betaveta さん プロフィール

  •  
betavetaさん: ベタヴェタ
ハンドル名betaveta さん
ブログタイトルベタヴェタ
ブログURLhttps://betaveta.blogspot.com/
サイト紹介文食べ物と1型糖尿病と雑記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 156日(平均4.4回/週) - 参加 2018/06/16 18:57

betaveta さんのブログ記事

  • 通院しながらボヤッと思うこと
  • 現在の私が通っているのは公立の総合病院。外来は平日しか受け付けていないので、仕事を休んで行くことになる。いつも半日休をとって、早朝に病院の門をくぐっている。そして、これまたいつものことだが10時ごろになると、外来患者でごった返す待合室で「こうしている間にも職場のメールには、面倒くさい案件が次々と届いているのだろうなぁ」と思う。スマホでメールチェックできないこともないが、どうせ午後には出勤するので、敢 [続きを読む]
  • Q・B・Bチーズデザート熊本県産和栗
  • 実のところ、あまり栗は得意ではない(食べられないほどではないが)のだが、季節限定商品ということだったので躊躇せずに購入したQ・B・Bの熊本県産和栗チーズデザート。「熊本県産を74%以上使用しています」ということは、他の県(国?)の栗も混ざっているらしい。 食べてみるとそのままマロンチーズケーキ(チーズモンブランと言ってもいいのか?)というような感じ。前述のとおり栗が得意ではない私だが、思いのほか食べやす [続きを読む]
  • T質S限
  • 今日も今日とてドンレミーの糖質コントロールミルクレープやらグリコのSUNAOアイスをホクホク顔で食べている。スーパーやコンビニで、しかも他の商品とあまり変わらない価格でこういったものが手に入るのは大変ありがたいことだ。数年来続いている糖質制限ブームの恩恵は、私のような耐糖能異常者にも及んでいる。されど、私の場合は「不本意な糖質制限」生活であることは、これまでに幾度となく書いているとおり。現在の私は分泌 [続きを読む]
  • 『それだけでうれしい』
  • 先日、『見上げると君は』を紹介したせいか、松田円『それだけでうれしい』(芳文社)を思い出した。どことなく中途半端な文、がタイトルになっている作品、ということからの連想だろう。原町銀座通りという名の商店街を舞台にした、和菓子屋の看板娘と喫茶店マスターの幼馴染ラブストーリー。いい意味で「地味」な作品。そういえば作中にもほめ言葉として「土の味」という言葉が出ていた。舞台となっている「原町銀座通り」は「駅 [続きを読む]
  • 雪印6Pチーズ塩分15%カット
  • 雪印6Pの減塩版。ベビーチーズや6Pチーズで減塩のものはあまり多くない気がする。既に紹介したものだと他にはTOPVALUのものぐらいか。ノーマルが1個あたり食塩相当量0.46gに対して、これは0.36gとのこと。確かに減塩だが、そもそもチーズはイメージほど塩分量が多くはないようだ。普通の醤油小さじ1杯で食塩相当量1gと考えると、6pチーズ2個食べてやっとそれと同じになる。そう考えると、塩分15%カットがヘルシーなのかどうかは分 [続きを読む]
  • セブンプレミアム ベビーチーズ アーモンド入り
  • ベビーチーズの定番、アーモンド入り。セブンプレミアムはロルフ製。ちなみにイオンのTOPVALUはマリンフード製。色々な次元でのライバル関係のようなものを邪推してしまう。中身としては、まぁ普通のアーモンド入りベビチ。少し不思議なのは、同じロルフ製のアーモンド入りでも、ロルフ自身のものとVALUE PLUSのものは栄養成分表示が同一だが、これは異なること。恐らく7&iがサンプル取り直しているだけだろうけど。 [続きを読む]
  • 2018年10月まとめ
