モコ太君 さん プロフィール

  •  
モコ太君さん: いいね!家庭学習
ハンドル名モコ太君 さん
ブログタイトルいいね!家庭学習
ブログURLhttps://kategaku.blogspot.com/
サイト紹介文塾には行かず家庭学習だけで頑張る小6の娘と父の奮闘記です。唯一の習い事のピアノについてもかいています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 52日(平均4.0回/週) - 参加 2018/06/16 20:23

モコ太君 さんのブログ記事

  • 苦手克服そしてレベルアップ!
  •  娘の合唱コンクール「Nコン」が終わり(都道府県大会で敗退しちゃいました^^;)ようやく夏休み前に立てた学習計画「算数強化」に取り組みはじめました。 とりあえず学校での算数の評価は「全く問題なし」でも主要4教科の中でも大切な教科である算数の不安要素は、この時間の余裕のある夏休みに克服しておきたく、娘のレベルに合わせ2冊の本を夏休み前から用意していました。 学校で勉強した事の復習は学校から与えられた夏休 [続きを読む]
  • 漢検結果をワクワク開封
  •  遂に届いた漢検の合否結果 と言ってもこの10日前にWebでの合否サービスで合否の結果はもう分かっていました。 結果は『合格』!! 試験直後から「合格の自信あり!」の言葉を聞き、ある程度安心はしていましたが、やはり実際に結果を見るまでは気を抜けませんでした。 しかしWeb合否サービスでは「合格」なのか「不合格」なのかしか記載されておらず、満点合格なのか、何点だったのかなど詳しい結果は分かりません。 なの [続きを読む]
  • すべり込み『金賞』
  •  先日、娘の合唱コンクール「Nコン」の地区予選が開催されました。  4年生から参加しているこのコンクール。  過去2年間は惜しくも「銀賞」止まり。  今年こそは「金賞」をと、皆と力を合わせ放課後練習に励んでいた様です。 以前にも書いたようにうちの娘は自由曲の伴奏者。 普段のピアノ練習の後にこの自由曲の練習もしなければならず、少し大変そうでしたが「選曲」も自らが担当したため責任感をもって頑張って練習してい [続きを読む]
  • 『デキタス』で家庭学習
  •  子供達の夏休みが始まりました。充実した夏休みを送るためにも計画的に過ごす事は大切ですが。。。まだ学習計画を何も立てない子供達もまだ大丈夫!実はうちもまだ何も計画を立てていません。^^;(近々行われる合唱コンクール『Nコン』が終われば考えるつもりです)(^^;;子供の学習レベルに合わせて無理なく楽しめる学習計画を立てれるといいですね。で、またひとつ「通信教育」について紹介です。『デキタス』ご存知ですか?201 [続きを読む]
  • 子供が気になる空想と現実
  •  先日、娘と本屋さんをブラついている時「欲しい本がある」と言うので「どんな本?」 と聞くと、娘が「空想科学読本」と。 何やら難しそうなタイトルを言うので見に行ってみると、ジュニア文庫シリーズにある本で 、ズラリとそのシリーズが並んでいました。 『ジュニア 空想科学読本』 中を見てみると、アニメや昔話の気になる疑問を科学的に解明するというもの。 目次に載っている数々の疑問を読んでいるだけでも何かワク [続きを読む]
  • 試験前はチョコレートを食べましょう
  •  前回に続き「脳」シリーズですが、今回は「チョコレート」。 もうご存知の方もたくさん居ると思いますが、チョコレートを食べると脳がよく働くという事。 私も、漢検、英検、そしてピアノ演奏の前などは必ずチョコレートを娘に食べさせています。 どこで得た知識かも忘れ、どういう訳で脳に良いのかも正直知りませんでしたが、「チョコレート」ってコンビニなどで簡単に手に入り、持ち運びも簡単で、いつでもどこでも食べられ [続きを読む]
  • 音読すると「脳」にいい事いっぱい!
  • 今も昔も学校が勧める『音読』 娘の学校には「音読カード」というものがあります。 基本的に毎日「音読」する宿題があり、月ごとの表に、毎日何を何回読んだのか、詰まらずハッキリと読めたか、句読点に気を付けて読めたか、気持ちを込めて読めたかをチェックし、保護者のサインを貰うという「音読カード」たるものがあります。 私達の子供の頃も似たようなものがあった様な気がしますが、みなさんどうでしょう。 真面目にやっ [続きを読む]
  • 夏休み目前!子供の学習計画は?
