betaveta さん プロフィール

  •  
betavetaさん: ベタヴェタ
ハンドル名betaveta さん
ブログタイトルベタヴェタ
ブログURLhttps://betaveta.blogspot.com/
サイト紹介文食べ物と1型糖尿病と雑記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 30日(平均9.8回/週) - 参加 2018/06/16 18:57

betaveta さんのブログ記事

  • 補食を捕食
  • ブルクラッシュ…じゃない、ララクラッシュが血糖値管理のための補食として便利だ。1個糖質2.5g(エリスリトールを除外すると2gぐらいか?)で8kcal。難消化性デキストリン入り。ヤバめな低血糖の時は純粋なブドウ糖を使うわけだが、「このままいくと低血糖になるかもしれんからちょっと糖質入れとくか」というときにはララクラッシュを使うことが多い。難消化性デキストリンのおかげで、純ブドウ糖ほど急激に血糖値が上がることが [続きを読む]
  • Q・B・Bチーズデザート ベリー・ベリー・ベリー
  • 他と比べて商品名がややはっちゃけ気味な気もするチーズデザートのベリー・ベリー・ベリー。ラズベリー、ストロベリー、ブルーベリーの3種だそうだ。決してベリートゥベリーではない。食べてしまうとさすがに3種類のベリーの味を判別するのは不可能だろう。チーズとベリーの相性は良好だし安定した味なのだが、感想としては、ベリー類の味がする、という文言に落ち着かざるを得ない。 [続きを読む]
  • 物見遊山だけが人生だ
  • 休日が来るたびに、縁もゆかりもないところに行って歩き回っている。行先の選定に特に根拠はなく、忍城址(行田市)だったり、隅田公園(墨田区)だったり、百草園(日野市)だったり、高井戸駅(杉並区)だったり、北山公園(東村山市)だったりする。「私はこの人生で何か残すことができるのだろうか」と自問自答した時期もあったが、今はあまり気にしないようにしている。痕跡を残さぬほうがきっと難しいし、何かが残るなら勝手 [続きを読む]
  • 明治モッツァレラ6Pチーズ
  • 北海道十勝シリーズとは別扱いの、明治モッツァレラ6P。不思議なことに、表面でアピールしているのは「クリームチーズ30%使用」(実は裏面に「モッツァレラ60%使用」と書いてある。あとの10%はなんだ?)。結局、フレッシュチーズらしく瑞々しく滑らかということが売りのようだ。実際に食べてみるとそのとおりの食感。味については、カマンベール系とは異なり、濃厚というよりはサッパリ軽めの志向か。 [続きを読む]
  • Q・B・Bベビーチーズ(アーモンド入り)
  • メジャーレーベル、Q・B・Bのアーモンド入り。他のPBシリーズのアーモンド入りは既に色々とupしているのに、今頃Q・B・Bのものを紹介(別に紹介の順番に深い意図はない)。とても普通のアーモンド入りベビーチーズ。Q・B・Bに関して言えば、プレミアムの贅沢アーモンドが優秀なので、ちょっとぐらい高くてもそっちを買ってしまう。もしかすると不遇の商品かもしれない。 [続きを読む]
  • 「夏です」と
  • 「夏だ」インスリン注射をするようになって初めての夏。このペプチドホルモンは一定以上の温度で変性してしまうので、温度管理に気を付ける必要がある。インスリンの取扱いは「使用前は冷蔵庫(2〜8℃)。開封したら常温(1℃〜30℃)」と、製薬会社の注意書き(PDF)に書いてある。なので、現在、開封前のインスリンは辛子や生姜のチューブと並んで冷蔵庫のドアポケットで保存されている。問題は開封後だが、正直、冷蔵庫に入れて [続きを読む]
  • 2018年6月まとめ
  • 2018年6月の1型糖尿病関係(というか心身の状況の)まとめ記録。血液検査実は次の通院は7月なので、6月は血液検査がないはずだったが、期せずして勤務先の定期健診が入ったおかげで、(別の病院だが)血液検査の数値がもらえた。HbA1cは6.6%と先月と変わりなし。実は昨年の健診の数値(6.8%)よりは改善していたりする。昨年の結果が悪かったので糖尿病クリニックへ行くことになった(1型と診断されたのはさらに半年後だが)のだか [続きを読む]
  • 受け入れてください