  • 今月は診察がなかったので血液検査の結果もなし。先月末からインスリンを増量(トレシーバ6単位→8単位)したので、多少、血糖値は落ち着いているような気がしなくもない。リブレの数値も昨月よりはマシになっている。ただし、月の前半と後半でかなり差があるのが不思議なところ。これが上旬の1週間。こっちは下旬の1週間。インスリン量(トレシーバ8単位のみ)も食生活(不本意な糖質制限―1日糖質100g程度)もほぼ同じはず。違い [続きを読む]
  • 『見上げると君は』
  • 小堀真『見上げると君は』(講談社)の1巻が出ていたので購入。カワイイ男子高生の優希くんとカッコイイ女子高生の高峯さんの、いわゆる青春的なお話だが、作品全体に漂う雰囲気がなかなかよい。「恋じゃなくてきせきなんだ」とは主人公のセリフ。同じようなキャッチが単行本の帯にも書いてある。そのとおりに二人の関係を描くことができれば、単なる青春恋愛漫画では終わらない作品になるように思える。作品そのものがどこに向か [続きを読む]
  • TOPVALUベビーチーズ ブラックペッパー入り
  • イオンのPB、TOPVALUのブラックペッパー入り。例によって写真撮影に失敗(斜めになっている上に水滴が付いている)しているが他意はない。製造元のマリンフードからもブラックペッパー入りが出ているが、私はまだお目にかかったことがない。しかしドンキのPBもマリンフード製造なので、そちらで既に入手済み、という訳のわからない状況(全く同じものかは分からないけれども)。なお、「製品中の黒い粒はブラックペッパーです。」 [続きを読む]
  • KRAFTモッツァレラチーズ6P
  • 日本では森永乳業が展開するKRAFTのモッツァレラタイプ。写真には思いっきり影が入ってしまっているが、パッケージの色味がなかなか渋い。パッケージ表面に書いてあるように「モッツァレラチーズ65%以上使用」ということで、フレッシュチーズっぽい味ではあるが、それよりも特徴的だと感じたのは「ほんのりミルクの味わい」のほう。生乳の風味がするおかげで、ちょっとクリームチーズっぽくもある。「チーズです」という主張が薄め [続きを読む]
  • ばら薔薇バラ
  • 縁もゆかりもない伊奈町(埼玉県)のバラ園(町制施行記念公園)にフラリと。バラどころか園芸に興味を持ったこともなかったのだが、なぜか足を延ばしてしまった。「イングリッシュ・ローズ」ということばの意味とか、バラはある品種を境にしてオールド・ローズとモダン・ローズに分けられるとか、品種名が沢山あってカオスだとか、新しい知識をたくさん仕入れることができた。興味のないところに行ったり、興味のないことをやった [続きを読む]
  • 自由であることの痕跡
  • 3日ほど前にFreeStyle Libre(フリースタイルリブレ)の20個目のセンサーを装着。ここのところ、SMBGよりも高めの数値が出ることが多かったが、今回のセンサー交換後は低めに出ることのほうが多い気がする。リブレの数値が高めに出ればそれはそれで気になるし、低めに出れば「本当はもっと高血糖なのでは」と気になってしまう。もっと都合よく考えられるようになりたい。さて、リブレのセンサーは1個で2週間。今回が20個目なので39 [続きを読む]
  • プレジデント マイチーズスイーツ マンゴー
  • プレーン、ストロベリーときてなぜかマンゴーというプレジデント&マリンフードの共同開発商品。商品名はプレジデントと付くが、実際はマリンフード製品と見ていい気がする。ただ、KRAFTと森永のように、KRAFTレーベルのチーズを森永が作って売る、という関係に至っているわけではないようなのでややこしい。プレジデントのチーズは東京デーリーあたりが輸入して販売しているようだし。他の2つ同じく甘さ控えめ。マンゴー風味のほん [続きを読む]
  • プレジデント マイチーズスイーツ プレーン