  •  7月に突入しました。  子供にとってはドキドキ、ワクワクの7月ではないでしょうか?  個人面談、通知表。それらをクリアすると待ちに待った『夏休み』。  親の立場からするとドキドキ感の方が多いでしょう。  1学期間の子供の成果を先生に示されるわけですから。  最近ひとつ気になった事があります。  7月に入ると、各教科「1学期のまとめテスト」があるのてすが、どうやらうちの学校の子供達はかなり苦戦して [続きを読む]
  • 40代半ばで文学作品に親しむ
  •   先日、娘の国語の音読から懐かしのフレーズが聞こえてきました。 「春はあけぼのやうやう白くなりゆく . . . 」 清少納言の『枕草子』ですね。 懐かしいなと思ったと同時に「これって小学校でやったっけ?」って思っちゃいました。  もう30年以上も前に勉強した事なので記憶がかなり曖昧です。(^_^;) で、どうやらこの『枕草子』の教科書に出てくる部分(一段)を暗記するらしいです。 そういえば私も「暗記させら [続きを読む]
  • 理科が苦手な子が多いのはなぜ?
  •  算数と共に苦手な子供が多いであろう「理科」  うちの娘も、もしかしたら一番苦手かもしれません。  最近では日本の子供の「理科離れ」が問題になっているとも聞きます。  中学、高校の理科ともなれば計算しなければ答えが導かれない問題などもあり、難しくなってくるのかもしれませんが、まだ小学校の理科には計算をして解く問題はほとんど無い様に思われます。   小学校の理科は大きく分けると2つの分野に分かれている [続きを読む]
  • 歴史新聞で学力アップ
  •  娘の学校では社会の歴史授業の単元が一つ終わるごとに、その単元のテーマを題材に『新聞』を作ってくるという宿題が出されます。  自分で記事を調べてまとめ、読み手に分かりやすい様に書く。  当然、歴史の勉強になり、更に国語の勉強にもなる。そして挿し絵も自分で描く子もおり、絵の勉強にもなるというとてもイイ宿題。  ある程度手間のかかる宿題なので、それなりの時間の猶予は与えてくれている様です。  苦手な子 [続きを読む]
  • Nコンに向けて
  •  「Nコン」 NHK全国学校音楽コンクール。 小、中、高校生の合唱コンクールです。毎年開催され今年で85回目。とても歴史のある合唱コンクールで、高校野球でいう「甲子園」みたいなものですね。 小学校の部では全国約900もの学校が優勝を目指して日々練習に励んでいます。  娘の通う学校の「コーラス部」でも7月に行われるの地区予選に向けて、「今年こそは県大会出場!」出来る様に放課後の約1時間半、皆で気持ちを合わ [続きを読む]
  • 楽器を演奏するという悦び
  •  このブログに書いてある通り私の娘はピアノが弾けます。  幼稚園の年少の時からピアノ教室で個人レッスンを受け、もう今年で8年目になります。  部活動、宿題、試験勉強、あとゲーム(?)の時間に追われながら、お泊まりで旅行に行く時以外は練習を毎日欠かさず、6年生の今までピアノを続けている娘に拍手を送りたいと思います。  そして、「続ける」という事の大切さをピアノから学び、娘も成長し続けております。子供が [続きを読む]
  • 漢検本番の日が来ました
  •  6月17日、今日は漢検の試験日。今までの勉強の成果を発揮する日です。  とはいっても、おとといギリギリで試験範囲の勉強を終え、昨日と今日で過去問集をやるという有り様。   学校行事などの関係で予定の勉強計画が大幅に遅れ、最後はかなり駆け足でした。 っていいますか、やはり4級になると2ヶ月前からの試験勉強では少し苦しいなと思いました。先取りの級なのですべて初めて習う漢字なので余計ですね。  1日1ステ [続きを読む]
  • 参考書だけで英検5級に挑戦
  • とにかくやってみようという意気込みだけで英検受験 今年の1月(当時5年生)に受けた「英検」5級について振り返りながら書こうとおもいます。  以前にも書いたように少しずつではありますが普段から英語に親しむように過ごしていた娘。 簡単な単語も少しずつ覚え、自然にカタコトの英語を使えるようになっていました。 そして、ある程度できるようになると、やはり欲が出てくるんですよね。 最初は『英検』なんて英語塾に通っ [続きを読む]
  • お父さんのための?「社会科力」
  • 6年生から始まる新しい学習 5年生から6年生になって変わる勉強の内容といえば、はやはり社会科の『歴史』ではないでしょうか。 今までは暮らしの中の「社会」を学んできましたが、それとは違うなにかミステリアスな感じの『歴史』に興味をもつ子供もいるのではないでしょうか。 特に男の子は、歴史が好きという子が多いと思います。 歴史上の人物(特に戦国武将)をキャラクターのようにとらえ、興味がわくということなのでし [続きを読む]
  • 音楽を聴きながら勉強するというのはいい事なのか
  • 勉強中に音楽をかけるメリット うちでは「リビング学習」が日常となっていますが、テレビにはいろいろな誘惑があり、さすがに集中力が散漫になるので、なるべくテレビは消す様にしています。  しかしそれでは私と妻が少しさみしくなるので、その代わりにあまり大きくないボリュームで音楽をかける様にしています。 後で知ったことなのですが、どうも「音楽を聴きながら勉強をする」という事がいい効果を生んでいるそうなのです [続きを読む]
  • リビングで学習すると成績がアップする理由
  • 家庭学習をリビングでするメリット子供が勉強をする環境。集中して子供に学習してもらいたいという願いから自分の部屋で一人で静かに勉強させたいという親御さんも多いかと思われます。 しかし、ここ数年『リビングで学習』するという事が子供の成績アップに繋がるという話を頻繁に聞きます。極論ですが、東大生の83%がこの「リビング学習」だそうです。 東北大学の瀧靖之教授は16万人の脳画像を分析しその効用についても説明 [続きを読む]
  • 家庭学習で苦手意識を無くそう!