  • 今はただ、受け入れるしかない、いくつかの事項。1.暁現象持効型インスリン(トレシーバ)の注射を起床時から就寝時に変えたことで、しばらく落ち着いていたアカツキ先生だが、再発するようになった。平均すると午前中の血糖値が最も高い。起床して活動するために血糖値を上げる必要がある、というのは分かるのだが、丑三つ時から起きる準備をするのは早すぎる。自分の身体ながら頭が悪すぎるんじゃないですかね。2.低糖質カップ麺 [続きを読む]
  • FreeStyle Libreの測定値
  • 現在の愛機、FreeStyle Libre(フリースタイルリブレ)であるが、間質液のグルコース濃度を計測することで血糖値を推測している。なので、自身で血液を採取して計測するSMBG(自己血糖測定)とは数値がずれるのは公知の話。私の場合、これまでにどのような数値が出ているかを以下に掲げる。が、その前に注意点を列挙。メーカー公式の添付文書にあるように、リブレの精度は当然、臨床上の対応に問題がないとされる基準を満たしてい [続きを読む]
  • 過去も未来も芝生は青い
  • 中学校の教室の窓から、道端の自販機の前で飲み物を飲んでいるサラリーマンの姿が見えた。私は頬杖をつきながら、そのサラリーマンに憧れた。彼は遊んでいるわけではないだろうし、私も今聞いている授業がそこまでつまらないわけではないけれども、彼にはいつどこで休憩をするかを決める自由がある。この学校の敷地の外を移動できる自由がある。外出先で自販機でブラックコーヒーを買って飲んでいると、そこが中学校の前だというこ [続きを読む]
  • マリンフード ミルクを食べるベビーチーズ スモーク風味
  • 私の生活範囲ではマリンフードの「ミルクを食べる」シリーズにはなかなか出会えない。ようやくスモーク風味を発見したので即確保。外装には燻製チップが載っているが、やはりこれもスモーク「風味」。前に発見したマリンフード製品にはシールが貼っていなかったが、これには貼ってある。これは4個入りで、前のは3個入りだったから?味は普通。そもそもこれもこれも、マリンフードが製造したスモーク風味なので基本的には同じなんじ [続きを読む]
  • セブンプレミアム ベビーチーズ トリュフ風味
  • セブン&アイグループのプライベートブランドシリーズには、他には見られないトリュフ風味とやらがある。製造はロルフこと宝幸。包装を剥くと黒い粒が入ったチーズが現れる。正直、トリュフの味というのを把握していないのだが、黒い粒はおそらく胡椒であってトリュフではなさそうだ。が、黒胡椒以外の風味(旨味?)を感じられるのは確か。平凡なラインナップであることが多いPBシリーズにおいて、トリュフ風味という個性的な味を [続きを読む]
  • KRAFTカマンベール入り6P
  • 森永乳業のKRAFTレーベル(製造はエムケーチーズ)から、カマンベール入りの6Pチーズ。「生」カマンベール6%以上使用、だそうだ。単なるカマンベール入りプロセスチーズだと思っていたら大間違い。ビックリするほど柔らかい。クリームチーズ入りなどを含めても、これまで食べたプロセスチーズの中でトップのクリーミーさ。食感だけで言えば熟成したナチュラルカマンベールに近いトロトロ感と言っていいだろうし、純カマンベールほ [続きを読む]
  • 小岩井オードブルチーズ アーモンド
  • 小岩井乳業のオードブルチーズのシリーズからアーモンド入り。「オードブルチーズ」ということだが、ベビーチーズと見なして差支えないだろう。そもそも「ベビーチーズ」に定義があるのかよく分からないが。1個14gで3個入りにも関わらず他社よりも高めの価格帯という高級路線。6Pチーズと同じく発酵バター入りなのでチーズそのものが滑らかでコクがある感じ。アーモンドはやや大粒に感じられるが分量は普通。 [続きを読む]
  • Q・B・Bベビーチーズ(ブルーチーズ入り)
  • Q・B・Bベビーチーズだが、ちょっと不思議なブツ。4個入りがデフォルトなのに3個入りで、ウェブサイトにも掲載されていない。近所のローソンで購入したので、ローソンのPBか共同開発商品かもしれないが、その旨はどこにも書かれておらず、Q・B・Bとだけ書かれている。ブルーチーズ5%配合と書いてあるとおり、ちゃんとブルーチーズの風味がする。プレミアムのゴルゴンゾーラ入りとはちょっと異なるか。恐らく6Pチーズのブルーチーズ [続きを読む]
  • 理由