  • フランスのラクタリス・グループが展開する乳製品ブランド、プレジデントと日本の乳製品メーカー、マリンフードの共同開発商品。プレジデントのナチュラルチーズを日本のマリンフードが加工しているので、製造元はマリンフードになっている。位置づけがなんとも曖昧なのか、どちらのサイトにも商品ページはないようで、プレスリリースの記事が見つかるのみ。 3個入りで1個あたり12グラムと小ぶり。マリンフード製品らしく個包装に [続きを読む]
  • しきびだに
  • 先日、友人に連れて行ってもらった四季美谷温泉(徳島県)。うつくC。紅葉はまだだったけれども、ため息を漏らすには十分な美観。やはり物見遊山こそが生命の証だ。この写真は徳島県道250号。県道だけどほぼ林道状態という、いわゆる険道。私がナビした結果、この道を突撃路にすることになってしまった。実際は写真よりもさらにひどく、落石、落木だらけ。覚悟がなければ通ってはいけない道だったようだ。地図上で見るとこんな曲が [続きを読む]
  • セブンプレミアム ベビーチーズ ゴルゴンゾーラ入り
  • セブンプレミアムからゴルゴンゾーラ入りが出ているのを発見。原材料費がかさむのか、ブルーチーズ入りのベビーチーズはこれまでQ・B・Bのアレとコレ以外では見かけなかった。トリュフ風味といい、セブンプレミアムはプライベートブランドながらちょっと面白い。製造は他と同じくロルフだが。包装は抹茶入りと見まごうような緑色。ゴルゴンゾーラの癖の強さを考慮してか、それとも価格的な限界があるのか、ブルーチーズの風味は控 [続きを読む]
  • Q・B・Bやわらか熟成チーズ6P
  • 金色のパッケージと「熟成」の文字が目立つQ・B・Bのやわらか熟成チーズ6P。「熟成させたナチュラルチーズを50%以上使用」だそうだが、熟成ゴーダとは異なり、チーズの種類は書いていない。高級感を出したいのか個包装も金色だが、小売価格が殊更に高いというわけではないもよう。食感・味はプレーンを濃厚にしてコクを増したものだと考えてよいだろう。「やわらか」というほどには柔らかくはなく、セミハード系。 [続きを読む]
  • FreeStyle Libreの測定値 その2
  • 以前にもupしたがFreeStyle Libre(フリースタイルリブレ)の測定値(間質液からの推定)と毛細血管血液測定値(SMBG)の表をup。方式や注意点などは前に書いたときと全く同じなのだが再掲させてもらう。メーカー公式の添付文書にあるように、リブレの精度は当然、臨床上の対応に問題がないとされる基準を満たしている。そもそも高血糖時、低血糖時はSMBGを併用することが前提になっている。医療についても統計についても知識を有 [続きを読む]
  • 2018年9月まとめ
  • 中旬に診察、血液検査。前回(7月)と比べて、空腹時血糖は126mg/dLで変化がなかったが、HbA1cが6.5%から6.9%に悪化していた。合併症リスク抑制のための目標は7.0%なので、コントロール不良というわけではないが、インスリン療法を始めてから初の悪化になる。食生活は基本的に変わっていない(1日あたり糖質約100g、カロリー約2000kcal)ので、なけなしのインスリン分泌能がさらに低下したとみていいのではなかろうか。いずれは枯 [続きを読む]
  • 電戦トリオ(オラタン)の全国大会(1999年)
  • ハードディスクを漁っていたら、『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム』(オラタン)の公式全国大会の参加チームリストが出てきた。現時点でウェブ上にはまとまった記録が存在していないようなので、戯れに掲載してみる。といっても、実のところオラタンの公式全国大会は3回行われている。今回掲載するのは2回目のもの。 ちなみに1回目は「電弐號作戦」(決勝大会:1998年9月27日・大田区産業プラザ)。ver.5.2時代の大 [続きを読む]