  • 誰でもある苦手科目  無い人なんて居るんでしょうかね。きっとみんなが持ってる負の意識。 でも、きっと違うのがその意識がどれだけの大きさなのか。 しいて言えば。。という人から、もうその単語を聞くだけでも嫌!っていう人まで様々だと思います。きっと後者の場合はもうしばらくはその事については全く触れ合っていないんでしょうね。私にも色々ありますが。。。(^_^;) 大人になってしまうともうその苦手を受け入れような [続きを読む]
  • ネコ君が家庭学習に及ぼす影響は?
  •  ネコの習性を理解してあげよう 毎日毎日、頑張って宿題、テスト勉強に励む娘に忍び寄る影。 テーブルの上に広げたプリント、ノートの上に無表情で飛び乗り寝そべる一匹の猫。 ウチの飼いネコ君です。 ネコという生き物は普段は自由気ままに生きており、人間に甘えるという事は犬などに比べるとあまりないのですが、この場合だけは別のようですね。 ネコを飼っている方にはよくある事だと思いますが、娘の勉強時以外でも、私 [続きを読む]
  • 小学生の英語はとにかく楽しむ!習うより慣れろ
  • 英語学習の強い味方 昨年3月、英語の学習は難しく考えず、まずは慣れ親しむ事が大切だと思い、何か無いかと探していると、”いいもの発見!”  NHKの英語番組『プレキソ英語』  何やら可愛らしいお寿司のキャラクターがたくさんいて楽しそうなアニメーション。 小学生5、6年生用に作られ、本格的な英語教育の前にまず英語の「音」に慣れるという事に重点を置き作られた番組。 週に1回10分で、全48回放送されていた [続きを読む]
  • 英語の科目化で変わる小学校の英語教育
  • 2020年からから始まる 「英語」の科目化。5、6年生は通知表に成績がつくようになるそうです。時代の流れですね。 近年の日本はグローバル化が進み、外国との距離もかなり近くなっています。 しかし、私達日本人が世界各国に進出して行く時、まず壁となるのが、語学なのかもしれません。 そして「世界共通語」である「英語」はその名の通り世界中で一番使われている言語です。 スポーツの大会の一場面を見ても、色々な言 [続きを読む]
  • テストでいい点が取りたい!家庭学習にぴったりな教材
  • 子供みんなの願い でしょうね。特に学習塾に通っていない子は、学校のテストでいい点数を取るというのが1つの目標でしょうからね。 うちの娘もそうです。勉強の成果を示すテスト。頑張ってテスト前日は「テスト勉強」をしっかりしています。学校では特にな大きいテストでないとテスト勉強用のプリントなど出ないので、通常のテストでは『教科書ワーク』、『教科書ぴったりテスト』で勉強しております。教科書ワーク算数6年 東京 [続きを読む]
  • 絶対音感があるとこうなる!音楽以外に与える影響
  • 絶対音感と脳  ピアノ、音楽を学んでいるとやはり気になるこの言葉、『絶対音感』 簡単に言うと、全く何もないところからいきなり音を出されてその音が何の音なのか分かる能力、それが「絶対音感」。  それともう1つ、ある基準の音を出されて、それに対して次に出された音が何なのか分かる能力があり「相対音感」と言います。 相対音感は私達人間のほとんどが持っているらしいです。カラオケなどで伴奏のイントロを聞くとそ [続きを読む]
  • 家庭学習におけるピアノの役割
  • 習い事はピアノだけでいい 数年前、テレビの『ホンマでっか!?TV』の中で脳科学者の澤口俊之先生が提唱したことで一時話題となりました。 IQ(一般的知能)はみなさんご存知かと思いますが、HQ(人間性知能)というのがあるらしく、「人間らしい人生を送るための脳力」のことで、夢や目的に向かって適切に行動する能力・・・未来志向的行動力理性、思いやり、協調性をつける能力・・・・社会関係力 が、あるそうで夢の実現や社会 [続きを読む]