  • 「インスリンを注射しなければいけないこと以外は他の人と同じ」というのは、1型糖尿病だからといって絶望する必要はない、ということを示すための心強いフレーズである。確かに1型糖尿病には基本的に食事の制限も運動の制限もない。ただ、手動で血糖値を管理しなければいけないだけなのだ。なるべくそのように考えようとする自分がいる。職場でも、誰かに説明するときは「わたしゃ膵臓が半分ほど逝っているらしいんですが」に続け [続きを読む]
  • セブンプレミアム ベビーチーズ チェダー100%
  • セブンアンドアイグループのプライベートブランド、セブンプレミアムのチェダー100%。なぜか商品紹介ページが発見できないので、これが実質的なプレーンなのか、他にプレーンのベビーチーズがあるのか不明。製造はロルフ。シールなしでアルミに直接印刷、というスタイルを見るとなんとなく想像が付くようになってしまった。味はプレーンのベビーチーズと捉えていいだろう。「プレーン」と表記するよりも「チェダー100%」のほうが本 [続きを読む]
  • おしゃれ入門とかいう以前の話
  • ここ3〜4年で、ようやく被服という習慣が身に付いた気がする。別にそれまで全裸で過ごしていたわけではなく、「服を着るという行為にシステムとか体系が存在すること」に気が付いたという話だ。私は18歳で上京して一人暮らしを始めたが、そこから約12年ぐらいは以下のような体たらくだった。・全身真っ黒でも気にしない。・シャツの上にシャツを着てその上にシャツを着る。・常にシワだらけ。というかハンガーを持っていない時期が [続きを読む]
  • FreeStyle Libreのセンサー位置
  • 血を出さなくても推定血糖値を計測できる素敵アイテム、FreeStyle Libre(フリースタイルリブレ)であるが、以下のように500円硬貨ほどのセンサーを身体に取り付ける必要がある。私の場合、メーカーの推奨通り上腕裏側に取り付けている。理由は、別の位置だともしかすると精度に影響があるかもしれないから。ただ、どうせSMBG(血糖自己測定)の数値とはズレてくるのだから、他のところに装着してもいいのかもしれない。実際、腕で [続きを読む]
  • Q・B・Bプレミアムベビーチーズ 熟成カマンベール入り
  • Q・B・Bのカマンベール入りだが、これはプレミアムのほう。私が普段利用するスーパーでは、概ねプレミアムのほうが通常よりも20円高い。通常版のカマンベール入りはカマンベール3%配合だが、これは7%配合と書いてある。確かにトロッとした感じや、カマンベールの風味が強め。配合率が違うだけなのか、配合されているものも違うのかは私には判別不能。カマンベールは奮発するならナチュラルチーズを買うという手もあるので、通常版 [続きを読む]
  • Q・B・B 6Pチーズ
  • Q・B・Bの6Pチーズ。プレーンと言っていいだろう。パッケージ表面の文字要素が非常に少ないのが面白い。公式ページの商品説明で「併売しやすくしています」と消費者ではなく販売店向けのアピールが書いてあるのはなぜだろうか。1個15gというのは同社のベビーチーズシリーズと同じ。これについては基本的にコイツの形状違いと考えてもいいのではなかろうか。味も恐らくほぼ同一だと思う(形が違うので食感の違いは出てくるが)。 [続きを読む]
  • TOPVALUベビーチーズ スモーク風味
  • 流通最大手のイオンのPBだからか、TOPVALUのベビーチーズはなかなか種類が多く、スモーク風味もある。といっても製造元のマリンフードのシリーズにもあるものだが。他社と同じくスモーク風味(Smoked Flavor)であってスモークチーズではないようだ。実は原材料名に「くん液」とあるので、厳密な意味での燻製ではなく風味付けの液体に浸していることが判断できる。なお、本当に「燻している」燻製の原材料名に「煙」と書かれること [続きを読む]
  • Q・B・Bベビーチーズ スモーク味
  • 「スモーク味」である。英語でもご丁寧に"SMOKED TASTE"と書いてある。「スモークチーズ」とは書いていないので、燻製にしているわけではないのかもしれない。といえども、ちゃんと燻製っぽい風味はする。いずれ自分でベビーチーズの燻製を作ってみたいものだが、とりあえず手軽に味わう分にはこれで十分だろう。 [続きを読む]