSD]を送信、受 [続きを読む]
  • リップル(XRP)は中国での普及も狙っているが道のりは長い!?
  • リップルは、クロスボーダーの支払いをスピードアップするために設計された分散型元帳技術を使って中国市場をターゲットにしたいと同社の役員はCNBCという大手メディアで語りました。リップルの欧州連合(EU)戦略担当役員のジェレミー・ライト氏はCNBCに電話インタビューで語りました。「中国は間違いなく注目されている。今年初め、ブロックチェーン会社は、中国、米国、欧州間の国境を越えた取引を強化することを目指して、香港 [続きを読む]
  • リップルのXRP、世界中の数千もの店舗に仮想通貨ATMを採用される
  • リップル (XRP)は、世界中の何千もの店舗にインストールされている仮想ATMプラットフォームに追加されました。バンクーバーに本社を置く同社は、 Netcoinsソフトウェアをコンピュータ、iPad、スマートフォンなどのデバイスにインストールできるため、小売業者が暗号リセラーになることができるとしています。大規模なATMハードウェアをインストールする代わりに、NetcoinsはWi-Fi対応デバイスを仮想暗号ATMに変えます。仮想通貨は$ [続きを読む]
  • リップルのXRPは仮想通貨の中で最速だとWeiss Ratingsは言う
  • Weiss Ratingsによると、XRPは市場で最も高速な仮想通貨であり、取引所間で資金を転送するのに最適です。その効用のために、同社は現在BinanceのUSD / XRPペアを提唱しています。この新しい声明は、Weiss Ratingsの計量経済学者がXRPのスピードの印象を明らかにした1日後に発表されました。XRPが最近の仮想通貨取引についてのアンケート調査で勝利した後、Juan Villaverdeはフィードバックを取り、コインがどの取引所から別の取引 [続きを読む]